IGF-1

IGF-1の評価 SS

IGF-1

IGF-1とは成長因子のひとつです。
成長因子とは体内の特定の細胞の細胞分裂を促進するタンパク質 の総称で、グロスファクターとも呼ばれています。
成長因子は数種類あり、体の各組織の細胞の細胞分裂を活発にすることで、細胞の増殖、分化を促進する働きをします。細胞の種類により成長因子は異なる働きをします。
代表的な成長因子は以下のものです。

  • FGF(繊維芽細胞成長因子)
  • EGF(上皮成長因子)
  • IGF(インスリン様成長因子)
  • HGF(肝細胞成長因子)
  • PDGF(血小板由来成長因子)
  • VEGF(血管内皮細胞成長因子)
  • TGF(トランスフォーミング成長因子)

IGF(インスリン様成長因子)は構造がインスリンに極めて似ている成長因子で、IGFR(インスリン様成長因子受容体)に結合することで数多くの組織の細胞の増殖、分化を促進するといった効果を発揮します。
IGFにはIGF-1とIGF-2が存在していますが、ここではIGF-1についての説明になります。

受容体
受容体はレセプターとも呼ばれます。主に細胞膜上に存在し、特定の物質と結合することで細胞にシグナルを伝え、細胞の反応を開始させるものです。細胞外のシグナルを細胞内シグナルに変換するものです。受容体とその物質が結合することでその効果が生まれます。
スポンサードリンク

IGF-1は成長ホルモンとの関わりが深いです。成長ホルモンが分泌されることで主に肝臓でIGF-1が作られますなのでIGF-1の分泌量は成長ホルモンの分泌量に比例しているといえ、IGF-1を増やす方法の一つは成長ホルモンを増やすことといえます。
成長ホルモンには組織の細胞分裂を促すことで、体を成長させたり、代謝を促進するといった作用があります。

成長ホルモンの作用

  1. 思春期の子どもの身長を伸ばす
  2. 細胞分裂を促し、新しい細胞をつくる、細胞を再生する
  3. 骨形成を促進
  4. たんぱく質の合成
  5. 糖質、脂質のエネルギー代謝促進
  6. 血糖値をあげる
  7. 脂肪分解

この成長ホルモンの作用は、
成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンそのものが、器官や組織に働きかける場合と
成長ホルモンが分泌され、肝臓でIGF-1が作られ、そのIGF-1が分泌されて器官や組織に働きかける場合があります。

成長ホルモンの作用は成長ホルモン直接の場合IGF-1を仲介する場合があるということです。

成長ホルモンの成長を促進する作用はIGF-1を介して行われるといわれています。代謝を促進する作用は成長ホルモン直接とIGF-1を介する場合の両方があります。

IGF-1の摂取目的

IGF-1の摂取目的は以下です。

 摂取目的
髪 「薄毛」「白髪」
肌 「美肌」「美白」
体型「筋肉」
体力「普段」「夜のほう」
その他「成長ホルモン」

IGF-1の効果・効能

成長ホルモン
上のIGF-1の欄で説明しましたが、成長ホルモンの作用は、直接かIGF-1を介するかの2パターンがあります。成長ホルモンの「成長を促進する作用」はIGF-1を介していて、「代謝を促進する作用」は直接とIGF-1を介する場合の両方です。そう考えると成長ホルモンの作用の多くはIGF-1を介しているということができます。そのため成長ホルモンの作用≒IGF-1の作用ととれ、次にあげる成長ホルモンの効果・効能はIGF-1にも同様にあるといえます(脂質の代謝関連は成長ホルモン直接の作用です)。

  • 思春期の子どもの身長を伸ばす
  • 細胞分裂を促し、新しい細胞をつくる、細胞を再生する
  • 骨形成を促進
  • たんぱく質の合成
  • 糖質、脂質のエネルギー代謝促進
  • 血糖値をあげる
  • 脂肪分解

