チロシン

チロシンの評価 A+

チロシン

人間の体をつくっているものはたんぱく質でできています。ここでいう「体をつくっているもの」とは筋肉、皮膚、髪、血管などのことです。

体内に取り入れられたたんぱく質は、消化されアミノ酸に分解されます。
分解されたアミノ酸は各組織の細胞に送られ、体を作っているたんぱく質に合成されます。

体をつくっているたんぱく質は20種類のアミノ酸により構成されています。この構成されるアミノ酸の種類や比率によりたんぱく質の形態が異なります。

例えば筋肉、髪、肝臓、これらたんぱく質はアミノ酸の構成内容が違うため、性質や形が違っているのです。人体は約10万種類のたんぱく質で構成されているといわれています。

体をつくる「20種類のアミノ酸」は9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸のことです。

必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸で食べ物などから必ず取らなければいけないアミノ酸です。
非必須アミノ酸は体内で合成できるアミノ酸ですが、合成できる量が限られていたり、体内で不足することがあるので食事などから積極的に取り入れる必要があります。

スポンサードリンク

20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

チロシンは非必須アミノ酸の一種で、必須アミノ酸フェニルアラニンを原料として合成することができます。体内ではアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の材料(前駆体)となっています。

合成経路
フェニルアラニン→チロシン→Lドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン

チロシンは非必須アミノ酸に分類されていますが、成長期は体内での合成能力が足りないため不足しやすいとされています。
そのため成長期のみ必須アミノ酸として位置づけられる準必須アミノ酸として扱われています。 非必須アミノ酸のなかではアルギニンやシステインも同様の扱いです。

チロシンの摂取目的

チロシンの摂取目的は「白髪」予防とストレス対策(体力「普段」に分類)です。

 摂取目的
髪  「白髪」
体力 「普段」

チロシンの効果・効能

神経伝達物質
チロシンはアドレナリンノルアドレナリンドーパミンといった神経伝達物質の材料となっています。それにより次のような効果・効能があります。

やる気
ドーパンミンは脳に興奮状態をもたらします。これにより何かをしてやろうという「やる気」を起こさせる作用をもたらします。

集中力・記憶力
ノルアドレナリンは脳に緊張状態をもたらします。これにより集中力が高まります。記憶力向上にもつながります。

ストレス
アドレナリンが分泌されることで血圧、体温を上昇させます。血糖値も上がっていき多くのエネルギーを生み出すことで、ストレスに対抗する力を発揮します。

アドレナリン、ノルアドレナリンはストレスを多く感じたときに分泌されるホルモンでもあります。強いストレス状態が続くとアドレナリンやノルアドレナリンが分泌の消費が増え、ストレス耐性が弱まります。疲労が激しくなったり、気分が落ち込みくよくよしたり、ちょっとしたことでもイライラするようになってしまいます。
アドレナリン、ノルアドレナリンの材料であるチロシンを摂取することは、ストレスによって消費されたアドレナリンやノルアドレナリンを新たに作り出すといえ、抗ストレス作用を高める働きがあるといえます。

白髪
チロシンはメラニン色素の原料です。髪が黒いのは、メラニン色素があるおかげです。
メラノサイト(メラニン細胞、色素細胞)チロシンからメラニン色素を生成します。
白髪は、加齢、ストレス、栄養不足などによりメラノサイトのメラニン色素を生成する能力が衰えることで発生します。またはメラニン色素の原料であるチロシンが不足していることでも発生します。
チロシンを摂取することは白髪予防につながるといえます。

成長
チロシンは甲状腺ホルモンの前駆体です。甲状腺ホルモンは細胞の生まれ変わりや新陳代謝を促進する働きがあり、成長を促すホルモンでもあります。
またチロシンは成長ホルモンの分泌を促すと考えられています。
チロシンからドーパミンに合成される経路には、中間物質のLドーパを間にはさみます。このLドーパが成長ホルモンの分泌を促すといわれています。成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、オルニチンなどと一緒に摂取することで成長ホルモンの分泌量を増やすといわれています。

チロシンのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 元気で明るい毎日を送りたい人に
  • 冴えた毎日を送りたい人に
  • ストレス、慢性疲労対策
  • ドーパミン、アドレナリンなどの原料
  • 白髪が気になるかたにおすすめの成分
スポンサードリンク

チロシンの摂取量、不足、過剰

チロシンの摂取量
チロシンは非必須アミノ酸のため推奨摂取量というのはありませんが、1日あたり500~2000㎎の摂取が望ましいといわれています。
チロシンの合成材料となる必須アミノ酸のフェニルアラニンは1日あたり25mg/kg の量が推奨されています(例えば体重60㎏の場合は1500㎎となります)。
フェニルアラニンからどのくらいのチロシンが合成されるか定かではありませんが、フェニルアラニンも摂取している場合は、チロシンの摂取量は抑えたほうが無難です。
 
チロシンの不足
チロシンはアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の材料となっています。チロシンが不足していることはこれらの分泌減少を招きます。
無気力になったり、集中力が続くかなくなります。ストレス耐性が弱くなり、疲労を感じやすくなります。うつ病が発生するリスクが高まります。
甲状腺ホルモンの前駆体のため、乳幼児期にチロシンが不足していると発達障害、成長障害を起こす要因にもなります。
チロシンはメラニン色素の生成に関わりますので、不足していると白髪が増えます
 
チロシンの過剰
チロシンはアドレナリンやノルアドレナリンの材料です。アドレナリン、ノルアドレナリンは血圧を高める作用があります。チロシンを過剰に摂取することで血圧が上昇してしまうことがあるので高血圧の人は要注意です。
またチロシンはメラニン色素の材料でもあります。メラニン色素は、髪を黒くし、皮膚の細胞を紫外線などから守る働きをしている一方で、過剰に増えると肌にシミ、そばかすができやすくなるというデメリットも生じます。チロシンの過剰摂取は、シミ、そばかすを増やすことにつながります。 

チロシンの豆知識

芳香族アミノ酸
芳香族アミノ酸とは神経伝達物質の材料となるアミノ酸のことです。必須アミノ酸のフェニルアラニントリプトファン、非必須アミノ酸のチロシンが芳香族アミノ酸に分類されます。
 
うつ病
うつ状態の時には脳内のチロシン濃度が低下しているという研究結果もあります。チロシン摂取にはうつ症状の改善につながるといわれています。
 
トリプトファンはNG
必須アミノ酸で、同じ芳香族アミノ酸に分類されるトリプトファンという成分があります。トリプトファンは神経伝達物質の一つセロトニンの材料となっています。セロトニンは精神の安定や睡眠の質向上に効果があります。
一方チロシンはノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の材料となっていて脳を刺激したり、緊張状態にさせる効果があります。
まったく逆の作用をもたらすといえます。一緒に摂取するのではなく。時間をあけることをお勧めします。

チロシンのイメージ

チーズ

気分の落ち込み、白髪を改善

チロシンと相性の良い栄養成分

・ビタミンB12
・ビタミンB6
・ビタミンC

チロシンと相性の悪い栄養成分

・トリプトファン

チロシンの勝手にランキング

髪(白髪)部門 第1位

チロシンのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

チロシン 総合評価 A+ 14

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(白髪)評価6
髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することで生まれ、育っていきます。この毛母細胞が働いている過程にメラノサイト(メラニン細胞、色素細胞)でつくられたメラニンという黒色の色素ががとりこまれます。その色素が毛母細胞に注入されることで髪の毛が黒色になります。
白髪は、加齢、ストレス、栄養不足などによりメラノサイトのメラニン色素を生成する能力が衰えることで発生します。またメラニン色素の原料であるチロシンが不足していることでも発生します。
チロシンを摂取することでメラニン色素を増やすことにつながり白髪予防になります。チロシンは黒髪のもとともいえますので、白髪部門では満点です。

肌(美白)評価1.5
チロシンは場合によって、肌にはマイナス効果をもたらすかもしれません。メラニンは髪を黒くするには必須のものですが、過剰に生成されるとシミ、そばかすの原因となります。

