1周年 その1 ブログを始めたきっかけ 前編

「老化を遅らせることに成功しているかも」このブログの管理人のイエロです。このブログを開始してからなんと1年たちました。

いや~なんとか1年間続けることができました。

長かった~と言いたいところですがブログを始めたのがつい昨日のように感じています。年を取ると1年1年はあっという間に過ぎるといいますが、まさにこのことでしょうか。

そんなこんなで1年間ブログを続けた感想、内容の変化、サプリメントの現状などを数回に渡り書いていこうと思います。
まあ1周年ということで、今回はそもそもなんでブログを始めることになったのかそのあたりの話をしたいと思います。単に始めたきっかけを書いてもつまらないと思いちょっとドラマ仕立てにして書いてみました。
※内容をところどころ脚色しています。かなり脚色しています。あしからず。

脚色
ここでの脚色の意味は「内容をおもしろおかしくするため粉飾を加えること」のほうです。

それでは約1年前から振り返っていきます。

終わりの始まり

2016年12月

やべーどうしよう・・・

2016年11月、アメリカ大統領選挙はまさかの結果になった。

トランプが大統領になることが決まってから株式相場の今後の動きがまったくわからなくなり私は途方に暮れていた。

ちなみに私は2011年に仕事を止め、株で生活をすることを選択した愚か者、しかもこの生活を実家ですることを選択した真性のクズである。

仕事はトータル10年ほどしてきた。トータルという言葉を使用していることで察知できると思うが転職をしている。しかも10年で2回してきた。

新卒で入った会社は・・まあ過去の話はどうでもいいだろう。とにかく実家で株生活をするという世間一般では考えられないことをしていた。

このころはすでに 資産が減って、減ってと下降線をたどっていき、ほとんどトレードをしていなかった時期でもあった。
今回の出来事はこの状況にさらに追い打ちをかけるものであった。

やべーどうしよう・・・

40、無職、実家暮らしという3つのクソタイトルをすでに手にし、逆トリプルスリーの称号をもつ私はまさしく「廃人」という名の異界の入り口の一歩手前に来てしまったのだ。

ウスウス気づいていたけど・・・
人生オワタ・・・

そう、死以外の人生の終着駅というものがあるならば、その終点まですでに残り3駅の地点まで到達している状況と言っていいであろう。

いや残り2駅ぐらいか・・・

いやもう1駅

とにかく何駅前かはわからないがこのままでは本当に終わってしまう。

すでに終わっている感はするが、ほんまにほんまで人生オワタ駅に到達してしまうという状況に追い込まれていた。

悪魔のささやき

そんな絶望的な状況が私の脳裏に浮かぶなか一つの案が生まれた。

案が浮かんだというよりは悪魔のささやきが聞こえたという表現のほうが正しいかもしれない。

つぎのような悪魔のささやきが・・・

賭けて見なさい!

もともと終わっている人生!

最後の掛けにでてみなさい!

フルレバ全力買いで1銘柄買ってみなさい!

フルレバ全力買い
自身の持っている投資余力全部使い果たすこと。それも信用取引使って。
信用取引とは簡単にいうと証券会社から借金をすること。証券会社に預けている資金の約3倍の金額で取引できる。
上手くいけば、人生パラダイスよ!
だ・だれ・・?
だれもいないのに・・なにかが脳に響く・・・
パラダイスにおいで パ・ラ・ダ・イ・ス
うわーーーーーー

悪魔のささやきが聞こえてから熟考すること5分

・・・・・

・・・・・

私は決めた。

これはきっと神のお告げだ!乗ってやろうじゃん、その賭けに!

そう今後の相場展開がまったく読めずまた資産の減少に耐えられなくなった私は、最後の勝負としすべての投資資金をフルレバで1銘柄に突っ込むという愚かな行為をする決心をしてしまったのだ。

まさにゲスの極み。

しかもここ最近もっとも変動している小型株1銘柄に投資資金を突っ込むことを選択した。その会社が何の業種でどんな商品・サービスを販売しているかも調べることもせずにだ。

 

スポンサードリンク

 

ウォーズマン理論

小型株は上手くいけば1週間で株価が2倍になる。それを信用取引(投資資金の3倍)で取引すれば6倍になる。

さらにその株をもち続け、どんどん株価が上がっていけば10倍、100倍とふくれあがっていく。そして3年後には1000倍・・・

パラダイス!パラダイス!

すでにこのころは精神がおかしくなりウォーズマン理論のようなハチャメチャな思考回路を持っていた。

ウォーズマン理論
キン肉マン7人の悪魔超人編で100万パワーのウォーズマンが1000万パワーのバファローマンと戦った時、ベアークローを両手につけて解き放ったセリフ
「100万パワー+100万パワーで200万パワー」→
「いつもの2倍のジャンプが加わり、200万×2の400万パワー」→
「そして、いつもの3倍の回転を加えれば、400万×3の 、バッファローマン、おまえをうわまわる1200万パワーーだーっ!! 」

みごとバッファローマンの角を折ることに成功する。ただしヤラれる。

3年後には1000倍・・・こんな妄想を持ちながら、こともあろうか運任せの大勝負に出てしまった。

「自分の今後の人生」を「自身が今持っている運」にすべてを委ねた。後先を考えずに・・・

 

ポチッ

ヨシ!購入っと!

