1周年 その3 栄養成分レビューについて語る その7

いやー本格的にまずいことになってきました。この「栄養成分レビューについて語る」シリーズがガチのガチで読まれていないかつてないほどのクソシリーズとなってしまいました。

それをその8まで続けてしまうとは・・・

そもそもこの「1周年」シリーズ自体が失敗でした。満を持して書いた1周年記念の記事がことごとく読まれていないのです。

読者様もそこそこ増え、栄養成分レビューのPV数が着実に増えてきているなか、まったく読まれることのない記事を必死こいて作ってきました。

かれこれ2カ月間・・・

この間すこしでも栄養成分レビューを増やしたり、改定したりすればよかったです。

完全に戦略をミスりました。

はあ~ ここまで来たら後戻りもできないし・・・

ということで前回の終わりほうのコピペをだしてから続きをはじめます。

※以降、記者会見での質問形式という設定で「栄養成分レビュー」を説明をしていきます

セリフのやりとりをそのまま文字にしています。

この記事の文章=私のセリフ、プレゼンしている人の写真=私のセリフ、
それ以外の写真=記者たちのセリフです。

スポンサードリンク

栄養成分レビューを作るときに

できるだけ納得していただけるような形にすることだけでなく、如何に簡素で面白くという点も考えて、いろいろとルールやシステムを作りました。

そのうえで

その他カテゴリーは、4つカテゴリーのすべてではなく関連性が高いどれかにリンクさせる

という結論がでたのです。これは簡素で面白くのほうに引っ張られた結果です。

とにもかくにも

この栄養成分レビューは私次第

だからルールもシステムも私に都合よく作られている

という所を汲んでいただければ・・・

汲んでくれの一言でなんでも済まされると思うなよ!!
どこが簡素で面白いのですか!!
前にこう言いました

その他カテゴリーに入る項目のほとんどは、突き詰めて考えれば4つすべてのカテゴリーの評価を上げることになる。

それだったらなんだか味気ないって

だからリンクさせるのを2つに絞ったのです。

これって簡素っていえませんか?

一周回ってなんだか面白くないですか?

まあ面白いというのはなくてもいいですが、とりあえず簡素ではあると思います。

・・・・・

・・・・・

抗酸化と活性酸素

ふざけないでください!!
ふざけていません!!

これでもよーく考えているのです。

もしかしたらリンクの例を成長ホルモンでしか述べていないのでご納得いただけていないかもしれません。

そうですね~

簡素という点を証明するために違う項目でもリンクの説明しましょう!

抗酸化

「抗酸化」という項目で説明します。

よかろう!我々が納得いくように説明してごらん

このスペシャルスキルをもっている栄養成分はずばり抗酸化物質です。

抗酸化物質とは、活性酸素から体を守る抗酸化作用を有している栄養成分のことです。

「抗酸化」この評価が高いものは、抗酸化物質として有名活性酸素を取り除く力が強いものと考えてください。

「抗酸化」も成長ホルモンどうように4つのカテゴリーすべての評価をあげるものです。

なんでや~

だって抗酸化物質は体のサビの原因となる

活性酸素を取り除く働きをするからです。

だから、なんで「抗酸化」が他のカテゴリーの評価を高めるんや~

活性酸素が過剰に発生すると細胞のたんぱく質、脂質、DNAなどを酸化させることで傷つけ、その細胞の機能を衰えさせてしまいます。
つまり体内のあらゆる細胞がダメージを受けることになります。

おそろしや~ 
だったら過剰に発生させなければいいんだな!!

まあそうなんですが・・・

活性酸素って生きている限り避けられないもので、基本的に体内で過剰に発生してしまうものと考えたほうがいいです。

避けられない? 過剰に発生するもの? 

活性酸素って紫外線とかタバコの煙から生まれます。
ストレスからも生まれてしまいます。
体内に取り入れた酸素の一部が活性酸素に変わりますので呼吸するだけでも生まれてしまいます。
そう考えると普通に生きていれば、過剰に発生しがちなものといえます。

ということは「抗酸化」は・・・

そう、活性酸素を除去する働きをする「抗酸化」物質は4つのカテゴリーすべてにプラスに働くことになります。

これって意味わかりますよね?

