ビタミンE

ビタミンEの評価 S

ビタミンE

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。
さらに、トコフェロールとトコトリエノールには、それぞれアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4種類があり、この8種類の総称がビタミンEです。
このうち最も抗酸化作用の強いのはアルファトコフェロールです。アルファトコフェロールは体内にあるビタミンEの90%を占めています。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつで「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

スポンサードリンク

ビタミンEの摂取目的

肌「美肌」「美白」、体力「夜のほう」、「抗酸化」です。

 摂取目的
肌  「美肌」「美白」
体力 「夜のほう」
その他「抗酸化」

ビタミンEの効果・効能

抗酸化
ビタミンEは、老化や生活習慣病の原因である活性酸素を除去します。
ビタミンE自体が非常に酸化されやすい性質を持っています。体内で自ら酸化されることによって活性酸素を取り除きます。
強い抗酸化作用を持つため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

細胞
ビタミンEは細胞を覆う細胞膜に多く存在しています。細胞膜は細胞の中の核や遺伝子などを活性酸素から守る働きをしています。活性酸素は、もともとは病原菌を攻撃し体を守る働きをしますが、増えすぎてしまうと細胞を傷つけてしまうことになります。細胞が酸化されることは老化が進むといわれています。ビタミンEが過剰な活性酸素を除去し、細胞を守る働きをします。


肌の細胞に活性酸素が増えると、皮脂や細胞膜といった脂質が過酸化脂質に変わってしまいます。過酸化脂質はコラーゲンやエラスチンといった美肌に関わるたんぱく質を破壊してしまいます。つまりしわやたるみを引き起こすことになります。ビタミンEは体内の脂質の酸化を防ぐ(=過酸化脂質を防ぐ)働きがあるので美肌作りに大きく貢献しているといえます。
シミの原因となるメラニンは紫外線を過度に浴びることでたくさん作られます。

メラニンは通常は肌のターンオーバーで垢と一緒に排出されます。しかし肌のターンオーバーが乱れているとメラニンの排出が上手くいかず、メラニンが色素沈着を起こしシミとなって肌に現れてしまいます。

 

 

ビタミンEには血行促進を良くし、肌の細胞隅々に栄養素を届け肌の新陳代謝を促進する効果があります。肌のターンオーバーを正常化させシミになりにくい肌に導く成分といえます。

血流
ビタミンEは、毛細血管を広げる働きがあります。そのため血流を改善する効果が期待できます。さらに、過酸化脂質を分解して血液中に粘りがある物質が流れ出すのを防ぎ、血液をサラサラに保ちます。毛細血管を拡張して全身の血流を改善する働きがあります。

病気の予防
ビタミンEの抗酸化作用により、過酸化脂質(脂質が酸化すること)の生成を抑え、体を守る働きがあります。ビタミンEは細胞膜のほか、血液中でコレステロールや脂質を運ぶ役割があるリポタンパク質の中にも存在します。そこで体内の細胞膜の酸化によって老化が進むことを防いだり、血液中の悪玉コレステロールの酸化によっておこる動脈硬化を予防します。

ビタミンEのキャッチフレーズ

  • 美白、美肌などの美容対策をはじめ、健康維持にも役立つ
  • 若返りのビタミン、若々しさの鍵となる成分
  • 生活習慣が気になりだした方におすすめ、生活習慣病対策に
  • 冷え性、肩こりにお悩みの方に
  • 妊活を計画している方や、若い頃の精力を保ちたい方に 
スポンサードリンク

ビタミンEの摂取量、不足、過剰

 
ビタミンEの摂取量
日本で定められている1日目安量量は年齢、性別で異なります。成人では男性6.5mg、女性6mgとされています。上限は男性800㎎、女性700㎎とされています。目安と上限のふり幅が大きくなっていますが、正直目安摂取量では少ないと思います。美容、抗酸化目的で摂取する場合は1日に100㎎(成人)は取っておきたいです。
 
