ビタミンD カルシウムの吸収を促進

ビタミンD 

別名 カルシフェノール

13種類のビタミンの1種
4種類の脂溶性ビタミンの1種

 

 

ビタミンDについて

  • ビタミンDはD2(エルゴカルシフェロール)とD3(コレカルシフェロール)に大別される。
  • ビタミンDの供給源は①食物から【D2・D3】と②皮膚での合成【D3】
    ①食物: D2は主にキノコ類、D3は主に魚類の肝臓や魚肉・卵黄に含まれる。
    ②皮膚: 皮膚に存在するプロビタミンD3(7-デヒドロコレステロール)が紫外線照射によりD3になる。
  • 食物および皮膚で生成したビタミンDが生理作用を発揮するには肝臓・腎臓で水酸化され活性型ビタミンDになる必要がある。
  • 活性型ビタミンDは標的細胞の核内受容体(ビタミンD受容体)に結合し、遺伝子発現を調整することでさまざまな生理作用をもたらす。

 

消化・吸収

  • 摂取されたビタミンDは小腸に吸収された後、カイロミクロンに組み込まれる。その後リンパ管を経て血中に入り最終的に肝臓・腎臓で代謝され活性型ビタミンDに変換される。
    活性型ビタミンDは血液中の輸送たんぱく質によって標的臓器(小腸、腎臓、骨)に運ばれる。これら組織の細胞の核内受容体(ビタミンD受容体)に結合しDNA上の遺伝子を介してビタミンD依存性たんぱく質の生成を促進する。それによりビタミンDのもつ生理作用が発揮される。

 

体内合成 

  • ビタミンD3は皮膚から合成できる。
    皮膚に存在するプロビタミンD3(7-デヒドロコレステロール)が紫外線を浴びるとビタミンDに変換される。

 

摂取量

目安量 5.5μg/日(18歳以上) 
耐用上限量 100μg/日

by 食事摂取基準(2015年版)

欠乏症
:くる病(乳児) :骨軟化症・骨粗鬆症(成人)

不足ぎみ
:骨折のリスクが高まる
過剰症
:高カルシウム血症 :腎臓病 :軟組織の石灰化障害

取り過ぎ
:食欲不振になる :嘔吐する :体重が減る :尿が多く出る

ビタミンDの効果・効能

ビタミンDの効果・効能 4つ厳選

  1. 骨を丈夫にする
  2. 免疫力を高める
  3. 筋肉増強の手助けをする
  4. 細胞の分化・増殖を調整する

 

そのうち2つを詳しく

①骨を丈夫にする

摂取したビタミンDは肝臓で代謝され活性型ビタミンDの前駆体に、腎臓で代謝され活性型ビタミンDとなります。
活性型ビタミンDの主要な標的臓器は小腸・腎臓・骨です。これら細胞の核に存在するビタミンD受容体と結合し、遺伝子発現を制御し【ビタミンD依存性たんぱく質の合成を促し】生理作用を発揮します。

活性型ビタミンDの主な生理作用として

  • 腸管でカルシウムとリンの吸収を促進する
  • 血液中のカルシウム及びリン酸の恒常性を維持する

などがあります。

ビタミンDは骨の形成や成長に深く関わっているため、丈夫な骨作るには欠くことのできない成分といえます。

 

③筋肉増強の手助けをする

筋肉を構成するたんぱく質(筋たんぱく質)は合成と分解を常に繰り返しています。

合成量と分解量のバランスがとれていれば筋肉量を保つことができます。
合成>分解の時に筋肉は増え、合成<分解の時に筋肉は減ります。

合成<分解になると筋肉が減るので合成>分解(または合成=分解)の状態にもっていくことが大切です。

筋肉にもビタミンD受容体があります。ビタミンDがそれに結合すると筋たんぱく質合成が促されるようになります。
またビタミンDは筋肉を増やすホルモン「テストステロン」の分泌を促進する働きもあります。

意外かもしれませんが、ビタミンDは筋肉増強にも効果を発揮します。

 

 

ビタミンDの働き分析【見た目編】

合計 29.5/50点

カテゴリ―別 点数

薄毛 6点

白髪 5.5点

美肌 6点

美白 6点

スタイル 6点

 
 

薄毛

6点

「薄毛」改善 に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. 毛母細胞の再活性
    ビタミンDには細胞の分化・増殖を調整する作用があります。活動を停止した毛母細胞を再び活性化させる働きが期待できます。

 