あらゆる細胞にダメージを与えるものを減らすことになるので、プラスになるということです。

あらゆる細胞という言葉で済ませてしまうと4つのカテゴリーとの関連性のイメージがあまりわかないと思いますので具体的な細胞名をだします。

例えば毛母細胞、毛乳頭細胞、筋細胞。

毛母細胞、毛乳頭細胞は発毛に関係しています。筋細胞は筋肉の成長に関係しています。

活性酸素が過剰に発生するとこれら細胞の機能を衰えさせてしまいます。
簡単にいうと抜け毛が増え、筋肉の減少につながるということです。

ということは活性酸素を除去することは抜け毛を減らし、筋肉の減少を抑制することになります。

で、

毛母細胞、毛乳頭細胞、筋細胞から活性酸素を除去するのが抗酸化物質の役割です。

つまりスペシャルスキル「抗酸化」もった栄養成分は髪(薄毛)カテゴリー、体型(筋肉)カテゴリーの評価を高めることになります。

この流れ理解できましたか?

まあ わかったよ
ところで体力カテゴリーは関係なさそうだが?
いえいえ、体力カテゴリーにも関係しています

体力(普段)カテゴリーにはエネルギー作りに関係する栄養成分が入るといいました。

エネルギーは細胞内のミトコンドリアで作られます。体のいたるところにあるすべての細胞のミトコンドリアです。活性酸素の攻撃により細胞が傷つくとこのエネルギー作りに支障をきたすことになります。

ということは「抗酸化」物質はエネルギー産生の側面においても重要な役割を果たしているといえます。

ということで体力(普段)カテゴリーの評価も高めることになります。

おいおい!肌カテゴリーが抜けているぞ!

抜けているのではありません!

あえて抜かして説明していたのです。

こっからが本題なので。

 

スポンサードリンク

 

さっきほどまで「抗酸化」が肌カテゴリー以外のカテゴリーにいかに関係しているかを熱弁してきましたが、

その他(抗酸化)カテゴリーは基本的に肌カテゴリーのみにリンクさせています。

なにーー!!

抗酸化といえばズバリ

そんなに驚かないでください。

その他(抗酸化)は

「その他カテゴリーは、4つカテゴリーのすべてではなく関連性が高いどれかにリンクさせる」

の一番わかりやすい例・・わかりやすい例というかご納得いただける例だとおもいます。

ところでそこの発光しているお姉さん 抗酸化サプリとっていますか?
抗酸化サプリ?そんなものとっていないわ
すいません 質問をかえます

普段 何のサプリメントをとっていますか?

えっ! サプリメント?
えーと ビタミンCとビタミンE・・・あとアスタキサンチンっていうのもとっているわ!!
ズバリ なんのためにとっていますか?
肌よ!肌にいいと思って毎日とっているわ!!
ハイ!ビンゴー

みなさん聞きました?

彼女は、ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンのサプリメントを肌のためにとっているといいました。

これってなにがいえますか?

もしかして・・・

そうビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンこれすべて抗酸化物質です。

その他カテゴリーの項目では「抗酸化」と記載されている栄養成分です。

!!!

さきほどもいいましたが「抗酸化」って体内のあらゆる細胞にかかわることです。つまり4つのカテゴリーすべてに関係してくるものです。

ただ

抗酸化物質をなんのために取るかといえば、やっぱり肌のためじゃないですか?

紫外線などから発生する活性酸素がシミやしわの主な原因となるので、
それを取り除くために抗酸化物質を取ろうと考えませんか?

抗酸化物質を取ることは美肌、美白につながるイメージがありませんか?

「抗酸化」といえばズバリ「肌」と言えませんかね~

このイメージもっているの私だけですかね~

ケンカっ早いお姉さん どうですか!!
まあ・・それに関しては・・

これはまさに

「その他カテゴリーは、4つカテゴリーのすべてではなく関連性が高いどれかにリンクさせる」

にピッタリあてはまった例です。

 

スポンサードリンク

 

どうです。

その他カテゴリーの項目を他4つのカテゴリーのどれか(あるいはいくつか)にリンクさせるかは勝手に決めてはいますが、

このようにそこそこ納得できる理由があってきめているのです。

流石やね~ みんなもう一度胴上げする?
ラジャー!!

ちょっと待ってくださいよ~

胴上げはもう恥ずかしいのやめてください!

