1周年 その4 サプリメントの現状 2018.4 前編

さてついに1周年シリーズのファイナル「サプリメントの現状 2018.4」です。

ようやくここまでたどり着きました。

当初はもっと早く書く予定(4月中旬)でしたが、いろいろ1周年シリーズの記事を付け足した結果、この記事をアップするのにここまで(6月中旬)時間がかかってしまいました。

まったく何をやっているのでしょうか私は・・・

1周年シリーズはその1~その4までありますが、ぶっちゃけるとその2(いろいろ語る)とその4(サプリメントの現状)で十分なのです。というか当初はこの2つだけを書くつもりでした。

それなのに無駄な記事(その1とその3)を付け加え、書いては分割をしを繰り返して今日まで至ってしまいました。

とにかくここまで引き延ばしてしまったので、さっさと先に進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

サプリメントの現状とは現在どのくらいサプリメントを飲んでいるか、実際の写真を掲載しながらコメントしていく記事です。
今回は2018年3月末でどのくらいサプリメントを飲んでいるかで、

ブログを開始してから1年という節目の「サプリメントの現状」でもあります。

それではスタート!!

 

と行く前に2018.4の「変化」を感じるために前回(過去3回の総集編)の復習を軽く付け加えておきます。

前回の復習

過去3回の見出しは次のようになっています

2017.4

2017年3月末

サプリメント数 60~65

意識して飲んでいる栄養成分数 110~

摂取しているサプリメントの粒 100~/1日

2017.7

2017年 6月末

サプリメント数 70~75

意識して飲んでいる栄養成分数 125~

摂取しているサプリメントの粒 105~/1日

2017.10

2017年 9月末

サプリメント数 80~85

意識して飲んでいる栄養成分数 130~

摂取しているサプリメントの粒 110~/1日

サプリメント数が着々と増えてしまっているのが注目する点です。

60~65→70~75→80~85

ちなみに増えている主な理由はこんなのがあげられます。

  • 季節工のサプリが3軍や2軍に昇格した
  • 複合サプリでとっていたものを単体サプリでとるようにした
  • 取ったことのないサプリをとるようになった
  • 同じ栄養成分で違う商品を同時に取るものが増えた

3カ月後ごとに+10増えていて、今回は2017.10の半年後の現状なので・・・

この法則からいくと今回はだいだいいくつ増えているか想像がつきそうですね。

ところで唐突にでてきた訳のわからない用語(季節工、3軍、2軍)をご存知ないかたは、1周年 その4 「サプリメントの現状」をご覧いただく前に ルール編をご覧ください。
できれば知識編もご覧いただくと今回の内容がわかりやすくなると思います。
ついでいうと前回の記事をあらかじめ読んでいただくとさらにわかりやすくなると思います。

えーと意識して飲んでいる栄養成分数と摂取しているサプリメントの粒も増えていますが、この推移はあまり気にしないでください。これ適当です。あったほうが箔が付くテンプレだと思って、ついでに付けました。

それではサプリメントの現状 2018.4のスタートです。

飲み終わったサプリメントの写真

前回の総集編では見出しを最初にだしてから、それについていろいとコメントをしてきましたが、

今回はパターンをかえて見出しは後にだそうと思います。

ちょっとタメさせていただきます。

写真の掲載とともになにげなく話を進めていきたいと思います。

ちなみに今回のエビデンス写真はメインは飲み終わったサプリメント写真です。

約1年の間に飲み終えたサプリメントの空ボトル、空袋の写真を掲載していきます。

まあ、掲載している写真は1年間の総まとめ、集大成といった感じでしょうか。

ブログを始めてから1年間でどれくらいサプリメントをとってきたかがわかる感じの写真を載せました。

注意
これからご覧いただくサプリメントの写真は空ボトル、空袋のみの写真です。開封して中身があるのは除いております。
写真だけでは中身が入っているかどうかなんてわからないですが・・・とりあえず信じてください。空っぽになったものだけの写真です。

1年たって・・・数えることを学んだ

なお今回はちゃんと数を数えました

2017.10で、飲み終わったサプリメント写真(半年間)の写真を掲載しましたが、ただ単に写真をとっただけで、「量はこんだけです」で済ませてしまう失態を犯しました。

この反省を踏まえて、今回は写真を撮る時にしっかりと数を数えました。

ブログ開始して1年ちゃんと数えるということを学びました。

私もだいぶ成長しましたね~

・・・・・

・・・・・

 

スポンサードリンク

 

えーと最初にスパっと数をいってしまうとつまらないと思いますので
今回は運動会の玉入れの結果発表みたいな形式でじらしながら1年間に飲み終えたサプリメント数を発表したいと思います。

それでは空ボトルのほうから数えていきます。

注意
ちなみにさっきから1年間といっていますが、ぴったり1年間ではありません。サプリメントの空袋と空箱をエビデンスとして取っておこうと考えたのは途中(ブログを始めた3カ月後)からなので、厳密にいうと10カ月ぐらいかもしれません。

1年間で飲み終えた空ボトルを数えます

1~

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10

11、12、13、14、15、16,17,18、19、20

すいません。文字数稼いでしまいました。

気を取り直して

45、46、47、48、49

50

まずは50個です。

これで間違いなく50個あります。

えー今更ながらなぜ上に3個だけ置いてしまったのか後悔しています。奥のほうやつです。

なんせ几帳面なので、「しっかり均等に並べればよかった」とこの記事を書いているときに後悔してしまいました。

もちろん今更撮りなおすという面倒なことはしませんけど・・・・・

それでは続けていきます。

51~

51、52、53,54、55、56,57,58,59,60

61、62、63、64、65、66、67、68、69,70

このくだり「いる?」ってお思いのかたいらっしゃると思います。

ずばり要ります!

