老化を遅らせるために「5大栄養素」を学んでみる

前回の記事で3大栄養素について軽く話しました。
この3大栄養素にビタミンとミネラルを加えたものが、5大栄養素と呼ばれるものです。結論から書く。これ重要です。いつももったいぶっていたが今回違うぞ。

序章 前回の復習

  1. 人間の主要なパーツを構成しているのが栄養素、つまり人間の体を作っているのは栄養素
  2. 体を動かすため、生命維持のために必要なエネルギーの源になるのも栄養素
  3. 外からとり入れた物質を体の中に必要な物質に合成したり、物質を分解してエネルギーを生み出したりする代謝という化学反応が体内にある。この代謝を手助けするのも栄養素

①の栄養素は主にたんぱく質、脂質もちょっと関係している。
②の栄養素は主に炭水化物と脂質。たんぱく質もエネルギー源になる。これらが分解され代謝されることでエネルギーになる。

今回は③の栄養素ビタミンミネラルの話

ビタミン

体内に必要な物質を合成したあり、エネルギーを産生する「代謝」手助けをするのがビタミンです。

3大栄養素の代謝の手助けをしているのがビタミンなのです。

このポーズを仮に「代謝」としましょう。

上の人が3大栄養素だとしたら、下がビタミンです。

 

 

ふざけんな!余計わかりにくいわ

まあともかく、

3大栄養素の代謝を助けるだけでなく、体のあらゆる機能を正常に保つ働きがあるのがビタミンです。

 実際、代謝に深くかかわってくるのが酵素食べ物を消化する消化酵素新陳代謝などの代謝酵素)です。

肝臓
で酵素が存在し、エネルギーに変えるための働きをしています。ビタミンは酵素の働きを手助けする栄養素で、補酵素とも呼ばれます。ちなみに酵素はたんぱく質でできています。
スポンサードリンク

ビタミンは不足しやすい

ビタミンは体の中で作られなかったり、作れたとしても量が足りなかったりします。

要するに食べ物、サプリメントから取らなければならないです。不足しやすいので、ビタミン配合をうたった飲料やお菓子はばんばん販売されています。

ちょ待てよ、体の中で作られなかったりってさらって書いているけど、どういうことよ?

 

栄養素は外から取らなくとも、体内で作られるもの(体内にある他の物質や栄養素を材料とし、合成される)があるのです。

一方、体の中で合成できないものもあり、必ず食事などで外から摂取しなければならない栄養素ががあります。

 

 

体内で合成すること出来ない栄養素=外から取り入れなければならない栄養素

このことは栄養成分いっぱい取る宣言をしている私のアンチエイジング方法で鍵となることです。

でビタミンはほぼ体内で合成することができないので、毎日摂取しなければなりません。

まとめ1

  • ビタミンは、体をつくる材料となるものでも、エネルギーの源になるものでもない。
  • 3大栄養素の代謝にかかわる酵素の手助けをする。他にも働きがあるが、総じて体の調子を整える働きをする。
  • 体内で作られないので食事などで外から摂取しなければならない。不足しがちである。

ビタミンは、よくある表現でいうと

3大栄養素がうまく働くための潤滑油

ということです。

ビタミンが足りていないと3大栄養素がうまく機能しないので、体の調子が悪くなります。



ミネラル

ミネラルは骨、歯などを作っている栄養素です。
ビタミン同様、体の調子を整える機能をもっています。ビタミンと力を合わせて作用することもあります。

「体の調子」が上の人だったっら、下はミネラルという感じです。

これは「体の調子」を整えるを表現しています。

 

 

 

体操ネタつまらないし、飽きたよ

・・・・・

ミネラルの特徴は、大きく言うとこの2点

  1. 体の材料(骨、歯)になる
  2. 体の調子を整える (例えば酵素の活性化の役割をもっています。)

ビタミンと大きく違っている点は、体の一部の材料になっているかどうか
とういだけかというとそうではなく、

ビタミンが有機物であるのに対して、ミネラルは無機質など
つきつめればちょっと複雑になってきます。

ビタミンもミネラルも、体の調子を整えるもの

今はこのぐらいでいいかなと思います。

ミネラルも不足しやすい

ミネラルは体内で合成されないでの、食事などから補給する必要がある。この点はビタミンと一緒です。

まとめ2

ビタミン、ミネラルと一括りにいっていましたが、それぞれ数種類に分類されています。

ビタミンは13種類ミネラルは16種類あります。

ビタミンもミネラルも体の調子を整えると一言で終わらせていましたが、

ビタミン13種類、ミネラル16種類が、
それぞれ体内での調整機能の役割をもっています。それを今後、個別にまとめていきます。

栄養素と栄養成分について 

栄養素と栄養成分ってほぼ同じものとして使っちゃっています。栄養素も栄養成分もごっちゃになって使っています。

まあいちおう大きな括りは「栄養素」で、その中の細かい種類は「栄養成分」ではないか考えています。

これたぶん正解ではないと思います。


5大栄養素のビタミンという栄養素、ビタミンという栄養素には13種類の成分がある。例えばビタミンCという栄養成分。こんな感じです。

ただ絶対これを守っているわけではなく。ビタミンCという栄養素っていったりもビタミンCという栄養成分っていったりマチマチです。

ダメじゃん!

細かな突っ込みはなしでお願いします。

 

スポンサードリンク