白髪 

5.5点

「白髪」予防 に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. カルシウムの吸収促進
    メラニンは頭皮の毛包内にあるメラノノサイトでチロシンとチロシナーゼ酵素が結びつくことで生まれます。カルシウムはメラノサイトを働きを活性化させる作用があるとされ白髪予防に有効な成分の一つとされています。その吸収を高めるビタミンDも間接的に白髪予防の効果があるといえます。

 

美肌

6点

「美肌」作り に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. 肌のターンオーバーの正常化
    表皮細胞の分化の過程を角化といいます。角化=肌のターンオーバーのことです。

    肌のターンオーバーが正常に行われないと肌のバリア機能・水分保持機能が失われてしまいます。
    ビタミンDは表皮細胞の分化・増殖を調整する作用があります。
    この作用より肌のターンオーバーを促し、乱れた周期を正常にさせる効果が期待できます。

 

美白

6点

「美白」ケア に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. 肌のターンオーバーの正常化
    メラニンは肌のターンオーバーとともに排出されます。メラニンが過剰に作られてそれが肌のターンオーバーとともに排出されないと肌の細胞に色素沈着しシミとなって肌の表面に現れます。

    シミを防ぐには肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。表皮の角化細胞の分化を正常にさせる働きをもつビタミンDは肌のターンオーバーの正常化に関与しています。

 

スタイル

6

「スタイル」維持 に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. 筋肉増強
    筋肉にあるビタミンD受容体とビタミンDが結合すると筋たんぱく質の合成が促進されます。
    ビタミンDには筋肉増強に関わるテストステロンの分泌を促進する働きもあります。

 

ビタミンDの働き分析【中身編】

合計 30/50点

カテゴリ―別 点数

エネルギー 4点

病気 8点

体質 6点

精力 5.5点

脳力 6点

 

エネルギー

4点

「エネルギー」生成 に関わるビタミンEの働きは主に次です。

  1. リンの吸収を高める
    リンは高エネルギーリン酸化合物(ATP)としてエネルギーの貯蔵や運搬に重要な役割をはたしています。ビタミンDはリンの吸収を促進する成分です。間接的に「エネルギー」に関係しているといえそうです。
  2. 糖代謝
    研究により糖代謝にビタミンDがなんらかの関連があることが示されています。

 

病気

8点

「病気」予防 に関わるビタミンEの働きは主に2つあります。

  1. 骨粗鬆症予防
    ビタミンDは骨粗鬆症予防に適した成分です。以下の働きによりカルシウム吸収・利用率を高めカルシウムの骨への沈着を促すからです。

    ①腸管でのカルシウムの吸収を促進する

    ②遠位尿細管のカルシウムの再吸収する(血中のカルシウム濃度が低下した時)

    ③骨・血液中のカルシウム濃度調節する
    ※ビタミンDと副甲状腺ホルモンとカルシトニンで

    ④オステオカルシン(カルシウムの骨への沈着に関与しているホルモン)の発現を高める

    また骨芽細胞および破骨細胞を活性化させる働きもあります。
    これにより骨リモデリングを促進します。

    骨芽細胞
    骨形成を担当する細胞、古くなって壊された骨に代わって新しい骨を作る細胞のことをいいます。
    破骨細胞
    骨吸収を担当する細胞、古くなった骨を壊す働きをする細胞のことをいいます。
    骨リモデリング
    骨は形成と吸収を繰り返すことにより常に新しく生まれかわっています。
    このサイクルを骨の再構築(リモデリング)といいます。
  2. ガン予防
    ビタミンDには細胞の分化・増殖を調整する作用があります。これによりガン細胞の増殖を抑制することやガン細胞のアポトーシスを誘導することが期待できます。
    研究により血中のビタミンD濃度が高いと大腸がんや肺がんの発症リスクが低下することが確認されています。

 

体質

6点

「体質」改善 に関わるビタミンCの働きは主に次です。

  1. 免疫力
    抗菌ペプチドはあらゆる生物がもつ生体防御物質です。侵入してきた細菌やウイルスに対して素早く対応し宿主を感染から守ります。
    ビタミンDには抗菌ペプチドを誘導する作用があるとされています。これにより細菌やウィルスからの感染に対しての抵抗力を増加させます。また免疫バランスの調整もします。ビタミンDは風邪やインフルエンザの予防に有効とされています。

 

精力

5.5点

「精力」増強 に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. テストステロンの分泌促進
    男性ホルモンテストステロンは精力・性欲を司る物質です。ビタミンDにはテストステロンの分泌を促進する働きがあります。
    最近の研究ではビタミンD不足がED(勃起不全)の危険因子になっていることが発表されています。

 

