フェニルアラニン

フェニルアラニンの評価 A+

フェニルアラニン

たんぱく質は人間の体を構成しているもの(皮膚、筋肉、臓器、髪、血液など)の材料となっています。
このほかにも酵素やホルモンの材料などにもなっていて、たんぱく質は体内にさまざま形で存在しています。人間のからだを作っているたんぱく質は健康に生きていくには欠かすことのできない重要な成分といえます。

この「体を作る」たんぱく質は主に20種類のアミノ酸でできています。20種類のアミノ酸の種類や比率により体内のたんぱく質の形態や性質が違ってきます。

「20種類のアミノ酸」は9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸にわけられます。

必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸で食べ物などから必ず取らなければいけないアミノ酸です。
非必須アミノ酸は体内で合成できるアミノ酸ですが、合成できる量が限られていたり、体内で不足することがあるので食事などから積極的に取り入れる必要があります。

20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

スポンサードリンク

フェニルアラニンは必須アミノ酸に分類されます。
ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質の合成材料となっています。非必須アミノ酸のチロシンはフェニルアラニンを原料に合成されます。肝臓で作られる酵素によりチロシンへ変換されます。

合成経路
フェニルアラニン→チロシン→Lドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン

フェニルアラニンは芳香族アミノ酸(AAA aromatic amino acids)というカテゴリーにも含まれます。芳香族アミノ酸とは神経伝達物質の材料となるアミノ酸のことを指し、他にも必須アミノ酸のトリプトファン、非必須アミノ酸のチロシンが芳香族アミノ酸に分類されます。

フェニルアラニンの摂取目的

摂取目的は白髪予防とストレス対策などの精神面アップ(体力部門に分類)です。
また必須アミノ酸に分類されるため「筋肉」にも重要であると考えています。
「成長ホルモン」分泌にも関係している成分です。

 摂取目的
髪  「白髪」
体型 「筋肉」

体力 「普段」「夜のほう」
その他「成長ホルモン」

フェニルアラニンの効果・効能

神経伝達物質
フェニルアラニンはアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の材料となっています。この3つの物質には次のような効果・効能があります。

アドレナリン
アドレナリンが分泌され、血液の中に入ることで心拍数や血圧上昇させます。血糖値も上がっていき多くのエネルギーを生み出すことで、ストレスに対抗する力を発揮します。

ノルアドレナリン
ノルアドレナリンは脳に緊張状態をもたらします。ノルアドレナリンはアドレナリンと異なり脳に働きかけます。肉体への作用はアドレナリンが強く関わり、脳へ作用はノルアドレナリンが強く関わっています。ノルアドレナリンが分泌されることで、集中力が高まります。記憶力向上にもつながります。

ドーパミン
ドーパンミンは脳に興奮状態をもたらします。ドーパミンが多く分泌されることで、脳が興奮状態になり気持ちが高まります。

白髪
チロシンはメラニン色素の原料です。髪が黒いのは、メラニン色素の働きによるものです。
メラノサイト(色素細胞)がチロシンからメラニン色素を生成します。チロシンは体内でフェニルアラニンからつくられます。
メラニン色素の原料であるチロシンの材料であるフェニルアラニンを摂取することは白髪予防につながるといえます。

鎮痛効果
フェニルアラニンには鎮痛効果があります。天然のフェニルアラニンから人口的に合成されたDL-フェニルアラニンは、医療現場では関節リウマチ、神経痛、腰痛、偏頭痛などの慢性的な痛みを軽減させる鎮痛剤として利用されています。フェニルアラニンの鎮痛効果はアスピリンなどの一般的な鎮痛薬が効かない人にも効く場合があるといわれています。

皮膚疾患
フェニルアラニンは皮膚疾患のなかで、白斑(はくはん)の治療に有効とされています。白斑とは肌のメラノサイト(色素細胞)がなんらかのきっかけで減少したり、なくなってしまったりすることで、皮膚の色の一部が白くなってしまう病気です。
この治療に「フェニルアラニンを経口摂取して紫外線A波を照射する」、「フェニルアラニンを塗布して紫外線A波を照射する」という方法が行われています。