ビタミンEの不足
効果、効能の逆のことが起きます。ビタミンEが不足すると活性酸素の害を受けやすくなります。肌に関してはシミ、そばかすができやすくなります。活性酸素の影響で細胞の老化が進むことで、動脈硬化のリスクを高めてしまいます。女性の場合は不妊や流産のリスクが高まることもあります。
 
ビタミンEの過剰
脂溶性ビタミンは、体内に蓄積されるので過剰摂取に注意です。ただビタミンEはほかの脂溶性ビタミンと比べて過剰症は起こりにくいといわれています。ビタミンEの過剰症としては、軽度の肝障害、下痢、吐き気などが起こる可能性がでてきます。

ビタミンEの豆知識

妊活に
ビタミンEは副腎 や卵巣にも蓄えられ、女性ホルモンや男性ホルモンなどを含むホルモン の代謝に関わっています。男性の場合はビタミンEの投与によって精子の数を増加させたり、精力を高めるといった効果があります。女性の場合は女性ホルモンバランスを整え、妊娠率を向上させます。ビタミンEは、不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。
 
ビタミンACE
ビタミンEは、ビタミンC、ビタミンAと一緒に「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれ、抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分です。ビタミンEとビタミンAは細胞膜に、ビタミンCは体液中に存在しており、それぞれ活性酸素の害を受けないよう体内で働いています。ビタミンEは、同じく抗酸化力を持つビタミンA、ビタミンCと一緒に摂取することで、より抗酸化力が向上するといわれています。
 
吸収力をあげるため
ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油分と一緒に摂取すると吸収率が高まります。油分がない状態でビタミンEだけを摂取した場合は吸収率は高くありません。例えば魚油であるDHA・EPAに配合されているケースが多いです。ビタミンEの吸収力を高めるだけでなく、ビタミンEの抗酸化力を使ってDHA・EPAが酸化するのを防ぐからです

ビタミンEのイメージ

ひまわり油

若返りのビタミン

ビタミンEと相性の良い栄養成分

ビタミンEと相性のいい栄養成分はたくさんあります。ビタミンEは脂溶性ビタミンなので油分と一緒にとることもおすすめです。

・ビタミンC
・ビタミンA
・DHA・EPA

ビタミンEの勝手にランキング

肌(美白)部門 第14位
体力(夜のほう)部門 第8位

ビタミンEのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

ビタミンE総合評価 S 17

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛、白髪) 評価3.5 
ビタミンEには、毛細血管を広げる働きがあります。血流を改善する効果があります。毛細血管は毛乳頭に栄養素、酸素を届ける大事な役割をしています。なので毛細血管の血流を良くするというのは薄毛改善にはとても大事です。ビタミンEの血流改善(毛細血管)効果は薄毛にはすごくと思います。
またビタミンEの強い抗酸化作用は毛母細胞や毛乳頭細胞が酸化されるのを防ぎます。これらの細胞が酸化を防ぐことは薄毛・白髪予防の基礎となります。このように考えるとビタミンE摂取は髪にプラスとなりますが、髪のトラブル改善のために取ってはいません。

肌(美白) 評価6
ビタミンEが美白に効く理由として主に「抗酸化」、「血行促進によるターンオーバーの正常化」があげられます。
過酸化脂質が増えた部分にメラニン色素が集中するとメラニンの排出が上手くいかずシミとなって肌に現れます。脂質の酸化を防ぐ働きをするビタミンEを摂取することはシミの予防につながります。
ビタミンEの血行促進効果は血液の循環をよくし、肌の新陳代謝(=肌のターンオーバー)を正常にする働きがあります。
メラニンは肌のターンオーバーの際に垢と一緒に排出されます。肌のターンオーバーが乱れていると排出されず色素沈着してシミとなって肌に現れます。
肌のターンオーバーを正常化させるという点においてもビタミンEは大いに貢献しているといえます。