臨場感をだすためです。

・・・・・

・・・・・

うそ、文字数を稼ぐためにいります。

・・・・・

95、96、97、98、99

100

ちょうど100個です。

いや~100となる50と比べるとさすがに多くみえます。

当たり前か・・・

やっぱり奥の方の3つが景観を台無しにしてしまっています。それがなければ本当にキレイに並べられているのに・・・

なんでわざわざ角っこだけあのような形をとってしまったんでしょか~

あの時の私へ言ってやりたい!

「3つ上に置くな」

さらにいきますよ!

101~

101、102、103、104、105、106、107、108、109,110

111、112、113、114、115、116、117、118、119

120、121、

122

122

ここでストップ!

ここで止めました。

実はボトルのほうはもうちょっとあります。違うメーカーでボトルの色がかわり写真の色彩が変になるので並べるのをやめようと考えました。

 

スポンサードリンク

あと・・・

我に返ったからです。

こんなもの並べて

おれはいったい何をしているのかと我に返ってしまいました。

40超えると情緒不安定になるのです。

初めは意気揚々と始めたこの空ボトルを並べるという作業、

冷静に考えるとなにやってんだよオレになっちゃいました。

ただ残りは+10ぐらいです。

というわけでボトルのほうは1年間でだいたい130個ぐらい消費したと考えてください。

ちなみに今飲んでいるボトル(開封済みで中身はある)はこの写真には含まれていないことを証明するための写真も撮りました。

ラック上段が飲んでいるサプリメントで中段がストックです。

ちなみにストックはまだありまして・・・

この写真の手前のホワイトケースに入っているやつもストックです。

約130

だいたい130個のサプリメント商品(ボトル)を1年間で飲みきりました。

だいたい3日に1ボトルを空に、ひと月に11ボトルを空にしてきた計算になります。

ボトルのやつは指定されている量をきっちり守って飲むと最低1カ月、最高3カ月以上~かかるのがあります。

そうかんがえると1個の価値が違うので・・・

それを一緒くたにして数えることに意味はあるのかという疑問がわいてきましたが・・・

・・・・・

・・・・・

えーと次は空袋のほうを数えます。

その前に

ウラーーー

崩しておきました。

はあ~スッキリした。

ところでさっき「違うメーカーでボトルの色がかわり写真の色彩」がうんちゃらなんちゃら言いましたが、それって真ん中あたりにある緑のボトルのことです。あとわかりにくいかもしれませんが、1番トップにある黄色のボトルです。

黄色のやつはかの有名なネイチャーメイドです。

この1年間で1個だけネイチャーメイドの商品を買いました。

すげーどうでもいい話をしました。

では引き続き袋のほうを数えていきます。こっちは当然ですが、数えやすかったです。

1年間で飲み終えた空袋を数えます

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10

11、12、13、14、15、16,17,18、19、20

ってしつこいですよね?このパターン

でもやめません。文字数を稼ぐために必要だからです。

・・・・・

45、46、47、48、49

50

はい50枚です。

ボトルと比べるとカサがない分スッキリ収まります。

ちなみに袋のサプリメントは97%DHCです。

というか国内のサプリメントはもっぱらDHCですかね。

20年ぐらい前はファンケルばっかりを買っていたのですが、今はすっかり逆転しました。

ちなみにさっき97%がDHCといいましたが、残りの3%はファンケルと有名小売りのOEM商品といった感じです。

えーとそれで続けて数えていきます。

51~

51、52、53,54、55、56,57,58,59,60

61、62、63、64、65、66、67、68、69,70

・・・・・

95、96、97、98、99

100

100枚いきました。

ついに大台の100枚です。

100枚となるとさすがに厚みが違います。

 

スポンサードリンク

ところで袋のサイズにバラツキがありますね。

これってボトル以上に1枚の価値が違うからです。

というのもDHCの商品って一袋20日分、30日分、60日分、90日分のやつがあり、それ全部あわせて数を数えています。
ということは20日分と90日分を同じ1枚としちゃっているわけです。

これこそ数かぞえる必要ある?という感じですよね。

同じ商品で20日分と90日分だったら90日分のほうが少なくとも4倍の価値があるわけで・・・

それを同じ1枚としていることに違和感を感じます。

えーとここでDHCの話が出ましたのでちょっとしたDHC情報を挟みたいと思います。

DHC情報というか、DHCのサプリについてちょっと語りたいと思います。

突然DHCのサプリメントについて語る

DHCのサプリメント商品は一袋20日分、30日分、60日分、90日分の4パターンがあります。
この4パターンが販売ルート、サプリメントの種類により異なって販売されています。

