ビタミンEについて勝手に語る

ビタミンE 評価

総合評価 S 106点 

 

ビタミンE 履歴書

  • サプリ服用歴 20年
    ※取らなかった時期あり
  • 1カ月にかけるサプリ代 約400円
  • マイサプリ軍の位置づけ 主力
  • よく購入するメーカー DHC


    ※1年半~で消費してきたビタミンEサプリ(関連含む)

 

資料(ビタミンEの栄養成分レビュー改)と履歴書をもとに面談形式でビタミンEについて語っていきます

 

ビタミンEについて面談

 

インタビュアー(以下イ):
それではビタミンEについて語ってもらいます。



いきなりで恐縮ですが、ビタミンEを何のためにとっていますか?

私:
初っ端なからその質問ですか?

いきなりすぎですよ~

そうですね・・・

ビタミンEは「細胞」のため 
もとい「細胞膜」のためにとっているといえます。

イ:
細胞膜のためにとっている?

 

 

私:
はい!

人間の体の細胞っていくつあるかご存知ですか?

60兆個です。

60兆個ですよ! まあ37兆個説もありますが・・・

体の中にはとにかく無数の細胞が存在しています。

で、この細胞が老化することで人間って老化しますよね?

細胞の老化って抽象的な表現ですが、「細胞の新陳代謝がスムーズに行われなくなる」・「細胞の機能が低下する」ということと捉えてください。

それではその細胞を守っているのは何だと思います。

イ:
細胞を守っているのは何?っていわれても・・・

私:
別に難しく考えないで
シンプルに考えてください。

 

スポンサードリンク

 

3・2・1 

ハイ!時間切れ~

細胞膜ですよ。

細胞膜!!

細胞のまわりを覆って細胞内のDNAとかその他もろもろを守っているのが細胞膜なんです。
もちろん細胞を守っているだけでなく細胞内の環境を一定に保ったり、細胞に必要な栄養素や酸素を吸収したり、老廃物の排出をしたり、情報を伝達したり様々な役割をしてます。

だから細胞膜って超重要なんです!!


じゃあこの細胞膜が破壊されたらどうなりますか?

イ:
細胞そのものがダメになりますよね・・・

私:
その通り!!

細胞膜がやられたら細胞そのものが機能しなくなります。

細胞が機能しなくなったら 


そして機能しなくなった細胞がどんどん増えてきたら

老化&病気へレッツらゴーになります。

なので細胞膜を守るってアンチエイジングにおいて 当たり前だのクラッカーなんですよ!!

 

で、ところで何の話でしたっけ?

イ:

・・・・・

・・・・・

 

ビタミンEを何のためにとっているかという話ですよ!!

私が聞きたかった答えは「髪のため」とか「肌のため」とか「病気予防のため」とかです。

なんですか!?細胞膜のためって!!

私:
あっ すいません。

そういうことでしたか・・・

でもせっかくなので「ビタミンEと細胞膜」についてもう少し語らさせてください。

イ:
そうですね・・・

せっかくここまで話されたのですから・・・

どうぞお好きにしてください。

 

スポンサードリンク

 

 

私:
細胞膜ってほぼほぼ脂質(リン脂質)でできています。

リン脂質は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸で構成されでいるのですが・・・

このうち不飽和脂肪酸が問題児なのです。

イ:
不飽和脂肪酸が問題児・・・

って、なんですか!? その「ヤンキー母校に帰る」的な言い回しは!!

私:
ははは!

おっしゃる通り 問題児っていうのもなんか変な表現ですね。

とにかく脂質のなかで不飽和脂肪酸ってとりわけ酸化されやすいですよ。

もう余裕で酸化されちゃうんです。



で、酸化されると過酸化脂質に変わってしまうんです。

あの過酸化脂質ですよ!?

過酸化脂質!!

知っていますよね?

イ:
当然です!?

美容・健康の大敵と呼ばれているものですよね。

私:
その通り!

過酸化脂質は美容・健康の大敵で、

桃太郎電鉄でいうところのキングボンビーです。

 

あれっ? キングボンビー知っていますよね?

物件を勝手に売ったり、カードを捨てちゃったりもうめちゃめちゃにしちゃうやつです。

イ:
・・・・・・

・・・・・・

一部の人しかわからない例えはやめていただけませんか。

私:
とにかく細胞膜が過酸化脂質になったら その細胞膜の機能は完全に低下します。

そうなると細胞そのものが機能しなくなります。

もうこれだけでおじゃんですよね?

イ:
おじゃんって・・・言葉のチョイス ふるっ!!

 

スポンサードリンク

 

私:
とにもかくにも過酸化脂質ってめっちゃ立ち悪いヤツなんです。

細胞の中に新たに活性酸素を生み出し、
「細胞内のDNAを傷つける」
「周りの細胞を酸化させる」
「周りのたんぱく質も酸化させる」など

もうやりたい放題なんです。

アンチエイジングにとって、
とにかく【過酸化脂質を生成させない】ことが
ものすご~く重要となります。

 

で、その役割を果たしているのがビタミンEなんです。

 

脂溶性であるビタミンEは体内の脂溶性エリアを活性酸素の攻撃から抗酸化作用があります。

脂質でできている細胞膜に溶け込んで自らが活性酸素の攻撃の犠牲になることで、

「細胞膜が酸化される」イコール「過酸化脂質の生成」を防いでいるのです。

イ:
なるほど~

ビタミンEと細胞膜ってすごい重要な関係なんですね・・・

バカの話も最後まで話を聞いてみるもんですね~

私:
・・・・・・

バ・・・バカ・・・?

 

イ:

し・失礼しました!

つい本音というか・・私情というか・・

 

と、とにかく わ、わかりました。

細胞膜の重要性・ビタミンEの抗酸化作用・ビタミンEと細胞膜の関係についてよくわかりました。

 

え~と・・・

で、ビタミンEを何のためにとっているのですか?

なんのためって「薄毛改善のため」、「病気予防のため」とかそういった感じでお答えください。

 

私:
一言でいうと

ズバリ・・・・

「若返る」ためです!!

 

イ:
・・・・・

ここまで引っ張っておきながら・・・なんですかそのクソみたいな答えは・・・

ビタミンEの別名「若返りのビタミン」をまんま受け入れちゃっているじゃないですか・・・・

・・・・・

もうこれ以上は時間の無駄ですので、最後の質問をします。

どんなかたがビタミンEを取るべきだと思いますか?

私:
時間の無駄って!?

どいひ~


え~ そうですね・・・

おっしゃる通り ビタミンEはまさに「若返りのビタミン」なんです。

この表現は誇大でもなんでもありません。

 

細胞膜を守るというとても重要な役割を果たし、美容・健康において絶大な効果をもたらすビタミンなんです。

つまるところトータルで「老化」を予防するビタミンなんです。

なので「いつまでも若々しくいたい」「老化をなるべく遅らせたい」と考えている人が取るべきだと思います。

とりあえず「若さ」を追い求めているかたはサプリメントでとってしかるべき成分だと思います。

スポンサードリンク