老化を遅らせるために「成長因子」を学ぶ その7

成長因子シリーズを始めてはやその7になりました。前回の後半からようやく本格的に成長因子が登場してきました。それまではいったい何をやっていたんでしょうか。背が伸びる仕組みとか、肌の表皮のこととか・・・まあまったく関係ない話をしてきたのではありません。いくら何でも全く関係ない話をして記事数を稼ごうなんて考えておりません。
えー無駄話はこれくらいにしてさっさと成長因子の話を始めたいと思います。

スポンサードリンク

成長因子が成長ホルモンを活性化させる物質といわれています。まあ本当かどうかわかりませんが・・・

まあ深く考えるなよ 禿げるぞ

ともかくここは一旦切り離して考えます。

成長因子は体内の特定の細胞の細胞分裂を促進するタンパク質 の総称です。
成長因子は何種類かあり、体の各部位を構成する細胞の種類によって成長因子の働きは異なります

この特定の細胞っていうのがミソなんですね。

今回から数種類ある成長因子を説明していきます。

まってました!!

 

 

 

 

何から説明しようかなー

 

 

 

 

繊維芽ちゃんだろー

 

 

 

 

そうでした・・・

前回は繊維芽細胞について話し、今回はそれを増やす成長因子を説明するといいました。

ちょっと繊維芽細胞の復習になります。

繊維芽細胞は真皮において、
細胞分裂することで、「繊維芽細胞を増殖する」、「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す」といった役割をしています。

ですが、加齢とともに繊維芽細胞の数が減り、機能が衰えてしまいます。
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の新陳代謝がスムーズに行われず、これら3つの成分の体内の生成量が落ち
肌のハリや弾力、水分が失われていきます。
結果シワ、たるみ、乾燥の原因になります。

つまり繊維芽細胞が減ってしまうのは「美肌でなくなる」、「老けちゃう」ということです。

 

繊維芽ちゃんの演技がついに始まった

 

 

 

 

華麗だ・・

 

 

 

 

繊維芽ちゃーん

 

 

 

 

繊維芽ちゃんの活躍に嫉妬する女たち現る

ヒャッハー!!

 

 

 

 

これでもくらえー ヒャッハー!!

 

 

 

 

くるくるくる

 

 

 

 

つるん

 

 

 

 

あれー

 

 

 

 

どて

 

 

 

 

うぇーん

 

 

 

 

ざまー

 

 

 

 

お前らの血は何色だー!!!

 

 

 

 

成長因子の中にこの線維芽細胞を活性化し増殖を促す成長因子があるので、今回はそれを紹介します。

スポンサードリンク

FGF(線維芽細胞成長因子)

文字通り繊維芽細胞の細胞を増殖する成長因子です。

繊維芽細胞の働きってなんでしたっけ?

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出すこと

まあ正解です。

この繊維芽細胞は年をとると数が減り、その機能(3つの成分を作り出す)が衰えてします。
なので繊維芽細胞を活性化させるにはFGFという物質を増やせばいいわけです。

FGFは、もともと体内にあるたんぱく質の一種で、主に脳などの神経組織、上皮細胞、マクロファージなどから生産されています。

上皮細胞?マクロファージ?

ここでそこまで説明したきりないので・・・

どこで作られるかというのはあんまり気にしないでください。詳しくは

ググってくれ

 

 

 

 

ハーイ

 

 

 

 

でFGFには種類が何種類かあります。

成長因子が何種類かあるっていっていたけど、そのうちの一つのFGFも何種類かあるのか?

うん!何種類だと思う
当たったらハワイ旅行

 

 

 

ワイハ!
(これは、最近やったことに関係しているはず!表皮はたしか4層でできていた)

4種類

 

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

正解は?

 

 

 

 

23種類

 

 

 

 

何それ・・・絶対でてこない数字やん

 

 

 

 

FGFは23種類もの種類があります。

この23種類をひとつひとつ説明していくときりがないので、有名どころを説明したいと思います。

FGF-1

FGF-1は、aFGFとも呼ばれています。線維芽細胞の増殖を促進します。

いやいやFGFというのが繊維芽細胞の細胞を増殖する成長因子なんだろう?
23種類すべてその働きをするんじゃないの?

なんか違うみたいです。FGFは線維芽細胞をはじめとするさまざまな細胞に対して細胞分裂の活性化などの作用をもたらす成長因子みたいなのです。

みたいなのですって・・
なにその他人事

まあとにもかくにもFGF-1の線維芽細胞の細胞分裂を活性化させ、増殖を促すという作用は、
美肌3銃士コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成に関わっていることです。

美肌3銃士参上!

 

 

 

 

そいつらは繊維芽ちゃんの敵や!!

じゃあこれは

カンパーイ

 

 

 

 

ソレソレ

FGF-1は化粧品に含まれることが多く、肌につけると、潤いを与えるといわれています。
また血管新生作用があるともいわれています。

血管新生
新しい血管が作られること

FGF-2

FGF-2は、bFGFとも呼ばれています。線維芽細胞の増殖を促進します。

さっきと全く一緒!!

FGF-2は23種類のFGFのなかで線維芽細胞を増殖する作用がもっとも強いといわれています。
あと血管新生作用において、FGF-1より、より重要な働きをするといわれています。

FGF-1と似ていますが、FGF-1が酸性の成分であるのに対して、FGF-2は塩基性であるという性質の違いがあります。

えーと次は・・・

このペースで23種類紹介していくんか!

いや有名どころだけです。

3、4は飛ばして5にいきたいとおもいますが、1、2と趣向が違ってきますのそれは次回説明したいと思います。

 

スポンサードリンク