健脳

6点

「脳」の健康 に関わるビタミンDの働きは主に次です。

  1. 脳の保護
    ビタミンDには脳を保護する働きがあるとされています。なのでビタミンDの欠乏が認知機能の低下に関連しているといわれています。
    またビタミンDは脳内の神経伝達物質合成に関与しています。そのためビタミンDの不足はうつ病の発症にも関係しているのではないかといわれています。

ビタミンEサプリメント考察

合計 14.5/15点

カテゴリ―別 点数

継続(価格は安いか) 3点

手軽(購入ルートは多いか)3点

選択(品揃えは豊富か)3点

貴重(食品から取りづらいor不足しやすいか)2.5点

補助(他の成分と相性がいいか)3点

 
  • 価格
    1カ月分は300円~で購入可能。
  • 手軽
    店舗・ネットで購入可能。
  • 選択
    某ECサイトで「ビタミンD サプリメント」検索すると3万件以上ヒット。
  • 貴重
    紫外線を浴びることで体内で合成される。食品からは魚介類・キノコ類から取れる。ただし不足しやすいビタミンの一つとして有名。
  • 補助
    カルシウムの吸収率をあげるのに重要な役割を果たす。

 

 

愛用&おすすめ品

 
愛用理由
現在ナウフーズの5000IUの120粒を選択しています。40IU=1μgなので1粒で125μgゲットできます。とにかくこれコスパがいいのですごくお勧めです。

食品摂取基準の1日の耐用上限量の100μgを余裕で超えてしまっているので、耐用上限量が気になるかたは1000IUまたは2000IUのほうを選択するとよいと思います。自分も昔は2000IUを選択していました。

 

 

ビタミンDとの組み合わせを考える

ビタミンDと相性の良い成分 7つ厳選

  1. カルシウム
  2. ビタミンK
  3. ビタミンA
  4. ビタミンE
  5. DHA
  6. EPA
  7. 亜鉛

 

そのうち3つをPICK UP

①カルシウム

カルシウムは吸収率の低い栄養成分の1つです。そのうえ加齢とともに吸収率が衰えるとされています。ビタミンDは腸管でのカルシウムの吸収率を高めます。カルシウムとビタミンDの組み合わせは鉄板です。

 

 

②ビタミンK

ともに体内でのカルシムの吸収や利用率をあげるビタミンです。一緒に摂取すると骨のさらなる強化になります。カルシウムも併せて取ることで万全の骨粗鬆症対策になります。

 

 

③ビタミンA

同じ脂溶性ビタミン、ともに魚肝油からとれる成分ということで相性が良いと思われます。海外ではビタミンA&Dとして販売されています。

 

 

ビタミンDについてまとめる

ビタミンD 評価

総合評価 A 74点 

分析【見た目編】29.5

分析【中身編】30

サプリ考察 14.5

 

ビタミンD 履歴書

  • サプリ服用歴 1.5 
  • 1カ月にかけるサプリ代 約400円
  • マイサプリ軍の位置づけ 主力
  • 愛用しているメーカー NOW


    ※1年半~で消費してきたビタミンDサプリ

 

ビタミンDについて勝手に語る

インタビュアー(以下イ):
それでは履歴書を拝見します。

これまた服用歴が短いですね~ 

私:
そうなんですよ~

ビタミンDのサプリをちゃんととりはじめたのが
ちょうど2017年の5月中旬くらいからですから・・・ 

まあ服用歴は1年半って・・ところでしょうか。

イ:
「5月中旬」ってけっこうピンポイントですね?

取り始めるにあたり なにかきっかけでもあったのですか?

私:
はい!

2017年5月中旬ってはっきり覚えているのは、その頃にTVでビタミンDの特集をしてたからです。

「たけしの家庭の医学」という番組内でビタミンDがとりあげられていたのですが、それをみてからサプリでとるようになりました。

 

スポンサードリンク

 

イ:
なるほど、TV番組に影響されて取るようになったということですか~

最近多いですよね~ 美容・健康関連の番組って。

私もよく見ますよ!!

で、放送内容のどういった点にひかれてビタミンDのサプリメントを・・・

とその前に そもそもなんでビタミンDをとってこなかったのですか?

 

私:
ビタミンDって皮膚から合成できるのをご存知ですか?

Dは紫外線を浴びると体内で作ることができるビタミンで有名ですよね!?

 

紫外線を浴びるだけで体内で作れますし、食事から意識せずともある程度の量は取れていると思いますので・・

まあビタミンDは体内で「不足」することはないだろうと思っていました。

 

そもそも論で TVをみるまで、ビタミンDの効果・効能に魅力を感じることはありませんでした。

ビタミンDって単にカルシウムの吸収率を上げるためだけに存在しているだけだろ~という考えしかありませんでした。
だいたいカルシウムのサプリにはビタミンDが一緒に配合されているので (ビタミンDをサプリとして取り入れるとしたら)
カルシウムの付属品としてついている分だけで十分だと思っていました。

スポンサードリンク

 

 

イ:
で、その考えがTVをみて180℃変わったというのですね?

