老化を遅らせるために不飽和脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)を学んでみる

繰り返しになってすいません。しつこいようですがもう一度いいます。脂肪酸には不飽和脂肪酸飽和脂肪酸の2つあります。常温で液体の脂肪酸を不飽和脂肪酸、常温で個体の脂肪酸を飽和脂肪酸といいます。
で不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸の2つがあります。前回は一価不飽和脂肪酸について書きました。今回は多価飽和脂肪酸について学んでいきます。

スポンサードリンク

漢字多すぎる

多価不飽和脂肪酸は必須脂肪酸(体内で合成できないもの)でn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)といったものがあります。

個別にまとめる前にさらっと多価脂肪酸全般にあてはまることをまとめていきます。

ヨ・ロ・シ・ク

 

 

 

 

 

マサオのやつ、パイオツつけられてからグレはじめてきたな~

多価飽和脂肪酸

代表的な脂肪酸は

これよー

 

 

 

 

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は DHA 、EPA 、α–リノレン酸 です。

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)は リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸です。

2つの多価不飽和脂肪酸 両方にいえることは、

どちらもエネルギー源になります。また細胞膜や、ホルモンといった生理活性物質の材料にもなります。

ホルモン
ホルモンは体のさまざまなはたらきを調節する物質です。体のはたらきを常に同じになるように保つ役割をしています。

 

 

 

 

 

生理活性物質
生体の生理活動に何らかの作用をもたらす物質のこと。体の仕組みに働きかける物質のこと。ビタミン、ミネラル、酵素やホルモンなどがあてはまります。 

②悪玉(LDL)コレステロールを減らす

前回話した一価不飽和脂肪酸より多価不飽和脂肪酸のほうが悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きが強いと言われています。

③酸化しやすい

熱、空気にさらされると酸化しやすくなります。酸化すると過酸化脂質となります。過酸化脂質とは酸化した脂質のことです。過酸化脂質を摂取することは、がん、動脈硬化の原因になったり、老化をすすめることになります。

 

これらが多価不飽和脂肪酸に共通していえることです。

 

タ・バ・コ カッテコイ

 

 

 

 

了解しましたー!マサオのやつ、本格的にグレはじめた
交代よ!あんたタバコ買っておいで

それでは、n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)、n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)分けてちょっと詳しく説明していきます。
まずはn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)からいきます。

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は、魚の油に含まれるDHA、EPAや植物油に含まれているα–リノレン酸などのことです。

DHA、EPAってガチで有名じゃん

特にDHA、EPAは馴染みがあると思います。それこそCM、TVの特集などで引っ張りだこの成分といえます。特にここ数年脚光を浴びている成分といえます。

魚に含まれる成分だよ あーおいしい

 

 

 

 

クローズアップされるべきほうが小さい!!

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は必須脂肪酸なので体内で合成できないため、食物などから摂取しなければなりません。

ちょっとややっこしいのですが、DHAやEPAは同じn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)であるα–リノレン酸をもとに体内で合成されます。
つまりα–リノレン酸はDHAやEPAの前駆体といえます。

前駆体
前駆体とはある特定の物質よりも反応段階的に前に位置する物質のこと

ゼ・ン・ク・タ・イ

 

 

 

 

なるべく難しい言葉使わないで!マサオがまたおかしくなる

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)が多く含まれるもの

ちゃんとまとめたわ、ズバリこれよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DHA、EPA
青魚(サンマ、イワシ、サバ、アジ)
 
α–リノレン酸
くるみ、亜麻仁油、しそ油、大豆

 

グぬぬ!!苦い思い出が

 

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の特徴・役割

 

DHA、EPA
血液を健康に保ちます。血液中の中性脂肪を下げる働きがあり、動脈硬化を予防します。
DHAは脳や目の網膜などの神経系に働きかけます。摂取することで記憶力、集中力をあげる効果があります。また視力向上に役立つといわれています。
EPAは血栓をできにくくするという働きがあります。結果、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを低下させます。
DHAとEPAは、機能の違いはありますが、血流を改善するという点に変わりはありません。DHAは脳や神経系統の健康に有効な働きをし、EPAのほうは血液、血管の健康により高い効果が見込まれます。
 
