老化を遅らせるためにコレストロールを学ぶ その4

今までは悪玉とよばれるLDLコレストロールの値が140mg/dl以上にならないようにすれば、心筋梗塞は防げるものだと考えられていました。しかしLDLコレストロールの値が基準値内でも心筋梗塞になる人が増えてきました。原因はHDLコレストロールとのバランスです。バランスがとれていない場合、心筋梗塞になるリスクが高くなるのです。このバランスのことをLH比といいます。

スポンサードリンク

イヤー実際検査を受けてなくて、ペラ紙一枚渡されただけであって

あーん?

 

 

 

 

めんごめんご

仕方ありませんね。せっかくお姉さんの実際の数値をみていろいろ説明したかったのですが。

もう一度軽く前回のおさらいをします。

あーい

健康診断の検査カテゴリーにある血中脂質検査の数値をつかって、LDL、HDLが具体的にどれぐらいの値だと健康を脅かす数値かを学びました。

血中脂質検査の内容は総コレストロール、中性脂肪、HDLコレストロール、LDLコレストロールの4つです。

※検査機関によって総コレステロールというカテゴリーがなかったりします。
またカテゴリーが、血中脂質でなく脂質代謝の場合もあります。

 

 

で基準値はこちら

基準値
総コレステロールの基準値は140~199mg/dl 
LDLの基準値は70~119mg/d 
HDLの基準値は40mg/dl以上
中性脂肪の基準値はは50~149mg/dl
補足

※基準値はいろいろあるのでだいたいの数値はこれぐらいであると考えてください。書籍、サイトによってまちまちです。またこの数値は性別、年齢によってすごく違ってきます。
ちなみに新基準というのもあり総コレストロールの基準値は151~254mg/dl、LDLコレストロールの基準値が72~178mg/dl従来より大幅にアップしています。

/dlはパーデシリットルで1デシリットル当たり何mgコレストロールが含まれているかです。あんまりに気にしなく定位と思います。重要なのはあくまでも数値です。

で危険な数値はこちら

LDLコレステロールが140mg/dl以上の場合は、「高LDLコレステロール血症」
HDLコレステロールが40mg/dl未満の場合は、「低HDLコレステロール血症」

フムフム

で問題となるのはLDLです。というか問題となっていたという表現のほうがふさわしいかもしれません。

昔はともかく悪玉であるLDLを増やしちゃいけないという都市伝説があったんでしょ

まあ都市伝説というのは言い過ぎですが、とにかく動脈硬化の原因といわているLDLの値が140mg/dlを超えているとよくない、基準値内であれば、動脈硬化や心筋梗塞になる可能性は低いと思われてきました。
でも実際基準値内であっても心筋梗塞にかかるひとが増えてきました。

心筋梗塞にリスクが高まる原因はLDLとHDLのバランスだったのです。

LDLの値は基準値以内というのは、大前提ですが、HDLとのバランスを見る必要があったのです。このバランスをみた比率をLH比と呼びます。

バランス重要

 

 

 

 

この絵久しぶりね

LH比はLDLコレストロール÷HDLコレストロールで求められます。

LH比が2.0を超えると血管内にコレストロールが蓄積している状態で動脈硬化が疑われます。
LH比が2.5を超えるとすでに血栓ができている可能性があって、心筋梗塞になるリスクも高くなります。

LH比が2.0以下は正常です。
LH比が1.5以下は、血管内がサラサラな状態です。

例えばLDLが100 HDLが50の場合は2.0、LDLが135でHDLが45の場合は3.0です。

なので、LDL、HDL個々でみたら両方とも基準値内であっても、LD比が高いと心筋梗塞のリスクが高まってします。

実際LDL、HDLが基準値内で心筋梗塞になった人はHDLの値が基準値以内でも40mg/dlに近い値(かなり低い値)という人が多いといわれています。だから単にLDLだけに注視するのではなくHDLのほうにも注視しなくていけないということがいえます。

LD比を改善するにはバランスが大事で、LDLコレストロールを減らしてHDLコレストロールを増やすことが重要になってきます。

LDLとHDLを多投しすぎじゃね?

てへへ

 

 

 

 

書いてて自分もそう思いました・・・・

LDLコレストロールを減らす

LD比を改善するために重要なことはまずLDLを減らすことです。LDLが増える原因は主に食事です。特に注意すべき3点を上げます。

①中性脂肪の多い食事を減らす

コレステロールの1日に必要とされる量(健康を保つために)は、 1,000~1,500mgといわれています(成人の場合)。
人は、1日に必要なコレステロールの7~8割を体内の肝臓などで合成し、残りの2~3割を食物から外から摂取しています。
食べ物からコレストロールを多くとってしまった場合、体内で合成する量を減らすという調整する機能をもっています。ただあまりにも多くの食べ物を摂取した場合、この機能は機能しません。

機能は機能しない?あんたバカ

バカっていうほうがバカ だっふんだ!

