このサイト「老化を遅らせることに成功しているかも」について

プライバシーポリシー読んでいただけましたか?特に免責事項のところ。たぶん読んでいないですよね。これからが私のブログの本番です。真骨頂です。なのであらためてこのクソブログを読む際の注意点をまとめてみました。

知識について

あくまでも専門家でもない、専門知識を大学で学んだわけでもない40無職、独身、実家暮らしの逆トリプルスリーが独自の理論独自のアンチエイジング方法に取組み、それをオープンにしているブログでございます。

次回から少しずつ知識を披露していきますが、表面的な知識のみで自分なりに勝手に解釈しちゃていること、

間違っている場合があることをご了承ください。

私のモットーは、「難しい言葉、つまり専門用語を極力取り除いちゃおう」です。

例えば、リンゴの説明をしなさいという時

専門的にいえば、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。栽培方法は~ 品種は~と細かく説明する必要があります。

私の場合は 果物で赤くて丸い。おいしい。

こんな感じで済ませちゃっています。

リンゴは緑色の場合、すなわち青りんごもあることも忘れてしまう場合もあります。
私が学んで披露する知識は、こんな感じのレベルなのです。

 

本当に薄っぺらい知識を自慢げに披露しちゃっていますから斜め上から見下ろす感じで見てください。

ちなみに参考としているサイト等、随時こちらに記載していきます。

紹介する商品ついて

今後、自分が飲んでいるサプリメント、食材など栄養成分を紹介していきます。

感想などは、すごい「個人的主観」です。実際の効果、効能は個人差があります。

紹介した「商品」や「摂取方法」により生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※なんか上からでごめんなさい。でもこれは記載しておかないといけませんね。

逃げ道をつくっておくのです。

責任負いたくない、逃げろー

 

 

 

 

老化を遅らせることにあくなき執念をもった逆トリプルスリーのセルフ人体実験の様子を遠くから眺める感じでみていただければ、これ幸いです。

サプリメント摂取するときの私の鉄のおきて

サプリメントを摂取する際に私が決めているルールを書きます。
ちょっと詳しく記載します。

私は私のアンチエイジングのセールスポイントの記事で

5つのカテゴリーわけをし、それに優先順位をつけ、優先順位が高い栄養成分を種類」量」も多く取ると述べました。

一日に必要とされる栄養素を必要以上にとるPS 過剰摂取にならない程度にね!

と前に高らかに宣言しましたが、ここでは誤解がないように説明したいと思います。

スポンサードリンク

例 亜鉛

例えば、「亜鉛」というサプリメントで説明します。
栄養成分の詳細などについて、後に個別に記事にしていきますが、

端的にいうと私は薄毛改善」のために摂取してます。つまり私が最重要事項としているカテゴリーです。


DHCの亜鉛を飲んでいます。この商品の1日の目安摂取量が1粒となっています。

DHCの亜鉛の含有量は15mgです。

亜鉛の1日の推奨摂取量

亜鉛の1日の推奨摂取量は、男性で10mg、女性で8mgと言われています。
亜鉛の許容上限摂取といわれている量が男性40~45mg、女性30mgです。
許容上限摂取量とは厚生労働省が設定する摂取の上限値です。

ちなみに亜鉛摂取による致死量が1gとなっています。例えば10mgの亜鉛サプリを100個いっぺんにとればジ・エンドです。

 

これを見ると、DHCの亜鉛は推奨摂取量をゆうに上まっていて十分な気がします。上限も超えていないので、目安摂取量の1粒を守れば、なんの問題もありません。

しかし、薄毛に悩んでいる私は、すこしでも多く栄養成分を取り入れたいと考えています。
優先順位が高いものは、必要以上に飲む!と恥ずかしがることなく宣言もしちゃっています。

まさか、薄毛改善のため2粒、3粒とるのか?

2粒とっても過剰摂取にならず、3粒でもまあ大丈夫でしょう。あくまでとも許容上限のラインですから。

お、おぬし!開き直ったんか?

実は、きっちり1粒しか取っていないのです。

亜鉛は髪に良い、じゃあDHCの亜鉛のサプリを朝と夜とれば、髪にモットいいんじゃないかと、
単純な私だったら考えちゃいそうですが、違うのです。

必要以上にとる、多めにとるとはこういうことではないのです。

1商品の目安となっている摂取量を超えることはございません。

じゃあ多めに取るとはなんぞや?

DHCの「亜鉛」サプリメント以外にも、他のサプリメントに「亜鉛」という栄養成分が含まれています。

で、薄毛が最重要カテゴリーである私は、そのサプリメントも取るため結果的に「亜鉛」成分の許容上限摂取量に近い状態になっています。

こんな感じです。ちなみに一番下のはZincが亜鉛です。
私の場合、数多くのサプリメントを摂取しているため、

栄養成分のダブリが生じ、結果的に許容上限摂取量までいくか、少しオーバーしていると感じです。

このような傾向が顕著に表れるのが私が最も重要としている「髪に良い」、「肌に良い」とされる栄養成分なのです。

例 Lーカルニチン

5つのカテゴリーで重要度がさほど高くない「体型」、「体力」に関連するサプリメントは目安摂取量より少なめにとることがあります。

例えばこれ

L-カルニチン(以後カルニチン)です。
DHCのカルニチンの目安摂取量は1日5粒です。

カルニチンは脂肪燃焼効果があるので、私は体型維持のため飲んでいます。ですが、そんなに重視していないので、推奨摂取量の半分ほどの量しかのみません。つまり2粒か3粒です。

目安量が奇数のときが厄介や!6粒だったら間違いなく3粒でよかったのに。

目安の量は飲んでいませんが
必ず毎日摂取することで「カルニチン」という栄養成分は継続して補給していることになっています。

まとめ

この回の要点はこんな感じです。

  • 知識を披露しているが、表面的で、薄っぺらくって、自分なりに解釈してしまっている
  • 紹介する商品は、責任は負いかねます。まずないが、もしもの時は知りません
  • バカなりに考えている

あともう一つ、私は、決してDHCの回し者ではございません。

スポンサードリンク