このうちアンチエイジングに関わるIGF-1の顕著な働きは次の3つです。


IGF-1は、数多くの細胞の成長に関わる成長因子で、髪の毛を生み出す細胞「毛母細胞」にも関係してきます。
IGF-1は毛母細胞を活性化させ、その細胞分裂を促します。
今までは成長ホルモンが分泌されると毛母細胞が活性化され発毛、育毛が促進されると説明してきましたが、仲介の役目をするIGF-1を入れてより具体的に説明します。

成長ホルモンの分泌により刺激をうけた時、毛母細胞でIGF-1の受容体が作られます。一方毛乳頭でIGF-1を作り出します。

IGF-1は、主に肝臓で作られるといいましたが、肝臓以外にも、髪の毛根にある毛乳頭でも作られるのです。

毛乳頭でつくられたIGF-1が毛母細胞のIGF-1受容体に作用すると、毛母細胞が活性化され、髪の成長期を長くしたり、ヘアサイクルの乱れによる抜け毛を防いだり、太く強い毛髪を生み出せるようになります。

体内のIGF₋1を増やすことは髪にも良い影響をもたらすといえます。

IGF-1は、数多くの細胞の成長に関わる成長因子で、美肌に関わる「繊維芽細胞」にも関与しています。線維芽細胞は、肌の真皮にある細胞で、肌のハリ、弾力、潤いを生みだす細胞です。
コラーゲン(肌のハリ)、エラスチン(肌の弾力)、ヒアルロン酸(肌の潤い)といった肌の美肌成分を生み出しているのは繊維芽細胞です。この細胞を活性化させることで、若々しい肌を保つことができるといえます。

繊維芽細胞の増殖を促すのは成長ホルモンであったりFGFという成長因子です。

 

成長ホルモンの細胞分裂を促進する作用はIGF-1を介して行われるので、より正確にいうと成長ホルモンが分泌されることで作られるIGF-1FGFという成長因子繊維芽細胞を増やすといえます。

繊維芽細胞は加齢とともにその数がへります。そのためこ3つの美容成分の生産能力が落ち、肌のハリ、弾力、潤いが失われ行きます。成長ホルモンが分泌されることで作り出されるIGF-1が繊維芽細胞を活性化させることが、アンチエイジングにつながるといえます。

筋肉
筋肉を増やすには成長ホルモンを分泌させることが重要となります。成長ホルモンの筋肉への作用をより具体的にいうと、筋肉増大」に貢献しているのが成長ホルモンが分泌されることで作られるIGF-1です。

食事でとったたんぱく質は消化され、アミノ酸まで分解されます。そのアミノ酸は血液を通り肝臓に運ばれ、体に必要なたんぱく質として再合成されます。このときIGF-1が筋細胞への特定のアミノ酸(筋たんぱく質のもととなる)の輸送を増加させ、筋たんぱく質の合成率を高めます。IGF-1が筋細胞の細胞膜に存在するIGF-1受容体に結合することは「筋肉増大」のシグナルで、IGF-1の分泌がふえることは筋たんぱく質の合成促進につながります。

筋肉をつけることは、筋肉に高い負荷を与えることで筋繊維にダメージを与え、休養、栄養をとることでダメージを受けた筋繊維を修復させるプロセスです。修復することにより筋繊維が前より太くなるので、筋肉が肥大します。このプロセスを経てより太い筋肉ができるというわけですが、より太い筋肉をつくるには筋肉の栄養となる筋肉のもととなる栄養(アミノ酸)をしっかり摂取することが必要となります。筋繊維にその筋肉のもととなるアミノ酸の取り込みを促進するのがIGF-1です。

IGF-1のサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 引き締まったボディ、みずみずしい肌を取り戻す
  • 髪、肌の若々しさをキープ
  • 筋肉作りに励むかたに
  • エイジングケアをサポートする
  • 加齢ともにIGF-1の分泌量は減ってしまいます
スポンサードリンク

