老化を遅らせるために「代謝」を学ぶ その2

代謝とは、体の中で起こる化学反応のことで、外からとり入れた物質を体の中に必要な物質に合成したり、物質を分解してエネルギーを生み出したりすることをいいます。で代謝は2つあるといいました。「物質代謝」と「エネルギー代謝」です。代謝という体内で行われる化学反応を物質の変化目線で見たときに物質代謝といい、エネルギーの変化目線で見たときエネルギー代謝といいました。ちなみに一般的に「代謝」というのは物質代謝のほうです。

スポンサードリンク

物質代謝、エネルギー代謝は表裏一体で、物質代謝が行われているときには、エネルギー代謝も行われていて、エネルギー代謝が行わているというときは物質代謝が行われているときで・・・

あのー

はい?

 

 

 

 

この話のきっかけって「新陳代謝」だったわけじゃない?

( ゚д゚)ハッ!ツ

 

 

 

「新陳代謝」と「基礎代謝」は違うみたいな話だったでしょ?なんか話を複雑にもっていきすぎじゃない?

同化してました・・・

 

 

 

 

てめー

新陳代謝

新陳代謝は物質代謝のほうであると前回話しました。

新陳代謝って辞書で調べると「新しい物が古い物にとってかわること」とでてきます。まあコレって物質代謝のことをいっている感じしませんか?

どこがだよ!

新陳代謝って辞書で調べると「古くなった細胞から新しい細胞へ作り替えられること」とともでてきます。これは物質代謝のことぽくないですか?

まあポイっちゃポイけど

物質代謝には、
体に必要な物質を合成する「同化作用」、
物質を分解してエネルギーを取り出す「異化作用」があります といいました。

ここでは同化作用のほうに注目してほしいのですが。体に必要な物質とは何ですか?

身体に必要なもの?(わかるわけねーここは適当に)心臓!

正解

 

 

 

 

マジか 当たった

まあ心臓だけではないのですが、体に必要なものって、ありとあらゆるものです。筋肉、皮膚、髪、血液、内臓、肝臓あげたらきりないです。これらって主にたんぱく質という物質でできています。

代謝の同化というのは 摂取した食物(体内で分解されたもの)などを、いろいろして合成させ 筋肉、皮膚、髪、血液、内臓、肝臓などを作ることです。

いろいろって

 

そこは省くとこでしょ!このくそブログのウリだよ!

 

 

 

 

そもそも私たちの約60兆個の細胞(所説あり。約37兆個という説もあります)からできています。

唐突に細胞!

毎日約5000億個の細胞が古いものと新しいものに入れ替わっています。

細胞入れ替わっているよー

 

 

 

 

体にある組織によって周期が違うものの、単純に計算すると人間の体は3~4ヶ月で全ての細胞が新しい細胞に生まれ変わることになります。

で何がいいたいの

これって同化作用の1つといえます。同化って身体に必要な物質をつくる代謝といいましたが、新しく組織の細胞をつくる(細胞内の変換)っていうことも当てはまります

新しい細胞を作るって、いわゆる細胞を入れ替えのことです。これって巷ではなんて呼ばれています?

細胞の入れ替え?この段落の冒頭でなんかいっていたな 

巷ではこのことを新陳代謝というのです。

同化しているぜ!ヒーハー

 

 

 

 

新陳代謝とつながったー

より具体的に新陳代謝を説明します。

わかりやすい肌を例にあげます。

その3に続く

スポンサードリンク