成長ホルモン
フェニルアラニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。HGH(ヒト成長ホルモン)のサプリメントは、成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸の複合体のようなものです。この成分にはアルギニンなどともにフェニルアラニンも配合されています。成長ホルモンの分泌促すアミノ酸を考えたときに、フェニルアラニンもそれに当てはまるということがいえます。

フェニルアラニンのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • ストレスに負けない生活を送るため
  • 気分がふさぎがちなかたを前向きにさせる
  • 頑張る方を応援
  • 運動やダイエットにも活用
  • 白髪に悩んでいる方に
スポンサードリンク

フェニルアラニンの摂取量、不足、過剰

フェニルアラニンの摂取量
フェニルアラニンは必須アミノ酸です。食事などから必ず摂取しなければなりません・フェニルアラニンの推奨摂取量のは1日当たり体重1kgに対して25mgとなっています(体重が60kgの場合は1,500㎎の摂取)。
鎮痛目的として多めにとるというケースがあると思いますが、この場合は1日2,000mgが上限とされています。
 
フェニルアラニンの不足
フェニルアラニンはいろんなたんぱく質の食品に含まれていて、通常の食生活を送っている場合はあまり不足の心配がいらない成分です。ただ、不足すると精神面に影響をうけます。フェニルアラニンはアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の材料となっていて、フェニルアラニンが不足していることはこれらの生成量が少なくなるということがいえます。
無気力になったり、疲労を感じやすくなります。集中力、記憶力の低下、睡眠過多にも陥ります。不足症状が続くとうつ病が発生する場合があります。
 
フェニルアラニンの過剰
フェニルアラニンは安心な成分のため過剰症の心配がいらない成分です。ただサプリメントなどで度を過ぎて摂取することにより過剰症が起きます。過剰症になると血圧が上昇してしまい高血圧となり、心臓病をはじめとする生活習慣病にかかりやすくなります。

フェニルアラニンの豆知識

精力剤
フェニルアラニンは精力剤に配合されていることが多々あります。フェニルアラニンを摂取することで脳の伝達神経が働き精神的に興奮した状態にさせるからです。性行為中の精神面での興奮をもたらすといえます。
 
恋愛物質
フェニルエチルアミンは恋愛物質ともいわれています。恋愛中はフェニルエチルアミンの放出が激しくなるようです。フェニルアラニンはフェニルエチルアミンの材料です。
 
アステルパーム
フェニルアラニンは、アステルパームという人工甘味料の原料となります。この人工甘味料は、アスパラギン酸とフェニルアラニンの化学合成によって作られます。砂糖よりも200倍の甘味をもっていながら低カロリーなことが特徴です。ただその安全面に関していろいろと良くない意見がだされています。

 

フェニルアラニンのイメージ

大豆

気分スッキリ

フェニルアラニンと相性の良い栄養成分

・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC

フェニルアラニンと相性の悪い栄養成分

・トリプトファン

フェニルアラニンの勝手にランキング

髪(白髪)部門 第2位
体型(筋肉)部門 第10位

フェニルアラニンのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

フェニルアラニン 総合評価 A+ 15

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(白髪)評価6
髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することで生まれ、育っていきます。この毛母細胞が働いている過程にメラノサイト(メラニン細胞、色素細胞)がとりこまれます。メラノサイトがそこでメラニン色素を生成し、その色素を毛母細胞に注入することで髪の毛が黒色になります。白髪になる原因は、メラノサイトのメラニン色素を作る機能が低下すること、メラニン色素のもとであるチロシン不足、活性酸素があげられます。フェニルアラニンはチロシンの合成材料です。フェニルアラニンを摂取することは、チロシン不足による白髪を防ぐ効果があるといえます。

肌(美白)評価2
フェニルアラニンから合成されるチロシンは、髪の毛を黒色にする「メラニン」の材料となっています。肌にも関係し、メラニンは皮膚を紫外線から守る作用があるので適量ならば大切な存在です。
ただメラニンが過剰に作られると肌にはマイナスとなります。しみ、そばかすの原因となるからです。
メラニンの過剰生成を抑えるにはメラニンの材料であるチロシンの量を減らすか、紫外線をなるべく浴びず、チロシンがメラニンになる量を減らすかです。フェニルアラニンはチロシンのもとであるので、このメラニン過剰問題に少なからず関わっているといえます。

