マグネシウム

マグネシウムの評価 S

マグネシウム

マグネシウムは必須ミネラルで、主要ミネラルに分類されます。主要ミネラルとは体が正常に機能するために、1日に必要とされる摂取量が100㎎以上のミネラルのことをいいます。

マグネシウムは体内で300種類以上もの酵素の働きを助けるミネラルです。特に3大栄養素の代謝、その中でエネルギー生み出す際に補酵素として深くかかわっていて健康を維持するために必要不可欠のミネラルといえます。カルシウムやリンとともに骨の形成にも関わっています。

体内には約25gのマグネシウムが存在します。マグネシウムはすべての細胞に幅広く存在しています。体内にある50~60%はカルシウム、リンとともに骨に、約20%は筋肉に、約1%は血中に存在します。

スポンサードリンク

マグネシウムの摂取目的

摂取目的は「筋肉」「普段」その他「骨、歯」「代謝」です。

 摂取目的
体型 「筋肉」
体力 「普段」
その他「骨、歯」「代謝」

 

マグネシウムの効果・効能


マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養成分でもあります。カルシウム、リンと密接に関わりあい、骨をつくっているミネラルです。骨の主成分はカルシウム(リン酸カルシウム)です。マグネシウムも骨の中に存在し、カルシウムとともに骨の強化に役立っています。
血中に含まれる1%のマグネシウムが不足すると、骨に貯蔵されたマグネシウムから補給しようとします。

疲労回復
マグネシウムは300種類以上の酵素の補酵素として働いています。3大栄養素のエネルギーを生み出す過程でマグネシウムが不可欠です。マグネシウムが足りないとエネルギーをうまく作り出すことができないといえます、そのため活力は失われ、倦怠、疲労などのがおこり日々の生活に影響を与えるといえそうです。マグネシウムには、エネルギーを生み出すことによって疲労回復をするという働きがあるといえます。

筋肉
筋肉の収縮に関わっています。マグネシウムは血液中のカルシウムの量を調節し、筋肉の動きをスムーズにする働きがあります。
筋肉の収縮は、筋肉細胞に存在する血液中のカルシウムの量の変化によって調節されています。この量を調節しているのがマグネシウムです。

ストレス
マグネシウムはカルシウムとともに「抗ストレスミネラル」と呼ばれています。神経の興奮を押さえる作用があります。 一説によるとストレスによって消費される量が一番多いミネラルが、マグネシウムといわれています。安定した精神状態を保つために、マグネシウムは欠かせないミネラルです。

血圧
カルシウムは動脈を収縮させて血圧を上げる働きがあります。血中のカルシウムが過剰になると高血圧につながります。一方、マグネシウムには筋肉を弛緩させて血圧を下げる働きがあります。マグネシウムは動脈を収縮させるカルシウムの働きを抑えて、血圧が上がるのを抑えます。

マグネシウムのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 300以上の体内酵素のはたらきを助けます
  • 日本人に不足しがちなミネラル
  • 骨や歯を丈夫に
  • カルシウムと一緒に骨の形成をサポート
  • イライラ予防に
スポンサードリンク

マグネシウムの摂取量、不足、過剰

マグネシウムの摂取量
推奨摂取量は性別、年齢によって異なります。成人男性は1日約350mg、成人女性で280mg。
 
マグネシウムの不足
通常の食事をしている場合、マグネシウムが不足することはほぼありません。ストレスや睡眠、運動不足、大量のアルコール摂取などでマグネシウムの消費が激しくなり不足することがあります。マグネシウムが不足するとエネルギーが上手く作れなくなるため疲労、倦怠など症状がでます。またイライラにつながります。長期にわたってマグネシウムが不足すると、動脈硬化、心筋梗塞などのリスクが高まります。
 
マグネシウムの過剰
マグネシウムは、ある程度過剰摂取しても体外に排泄されます。普通の食事をしている限り過剰の心配はいりません。
ただ、腎臓になんらかの問題を抱えている場合は、過剰摂取に注意してください。サプリメントなどから大量に摂りすぎてしまった場合「高マグネシウム血症」のリスクが高まります。