肌(美肌) 評価5.5
ビタミンEが美肌に効く理由として主に「抗酸化」があげられます。
体内に活性酸素が過剰に発生するとで肌のたんぱく質や脂質が酸化してしまします。
肌の細胞膜や皮脂が酸化することで過酸化脂質が増えてしまいます。またコラーゲンやエラスチンといったたんぱく質が変性してしまい「しわ」「たるみ」を引き起こします。
ビタミンEの強力な抗酸化作用は細胞の酸化を防ぎます。美肌作りに役立つ成分といえます。

体型(ダイエット) 評価3
ビタミンEは血中のコレステロールや脂肪の酸化を防ぐはたらきあります。肥満防止に遠からず関わっているといえます。

体力(夜のほう)評価5
ビタミンEは副腎 や卵巣にも蓄えられ、女性ホルモンや男性ホルモンなどの代謝に関わっています。
男性の場合はビタミンEの投与によって精子の数を増加させたり、精力を高めるといった効果があります。ビタミンEの血行促進効果はED(勃起不全)の予防にもなります。
女性の場合は女性ホルモンバランスを整え、妊娠率を向上させます。ビタミンEは、不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。

その他(抗酸化)評価6
ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつで、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。ビタミンの中で抗酸化作用は断トツです。体内で最も酸化されやすいのが、細胞膜にある脂質です。脂質が活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質となります。過酸化脂質は健康や美容に害を与えるものです。ビタミンEは細胞膜に存在していて体内で活性酸素とすばやく結びつくこと(代わりに酸化されること)で、過酸化脂質になるのを防ぎます。なにはともあれ「若返りのビタミン」と呼ばれているほどですので、ビタミンEの抗酸化力は疑いの余地はありません。

ビタミンE雑感

ビタミンCと同様にビタミンEはベタです。サプリメントとしては定番中の定番です。定番だけあってその効果はすばらしいものです。
抗酸化力に関しては、文句のつけようがありません。

体内で最も酸化されやすいのが、細胞膜にある脂質(飽和脂肪酸)です。脂質が活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質となります。過酸化脂質はコラーゲンを破壊してシワ、シミなど様々な肌トラブルを引き起こします。外見に大ダメージをうけてしまうわけです。
それだけではありません。過酸化脂質が蓄積されると動脈硬化、ガンなどの原因になります。

ビタミンEは細胞膜に存在していて体内で活性酸素とすばやく結びつくこと(代わりに酸化されること)で酸化を防ぎます。ビタミンEは脂質が過酸化脂質になるのを防ぐ大切な栄養成分といえます。

なにはともあれビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれているほどですので、美容、健康を気にしているかたはまず毎日とるべきものといえます。

ビタミンEの特徴としては体内にある活性酸素を除去するという「体を酸化させない」ということがあげられますが、他の栄養成分の酸化を防ぐという働きもします。
サプリメントではビタミンEが「酸化を防ぐため」の目的で他の成分に補助として配合されていることがあります。
例えば酸化しやすいDHA・EPAなどと一緒に配合されていたりします。

ビタミンEの魅力はコスパがいい点もあげられます。

まあこれもビタミンCと同じなのですが、コストパフォーマンスに関して目を見張るものがあります。

とにかく安い。

数あるサプリメントの中でかなり安い部類に入ります。なので継続しやすいです。
数ある抗酸化成分でなにをとれば迷っている場合は、間違いなくこれビタミンEです。

サビない体を目指している方にとって、ビタミンEは基礎、前提というか・・・
取って当たり前の栄養成分です。

ちなみに私はビタミンEはたくさんとっています。単体サプリメントとしてとっていますし、ビタミンEはいろんなサプリメントに配合されていることが多いのでそっからも取っていることになります。

脂溶性ビタミンの中でも、過剰摂取の心配がそんなにないといわれているので、そこそこの量を摂取しちゃっています。

 

スポンサードリンク