いったいどういった内容だったのですか?

 

 

私:
たしかビタミンDが筋力低下・認知機能低下を防ぐというのをメインテーマとし話を進めていたと思います。

ビタミンDを多くとっている人を調査したところ、高齢でも足腰が強いとか記憶力が良いことが判明!みたいな内容だったと思います。

うる覚えですが・・・

イ:
ということは筋力アップや記憶力アップのためにビタミンDのサプリを取ろうと思ったのですね。

私:
あっ すいません。
まだ話の続きがあります。

ビタミンDには

「傷ついた細胞を修復する」働きや「細胞を保護する」働きがあり

修復されにくいとされる脳の神経細胞や筋肉の細胞も
ビタミンDなら修復可能かも

みたいなことをさらっと言っていました。

これにピーンときたんです!

某CMの「PINT!ピンときちゃった!」ってやつです。

これは「やべーぞー」と思い、数日後にDHCのサプリを購入しました。

そこから現在に至るまでビタミンDサプリをずっと取り続けています。

ちなみに最初はDHCの商品を買っていましたが、今は海外のNOWに格上げしているほど夢中になっている成分です。

イ:
格上げ?

私:
あっ ここでの格上げって単に1粒に含まているビタミンD含有量が多いことと捉えてください。
会社の格が上とか下のことではありません。

 

イ:
えー 話を戻して・・・

つまりビタミンDのサプリメントは「細胞」のために取り始めたということですね!?

私:
そうです。

ビタミンDって体内で活性型ビタミンDに変わり

その活性型ビタミンDが細胞の核内にあるビタミンD受容体と結合すると様々な生理作用をもたらします。

そのなかに細胞の分化・増殖を調整する作用があるんです。

この細胞の分化・増殖を調整する作用は

病気予防から 美容効果にいたるまでオールマイティーに活躍するものです。

 

とにかくビタミンDって今ある細胞を健康的にしてくれて アンチエイジングの基礎値をもうワンランクあげてくれる栄養成分のような気がしてならないのです。

イ:
なんですか!?そのアンチエイジングの基礎値って・・

まあいわんとしていることはわからないでもありませんが・・・

 

私:
あっ そうそう 自分はビタミンDのサプリを細胞メインでとっていますが、

一般的にビタミンDの生理作用の人気NO.1といえば「カルシウム吸収促進」および「カルシウム代謝の調節」です。
つまるところ骨の強化がメインです。

その辺をお忘れなく。

 

スポンサードリンク

 

あとですね~

ビタミンDってビタミンの中でも秘めたる力が一番すごいと思っているんですよ。

イ:
秘めたる力?

私:
そうです。

表にでていないビタミンDの効果・効能って まだまだいっぱいあるんじゃないかって思っています。

というか実際 世界がビタミンDに注目を置いているんです。

イ:
世界がビタミンDに注目?

私:
ビタミンDに関する研究論文が最近めっちゃ増えていて

ビタミンDが不足していると「EDになる確率があがる」とか「うつ病の発生リスクが高まる」とか そういう「ビタミンDが不足すると○○になるパターン」が次々に発表されているのです。

ビタミンDの研究がすすむにつれ これどんどん増えていくんじゃないかと思っています。

とりあえず血中のビタミンD濃度を高めておけば健康・美容にはプラスに働くと考えていいと思います

 

 

イ:
なんか話を聞いているとすごいですね~ ビタミンDって

ビタミン界のダークホース的存在といえそうですね!!



これからもビタミンDは取り続けますか?

私:
もちろんです。

TVでも触れられていたのですが

ビタミンDは日本人に不足ぎみのビタミンとされているようなんです。

紫外線からつくれるといっても・・・ 
まあ好き好んで紫外線を浴びようとしないじゃないですか?

自分も常日頃から紫外線を浴びない生活をしているため サプリから取らなければ体内のビタミンDは絶対的に不足していると思っています。

とにかくこれからもサプリで指定されている量は必ずとっていきます。

あともう少しは紫外線を浴びてみようとも思っています。

 

いや待てよ・・ やっぱシミつくりたくないからな・・・

でもビタミンDを増やすことを考えれば・・・

しかし この年で紫外線をあえて浴びるってのもな・・・

でもビタミンD・・・

 

イ:
どーでもいいわ!!

あんたには もっと悩むべきことがあるでしょ!!

スポンサードリンク