体型(筋肉)評価4.5
フェニルアラニンは、必須アミノ酸に分類されます。不足していると筋肉づくりに影響を与えます。必須アミノ酸は体内で作ることができず必ず外から取り入れる必要があります。

またフェニルアラニンはノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質の材料となっています。フェニルアラニンが不足していると、集中力やモチベーション維持に支障がでます。アスリートのなかにはトレーニング時にフェニルアラニンを摂取する人もいるようです。

体力(普段、夜のほう)評価4
フェニルアラニンはストレスと戦う神経伝達物質の材料となっています。必須アミノ酸のフェニルアラニンを不足することなく摂取することがストレス耐性力を高める要因となります。
また精神面の興奮状態をもたらすことから精力剤に配合されていたり、恋愛物質の異名を持っていたりします。セックスレスの夫婦なんかには効く物質かもしれません。

その他(成長ホルモン)評価4.5
フェニルアラニンは成長ホルモンにも関係しています。HGH(ヒト成長ホルモン)のサプリメントは成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸を集めた複合サプリです。そのなかにはこのフェニルアラニンも配合されていることが多いです。
フェニルアラニンの合成経路は、フェニルアラニン→チロシン→Lドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリンなっていますが、この中にあるLドーパが成長ホルモンの分泌を促すといわれています。評価3.5

フェニルアラニン雑感

フェニルアラニンは肝臓でチロシンに変わります。チロシンが体内で足りてないときはフェニルアラニンからつくることができるのです。なのでフェニルアラニンはまあチロシンであるという感覚をもっていてもあながち間違ではないともいます。

フェニルアラニンもチロシンも神経伝達物質の材料です。神経伝達物質とはドーパミンとかアドレナリンとかです。「やるき」とか「モチベーション」とか「ストレス」とかに関わってくるものです。

合成経路はこうです。

フェニルアラニン→チロシン→Lドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン

すべてのスタートはフェニルアラニンなのですね。そして必須アミノ酸がフェニルアラニン、非必須アミノ酸がチロシンです。どっちが大切かいうまでもありません。

チロシンです。

個人的にはチロシンのほうが大事だとと思います。比較する必要はないと思いますが、あえて比較するとチロシンのほうを重視してしまいます。

だって神経伝達物質となるのも、白髪予防になるのもチロシンに変化することでもたらされる効果です。この効果はチロシンがもっている効果といえます。

なので「チロシン」になる物質だからという考えをもってフェニルアラニンをサプリメンでとっています。

もちろん鎮痛効果とか、フェニルアラニン独自の効果もあります。またフェニルアラニンは、「フェニルエチルアミン」の材料にもなります。まあ簡単にいうとテンションをあげる物質です。これはチロシンにはないものなのでうつ病対策においてはチロシンより優れているといえるかもしれません。

なので人によってはフェニルアラニンのほうを大事だと思っている人もいると思います。もしかしたらフェニルアラニン派のほうが多いかもしれません。

・・・・・

というかどっちのアミノ酸ショーをしているわけでないので別に比べる必要はありませんね。

ともかく私がフェニルアラニンをとっている理由は、チロシンのもっている白髪予防効果のためです。あとはストレス対策ですかね。ここで内容を書くチロシンと重複することが多くなるので詳しくはチロシンのレビューの雑感で書きます。

チロシンを重視しているなら別にフェニルアラニン取る必要なくない?

という意見もあると思いますが、まあフェニルアラニンはほぼチロシンという感覚でとっています。あと必須アミノ酸なので、筋肉などのたんぱく質の合成材料にもなっていると思うので不足してはいけないという感覚も持っています。

フェニルアラニンとチロシンを常に両方摂取しているのかといえばそうではなく、チロシンを摂取した場合はフェニルアラニンをとらなかったり、その逆もまたしかりです。

私は、フェニルアラニンもチロシンも主に白髪予防の目的で摂取していますが、この2つの成分のメインの働きは神経伝達物質となることです。メンタルを強化するものといえます。

ストレスにさらされている生活を送っている人、嫌なことがあってすごく落ち込んでいる人、とにかくやる気とかモチベーションとかアップさせたい人にはもってこいの成分です。

スポンサードリンク