IGF-1の摂取量、不足、過剰

IGF-1の摂取量
推奨摂取量という概念はありません。成長ホルモンを分泌させることで、IGF-1の分泌量が増えます。体内のIGF-1を増やすには、成長ホルモンをいかに分泌させるかが重要となります。またIGF-1自体を増やす方法として、牛乳などの乳製品を取る(どのくらいの量が含まれているかは不明)ということやカプサイシンとイソフラブランを同時に取る(豆知識で紹介)があげられます。
 
IGF-1の不足
IGF-1が減少することは、成長ホルモンの分泌が減っているにつながります。成長ホルモンの分泌が少なくること=老化といっても言い過ぎではありません。成長ホルモンの分泌量がへることで、肌のハリ、弾力、潤いは失われ、髪は細く抜けやすくなります。筋肉は衰え肥満になりやすくなります。体のいたるところで老化現象がおこります。IGF-1の分泌は加齢とともに減りますが、それは加齢により成長ホルモンの分泌が減っているからといえます。
 
IGF-1の過剰
IGF-1を過剰に摂取するとガンになるという話があります。IGF-1が異常な細胞増殖を促進してしまい、がん化につながるといわれています。IGF-1は数多くの細胞の成長に関わる成長因子といいましたが、それはがん細胞もあてはまります。がん患者のかたはIGF-1の積極的な摂取は控えるべきです。

IGF-1の豆知識

鹿角エキス
海外で販売されているIGF-1の成分は、鹿角エキスを使用しているものが多いです。鹿角の軟骨組織には、さまざまな栄養素が含まれてそのなかにアミノ酸やIGF-1、IGF-2などの成分が含まれているとのことです。
 
カプサイシンとイソフラボン
基本的にIGF-1は成長ホルモンが分泌されることにより作られるという体で話をすすめてきました。実は成長ホルモンの分泌以外にもIGF-1を増やすことができます。
CGRPという物質によりIGF-1を作ることができるという話もあります。これは特に髪に関わってくる話です。
CGRPが放出されると毛乳頭内の細胞に作用し、毛根のIGF-1を増加させます。CGRPという物質が直接IGF-1をつくるというわけです。

胃や腸にある知覚神経を刺激することでCGRPは作られるといわれてます。知覚神経を刺激する成分がカプサイシンイソフラボンです。
簡単にいうとカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで、IGF-1を増やすことができるということです。実際、薄毛を改善する目的としてこの2つの成分がセットとなっているサプリメントが販売されています。

IGF-1のイメージ

唐辛子(カプサイシン)と大豆(イソフラボン)

肌、髪、筋肉といった若返りに貢献

IGF-1と相性の良い栄養成分

 

IGF-1の勝手にランキング

 

IGF-1のレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

IGF-1 総合評価 SS 18

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛、白髪) 評価6
髪が生まれ成長していくには毛母細胞が活発に細胞分裂をすることが重要です。
今までは成長ホルモンが分泌されると毛母細胞が活性化され、発毛や育毛につながるという感じに話をしてきましたが、より具体的にいうと成長ホルモンが分泌されることで毛乳頭でIGF-1が作られ、それが毛母細胞のIGF-1受容体に作用すると毛母細胞の細胞分裂を活性化させるとメカニズムになっています。IGF-1を増やすことは髪の健康には必要不可欠なことといえます。

肌(美肌、美白) 評価6
肌のターンオーバーに関わる表皮細胞、美肌成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)を生み出す繊維芽細胞、これらの細胞が活性化することで若々しい肌をキープすることできます。活性化させるのはそれぞれの細胞にかかわっている成長因子(FGF、EGF)や成長ホルモンです。成長ホルモンの細胞分裂を促進する作用はIGF-1を介しているためIGF-1は美白を保つこと、美肌を作ることに大きく貢献しているといえます。

体型(筋肉)評価6
IGF-1が筋細胞への筋たんぱく質のもととなる特定のアミノ酸の輸送を増加させ、筋たんぱく質の合成率を高めます。
筋肉をつける作業は、筋肉に高い負荷を与えることで、筋繊維にダメージを与え、休養、栄養をとることでダメージを受けた筋繊維を修復させるということを繰り返し行うことです。この過程を経てより筋肉を増大するできるというわけですが、より筋肉増大させるために筋肉のもととなるアミノ酸が必要となります。筋繊維にその筋肉のもととなるアミノ酸の取り込みを促進するのがIGF-1です。

