ビタミンB6について勝手に語る

ビタミンB6 評価

総合評価 S 106.5 

 

ビタミンB6 履歴書

  • サプリ服用歴 
    10年
    (B6単体サプリとして)20年(ビタミンB群サプリとして)
    ※取らなかった時期あり
  • 1カ月にかけるサプリ代 約200円
  • マイサプリ軍の位置づけ 主力
  • よく購入するメーカー NOW(B6) DHC (ビタミンB群)


    ※1年半~で消費してきたビタミンB6サプリ(関連含む)

 

資料(ビタミンB6の栄養成分レビュー改)と履歴書をもとに会話形式でビタミンB6について語っていきます

 

ビタミンB6についての会話

 

ナレーション(以下ナ)
ここは日本の外れにある某キャバクラ店。

カンパーイ!!

 

スポンサードリンク

 

 

イエロお気に入りのキャバクラ店のようです。

おやおや 来店するやいなやさっそく肝臓に良いサプリメントを口にしています。

しかもドン引きするほどの量です。

ゴクゴク!!

 

キャバクラ譲(以下キ):
お客さん うちにきてまずはじめに必ずサプリメント飲むよね?

なんで?

しかも取る量多すぎない?

 

私:
まあ~ 

やっぱりアルコールは肝臓に負担掛けるから・・・

お酒の前に肝臓にいいサプリをあらかじめ飲むのはマナーというか・・・鉄板かな!!

 

なぜいっぱいサプリを取っているのかって?

なぜならそこにサプリがあるからさ。

もうサプリなしでは生きられない体になっちまったのさ・・・

キ:
(* ̄- ̄)ふ~ん

で、今日は何の栄養成分の話?

ここに来るたびに聞かされるけど・・・

ほんとにわけからないし・・つまらないし・・・

いくら仕事や趣味の話とかができないからって 

栄養成分の話を聞かされる こっちの身にもなって・・・

 

私:
えっ!!

なにそれ!?

なんか心の声が漏れてますけど・・・

そんな風に思っていたの?

いつも「タメになる~」って言っていたのに・・・・

キ:

( ゚д゚)ハッ!ツ

(今日は疲れているせいか、つい本音がでちゃった!!)

・・・・・

ハイ! カンパーイ!!

早く いつもの栄養成分の話 聞かせて!! 聞かせて!!

今日は何だろな~

楽しみ 楽しみ

私:
・・・・・

・・・・・

 

キ:
早く 早く



聞かせて! 聞かせて!

私:
そう?

聞きたい?

じゃあいくよ! 

今日はビタミンB6の話をするよ!

まずはビタミンB6にカンパーイ!!

 

スポンサードリンク

 

 

ビタミンB6は水溶性ビタミンの1種で別名ピリドキシンっていうんだ。

ビタミンB6の補酵素型はPLP・PMPで、

例えばPLPは脱アミノ反応の酵素の補酵素として働くんだ。

 

脱アミノ反応って知っている?

アミノ酸からエネルギーを作り出したり、アミノ酸から別のアミノ酸を作りだす反応なんだけど・・・

キ:
・・・・・・

(クッソ つまんね・・・・)

 

私:
そうそう

あとビタミンB6といえばホモシステインだね。

ホモシステインの代謝に必要なんだよ。

ホモシステインって知っている?

メチオニンの代謝過程で生まれる中間代謝物なんだけど・・・

体内に溜まるとよくないやつで、動脈硬化の原因の一つとされているんだ。

ホモシステインって葉酸・ビタミン12の働きによりメチオニンに、ビタミンB6の働きによりシステインに代謝されるんだ。

ホモシステインをシステインに変換する際に働くシスタチオニンβ合成酵素の補酵素として機能しているのがビタミンB6で・・

キ:
・・・・・・

・・・・・・

あの~ いつも思うんだけど・・・

この持参してきた資料の内容を話しているだけじゃない?

私 帰ったらこれ必ず読んでいるから(実際はゴミ箱ポイですけど)・・・
わざわざここで話するの止めようよ~

せっかくなんで もっと違う話してよ~

 

私:
・・・・・

違う話ね・・・・

そうそうビタミンB6にまつわる恐ろしい体験をしたからその話をしてあげるよ!!

キ:
恐ろしい体験!?

 

ちょっと興味ある~

聞く 聞く!!

 

スポンサードリンク

 


よし!

じゃあいくよ  その前に一服!!

フー 

 

ねえ 水溶性ビタミンって知ってる?

キ:
水溶性ビタミンって ビタミンCとかビタミンB群のことだよね!?

水に溶けやすいビタミンで、確か尿とかと一緒に排出されやすく体内に貯めることができないビタミンのことだったわ。

あっ そういえばビタミンB6もそれに当てはまるよね!?

私:
そうそうよく知っているじゃん。

でね、水溶性ビタミンって過剰になっても基本尿と一緒にでていくから、バンバンとっていいものたちなの。

・・・・

いやバンバンとっていいもの というのは言い過ぎたわ。

過剰の心配はあまりいらないので適度の過剰はOKのもの  って表現に訂正すっわ!

ようは 過度の過剰にならなければ無問題でーす ってやつよ。

キ:
なにそれ!? 

適度の過剰とか過度の過剰とか・・・

それってめちゃくちゃな日本語じゃん!!

私:

なんとなくのニュアンスを汲んでくれ。

でね、

そうはいえども

水溶性ビタミンのなかにも過剰摂取に注意する成分がいくつかあるんだ!