もう胴上げぐらいで恥ずかしがらないでよ~

えーと

ところで言い忘れていたことがありまして・・・

えーと

ちょっといいにくいのですか・・・

いや言ってごらんよ!
俺は今の説明で納得したからなんだって受け入れるよ

そうですか・・・

ならいいます。

その他カテゴリーの項目の

成長ホルモンは主に髪(薄毛)カテゴリー体型(筋肉)カテゴリー

抗酸化は主に肌(美肌、美白)カテゴリーに

リンクさせると説明しました。

したね~ 俺は納得いったよ!

これって

「主に」

ですからね。

例外もありますから!!

ズコー

いやー

初期のほうに作った栄養成分レビューはこのことが徹底されていなかったりするので・・・

あと栄養成分レビューを作っている時の、その時の気分次第で変わったりしますので・・・

なので「主に」という言葉を付け加えておきます。

とりあえずそのへんを

「汲んでください」ってか?
・・・・・

フルボッコの序章

その他カテゴリーの項目にはいろいろあるな~
まあ・・・あります・・・けど・・それがなにか・・
お前さ~ 栄養成分レビューのウリ比較する材料を提供する」ことっていっていなかったか?
いい・・まし・・た・・けど
「栄養成分を比べる」ことが栄養成分レビューのコンセプトってほざいていなかったか?
・・・・・
基準が違うと比較しようがないよな?その他カテゴリーの
成長ホルモンと抗酸化、まったく別物をどういった基準で比較すればいいんだ?
・・・・・
コラッ!何とか言いなさい!!

ふぅー

えーと

確かに栄養成分レビューのレーダーチャートの基準となるカテゴリーの中に
その他カテゴリーというものをいれ、その他に入る項目がなんでもありとなると純粋な比較というのができません。

髪、肌、体型、体力という4つのカテゴリーは「基準」がだいたい一緒ですが、
その他のカテゴリーは「基準」がテンでバラバラになります。

だからどうすればいいんだって聞いているだよ!!

そ、そうですね~

その栄養成分がどのくらい優れたスペシャルスキルをもっているかぐらいの感覚でいいと思います。

その他カテゴリーで「成長ホルモン」をもっている栄養成分と「抗酸化」をもっている栄養成分を比較する場合は、

そのスペシャルスキルをもっている量、

量というか力?

うーんなんでしょうか・・・

まあそんなにあまり深く考える必要はないじゃないかな~と思います。

 

スポンサードリンク

 

Aという栄養成分のその他カテゴリー(成長ホルモン)が6点、

Bという栄養成分のその他カテゴリー(抗酸化)が5点だったら、

そうですね・・・

スペシャルスキルをもっている力を比較してください。

Aはスペシャルスキルを発揮する力がBより強いみたいな・・

アハハ・・・

アハハ・・・

なんですかそれ?
聞こえませんでしか?それではもう一度・・
聞こえなかったのではなく
その回答はなんですか?という意味です
・・・・・
もう一度聞きます!
基準が違う栄養成分を比較したいときどうすればいいのですか?
そういうのであれば・・・

あえて比較しなければいいと思います

あーん?
そもそも栄養成分を比較する必要はないからです
あなたがそれ言います?
最初のほうに私たちが指摘したことですよ
じゃあその他カテゴリーの項目が一緒のやつだけ比較すればいいと思います
あなた もうめちゃくちゃですよ!言っていることが支離滅裂です

チッ うっせーな!!

そもそも論で、評価するカテゴリーが4つしかなければこのレーダチャートしょぼいものになりますよね?

四角形のへんなチャートになりますよね?

ちょっと見比べてください。

絶対5つのほうがいいですよね?

ペンタゴンのほうがいいですよね?

見栄えですよ!

その他というカテゴリーを無理くり作ってレーダーチャートの見栄えを良くしたんですよ!

「見栄え」も大事 
ハイ これが結論!

えーとこれにて会見は終了します。

他に質問があるかたは個別に・・・

待ちなさい!!最後の質問をします

これが我々にとって一番の疑問なのです

一番の疑問?

今までしてきた質問以上のものあります?

いいでしょう!

全力で答えます!

ここにいる全員を納得させます!

ただし、それが最後の質問と約束してください。

・・・・・

・・・・・

次回、長い間つづいた記者会見はようやく終わる

結末は・・・

フルボッコになったとだけいっておこう

1周年 その3 栄養成分レビューについて語る その8 に続く

スポンサードリンク