メラニンが作られる場所は表皮の基底層にあるメラノサイトです。人間の皮膚は、紫外線の刺激を受けると 体内にあるチロシンが、チロシナーゼという酵素の働きによってメラニンという黒い色素に変わります。

ターンオーバーが正常であれば、メラニンは、基底層から角質層まで押し上げられます。基底層で生まれた角化細胞とともに垢として剥がれ落ちます。

ターンオーバーが正常であっても、メラニンの生成が過剰の場合は、表皮の外に排出されず、内に残ってしまいます。これがシミの原因になります。

 

メラニンの過剰生成を抑えるにはメラニンの材料であるチロシンの量を減らすか、紫外線をなるべく浴びず、チロシンがメラニンになる量を減らすかです。紫外線を過度に浴びるとチロシンキナーゼという酵素が活性化してしまいメラニンができやすくなります。

あくまでも過剰にメラニンができることがよくないことで、メラニンは適量ならば肌の細胞を紫外線から守る存在です。なのでチロシンの摂取量の適量と過剰のボーダーをしっかりと見極めなければなりません。

体型(筋肉) 評価3.5
チロシンは、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質の材料となっています。筋トレにどういった効果をもたらすかというとトレーニングの集中力や持続力を高める効果があるということです。これら物質が分泌されることで、トレーニングの質を高めます。間接的に筋トレに貢献しているといえるかもしれません。

体力(普段)評価4.5
ストレス社会の現代において、ストレス耐性力を高めることが重要となります。ストレスと戦うホルモン「アドレナリン」、「ノルアドレナリン」の前駆体であるチロシンが不足していると疲労や無気力につながります。最悪の場合うつ病に発展するかもしれません。ストレスに負けない活発な生活を送るためにチロシンは重要となります。

その他(成長ホルモン)評価3.5
チロシンは成長ホルモンにも関係しています。チロシンが関する合成経路は、フェニルアラニン→チロシン→Lドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリンなっていますが、この中にあるLドーパが成長ホルモンの分泌を促すといわれています。なのでチロシンをアルギニンやオルニチンと一緒に飲むことで分泌量をアップさせるといわれています。
評価3.5

チロシン雑感

滅多にお目にかかれない白髪部門。久しぶりに出てきました。

ミネラルの「銅」いらいですかね~、がっつり白髪部門に関係している成分は(フェニルアラニンの次に掲載しましたので時系列がおかしくなっています。記事はチロシンを先にかきました)。

でこの白髪部門ではチロシンは満点です。満点中の満点といえます。勝手にランキングでも1位です。

というのも髪が黒いのは遠まわしにいえばチロシンのおかげなのです。

遠まわしにいうとですよ。

正確にいうと髪が黒いのってメラニンという色素があるおかげなのです。

髪の毛の発毛とか成長とかは毛母細胞がかかわっているというのはもう言うまでもないと思います。で毛母細胞が細胞分裂とかして一所懸命に働いているとこにメラノサイトで作ったメラニンがとりこまれます。

メラノサイトは細胞です。なのでメラニン細胞とか色素細胞なんて呼ばれかたもします。メラノサイトがメラニンという黒い色素を作っている細胞なのです。その色素を毛母細胞に注入することで、髪は黒色になるわけです。

でメラニンがどうやってにつくられるかというと、食事からとった、あるいは体内で合成されてできたチロシンからつくられるのです。メラノサイトという場所でチロシンがチロシナーゼという酵素と結合し、メラニンになるのです。

なので髪を黒くしたければ、チロシンをたくさんとるか、メラノサイトのメラニン生成機能を低下させないということが重要となります。

事実、チロシンの摂取量が少なかったり、加齢やストレスなどの理由でメラノサイトの機能が衰えることが白髪になる原因となっています。

ともかく白髪になりたくなかったらメラニンの作られる量が減らさないということが重要なのです。

メラニン?