その1つが「ビタミンB6」!

1つというか もしからしたら水溶性のビタミンの中で一番過剰になってはいけないやつと言っていいかもしれない。

キ:
ふーん

ビタミンB6って過剰摂取に注意するやつなんだ・・・

 

それでビタミンB6の過剰症ってどんな症状なの?

 

スポンサードリンク

 

 

私:
まあ一言でいえば神経に異常をきたすってやつ。

ビタミンB6の過剰症はズバリ 神経障害を起こす これ覚えておいて!!

キ:
こわ~い!!

ところでいったいどれくらい取れば過剰症になるの?

私:
食事摂取基準によるとビタミンB6は 推奨量が1.4㎎/日、耐用上限量は55㎎/日となっているんだ。

で過剰症の心配があるのが「1日200~400㎎の摂取」。

いろんなサイトをみるとこの辺の数値で 手足のしびれが起こるかも とされているんだ。

キ:
推奨量の約200倍か・・・・

そして耐用上限量の4倍ぐらいからが危険水域なんだ・・・

私:
でね、

おれが愛用しているサプリこれなんだけど・・・

 

【最大800円OFFクーポン】ビタミンB6 100mg 250粒 NOW Foods(ナウフーズ)

感想(10件)

 

ちょっと見てみて!!

キ:
どれどれ

フムフム フムフム

・・・・・

・・・・・

 

これ250粒も入っているんだ・・・

しかも1日1粒でOK・・・

それでいて値段は1400円台・・・

すごいリーズナブルね~

 

で、1粒辺りに含まれている量は

100㎎ !!

すでに耐用上限量超えちゃっているじゃん。

私:
そうなんだよ。

このサプリの目安量が日本(食事摂取基準)で設定されている耐用上限量を優に超えちゃっているんだよね~

 

やっぱり向こうの基準と日本の基準って全然違うだよな・・・・まあこれ海外製サプリによくあるケースなんだけど・・・

これが仮に2粒~3粒が目安摂取量だったら、減らしたりして飲む量を調整できるけど、1粒目安だからどうしようもならないんだよね~
カプセルから半分だけ取るっていう手もなくもないけど・・・

キ:
まあ それでも100㎎だったら・・・

過剰症の心配はないんじゃない。

他に食事からとれていたとしてもビタミンB6 200㎎~超えるってそうそうないでしょ。

 

別に問題ないんじゃない?

 

私:
・・・・・・

まあ 1日1粒を守っていたらね・・・・

フー

 

 

キ:
もしかして・・・

お客さん・・・

私:
そう、

そのもしかして。

俺 このサプリ飲み始めた時から1日2粒いっちゃってたんだ。

ちょっと前に一時期 1日4粒を数カ月間続けて飲んだこともある。

 

ということでけっこうな期間 ビタミンB6単体サプリだけで200~400㎎/日は摂取してきたわけ。

 

もちろん取らなかった時期もあったり違うメーカーのを取った時期もあるけど・・・

 

そうそう付け加えるとビタミンB6って他のサプリにも含まれていることも多い。でオレは他のサプリもたくさん飲んでいる。

キ:
お客さん~

なんでわかっていてそんなにたくさん飲むのよ!

私:
いや 知らなかったんだよ。

つい最近まで200㎎~が過剰症のラインだってことを。

 

水溶性ビタミンに括られている(=過剰心配なし)という安心感からか、ちょっと多めに取ってきたんだ。
まあちょっとどころじゃないけど・・・

 

ビタミンB6についての金言があって、

それが

「たんぱく質を多く取る人はビタミンB6も多く取れ」

 

たんぱく質ラブのオレはこの言葉を真に受けて、真に受けるというか無駄に大きく捉えてしまってビタミンB6も多くとるようになったわけ。

 

キ:
知らないうちに自ら過剰症のリスクを高めてしまっていたのね!?

今はどうなの?

私:

安心してくれ!

もちろん今は過剰症にならないようにきっちり1粒に抑えている。

キ:
ところでこれってビタミンB6にまつわる恐ろしい体験の話よね?

実際に手足のしびれがひどくなって歩行に支障をきたすことがあったりしたの?

もしかして犬の散歩の途中にぶっ倒れて救急車で病院に運ばれたとか?

それとも・・・

私:
・・・・・・

・・・・・・

キ:
ここまで話しといて もったいぶらないでよ!!

恐ろしい体験っていったい何したのよ!!

 

私:
この話に・・・

オチはないんだ・・・

特になにも起こらなかった・・・

別になんともなんなかった・・・・

 

 

ただ 「過剰症になりそうな量を知らず知らずのうちに取り続けた」っていうのが

オレにとっての恐ろしい体験だった ってことなんだけど・・・

ごめん 期待していたような話の展開にならなくて・・・

 

キ:
えっ!?

・・・・・・

・・・・・・

 

 

ナ:
なんとビタミンB6にまつわる恐ろしい体験の話はこれにて終了してしまったのです。

ウキー

お猿さんも大激怒する内容で終わってしまいました。

 

その後 あきれたキャバ嬢は自ら話題をふることなく、イエロの話にも上の空スタンスで聞いていました。

そんなこんなで特に盛りあがることもなくキャバクラタイムは終了しました。

 

 

キ:
ハイ! 終了でーす!!

今日は いろいろあわせて10万円になりま~す。

私:
・・・・・

・・・・・

(いろいろって・・・ もしかしてさっきの話の内容が・・・)

スポンサードリンク