老化を遅らせるために不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)を学んでみる

脂質の回は専門用語と漢字が多すぎてやんなちゃいます。だけどこれを覚えることは老化を遅らせることにつながってきますので踏ん張りどころです。前回は脂質の主成分は脂肪酸で、脂肪酸には不飽和脂肪酸飽和脂肪酸の2つある。常温で液体の脂肪酸を不飽和脂肪酸、常温で個体の脂肪酸を飽和脂肪酸というと説明しました。さらに不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸の2つがあると説明しました。この2種類について、個別にまとめていきます。今回は一価不飽和脂肪酸について学んでいきます。

スポンサードリンク

それでは不飽和脂肪酸のおさらいをしましょう。

今さっきしたばっか

あれだけで思い出しました?

うーん

もう一度丁寧に復習します。

チラ

 

 

 

 

 

あれ?マサオがいたような・・・

不飽和脂肪酸の復習

不飽和脂肪酸の特徴・役割

不飽和脂肪酸は、まぐろ、さんま、さばなどのやオリーブオイル、ゴマ油などの植物油に多く含まれる脂質です。
常温で固まりにくく体内で液体であるというのが特徴です。体に溜まりにくく、血液中の中性脂肪やコレステロール値の調節を助ける役割をしています。

不飽和脂肪酸の種類

不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸があります

一価不飽和脂肪酸は、非必須脂肪酸(体内で合成できる)でn-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)があります

n-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)
代表的なものはオリーブオイルに多く含まれるオレイン酸

 

多価不飽和脂肪酸は、必須脂肪酸(体内で合成できないもの)でn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)、n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)といったものがあります。

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)
代表的なものは、かの有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、αリノレン酸

 

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)
代表的なものは、ヒマワリ油などに含まれるリノール酸、γ-リノレン酸(リノール酸が体内で変化したもの)

 

ていねいに復習するといっておきながら9割コピペ!!

 

チラ チラ

 

 

 

 

 

やっぱりマサオがいるぞどこだー

一価不飽和脂肪酸 [n-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)]

一価不飽和脂肪酸非必須脂肪酸(体内で合成できる)でn-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)があります

代表的な脂肪酸

オレイン酸です。一価不飽和脂肪酸といったらオレイン酸のことといってほぼほぼ間違いないです。

オレイン酸っていわれても・・

大丈夫 ちゃんとまとめたわ

 

 

 

 

一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)が多く含まれるもの

オレイン酸
オリーブオイル、菜種油、ひまわり油、サフラワー油、米ぬか油、アーモンド、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アボカドなど果実類など

オレイン酸といえば、特にオリーブオイルが有名です

 

 

 

 

一価不飽和脂肪酸の特徴・役割

エネルギー源

一価不飽和脂肪酸は、エネルギー源になります。

まあこれは脂肪酸全般にいえることだけど

 

 

 

 

コレステロールのコントロール(善玉は下げずに、悪玉だけを減らす)

一価不飽和脂肪酸は、血液中の悪玉(LDL)コレステロール値を減らすといわています。
もっといえば、飽和脂肪酸の代わりに摂ると


悪玉(LDL)コレステロール(動脈硬化の原因となる)を減らしつつ、善玉(HDL)コレステロール(動脈硬化の防止になる)は下げさないでそのまま維持させるという離れ業をします。
なので心臓病、高血圧などの循環器系疾患のリスクを減らすといわれています。

※なお左の絵はこの内容には特に関係ありません

 

 

 

胃酸の分泌調整

胃での滞在時間が飽和脂肪酸に比べると短いです、その分、余計な胃酸を分泌しなくてもよくなります。

雑になってきた

腸の運動を高める

一価不飽和脂肪酸を摂取すると、腸内物をやわらかくして排便を促す働きがあるといわれます。

スムーズになるよー スイスイ

 

 

 

 

美肌効果

肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で、一番多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸保湿力が高く、他の美容成分の肌への浸透をサポートする役割もあります。

 

フムフム メモメモ

 

 

 

 

やっぱりマサオだー。おーい

多価不飽和脂肪酸と比べると酸化されにくい

不飽和脂肪酸は酸化されやすく、飽和脂肪酸は、酸化されにくいという特徴があります。これが不飽和脂肪酸の欠点だと思っています。
そのなかで一価不飽和脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸より酸化されにくい性質を持ちます。酸化しにくく長期間の保存にもむいています。

酸化
酸化とは、食品が酸素と結合して変質すること
難しく考えずに
酸化した食品を食べると、体にストレスを与えて、老化を早めると覚えてください。なので抗酸化という言葉が流行っているです。
酸化しやすい食べ物の代表は油です。
油は空気に触れると酸化が進みます。特に、揚げ物なども作って時間がたったものはもっとも酸化が進んでる状態です。なので使い回しは避けたほうがいいです。いや多少コストがかさんでも避けるべきです。

おーい マサオ まて~

 

 

 

 

フー追いついた

 

 

 

 

 

 

マサオ!修理して人間界に戻ってきたのか

オ・ヒ・サ・シ・ブリ

 

 

 

 

 

ブー お前パイオツつけられてるやんけ!

 

まとめ

今回は一価不飽和脂肪酸 として、いろいろ説明してきましたが、
まあn-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)の説明ともとれます。
そしてオレイン酸のことを言ってきたといっても大げさではありません。

多価不飽和脂肪酸は2つ(n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)、n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸))あり、それぞれさらに分類していますが、
一価不飽和脂肪酸はn-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)の1つで、それもほぼオレイン酸なのです。

で一価不飽和脂肪酸の油といったら、オリーブオイルです。

上の特徴・役割を見ると摂取はマストです。
もこみちさんがあんだけオリーブオイルをかけまくるのもわかります。

しかしいくら良いといっても、あくまでも油は油なので、取りすぎると肥満につながります。

その辺を注意する必要があります。

 

スポンサードリンク