まずは販売ルートにより異なるから説明します。

DHCの商品って店舗とネットから購入できます。

店舗で購入できるのは直営店(テナント)とそれ以外
ネットではDHCの直サイトとそれ以外です。

店舗のそれ以外というのコンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップ、ホームセンターです。
ネットでのそれ以外は上記のお店のネット販売(楽天とかアマゾン経由)です。

冒頭で商品には20日分、30日分、60日分、90日分の4パターンがあり異なって販売されているといいましたが、

直営店や直店舗で売っているのが主に30日分と90日分
それ以外で売っているのが主に20日分と60日分

だと思います。

なぜかわかりませんが、こういう風に区分けされています。ホームページとかでちゃんと調べていないので、あっているかどうかわかりませんが、経験談としてたぶんこんな感じに区分けされています。

次はサプリメントの種類によって異なるです。

すべての種類が4パターンあるというわけでなさそうです。サプリメントの種類によっては30日分しか販売されていません。ビタミンC、ビタミンEなどメジャーで人気のあるサプリメントは4パターン販売されていて、マイナーなやつは30日分の1パターンのみです。

ところで30日分、60日分、90日分はわかるが

20日分って作る必要がある?って思いませんか?

 

スポンサードリンク

 

なんで作ったのでしょうかね?

もしかしたら、商品を置いている店の集客を考えているのかもしれません。サプリを継続して買う場合、すこしでも摂取日数を減らすことによりそのお店に足を運ぶ回数が増えるのを見込んで20日分というのを作ったのかもしれません。

小売店に対する「やさしさ」ってやつでしょうか。
もちろん本当の理由はまったく知りません。

ここでちょっとした豆知識なのですが、

20日分のほうが30日分より1粒あたりの値段がやすくなっているケースがあります。私が使用しているディスカウントショップではそうです。もちろん全て調べたわけではないので何とも言えませんし、だいぶ昔に気づいたことなので今はどうなっているかわかりませんが、たぶん1粒あたりは安いです。

そこそこの差があります。

なので私は20日分を2袋かって40日分というような感覚でDHCのサプリメントをディスカウントショップでよく買っています。これ注意してほしいのがディスカウトショップとかで売っている20日分が安くなっている点です。ドラッグストアとかはちょっと高くなっています。

DHC(サプリメント)を買う理由

ところでこんだけDHCについて熱く語っていると、DHCの関係者かと疑われるかもしれませんが決してそうではありません。

DHCという会社が好きかというとあんまりです。化粧水、乳液とかはDHCのより資生堂とか花王とかコーセーのほうにいきます。
※「えっ」て思われたかたいるかもしれません。一応最低限のスキンケアはしています。いつかこれについて記事にするかもしれません。

あとサプリのパッケージデザインてきには個人的にはファンケルやディアナチュラのほうが好きです。

ではDHCの商品をなぜ買うのかというと、

大手国内で一番安い(たぶん)、どこでも買える(ある程度)の3点でしょうか。

あとDHCってサプリメントバカだからです。

ここでのサプリメントバカって褒め言葉です。

私みたいな栄養成分オタクにしか需要がないようなマイナーな栄養成分をサプリメントで販売しているのでこういう表現をしました。
DHCってへたしたら採算がとれないんじゃないかという栄養成分のサプリを作っているのです。

栄養成分オタク、サプリメントマニアは一定のレベルを超えるとほぼ海外の商品に目をむけます。

これ間違いありません。

なので、日本のサプリメント会社はメジャーな栄養成分に絞っている傾向があります。
そんななか、DHCはその流れに逆行するようなことをしています。これ日本じゃ絶対売れないだろうというやつもサプリメントでだしています。

その辺が変わり者の私と馬が合っている感じです。

ということで私は国内ではもっぱらDHCを使っていますが、別にDHCの商品がおススメというわけではありません。
同じ栄養成分であるならばファンケルでも、ネイチャーメイドでも、ディアナチュラでもどれも基本すべて同じだと思っています。含有量も各社そんなに差がありませんし。

なのでサプリメントを買うときは値段で選ぶか、ネームバリューで選ぶか、パッケージで選ぶか、わずかながらの含有量の差で選ぶか、どれをとってもいいと思っています。

ただ敢えて言わせていただくとあまりなじみのない会社よりは大手のだれでも知っているような会社がだしているサプリメントを買ったほうがよろしいかと思います。

ってこれなんの話?

えーと続きを数えていきます。

とその前にここで一旦終わらせて、続きは後日にしたいと思います。

非常に中途半端なのですがこの時点ですでに6000字オーバーしちゃっているのです。
で分割にしないと10000字超えちゃうので、ここで分割したいとおもいます。

まあ題名からするとこうなることは容易に想像できたともいますが・・・・

とにかく

1周年 その4 サプリメントの現状 2018.4 後編 に続く

 

スポンサードリンク