恥ずかしすぎる 私のワークライフバランス

おはようございます。「老化を遅らせることに成功しているかも」このサイトの管理人イエロでございます。
需要はまったくないと思いますが、そんなのおかまいなしに「私」を語っちゃおうと思います。
本日は仕事、生活環境編です。

スポンサードリンク

イエロの仕事歴

大学を卒業後、主に営業職として働く。計10年ほど。

2回転職する。
1回目、大幅にステータスアップ
2回目、大幅にステータスダウン(振り出し以上に戻っちゃった)

 

そもそも人と話すことが好きではない私が営業職を選んだのが失敗でした。

話すことは苦手でもないが、得意でもないタイプ。社交性は極めて低く、上下関係(特に上)を築くことも下手なタイプです。

それでも売る商品が自分の好きなもの、興味があるものだったらよかったのですが、まったく興味のない分野に飛び込みました。

まさにダイヤモンドダスト、超氷河期時代の就職活動

私が就職した時は、超氷河期時代と呼ばれる時。現在、逆トリプルスリーでタイトル総なめにしている私でも、
「普通に就職して、働く」という意識はバリバリありました。

面接、なんじゅう連敗したでしょうか。雨にも負けず、風にも負けず・・・というかそんなに熱心に就職活動をしたわけではないのですが、

無事一部上場企業に就職できました。

一部上場・・響きがいいですね。「ピン」から「キリ」まであるのにひと括りにすると良さげに聞こえます。ちなみにここは「キリ」のほうです・・・・
※補足 ピンが最高、キリが最低

一部上場「キリ」に属した私は、当然ながら現状に満足できず、

「ここで一生働かない。転職してステップアップするんだ」と考えるようになりました。

そう、今ではまったくない「向上心」の塊でした。

初めて自分で自分を褒めてあげたい。

入社した時からすでに、転職を視野に入れていた私。
やめる前提で働いていましたから、仕事も与えられた以上のことはせず、社内での交友関係を築くこともせず、ダメ社員の象徴的存在でした。

一方で、働きながら資格の勉強をし、そこそこの資格を数個とったりしていました。
昼は仕事、夜は勉強、そして入社して2、3年目には休みの日は面接と今では考えらないほどの頑張りやでしたね。

あの時の僕にいってあげたい「行きつく先は、無職だよ」と・・・

そこそこの資格が効いたのか、新卒から3年後まったくの異業種の会社に転職できました。

一部上場のグループ会社、今回は「ピン」から「キリ」までの比較的「ピン」よりの会社です。

「ここでのし上がっていくぞ」そう思える会社に転職できました。

スポンサードリンク

 

何事もプロ意識を持つことの重要性。1回目の転職先

結論から言うと、のし上がると決めていた会社ですが、その野望も無残に敗れ、また転職することになります。

実はとんでもないブラック企業で・・

という展開を期待したかもしれませんが違います。

理由は、「まあ仕事できなかった」の一言でしょう。新卒で入った時に、なめて仕事をしていたバチがあたりました。どんな仕事でもプロ意識をもってやる。これ大事ですね。

会社での交友関係はうまく築け、居心地は良かったのですが、

一部上場の「ピン」よりの会社でしたので、「査定」がしっかりしていて、転職同期入社でも肩書待遇にすごい「差」が出てきちゃうのです。

プライドだけがいっちょ前の私は、ダメな私を受け入れることができず、このままだったら確実に窓際じゃねという現実をひしひしと感じ、よし逃げよう。

逃げるは恥だが、役に立つそう考え転職することにします。

で、2回目の転職は前の会社名が効いたかすぐ決まりました。

そして伝説へ もとい そして無職へ 2回目の転職先

2回目の転職をした会社の思い出は、特にありません。前の会社より、待遇その他福利厚生がものすごく落ち、

トランプの大富豪でいうところの「都落ち」を味わった気分でした。

なんだかんだ一番長く在籍しましたけど、

お金を稼ぐという観点のみで、この会社より、株のほうが良い」というドアホの考えが生まれ、

専業トレーダー=無職の道を選択しました。

イエロの生活環境

無職、独身、実家暮らし・・・・

  • 独身・・・まあ分かる
  • 無職・・・まあ世の中にはいろいろな人がいる。アフェリエイター、ブロガー、ユーチューバー等いろいろありますが肩書は無職(法人化でもしない限り)
  • 実家暮らし・・・・・・・・

 

40 無職、独身、実家暮らし
ツモです。ロイヤルストレートフラッシュです。

これは現代においてまさしく、くそだと感じ。逆トリプルスリーという造語が生まれました。

無職得意の自己弁護、絞りに絞りだした言い訳

「仕事をやめ、株で生活していく」と決めたといっても、株を始めたのは仕事やめる1年前程。本当にこれで生きていけるか不安がありました。

株を普通の精神状態でやっていく上で「衣、食、住」のうち「食」と「住」は絶対確保しないといけないといった甘ったれた考えがありました。

日によって、月によって大負けする、すなわち収入0でマイナスになることがあります。その中で貯金を切り崩さないと家賃が払えない、食事に困るという状況だけにはなりたくないとなめた考えが生まれてしまったのです。

世間体なんてどこ吹く風、親に理由を説明し、肩身が狭いながらも実家暮らしをお願いしました。

まあ昭和べびーぶーむ時代の親たちは、仕事を辞め株で生活していくなんて当然受け入れられません。

ですので父親とはここ6年まともな会話をしていません。
※お金は入れています。身の回りのことはほぼほぼ別。食事だけ余ったもの食べさせてもらうことがあります。

というわけで家族仲、極めてよくないです。

なんか「快適な刑務所暮らし」というか、恥とは思いますがもう実家でいいやっていう感覚です。
この生活について、ネタに困った時ブログに書こうと思います。

まとめ

仕事について、転職を繰り返しましたが、働いたところが「ブラック企業」と感じることはありませんでした。給料は多くありませんでしたが・・・・

なんだかんだいって完全週休2日で、有給もそこそこ取れ、残業代も出たりしてました。

ただ企業で働くというのが向いてない性格なんだと思います。その辺は明日書きます。

生活環境について、別にオープンにする必要ないかな~と思いましたが、絶対疑問に持つ人いるだろと考えましたのであらかじめ書きました。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください