オルニチン

オルニチンの評価 A+

オルニチン

オルニチンはアミノ酸です。アミノ酸といえば、たんぱく質をつくるイメージがあると思いますが、オルニチンはたんぱく質を構成している20種類のアミノ酸に含まれていません。

体をつくる20種類のアミノ酸

体の中にある人間の主要なパーツ、例えば筋肉、肝臓、心臓、皮膚、髪、血液などを作っているのはたんぱく質です。このたんぱく質を構成しているのは主に20種類のアミノ酸です。20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できるものを「非必須アミノ酸」といい、合成できず食事などがら取り入れなければならないものを「必須アミノ酸」といいます。
20種類のうち必須アミノ酸は9種類で、非必須アミノ酸は11種類です。

20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

 

オルニチンは、アミノ酸のなかで遊離アミノ酸の分類されます。

アミノ酸の中にはたんぱく質と結合しないで、単体のアミノ酸の状態で体内に存在しているものもあります。このアミノ酸を遊離アミノ酸といいます。
遊離アミノ酸は、肝臓、筋肉などの組織だけでなく、血液にも蓄えられ、体の中を循環している成分です。
体内のどこかの組織で材料となるべきアミノ酸が足りていないと、血液中にある遊離アミノ酸を取り入れてそのたんぱく質の材料となります。どこかの組織で遊離アミノ酸が過剰になった時には、血液中に放出されます。

オルニチンを一言でいうと「肝臓に良い」成分です。
肝臓の様々な働きを助けるアミノ酸で有名です。

スポンサードリンク

オルニチンの摂取目的

「成長ホルモン」分泌のためを目的とし、それにより「筋肉」を増やし基礎代謝をあげ体型維持することを目指しています。あと「普段」の体力の向上も目的としています。

 摂取目的
体型「筋肉」「ダイエット」
体力「普段」
その他「成長ホルモン」

オルニチンの効果・効能

肝臓
オルニチンは肝臓の働きをサポートする成分です。体内にオルニチンを取り入れることで肝蔵のさまざま機能を高めることができます。

①オルニチンサイクル
食事などから取り入れたオルニチンが肝臓にたどり着くと、「オルニチンサイクル」を活性化させます。オルニチンサイクルとはアンモニアを解毒するための代謝経路です。肝臓で行われます。
運動などによって生まれた有毒なアンモニアが肝臓内のオルニチンと反応することで、無毒化され尿素となり、体の外に排出されます。尿素への変換が終わるとオルニチンは再生され、再びオルニチンサイクルの中で働きます。
オルニチンサイクルはアンモニアを尿素に変換させる代謝経路なので尿素回路ともよばれています。

アンモニア
アンモニアは、食事からとったタンパク質が体内で分解されるときや激しい運動をして筋肉が分解されるに生まれる物質です。アンモニアはエネルギーの産生を阻害するので、「疲労のもと」といわれています。

②TCAサイクル
TCAサイクルはエネルギーを生み出すための代謝経路で、肝臓で行われます。食事などから取った糖質は消化酵素により分解されます、分解されたものは細胞内のミトコンドリアに入り、アセチルCoAという物質に変わり、それがTCAサイクルというエネルギーを作り出すサイクルに取り込まれることでATPが作り出されています。

ATP
エネルギーを貯蔵するものです。厳密には違いますが、ここでは「エネルギー」と考えてください

アンモニアはこのTCAサイクルを阻害します。アンモニアに阻害されるとこのサイクルがうまく回らなくなりエネルギーをうまく産生できなくなります。

さきほどオルニチンはオルニチンサイクル(アンモニアを無毒化させ尿素に変える代謝経路)を活性化させるといいました。オルニチンは体内のアンモニアを取り除くこと働きをするので、TCAサイクルにも関係してくるといえます。つまりエネルギー産生に関わっているともいえます。

成長ホルモン
成長ホルモンの分泌を促す働きをします。成長ホルモンは各組織、器官(脳以外)の細胞に必要なアミノ酸の取り込みを促進し、たんぱく質の合成に貢献しています。
例えば筋肉といったたんぱく質を作るのにも成長ホルモンの存在が重要となります。
筋肉の細胞に必要なアミノ酸の取り込みを増やしたり、筋トレで傷ついた筋繊維の修復をする働きするからです。そうすることで筋肉が増大することになります。
また成長ホルモンの分泌は、細胞分裂の促進、活性化につながります。
肌の表皮細胞が細胞分裂が促進されること肌の新陳代謝が正常におこなわれます。真皮にある繊維芽細胞の細胞分裂が活性化することで、コラーゲンやエラスチンといった美肌成分が生成されます。
毛母細胞が細胞分裂することにで髪は生まれ、育っていきます。

成長ホルモンの分泌を促すことは肌や髪にとっても重要なものです。

疲労回復
アンモニアエネルギーの産生を阻害するので、疲労の原因となります。

オルニチンサイクルが正常に行われることでアンモニアを取り除くことが出来ますオルニチンサイクルはアンモニアを無毒化して尿素に変える代謝回路)。このオルニチンサイクルを活性化させ正常に機能させるのを助けるのがオルニチンです。オルニチンはアンモニアの解毒の一端を担っていて、疲労回復の効果があるといえます。

二日酔い解消
飲酒の多い方は肝臓に負担がかかるります。オルニチンは肝臓の機能向上の役割をします。オルニチン摂取によって、飲酒翌日の疲労が抑えられることが実験により分かっています。

オルニチンのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • お酒をよく飲むかたにおすすめ
  • 年齢とともに低下しがちな代謝にも関係するといわれている成分
  • 成長ホルモンに関与しています
  • 若々しくありたいかたにおすすめ
  • 筋肉トレーニングをしている方やダイエットをしている方の味方 
スポンサードリンク

オルニチンの摂取量、不足、過剰

オルニチンの摂取量
オルニチンの摂取目安量は1日に500~1000mg程度。摂取目安はこの程度ですが、目的別に多めに取る場合もありです(ちょっと多めにとっても安全な成分です)。肝臓の機能を改善を目的だったら500~1000mgで十分。基礎代謝を促すための筋トレ、ダイエット目的だったら1000mg超えて、~2000mgぐらいまで上げると効果を感じやすくなります。1日に500~1000mg程度といいましたが、これを食事からとるのは結構きついです。オルニチンを豊富に含むシジミだと2000個以上とかなります。サプリメントでの補給をお勧めします。
 
オルニチンの不足
オルニチンが不足すると肝機能が低下します。肝機能が低下すると、疲労、倦怠の原因である物質「アンモニア」の分解がスムーズにいかず、疲労が取れず疲れやすくなります。
 
オルニチンの過剰
オルニチンは比較的安全な成分のため、過剰の心配はさほどありません。1日に摂取目安の5倍である5000mgを毎日摂取しても副作用はなかったと報告されています。ただ1日に10000㎎(摂取目安の10倍)のオルニチンを摂取した場合に、胃腸にトラブルが起こったという報告があります。私がいうのもなんですが、常識を超えて取りすぎるのはよくないので、サプリメントで摂取する場合はその目安摂取量を守りましょう。
 

オルニチンの豆知識

ポリアミン
オルニチンは、ポリアミンの材料になります。体内でポリアミンに変身します。
ポリアミンとは、全ての細胞内で作られる物質で、細胞の生まれ変わりに関わる重要な成分です。新陳代謝を高める効果、老化を予防する効果などがあり、美容面で欠かすことのできない成分といえます。
ポリアミンは、オルニチンのほかにもアルギニンによって、体内合成される成分です。
若い時は、自身の細胞がポリアミンを産生します。よくあるパターンで年を取ると、その能力が減ります。ポリアミンの機能低下を防ぐため、外から取ることが重要となります。

オルニチンのイメージ

食べ物でいったらシジミです。

肝機能、成長ホルモンに関わっていて、筋肉にも体力にも肌にもよくてバランスがいい栄養成分

オルニチンと相性の良い栄養成分

・アルギニン
・リジン
・シトルリン

オルニチンの勝手にランキング

体型(筋肉)部門 第5位
体型(ダイエット)部門 第11位

オルニチンのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

オルニチン総合評価 A+ 15.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3.5
成長ホルモン分泌は髪にとって、非常に大切です。髪は毛母細胞が細胞分裂することで生えてきて、伸びます。この細胞分裂を促進するのが成長ホルモンです。成長ホルモンを多く分泌することで、毛母細胞が活性化され、髪のヘアサイクルの成長期の期間が伸びます。ようは太く、健康な髪が育ち「抜け毛が減る」ということにつながります。成長ホルモンの分泌に関わるオルニチンは薄毛予防になります。

肌(美肌) 評価3.5
オルニチンは成長ホルモン分泌を促すため肌の新陳代謝に関わっています。なので美肌作りにも効果があると思います。豆知識にも出しましたがポリアミンという細胞、の生まれ変わりに関わる成分の構成材料になっています。美肌を目的としてオルニチンを取るというのは十分「あり」です。ただ「私」はオルニチンを美肌の目的としていないので、3.5という評価にしました。

体型(筋肉、ダイエット) 評価5
成長ホルモンの分泌は筋肉増やすことにつながります。成長ホルモンは筋肉の細胞に必要なアミノ酸の取り込みを増やしたり、筋トレで傷ついた筋繊維の修復をする働きするからです。
また基礎代謝が多く消費される体の部位は、筋肉のほか肝臓もあげられます。一説には筋肉より肝臓のほうが基礎代謝量が多いといわれています。肝臓の機能をあげるオルニチンはダイエット(基礎代謝を上げることが大事)にも効果的だと考えています。