α–リノレン酸
血管を拡張させ、血液の流れをスムーズにします。血圧を低下させる作用、血栓ができるのを防止する作用があるといわれています。他にもアレルギー疾患を防止したり、脳を活発にする働きがあると言われています。

 

両方ひっくるめて言えることは血流をサラサラにする効果があるということです。

 

血液がサラサラになることで、血液中の中性脂肪を減らしたり、血栓をできるのを防ぎます。その結果、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などといった生活習慣病の予防・防止につながります。

 
 
 
 
動脈硬化
血管の壁にコレステロールや中性脂肪がたまって硬くなる状態のことです。
血栓
血管内で血液が固まり、そのまま詰まって血流が止まってしまったこと言います。心臓で血栓が起これば心筋梗塞、脳で血栓が起これば脳梗塞を誘発します。
 

 

 

 

 

やっとコンビニについたー、タバコ売ってるかなー

あり金 全部だせー ポコチン切り刻むぞー

 

 

 

 

ヒエー マサオ助けてくれー

 

ちょっと寒気がしました。なにか不吉なことが起こっているのでしょうか。

続いてn-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)の説明をしていきます。

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)

必須脂肪酸であるリノール酸が有名です。そのほかにもγ₋リノレン酸、アラキドン酸などがあります。リノール酸が体内で変化したのがγ-リノレン酸、アラキドン酸です。
ちなみにγは「ガンマ」と呼びます。

 

わけわかんねーのばっか

 

ここではリノール酸、γ-リノレン酸に焦点を当てます。

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)が多く含まれるもの

 
ちゃんとまとめたわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リノール酸
ヒマワリ油、コーン油、紅花油、グレープシード油、大豆
 
γ-リノレン酸
月見草油、ボラージ油、カシス種子油、母乳、カラスミ

 

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)の特徴・役割

 

リノール酸
血液中のコレステロールの低下させる効果、動脈硬化の予防効果があります。
ただし悪玉(LDL)コレステロール(余剰になると動脈硬化の原因となる)と共に、善玉(HDL)コレステロール(余剰なコレステロールを回収する働きがある)も同時に低くしてしまうこといわれています。
この点において善玉コレストロールを下げない一価不飽和脂肪酸とは違います。
 
γ-リノレン酸
血液中のコレステロールを下げさせるといわれているいます。リノール酸は善玉コレストロールを同時に低くしてしまいますが、γ-リノレン酸はその心配はいりません。またアレルギー症状を緩和させる効果、ホルモンバランスを整えて、月経前症候群(PMS)の症状を緩和する効果があるとされています。

 

善玉コレストロール
善玉コレストロールはHDLコレステロールともいいます。善玉コレストロールは体内で使われなかった余剰なコレステロールを肝臓に送る働きをします。。余ったコレステロールを回収して肝臓に戻すことで、血液中のコレステロールが増えることを防ぎます。動脈硬化を予防するといわれています。
悪玉コレストロール
悪玉コレストロールはLDLコレステロールともいいます。肝臓で合成されたコレステロールを全身に運ぶ役割を持っています。食べ過ぎて余剰になるとと血管壁にこびりつきます。このことが動脈硬化の原因となるため「悪玉」と呼ばれています。ただ悪玉といっても体にとって必要なものです。余剰になると害を及ぼすのです。

 

キャリアウーマンやるわね!それよりマサオの様子がおかしい

 

グイーン

 

 

 

 

ブーン

 

 

 

 

 

ボカーン

 

 

 

 

マサオー

 

 

 

 

まとめ

年をとるにつれで、血管も老化していきます。血管の老化は、見た目の変化だけでなく、生活習慣病といった病気につながります。多価不飽和脂肪酸は血管の若返えらせ、血液サラサラ効果がものすごくあります。

なので、ここ最近テレビでもてはやされるようになっているのです。

ワッショイ ワッショイ

 

 

 

 

今まで勉強してきたことを振り返ってみなさい。何をする必要がありますか?

飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸を積極的にとる!

 

正解!

 

 

 

 

ただ、なんだかんだ言ってもバランスというのが大事で、その辺りを次回以降、話していきます。

 

スポンサードリンク