老化を遅らせるために「活性酸素」を学ぶ その3

体内で活性酸素が必要以上に増えてしまうと、細胞を傷つけ、ガチで老化をすすめてしまうということを話ました。そして活性酸素が増える原因は多々あり、身近なものとして①ストレス②紫外線③タバコ④電磁波⑤激しい運動⑥食生活の乱れ があるといいました。④の電磁波を除いて一個一個その仕組みを説明していきます。活性酸素が一番増えるといわれているストレスの説明が終わりましたので、あとはちゃっちゃっといきます。

スポンサードリンク

前回の復習

深呼吸をしていたと思っていた謎の美女

 

 

 

 

深呼吸をしていたのではなく、何かを地上に召喚させていたのです。

 

 

 

 

そっちの復習?

 

えーと活性酸素が生じる原因とその仕組みを調べていたのでしたね。前回やったのはストレスでしたね。まあ活性酸素を生み出す一番の理由はストレスですから、ためないようにしましょう!

 

それで復習おわりかよ

紫外線

日焼けって健康的なイメージがあるかもしれませんが、実際はちがいますよね。肌を焼いている=細胞を痛めつけているようなものです。で日を浴びる時に最も注意するべきは紫外線です。

そもそもなんで小麦色の肌がいいんでしょうかね?
年を取った今、そして塩顔男子が流行っている今まったくわかりません。

確かにそうよね

といいつつも、私は大学生のころは日焼けサロンに通っていました。
いわゆる日サロに通うような人種(クラブに行く人、サーファー等)ではなかったのですが・・・

ズコー なんで日サロにいっていたの?

単純に小麦色になればモテルと思い通っていました。まあ当時(20年くらい前)は塩顔系なんかより、ザイル系というかまあ黒いほうがモテる時代だったので・・・

当時の私は日サロに通ってる人のなかではかなり特殊な人種でした。坊主頭から脱却したといえ、どうみてももやし系でそっちの世界とは真逆の人物。店員や他の客と比較すると、明らかに浮いた存在でした。

30分 3000円です

 

 

 

 

金払って、肌を劣化させるってどんな世界やねん

 

懐かしいな~ あの時代

 

 

 

 

私にとって、あの空間はほんま異空間でしたよ。Jポップしかまともにきかないのにクラブの音楽がバンバン流されているなか
素っ裸(タオルは羽織るよ)またはパンツ一丁になって日焼けマシーンに30分~1時間ぐらい入っているのですから。

 

ほんと何やってたんだろ俺

 

 

 

 

 

・・・・・

 

まだ寝そべって焼くタイプはいいですよ。

気持ちいい~

 

 

 

 

立って焼くタイプなんてはたからみたら滑稽そのものです。

30分間たちっぱだぜ!

 

 

 

 

寝そべって焼くタイプは人気があるので、使用されていることが多く、立ってやるのを使うことが多かったですね。あと値段も確か立っている方が安かった・・・

 

おーい

 

はっ すいません思い出話に浸ってしまいました。

話は戻ります。

紫外線は人体にとって有害な物質です。紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

 

 

 

 

 

紫外線を浴びすぎると活性酸素がものすごく増えます。特に、肌に直接浴びた場合には強力な活性酸素が生まれるといわれます

こんな状態は注意

 

 

 

 

皮膚で活性酸素が発生すると、皮膚の脂質が酸化します。すると、シミを生みだす原因とされる過酸化脂質(酸化された脂質)が作りだされます。過酸化脂質はコラーゲンを破壊してシワ、シミなど様々な肌トラブルを引き起こします。

紫外線がシミなどの肌トラブルの原因となるのはこのためです。

 

ブー論点ずれている 話が紫外線と肌になっとるやんけ 

 

そうですね。ぶっちゃけ紫外線によりどのように活性酸素が生まれるかなんて、私には説明できません。紫外線にあたると活性酸素が生まれるよということです。そして肌がやられるよということです。

もう「紫外線によりどのように活性酸素が生まれるのか」というより単に「紫外線と活性酸素の関わり」ということに論点をすりかえます。
これからあげていくのもすべて活性酸素との関係ということにします。

 

開き直りやがった!ストレスだけだったね活性酸素が生まれる理由説明できたの まあアレもアレだが

 

スポンサードリンク

たばこ

タバコを吸うと肺に発がん性物質であるタールが取り込まれます。そうすると体の中では免疫システムが作用し、有害なものを除去するために活性酸素が生じます。

活性酸素を取り込んでいるといえるのです。

 

 

 

 

有害なものを除去する、すなわち体の中の細胞を守るために活性酸素が増えるわけです。

で必要以上の活性酸素がすごい増えちゃうわけです。

繰り返しになりますが必要以上の活性酸素は、酸化の原因となり細胞を壊します。

タバコを吸う人はもちろん、吸わない人でもタバコの煙にさらされることで、活性酸素が体内で多量にできてしまいます。喫煙者でないからといって安心はできません。

 

 

 

激しい運動

意外なところでは、激しい運動も原因の1つです。そもそも活性酸素って何をしていても増えるのでしたけ?

呼吸でしょ

激しい運動とはいいかえれば呼吸が激しくなる運動です。運動することにより呼吸量が増える事によって、活性酸素量も増えます。運動をすると呼吸が増えますので、酸素量が増えることになります。すると、必然的に活性酸素に変換される量も増えるということです。

大変ね!私はヨ・ユ・ウよ!

 

 

 

 

また、運動時には体温が上がりますが、これも活性酸素を増やす一因です。

 

過度な飲酒

アルコールは肝臓で分解されますが、この分解の時に活性酸素が生まれます。

適量であれば、ストレス緩和という面において活性酸素を減らしてくれます。ストレスが活性酸素を一番生むといわれるのでストレス解消にお酒を飲むことは、すごくいいことです。

ただ、飲みすぎた場合が問題です。

摂取量が多すぎるアルコールを分解する際に発生する活性酸素は必要以上に増えると考えてください。

 

アレ、最後って食生活の乱れじゃなかったけ

 

そうだったけ? もうどっちでもいいよ 

 

 

 

 

 

グぬぬ! ってちょっとあれ見て

 

何かが 何かが召喚されている・・

 

 

 

 

 

誰かがでてきたー でもよく見えない

 

 

 

 

近づいてきた

アーユーレディー

 

 

 

 

ノー 

 

 

 

 

スポンサードリンク