直近で一番値動きが激しい小型株を購入した。

もし過去に戻れるとしたら、この時、パソコンのエンターキーを押さずにバックスペースキーを押すであろう。
そうバックスペースキーは人生の終着駅の手前で急ブレーキをかけることのできたボタンだったのだから・・・

50%?

これは一種のかけだ、1/2の賭けだ。

パラダイス直行便の可能性は50%もあるんだ!

すでに精神的に病んでいた私はこれを1/2の賭けと間違った考えをしてしまった。
よくよく考えてみたら1/2でもなんでもないのに。

というのも購入した小型株はすでに上昇し続けた株だ。上がった株はいつかは下がる。

なので確率でいうと高い確率でこれから下がる

株を7年近くやってきて、そんなシーンをいくつも見てきた。そのたびにツイッターや提示版で阿鼻叫喚している輩を何人も見てきた。

それなのにすっかり忘れていたのだ。

ウへへ 2倍、6倍、10倍、100倍、1000倍

とにもかくにも上手くいけばパラダイスへの直行便

そう考えていた私は
これは今後の生活を決める賭け、1週間後にその株が少しでも上がっていればこのまま株生活を続ける、下がっていれば一旦やめると決め、
1、2日の上下移動は無視し、1週間後の株価をその掛けの結果とすることを考えた。

なので1週間は証券会社のWEBサイトにログインすることもYahoo!ファイナンスページを見ることもしなかった。

1週間後のこのシーンを夢見て・・・

1週間後

時がたつこと1週間

勝負の日がやってきた。

なぜか根拠のない自信があった。株は上がっている!もしかしたら株価はこの短期間で2倍くらいになっているかもしれないと・・

神様は私から仕事、恋愛、仲間すべてを奪ってきた・・・

だからせめて最後のささやかなプレゼントとしてちょっとぐらいのマネーはくれるだろうと・・・そのお金でせめてキャバクラ、風俗といった類の疑似恋愛ぐらいはさせてくれるだろうと思った。

ドックン

ドックン

心臓の音が高鳴る。

初めて呼ぶデリヘル嬢をホテルでまっている気分だ。

ホームページではガッキー似パイオツカイデーが売りのモザイクがかかった新入りのデリヘル嬢。

この上ない期待感。

 

スポンサードリンク

 

もう我慢できない。もういいだろう。

よし!

満を持して証券会社のWEBサイトにログインしてみた。

ドックン

ドックン

ドックン

心臓の音はマックスになってきた。

 

ドレドレ 2倍なんて贅沢は言わない、せめて20%ぐらいは値上がり・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

プ・プ

プ・プ・プ

プギャー

だっふんだー

購入した次の日から見事な急降下しとる~
資産が1/3になっている・・・

自分が買った株が次の日から下がるという3流トレーダーあるあるに見事あてはまってしまった。

パラダイスへの直行便を夢見ていた私を現実世界にひき戻した。

失った金で 何回デリヘル呼べたと思ってんだよ! ウェーン

ウェーン

ウェーーン

身から出たとはサビとはこのことか、40にもなり洗面所でパンツについた茶色い実を拭き取っている姿を鏡で見たとき情けなくなり思わず泣いてしまった。

悪夢

不幸中の幸いか借金を背負うこともなく、資産はある程度は残った。

この資産で再び株取引をする!

ことも可能であったが・・・もう株をやり続ける自信がなくなってしまった。

上がる下がるといった単純な賭けに負けてしまったのだから、もうこれ以上は続けることはできない。少なくとも一旦は足を洗うべきだと感じた。
ちょっと相場から離れて機会を見て再び参加すればいい そう考えた。

 

こうして約7年ほど続けた株から一旦身を引くことを決めた。

その日から毎日悪夢を見るようになった。

決まって同じような夢・・・

あの悪魔のささやきと格闘する夢だ。

ザマーー!
ウラーーー
人生オワタ 気分はいかが?
コンチキショー!!

キングオブクズ

それからしばらくはほとんど何もしない日が続いた。

昼間はゲームで時間を潰し続けた。スマホゲームを無料でできる範囲でやった。そして夜になると決まってAVを見た。もちろんこれも無料で見れるやつだ。

40、無職、実家暮らしという身ながら無駄に時間を持て余し、さらに思春期の中学生と同じことをするというクズ同然のことをしていた。

いや思春期の中学生と同じことではない。中学生は勉強、部活、遊び、恋愛以外の時間で無料のスマホゲームをして、無料のAVを見ているのだから・・・・・一緒にしては失礼にあたる。

 

スポンサードリンク

 

・・・・・

・・・・・

そんな日が何日か続いた後、さすがにこれはまずいと思い始めた。

ヤベーーー この生活 ほんまヤベーー

とにかく何かやらなければ、何かやらなれけばという焦燥感にかられ

バイトでもなんでもいいからとにかく仕事を探しはじめ・・・

たのではなく

ネットで手軽にお金を稼げる方法を探し始めた。

お金 自宅 楽に 稼ぐ 検索!

お小遣い程度でいい、とにかく手軽にお金をGETできる方法を探し始めた。

まさしくクズ キングオブクズとはこのことをいうのだろう。

社会にでて働くということからすでに逃避している私の脳はもう巻きグソみたいな思考回路をしていた。

1周年 その1 ブログを始めたきっかけ 中編に続く

スポンサードリンク