体力(普段) 評価5
肝臓の機能低下は、エネルギー不足=疲労につながります。「代謝」において大きな役割を担っている臓器が肝臓で、肝臓は3大栄養素のすべての代謝にかかわっているからです。
エネルギー産生を阻害するアンモニアの解毒作用が促進するオルニチンには疲労回復効果が見込まれます。こう考えるとオルニチンは普段のエネルギーづくりに大いに貢献していると思います。

その他(成長ホルモン) 評価5.5
オルニチンの摂取目的は成長ホルモン分泌を促すためです。これに関しては、かなり良いといえます。成長ホルモンが一番分泌されるのは睡眠中です。とある実験で睡眠前にオルニチンを摂取することで、成長ホルモンの分泌向上が見られたとの報告もあります。評価は5.5です。

 

オルニチン雑感

5つ目のカテゴリーが仮に「肝機能」でしたらそのカテゴリーでオルニチンは間違いなく満点の評価6です。肝臓と癒着しているのじゃないかと感じるくらい肝臓とはべったりとした関係です。

オルニチンを取ることは肝臓のさまざまな機能を改善するのに役に立ちます。

肝臓って数ある臓器のなかでもかなり重要な働きをしています。

まず代謝。3大栄養素を含めほとんどの物質の代謝にかかわっています。
肝臓で糖質、脂質からエネルギーが作り出され、肝臓で体に必要なたんぱく質の合成が行われています。エネルギーを作り出し、体に必要なものを作りだすといのは健やかに生きていくうえですごく重要なことです。つまり肝臓ってすごく大事なのです。

あとは解毒。効果・効能の欄にかきましたが、アンモニアを無毒化して尿素として排出するオルニチンサイクル代謝経路は肝臓で行われています。アルコールの分解も肝臓で行われます。

あと胆汁の生成、分泌というのも肝臓の働きです。

まあ肝臓の働きをあげたらきりがないですが、有名なのはこの3つです。
でオルニチンはこんなに素敵な肝臓の機能をアップさせる成分です。
アップというか、肝臓の働きを活性化させます。
いや肝臓の働きを低下させず、正常に機能させるという表現のほうがいいかもしれません。
ともかく肝臓にとってオルニチンは「素晴らしい」の一言です。

で肝臓の機能って落ちやすいのです。暴飲暴食、特にビールなどのアルコール類を飲みすぎるとすごくダメージを受けます。
機能が落ち、肝臓の病気になってしまいます。
アルコールを飲む人にとっては肝機能を向上させるオルニチンは必需品となります。

と長々と書いてきましたが、私はそんな気にしていないのです。「肝臓」に関しては・・・
お酒を飲まないのです。
ここ数年まったく飲んでいないのです。暴食もしていないため肝臓を酷使している状況ではないのです。

だからといってオルニチンを摂取する必要はないということではなく、
肝臓にいいというオルニチンを飲むことはとにかく健康にはいいことは間違いないので摂取しています。

・・・・いや違いました。

やっぱり「肝臓のため」にオルニチンはとっていません。オルニチン摂取の私の一番の目的は肝臓のためというよりは「成長ホルモン分泌のため」です。

成長ホルモンは、身長を伸ばしたり代謝をコントロールすることに関係しているホルモンです。
成長ホルモン分泌による「身長を伸ばす」効果はさすがにもうあきらめましたが「代謝のコントロール」という働きに期待しているためオルニチンをはじめとする「成長ホルモンの分泌を促す成分」をたくさんとっています

代謝のコントールという一言でまとめてしまいましたが、こんなことを言っているのです。
肌の新陳代謝を促し美肌を作る、筋肉というたんぱく質の合成を助ける、筋肉をつけることで基礎代謝がアップし体重がへる、毛母細胞の細胞分裂を促進し、健康な髪を生み出す、細胞の修復や再生をする。これらすべて代謝が関係してくることです

いいことだらけじゃないですか?

分かりやすく実感できるのは筋肉です。20代前半はよく筋トレをしていました。
今はほとんどしていないですが、オルニチンをはじめとする「成長ホルモン分泌に関わる成分」を飲み続けていることである程度、筋肉をキープできています。
筋トレしていた時からずっとオルニチンを飲んでいるので、とくにオルニチンの成長ホルモン分泌効果はすごく大きいと勝手に思っちゃっています。

「成長ホルモン」の分泌に役立つ成分として「オルニチン」はかなりいいと断言できます。
肝機能にも効果があると感じがします。こっちはなんとなくですが・・・

オルニチンとリジンはタッグになって商品として販売されていることが多いです。さらにいえば次回紹介する「アルギニン」とトリオとなって販売されていることが多いです。

一緒に飲むことで、成長ホルモンの分泌量を増やすといった相乗効果が期待できます。

 

スポンサードリンク