アンチエイジングブログ(サイト)のすみわけ 3パターンあると思います

「老化を遅らせることに成功しているかも」このブログの管理人のイエロです。
前もって言います。これからこのブログでは「老化を遅らせる」と言ったり、「アンチエイジング」っていったり、
時には「老化防止」と書いたり、「若く見られるため」と述べたりすると思います。

スポンサードリンク

なにがいいたいかというと、「統一感」がありません。申し訳ございませんが、
意味はすべて一緒ととらえてください。

最初は「老化を遅らせる」で一本化していくぞと思いましたが、絶対ボロが出ると感じました。

ネタバレ注意、私にとって「老化を遅らせること」とは・・

私は「老化を遅らせる」ということは、簡単にいうと「髪の悩みを改善する」「肌の劣化を遅らせる」「スタイルを維持する」ことと認識しちゃっています。

要するに見た目オンリーです。これらを総合して、「老化を遅らせる」ことと考えちゃいました。このことについては、次回以降、詳しく話します。

アンチエイジングブログって一括りにいってもいろいろある

アンチエイジング系のブログやサイトって結構ありますよね。
※このページのここからは「アンチエイジングブログ」、「アンチエイジング」で一本化して述べていきます。

私は他人のアンチエイジングブログ結構みます。そこで気づいたことは、女性のほうが圧倒的に多く、カテゴリーは下記のように分かれていると

  • 女性は、体型関連(ダイエット)、肌関連(美肌、美白)

  • 男性は、体型関連(筋トレ)、髪の毛関連(薄毛)

さらに運営している人は、大きく3つに分かれる

  1. 専門家(医者、薬剤師、エステシャン、インストラクターなど)

  2. 有名人(タレントまたはそれに準ずる人(ミスコン、美魔女コンテストにでたとか))

  3. 一般人

そこで私はどのカテゴリーに分かれるのかというと

男性で、③の一般人だ!

だから何?って思っちゃいましたね?

スポンサードリンク

カテゴリーごとの特徴を考えてみた。決して批判ではないよ

性別関係なしで上にあげた1~3のカテゴリーの特徴をざっと挙げてきたいと思います。あくまでも個人的な意見です。一般論ではございません。

1.専門家
・その分野を勉強、研究しているため「知識」、「理論」の説得力がある
・名前や肩書をさらけ出しており、安心、安全、信頼できる
・専門用語が多い。わかりやすく書いている場合もあるが当然といえば当然だが多い
・商品そのものを紹介しているわけではないので、読む人は何に手を出していいかわからない
・本人は実践していないかもしれない
・本人は若く見えない 
2.タレント
・多くは「顔出し」をしており、実際に若く見えたり、肌がきれいで「外見」の説得力がある
・使用している商品、実践していることを紹介していることが多く、何をすべきかがわかる
・紹介している商品の企業とタイアップしていることがある(ステマ)
・容姿の元のつくりが違いすぎて、まねしても悲しくなる
・修整画像をのせてくる。すっぴんでごめんなさい攻撃をしてくる
・その商品がいいかどうかより、お金になるかどうか 
3.一般人
・紹介している商品の企業と関係性がないため、本音で語っている
・コスパが良かったり、身近にあり、手に入りやすいものが多い。気軽にマネできる
・とはいえ、なんだかんだお金が絡む(アフェリエイト)
・顔出しNGが多く。本当に若く見えるか(効果があるのか)不明。代わりに犬や猫などのペットが登場する
・使ってみた系が多く、次々に紹介してくる。そんなすぐ効果が現れるの?と思っちゃう
・顔出ししている人もいるが、肌加工が激しい。原型が想像できない 

 

私の特徴であるひねくれもの思い込みの激しさがいかんなく発揮された批評となりました。

まとめ 私のアンチエイジングブログの特徴

ずばり男性で3の一般人です。本日、2回目でたー。

「上で挙げたカテゴリーごとの良い点をとって、ちょっと?な点はマネしない!!」
なんて訳にいかないのですよ。
だって「そうなるわな~」って納得いきますもん。

なんだかんだお金が絡むだろうし、少しでも自分をよく見せたいだろうし、・・・・・

次回以降に具体的に何をやっているのか書きます。

スポンサードリンク