老化を遅らせるために「たんぱく質」を学んでみる その1

3大栄養素の一つ、5大栄養素の一つである「たんぱく質」の私なりの解釈を披露する。3大栄養素と5大栄養素は基礎中の基礎で、ほんのさわりです。
本日からカテゴリー「学んでみる」が本格的に始まったといえそうです。トップバッターはたんぱく質です。
たんぱく質は私のアンチエイジング方法の中で鍵となっているもの。もしかしたら一番重要なものかもしれない。

たんぱく質はすごい重要

5大栄養素を北斗の拳の南斗五車星で例えるなら、たんぱく質は間違いなく「雲のジュウザ」だ。

いきなり読者層を無視してマンガでの例え話かよ

うるさい!ほぼ読者0なんだからいいんです。

で、雲のジュウザは、北斗の拳の中で一番すきなキャラクターでもあります。

ちなみに炭水化物、脂質は、私にとって「風のヒューイ」、「炎のシュレン」みたいなものだ。北斗の拳をご存知ならこの2つの重要度がどのくらいか察していただけると思います。

ちょっと復習もかねて

たんぱく質は人間の主要なパーツを構成する栄養素です。

つまり、髪、心臓、内臓、血液、爪、皮膚などはたんぱく質でできています。

 

 

 

このメンツで普通、髪が一番最初にくるか?

これらメジャーなパーツのほかにも、マイナーだけど極めて重要な物質たち、

前回話した代謝に関わっていて体の機能に欠かせない酵素体のつり合いをとるために必要なホルモン免疫抗体などのもとなどもたんぱく質でできています。

メジャーとマイナーの違いは何?

何をもってメジャー、マイナーなのかはなんとなくのイメージです。私のさじ加減です。

ホルモンってさらってだしましたけど、ホルモンってイメージ的には食べるものとか、醸し出すもの「フェロモン」とか勘違いしていませんか。

していませんね

 

 

 

 

ホルモンとは

ホルモンはからだのさまざまなはたらきを調節する化学物質です。からだの外側・内側で環境(かんきょう)の変化が起きても、からだのはたらきを常に同じになるように保つはたらきをしています。

引用元  ホルモンについて 中外製薬(株)ホームページ

体重の20%はたんぱく質だよ

人間の体はほとんどが水分でできています(60%~65%)。 水分の次にたんぱく質が多いのです。だいたい20%ですので、体重の1/5がたんぱく質で占めているといえます。

人間の構成比
スポンサードリンク

たんぱく質、プロテイン、アミノ酸

例えるとミチバタ3姉妹みたいなものです。個々は違うけど、名前と顔がいっちしない。ただ一括りになっている気がする・・・・。

 

なってねよー!しかも誰だよその3人

筋トレする人が、よく「たんぱく質」を取れとか、「プロテイン」を取れとかいうけど、

どっちが正解で、はたまたなにが違うのでしょうか?。

英語のプロテイン訳はたんぱく質だけど

それ正解!

 

 

 

 

別に違いはなくたんぱく質のことを英語でプロテインといういうだけです。

で、たんぱく質を構成している最小単位のことアミノ酸といいます。

たんぱく質が体内に入ると一つ一つのアミノ酸の状態に分解されてから吸収され、

メジャーなパーツ、マイナーな物質たちぞれの働きに必要なたんぱく質生合成されます。

だから結局は、たんぱく質アミノ酸といえそうです。(なぜか弱き)

補足

生合成とは「生きている細胞内で物質が合成されること」です by三省堂より

※メジャーなパーツ 髪、心臓、内臓、血液、爪、皮膚
※マイナーな物質  酵素、ホルモン、免疫抗体のもとメジャー、マイナーはわたしのさじかげんです・・・

厳密には違いますが、

私は「たんぱく質」=「プロテイン」≒「アミノ酸」と認識しちゃっています。
たぶん専門家からぶっとばされるな・・・

なるほど。よくみたらこの3人一緒じゃないか。髪型や服装が違うだけで。
お主、これをたんぱく質、プロテイン、アミノ酸に置き換えるとはやりよる・・・・・
ってなるかハゲー

例えば、一世風靡した「マジカル頭脳パワー! !」で行われたマジカルバナナというゲーム。

この段落の話をマジカルバナナでまとめるとこうなるのです。

「マジカルバナナ たんぱく質といったら、プロテイン、プロテインといったら うーんアミノ酸??」

うーん正解でいいでしょう。

 

 

 

 

たんぱく質ってたんぱく質

「たんぱく質」って、それそのものひとつの栄養素のことだと思っていませんか?

・・・・・

私も「たんぱく質」って「たんぱく質」と一括りにしていた部分があるのですが、

「私も」って。勝手に同類にすんなや

人間の体を構成しているたんぱく質って、約10万種類のたんぱく質でできているのです。

でこの約10万種類のたんぱく質は主に20種類のアミノ酸の組み合わせでできているのです。

皮膚筋肉が同じたんぱく質からできているのに形が異なるのは、

20種類のアミノ酸の組み合わせの違いによるものです。

髪はAというたんぱく質でできていて、皮膚はA2というたんぱく質でできているという感じです。筋肉はA3というたんぱく質って感じで

これらの違いは主に20種類のアミノ酸の構成比の違いなんです。

でたんぱく質は超重要だから次回に続きます。

スポンサードリンク