老化を遅らせるために「髪の仕組み」を学ぶ その5

ただいまヘアサイクルの成長期が短くなる原因を学んでいます。ようは抜け毛が増える原因です。成人男性の髪が薄くなることをだいたいAGAって言っています。成人男性の薄毛の原因の約9割がAGAといわれていますAGAは「男性型脱毛症」と呼ばれ 、 特に、男性ホルモンが関係してきて抜け毛が増え薄毛になっちゃうことです。男性ホルモンの95%はテストステロンという物質で、このテストステロンが抜け毛に関係しているといわれています。ただテストステロンそのものが抜け毛に直接結びついているのではありません。

スポンサードリンク

AGAはテストステロンが とある酵素と結合し、とある物質になってしまうことで引き起こされます。

前回こんな風に、もったいぶった言い方をして、記事を終わらせてしまいました。

答えを聞きたいですかー

 

 

 

 

早く言えー ハゲ茶瓶

 

 

 

 

あーん なんて言った?

 

 

 

 

ごめんなさい!教えてくだい
お願いします フサフサ先生

 

 

 

 

はじめからそういう態度できてください。

それでは発表します。

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに物質になった時にAGAを引き起こすといわれています。

このジヒドロテストステロンという物質はなんと毛母細胞の働きを弱めてしまうのです。

毛母細胞の働きってなんでした?

ブルブル 

おチビちゃんどうしたんですか?ブルってなにも答えられなくなっているじゃないですか。

何度も繰り返し話してきたことです。
繰り返し説明してきたことにブーブー文句いっていたじゃありませんか!
すごく重要なことだから、しつこいぐらい言ってきたのです。

もう一度聞きます。

毛母細胞の働きってなんでした?

ブルブル ブルブル

 

 

 

 

もう話しになりませんね・・・

じゃあ代わりに言います。

毛母細胞が細胞分裂することによって、髪が生まれ、成長していきます。
なので毛母細胞が髪にとって一番重要なのです。

すいません。ちょっと言い過ぎました。

髪のための栄養素や酸素を毛母細胞に供給し、髪が生まれるよう、伸びるよう指令を出しているのは毛乳頭ですので毛乳頭も大事です。

ただ毛母細胞は髪生み出したり、伸ばしていくための一番の要の部分ともいえます。

ジヒドロテストステロンはその機能を弱めてしまうのです。下手したらストップさせちゃうのです。

これってどういうことかわかりますか?

ブルブル ブルブル 

 

 

 

 

おチビちゃん完全にブルってる・・・

豆腐メンタルもいいところです。

そうだ

おチビの帽子をとるチャンスや!

 

 

 

 

ブルブル ブルブル ブルブル

背後にまわって・・・

ブルブル ブルブル

 

 

 

 

そろーり

そろーり

帽子いただき!

 

 

 

 

アッーーー!やめてー

シュルシュル

 

 

 

 

ドイヒー

 

 

 

 

やっぱりね!

 

 

 

 

ひどすぎる!いじめや!BPOに連絡したる

すいません。まさかおチビちゃんがAGAで悩んでいるとは思ってもいませんでした。

尚更今回のことを深く学ばなければなりません。準備はいいですか?

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 

 

豆腐メンタルすぎます。
落ち込んでいてもいいですが、これから言うことは大切なのでよーく聞いていてくださいね。

ジヒドロテストステロンが毛母細胞の機能を弱めてしまうと話しました。

つまりAGAの直接の原因はテストステロンではなく、テストステロンがジヒドロテストステロンという物質に変わってしまうことなのです。

テストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンになり、そのジヒドロテストステロンがヘアサイクルの成長期を短くしてしまう元凶なのです。

でこっからが重要です。

テストステロンの分泌量に個人差はそんなにないのです。5αリダクターゼの分泌量は個人差がけっこうあります。

5αリダクターゼの分泌量が多いとジヒドロテストステロンになる量も増え、AGAに結びついてしまうのです。

AGAを発症している人は

男性ホルモンのテストステロンが多いのではなく、5αリダクターゼを生成する量が多かったり、5αリダクターゼの分泌量が多かったりしているのです。

この5αリダクターゼがAGAの鍵を握っているといっても言い過ぎではないのです。

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 

 

帽子の件で、まだ立ち直っていないようですね。ちょっとやりすぎてしまいました。

今日はここまでにして、5αリダクターゼについては次回詳しく学びます。

 

 

スポンサードリンク