マグネシウムの豆知識

2:1
体内のカルシウムをコントロールするマグネシウムをバランス良くとることが重要です。カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂るのが理想的と言われています。このバランスで摂取する事により相乗効果が生まれます。

マグネシウムのイメージ

アーモンド

酵素の補酵素として活躍

マグネシウムと相性の良い栄養成分

・カルシウム

マグネシウムの勝手にランキング

体力(普段)部門 第5位

マグネシウムのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

マグネシウムの総合評価 S 16

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛、白髪) 評価4.5 
マグネシウムはたんぱく質の代謝に関わっています。髪はケラチンというたんぱく質でできています。
またマグネシウムがストレスに関連していると考えると間接的に抜け毛に関係してくると思います。とにかくストレスが溜まると血行が悪くなり抜け毛が増えます。 

肌(美肌、美白) 評価4.5
マグネシウムは300以上の酵素の補酵素と働いているます。その中には肌の代謝に関わっている体内酵素もあります。肌のターンオーバーに関わったりしてきます。またマグネシウム不足は肌荒れにつながるともいわれています。

体型(筋肉) 評価4
マグネシウムはカルシウム同様に筋肉に必要な栄養成分です。筋肉の収縮に必要不可欠です。マグネシウムはカルシウムやリンなどとおもに骨の形成に関わっています。骨の強化は体型維持に十分貢献しているといえます。 

体力(普段) 評価6
3大栄養のエネルギー産生に補酵素としてかかわってきます。マグネシウムが不足しているとエネルギーがうまくつくられず、疲労、倦怠が生まれ普段の生活に支障がでます。

その他 総合評価5.5

骨、歯 評価5.5
骨、歯といえばカルシウムと思いがちですが、マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養成分でもあります。カルシウム、リンと密接に関わりあい、骨をつくっているミネラルです。マグネシウムがカルシウムの量をコントロールしています。マグネシウムは、骨や歯にカルシウムが行き届くように調節しているのです。なのでカルシウムだけを摂取していてはだめで、マグネシウムとのバランスが重要です。このバランスは2:1といわれいます。体内のカルシウム:マグネシウムのバランス2:1を保つと、丈夫な骨や歯をつくることができます。

代謝 評価6
3大栄養素の代謝に酵素として関わっています。代謝がうまくいかなけば、体に必要とされる物質が上手く合成されなかったり、エネルギーを十分に生み出すことができません。

マグネシウム雑感

マグネシウムは300以上の酵素の補酵素としての働きがあります。これって何気にすごいことですよね。代謝の話で、酵素、補酵素の話を繰り返ししてきましたが、はっきりいってこれらが欠けていたら代謝がうまくいかないのです。

つまりエネルギーの産生、たんぱくの合成、細胞の新陳代謝などがうまくいかないということがいえます。

ビタミンや他のミネラルにも補酵素として働いているものがありますが、補酵素として働いている数はマグネシウムはトップクラスだと思います。
この300以上の酵素の補酵素として働くという機能にまず魅力を感じちゃいました。

あとは「骨」というか「カルシウム」との関係でしょうか。

カルシウムの栄養成分レビューで記載しましたが、骨って見えない部分ですけと、動いたり支えたり内臓を守ったりするのにとても重要です。健康に生きていくには、骨が丈夫であることが前提だと考えています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助けます。なのでカルシウムの機能を最大限引き出すにはマグネシウムも必要です。

カルシウム、マグネシウムは同時にとることを推奨されていてこのバランスは2:1が理想とされています。
なのでカルシウムのサプリメントを取るときは、マグネシウムがこのバランスで配合されているかしっかりチェックする必要があると思います。カルシウムのサプリメントにマグネシウムが含まれていなければ、別途マグネシウム単体サプリを取ることを推奨します。

ちなみに現時点は、マグネシウムは単体でとっておらず、マルチミネラルのサプリでとっています。またカルシウムのサプリをみたら、これにはマグネシウムが入っていませんでした。

まじかーという感じです。

今後は、マグネシウムが含まれているものを買うことをことを検討しています。

⇒後日購入し、アイキャッチ画像に掲載

スポンサードリンク