無職あるある カード編 その1

こんにちは、「老化を遅らせることに成功しているかも」このサイトの管理人イエロでございます。私の特徴はなんといっても40無職、独身、実家暮らしという逆トリプルスリーのタイトルを総なめにしていることです。でこの3つのタイトルで一番どぎついのは40無職だと思います。この40無職であるがゆえに経験した恐ろしい話をしたいと思います。

スポンサードリンク

無職であるゆえに肩身がせまく、世間の目が厳しく、恥ずかしい思いをする経験は多々あります。まあ当然のことです。自分がいけないのです。
自身を語るうえで一番最初にくる肩書「仕事はなにか」がない状態ですから。

無職にとってきつい場面ってすぐ想像できると思います。

例えば

こんなシチュエーション

 

 

 

 

こんなシチュエーション

 

 

 

 

でしょうか。このようなシチュエーションに挑む場合ある程度、覚悟というか準備というかが必要となります。で、今回起きた出来事は本当に盲点でした。

本日は、とある無職におこった世にも恐ろしい話をしたいと思います。

題して 無職あるある カード編です。

私は物を買うときたいていカードで買っています。携帯などの支払いもカードで引き落としています。

 

 

 

サプリメントを買うときは海外から個人輸入代行します。で
送料を浮かすためまとめ買いをします。
なので月によっては結構な額がいってしまうわけです。

ある時、カードの翌月の支払い残高を見たとき、どぎつい金額が記載されていました(あくまでも私にとってです)。

スゲー金額!

 

 

 

 

「あれこんなにカードで使ったかな~」と疑問に思う金額でした。

結構ちゃらんぽらんな性格で、購入したものとそれがいつ引き落とされるなんてわざわざ確かめることはしない性格です。明細がきたら、まあこんなもんだろうと思いだいたいはすぐに破り捨てます。

ただ今回のはあまりに額がでかかった(あくまでも無職の私にとってです)。直近でそこそこの買い物をしましたが、それを余裕でオーバーしている額です。でそれ以前に大きい買い物をしたのは3カ月以上も前。

これは2重に請求されているのか?あるいは不正に使われたのか?こんな疑問が生まれました。

どっちだろ?

 

 

 

 

そしてこう考えました

アッそうだカードの明細を調べてみよう

 

 

 

 

数週間後には紙で来る明細をまてずに、ネットで調べてみようと思いました。

まあこれが今回の出来事の発端でした。

ネットで調べるといっても、以前ネットでしらべたのがもう数年前になります。当然のことながらログインID、パスワードを忘れていました。

なんだったけ・・

 

 

 

 

ちなみに調べていたのは深夜1時ぐらいです。ちょい思考が低下している時間。

ログインIDとパスワードをそれらしいのを何度か入れましたが、合致しませんでした。

「しゃあない、あらたにログインID、パスワードを作り直そう」と考えてしまったのです。

ここででてきたのが暗証番号

ログインID、パスワードを作りなおすのに必要なのが、暗証番号だったのです。

銀行のカードの暗証番号ではない、普段キャッシングなんかしないので、一度もつかったことのないカードの暗証番号です。

普通覚えています?カードの暗証番号

 

 

 

 

覚えてるわけありませんよね。

ただ4桁の暗証番号ってだいたいこれっていうのがありますよね?

で自分のことだから、この数字でいけるだろうと気持ちで暗証番号を打ち込みました。

1回目  うりゃあー

暗証番号が違います。

 

 

 

 

 

2回目 じゃあこれかな。ポチっとな

暗証番号が違います

 

 

 

 

 

3回目 じゃあこれだろう。ポチっとな

何度も入力を間違っていますので、このカードを一時ロックさせていただきます

 

 

 

 

うん?

このカードを一時ロックさせていただきます

この文章が出てきたときに、初めてことの重大さに気づきました。アレこれってやばない。ロックされたって。

深夜1時過ぎ、眠気のためか思考能力が落ちていた私は、目がぱっちりさめ、あることに気が付きました

やべーおれ無職だった

 

 

 

 

その2に続く

スポンサードリンク