メラニンってなんか聞き覚えありませんか?なんか負のイメージありませか?肌にあんまりよくなさそうな・・・

そうですメラニンはシミ、そばかすの原因にもなるものです。

メラニンって肌でできてもターンオーバーとともに排出されるので基本、問題ないのですが、

メラニンが過剰にできると、皮膚にメラニン色素が沈着してシミ、そばかすの原因となってしまうのです。
※このことを黒色メラニンっていうみたいです。

 

チロシンをたくさんとれば、必然的にメラニンが増えるということになりますよね?

髪(白髪)にはいいが、肌にはよくないということになりますよね?

これって究極の2択じゃないですか?あるいはもろ刃の剣てきな考え・・・

白髪になるのを防いで、シミ、そばかすを増やすか
シミ、そばかすを防いで、白髪が増えてしまうか

でまず考えなければならないのはメラニンは適量であれば、全然問題ないものです。むしろ肌にいいものです。メラニンは肌の細胞を紫外線から守る存在なのです。
ですので、いくらシミ、そばかすを作りたくないからといってメラニンのもとであるチロシンの摂取を控えるという考えはなしです。

ということであくまでもメラニンを適量作るのを目指す必要があります。

そもそも若いのに白髪があったり、年の割に白髪が多かったりしている人は、チロシンの量が足りていないメラノサイトの機能が衰えているといえます。これ以上白髪を増やしたくなければ、チロシンを摂取することは必須となってきます。メラノサイトの機能が衰える原因は活性酸素が主なので、抗酸化成分を取ることも重要です。

そもそもメラニンが過剰になる一番の原因は紫外線です。

先ほど「メラノサイトという場所でチロシンがチロシナーゼという酵素と結合し、メラニンになる」といいましたが、このチロシナーゼという酵素が実は厄介なもので、チロシナーゼが活性化すると必要以上にメラニンを作ったり、黒色メラニン(ターンオーバーで排出されず皮膚に色素沈着してシミ、そばかすの原因となるメラニン)を増やしてしまいます。

で、チロシナーゼは紫外線の刺激によりその働きが活性化します。なのでまずは紫外線対策をしっかりすることがなにより重要です。またチロシナーゼが活性化されるのを防ぐ成分、ビタミンCやシステインなどを取ることも重要です。

私事ですが、白髪に困っています。悩んでいるまではいかないので、こんな変な表現をしています。
まあ今ある白髪はもうあきらめてとりあえず増やさないようにしています。

ですので、チロシンは必ず摂取しています。ただ過剰にとるとシミ、そばかすができやすいことは確かなので過剰にならないようにしています。

なので過剰のボーダーを超えないことを心がけています、ということで単体サプリで取るときはチロシンは1粒と決めています(アミノ酸関係のサプリメントをたくさん飲んでいるので)。
※わたしがとっている「チロシン」というのはフェニルアラニンからとっているものも当てはまります。フェニルアラニンはチロシンの前駆体です。

白髪に悩んでいる男性で、別にシミ、そばかすなんて気にしないぜ!っていう方はちょっと多めにいっちゃってもいいかもしれません(多めといってもそのサプリメントの指定されている量を守ってください)。

これにてチロシンの雑感を終わりに・・・

おっと、あやうくここで終わらせてしまいそうになりました。なんかチロシンの働きを「白髪」や「シミ、そばかす」のほうに焦点をあててしまいましたが、

そもそもチロシンの一番の働きって神経伝達物質の材料となることです。

アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといったものの材料となっています。モチベーションを上げるとか集中するとかっていう時にすごい大切になる物質たちです。
また抗ストレス作用のあるものたちです。なのでストレスなどに負けずに元気で明るい毎日を送りたい人やうつ病の予防をしたい人にはとってもお勧めの成分です。

こっち目的の方には有無をいわずお勧めできます。

なお白髪改善目的の場合は夜寝る前に摂取することを勧められています。理由は髪は寝てる間につくられるからみたいです。ただし興奮して寝つきが悪くなりますので神経質な方にはお勧めできません。
気分をあげる目的で飲む場合は、午前中の朝早い段階に摂取することを勧められています。その日1日がシャキッとするみたいです。

なお私の場合は白髪改善目的ですが、午前中に飲んでいます。実際、夜寝る前に飲んだら寝つきが悪くなりました。

 

 

スポンサードリンク