 

 

 

 

必要以上に食事をとり摂取カロリーが増えると、コレステロールの体内合成が促進され、血管内のLDLコレステロールが増えます。なので腹八分目が理想です。

なんだその腹八分目っていう結論は!!

とにかくLDLコレストロールが増える一番の原因は食事です。なので食べ過ぎは激禁です。

スポンサードリンク

②脂質(脂肪酸)の取捨選択

脂肪酸の中でもLDLコレストロールをふやすのは飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は体の中では固まりやすく、体内でコレステロールを増加させる可能性があります。飽和脂肪酸の有名どころは肉の脂身です。

 

 

 

 

 

なのでLDL値が高い人は肉の脂身を避けることが必要です。

肉食べちゃダメなのかよ

避けるの脂身です。またこれはあくまでもコレストロールの話をしています。LDLコレストロール値が高いことに悩んでいる人向けの話です。
肉は健康や美容に重要な成分が多く含まれています。たんぱく質も豊富なので体作りには欠かすことができません。なので食べちゃダメとかそういう次元の話ではありません。

あと肉を多く食べる人は長寿の人が多いといわれていますし・・・

長寿が多い?そのソースは!

テレビよ!今でしょのやつ!

 

 

 

 

テレビかよ

脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸には悪玉のLDLコレステロールを減らす働きがあります。

飽和から不飽和に話は変わったわけね!

この不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類あります。

一価不飽和脂肪酸には血液中のLDLコレステロールを減らす働きがあります。これのすごいところは同じコレストロールでもHDLは減らさずLDLだけを減らすということです。

一価不飽和酸といえばオレイン酸です。でオレイン酸を多く含んでいる油はオリーブオイルです。

 

 

 

 

 

多価不飽和脂肪酸にもLDLコレストロールを減らす働きがあります。一価不飽和脂肪酸より多価不飽和脂肪酸のほうが悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きが強いといわれています。

多価不飽和脂肪酸といえばDHA、EPAといった魚の油です。よくこれらが血液をサラサラにするなどといわれているのがLDLコレストロールを減らすからなんです。DHA、EPAは善玉(HDL)を増やすとも言われています。

 

 

 

 

 

DHA、EPAというかとにかく魚をとることはLDLコレストロールを減らすこと、HDLコレストロールを増やすことに繋がります。

LDL値が高いことに悩んでいる人はとりあえず肉より魚ってわけね!

イエス

 

 

 

 

フォーリンラブ

 

 

 

 

多価不飽和脂肪酸に関しては注意することもあります。

多価不飽和脂肪酸には植物油もふくまれます。その中で注意してほしいのがリノール酸を多く含んだものです。リノール酸はLDLコレストロールを減らすが、HDLコレストロールも減らしてしまいますなのでLH比を考えると多く摂取することはよくないことです。

リノール酸の取りすぎは注意です。

リノール酸を多く含んでいるのはヒマワリ油、コーン油、紅花油です。

③酸化コレストロールをつくらないようにする

LDLコレストロール自体はそんなわるいやつではなく、LDLコレストロールが活性酸素と結びつくくすなわち酸化コレストロールになることがよくないといわれてきています。

余剰になったLDLが酸化コレストロールになり、その酸化コレステロールが血管の壁に入り込んでプラークを作るか
LDLコレステロールが血管の壁に入り込んでから酸化コレステロールに変わりプラークを作るのではないかといわれています。

 

 

なので酸化コレストロールを増やさないすなわち体内で活性酸素を増やさないことが重要です。

体内で活性酸素が増える原因は喫煙、ストレス、紫外線などがあげられます。これらをなるべく避けて活性酸素を増やさないことが重要です。

喫煙

 

 

 

 

ストレス

 

 

 

 

紫外線

 

 

 

 

また活性酸素を取り除く抗酸化作用のある物質をとることが重要です。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなどの抗酸化成分を含んだものです。

 

 

 

 

 

HDLコレストロールを増やす

HDLを増やすのに重要なのは運動です。30分ぐらいの軽いウォーキングでもHDLコレステロールを増やすのに十分な効果があります。軽くてもいいので毎日続けることが重要です。寝る前のストレッチなどもいいかもしれません。

ウォーキング

 

 

 

 

ストレッチ

 

 

 

 

後タバコはHDLを減らす原因です。HDL値が低く喫煙しているかたは禁煙することをすすめます。

まとめ

LDLを減らして、HDLを増やすことがLH比の改善につながります。LD比が高いかたはぜひとも参考にしてください。
4回にわたって説明してきたコレストロールもこれで終わりです。次回は途中だった中性脂肪にもどります。

 


そのころお兄さんは・・

 

うっ、うそだろー

 

 

 

 

ウフフ

 

 

 

 

何ちゅうメイクや!!

有り金 全部プリーズ!

 

 

 

 

えっ?

 

 

 

 

みんな 中に入ってきてー

 

 

 

 

ラジャー

 

 

 

 

な、なかま・・

 

 

 

 

数分後、お兄さんは・・ボッコボッコにやられてしまった・・・

チーン

 

 

 

 

 

スポンサードリンク