体力(普段、夜のほう)評価6
成長ホルモンは主要なエネルギー源である糖質の代謝に関わっています。糖質の代謝はエネルギーを生み出すために欠かせないもので、代謝がうまくいかなければ、エネルギーが効率的につくられず疲労を感じやすくなります。成長ホルモンの糖質の代謝の作用はIGF-1を介しても行われます。
成長ホルモンの分泌は、生殖器の機能を正常にさせるため精力アップにもつながります。

その他(成長ホルモン)評価 6
成長ホルモンの作用はIGF-1を介している場合がほとんどです。IGF-1はほぼ成長ホルモンだととらえることもできます。

IGF-1雑感

IGF-1って成長ホルモンが分泌されることで、主に肝臓で作られる成長因子です。なのでその分泌量って成長ホルモンの分泌に比例しているといえます。

成長ホルモンの作用ってたくさんあります。

思春期に身長を伸ばしたり、骨を形成したり、細胞分裂を促進して肌や髪の成長を促したり・・・これら作用って成長ホルモンが分泌され、主に肝臓でIGFが作られ、そのIGF-1が分泌されて器官や組織に働きかけることでもたらされるものなのです。

成長ホルモンとIGF-1って一緒じゃね?

これが私の考えです。厳密には違うのでしょうが・・・・

そもそも成長因子と成長ホルモンの「違い」や「関係性」がいまいちわかっていないのが本音です。わかっていないので上手く説明できません。

かなり勝手な解釈ですが、成長因子はおおきな括りで成長ホルモンの一部であると考えちゃっています。成長ホルモンは全体の細胞に働きかけるもので、成長因子は特定の細胞のみに強く働きかけるみたいな考え方を勝手にもっちゃっています。

そんな考えの中で成長因子のIGF-1は成長ホルモンの一部というよりもう成長ホルモンそのものと考えちゃっています。だって成長ホルモンの作用ってIGF-1を介しているのがほとんどですから・・。

ただこっからかなり個人的な見解なのですが、髪に対するIGF-1の毛乳頭や毛母細胞への働きかけはちょっと成長ホルモンとは切り離して考えています。

今まで成長ホルモンの分泌は毛母細胞を活性化するにつながるといってきました。より具体的にいうとその作用はIGF-1を介して行わているということです。

成長ホルモン→IGF-1→毛母細胞活性化という流れです。

IGF-1は主に肝臓で作られるといいましたが、毛根の毛乳頭でも作られます。毛乳頭でのIGF-1をふやすことが、髪の発毛や育毛にすごくかかわってくるのです。

で、です。

毛乳頭でIGF-1を増やすということに注目しますと、成長ホルモンを分泌させなくても増やす方法があるのです。毛乳頭で作られるIGF-1はCGRPという物質が放出されることでもつくられます。CGRPを作り出せば、毛乳頭でのIGF-1が増えるのです。

このことはIGF-1そのものが毛乳頭で作られることと考えています(成長ホルモンの分泌により毛乳頭でIGF-1が作られるのではなく)。
このことは成長ホルモンの観点を取り除いた「IGF-1」であり、この「IGF-1」を増やすことが髪にすごく重要なことであると個人的に考えているのです。

そのために毛乳頭にダイレクトにIGF-1をつくるサプリメントや栄養成分をとっているのです。
※ダイレクトという表現はちょっと変かもしれません。正確にはCGRPからつくられるIGF-1ということです。

はい、まったく意味不明ですよね?書いている私も絶対上手く説明できていないと思っています。

でも強行突破しちゃいます。そのCGRPをつくるのがカプサイシンイソフラボンです。

そもそもIGF-1に興味をもちはじめたのは10年以上前にテレビで「カプサイシンとイソフラボンが発毛、育毛効果をもたらす」という内容のテレビ番組を見たのがきっかけです。そっからカプサイシンとイソフラボンはセットで毎日取るようになりました。

当時はCGRPはおろかIGF-1の存在すらしらず、ただ単にカプサイシンとイソフラボンが髪にいいという理由だけでとっていました。その後カプサイシンとイソフラボンのセットが発毛につながっているメカニズムを調べると、この2つの成分がIGF-1という成長因子を増やし、増えたIGF-1が毛乳頭や毛母細胞の働きを活性化させることがその理由とわかりました。
でもうちょい詳しくしらべるとCGRPが関わっているというのも学びました。ようは知覚神経を刺激することでCGRPがつくられ、CGRPが毛乳頭にIGF-1を作りIGF-1が増えることで、毛母細胞が活性化され発毛や育毛につながるということです。

知覚神経を刺激すればCGRPが作られる、
で、知覚神経を刺激する成分がカプサイシンとイソフラボンなのです。

なので「毛根のIGF-1」を増やすことを第一に考えそれにかんするサプリメントをとっています。
成長ホルモン→IGF-1→毛母細胞活性化という考えのほかにもIGF-1→毛母細胞活性化という考えをもって薄毛予防対策に取り組んでいるのです。

注意
IGF-1の摂取目的は一応全カテゴリーとしていますが、特に髪(薄毛)予防・改善を目的としています。

IGF-1自体を増やすものとしてカプサイシン、イソフラボンのサプリメントをセットで取り続けています(薄毛界では訳してカプイソと呼ばれているものです)。あとタウリンもとっています。そしてIGF-1のスプレータイプのサプリメントをとっています。これらは成長ホルモンとの関係性を一切取り除いて、単に「IGF-1」そのものの成分を取るという感覚です。

そしてこの「IGF-1」関連のサプリメントを摂取する目的は薄毛対策オンリーです。毛根でのIGF-1を増やす目的だけです。

そうはいっても、もう一人の私の頭の中には成長ホルモンをたくさんとっているという認識があります。成長ホルモンの分泌を促す成分として数々のアミノ酸をとっていますし、HGHという成長ホルモンそのもの?というHGHというホルモン剤も摂取しています。こっからもIGF-1を作っていることにもなるということです。

まあ加齢とともにIGF-1は減っていく一方なのでたくさん増やすことは別にわるくないことなのですが、

さすがに過剰にじゃねぇか?という考えが生まれました。

ということでIGF-1のスプレータイプはたまにしか取らなくなりました。
というわけでだいぶ前に購入しましたが、まだ封あけていません。いつ開けるかの予定も特にありません。賞味期限内にはのもうと思いますが。もう本当に気分次第です。

・・・えーと説明が下手すぎて、上手く着地できなくなっています。

とにもかくにもIGF-1関連のサプリメント摂取をお勧めするのは、どんぴしゃでIGF-1の作用を求めている方です。

ずばり「薄毛」と「筋肉」

薄毛に悩んでいる人、筋肉を増加させたい人におすすめです。

前提に「成長ホルモンの分泌にあまり力を入れていな」いというのも付け加えます。成長ホルモンを増やせば、必然的にIGF-1も増えるので、あえてIGF-1オンリーに焦点をあてる必要はないと思います。
成長ホルモンの分泌に力をいれて、アミノ酸などたくさんの成分を摂取していれば、とくにIGF-1を意識して摂取する必要はないと思います。IGF-1過剰の危険性(がん化)も騒がれているので。

ちなみにカプサイシンとイソフラボンは薄毛対策以外の観点(美肌とか脂肪燃焼とか)からもとっているので毎日摂取しています。

えーとただでさえも文章を書くのが下手な私にとって、今回の思考を説明するのはちょっと難しかったです。読んでいるかたはなんのこっちゃだったと思います。

まあごちゃごちゃいわずにまとめると「成長ホルモンの分泌」は大事でその上で「IGF-1の分泌」を意識することは大事ということです。

スポンサードリンク