ビタミンB12について勝手に語る

ビタミンB12 評価

総合評価 S 102 

 

 

葉酸 履歴書

  • サプリ服用歴 
    4年
    (ビタミンB12サプリとして)20年(ビタミンB群サプリとして)

  • 1カ月にかけるサプリ代 約150円
  • マイサプリ軍の位置づけ 主力
  • よく購入するメーカー
    DHC



    ※1年半~で消費してきたビタミンB12サプリ(関連含む)

 

資料(ビタミンB12の栄養成分レビュー改)と履歴書をもとに面談形式でビタミンB12について語っていきます

 

ビタミンB12についての面談

 

ナレーション(以下ナ):
なんと前回の話の展開上

葉酸の面談途中にビタミンB12の面談も交えることになりました。

これが俗にいう3者面談というものです。

・・・・・

・・・・・

とにかく前回の「葉酸について勝手に語る」の続きからです。

 

私:
葉酸を少し低評価した理由は・・・

葉酸って葉酸であるために 葉酸だけじゃダメなんです!!

 

インタビュアー(以下イ):
なんだと?


葉酸が葉酸であるために 葉酸だけじゃダメ

だと?

なんだよ! そのオザキの歌にあるようなフレーズは!!

 

私:
葉酸って葉酸であるために 葉酸だけじゃダメ

これについてじっくり説明したいと思います。

まずこちらの写真をご覧ください。

 

 

イ:
おい! なんだそれ!

葉酸にまったく関係ない「組体操」の写真じゃんか! 

っていうか組体操じゃないのもあるが・・・

 

それがなんだ!?

私:
この写真で 活躍しているのは誰ですが?

 

スポンサードリンク

 

 

イ:
うん?

活躍しているは誰?

 

私:
写真を1枚1枚よくご覧ください。

そのうち活躍しているのは誰ですか?

 

イ:
活躍しているのが誰っていうか・・・ 

その組体操の中心的存在はどいつかってことだろ?

 

そうだな~

まあ どの写真も一番上のやつだろ!

不安定な状態でバランスを保つってのが一番難しいことだからな~

 

私:
ほんとにそうですか?

よーくご覧ください。

とくに最後の2枚をご覧ください。

一番上にいる人と同様にその下にいる人たちのほうもすごい仕事をしているように思えません?

 

イ:
まあ~確かに

言われてみれば・・・

支える方も大変そうだな・・・

 

支えるには相当な力がいるからな~

 

まあ下のやつがいてこそ上のやつが技を繰り出せるから

まあどっちも活躍しているってことでいいだろう。

で、この写真が葉酸と何に関係しているんだ?

 

私:
この組体操の写真が体内で働く葉酸を表しているのです。

 

イ:
おい! おい!

笑わせるじゃねーよ!

なんでその組体操の写真が体内で働く葉酸を表しているだ!

 

私:
葉酸って

葉酸として働くために他の栄養成分の力を借りる必要があるのです。

 

イ:
他の栄養成分の力を借りる?

 

私:
そうです。他の栄養成分の助けが必要なのです。

それも1つや2つではありません。

数多くの栄養成分が必要となります。

葉酸が葉酸として働く つまり 補酵素型の葉酸になるには

こんなイメージになります。

 

今度は動画をご覧ください!

 

葉酸さん いくよ わっしょい! わっしょい!

わーい 葉酸さんが補酵素型に変わったぞ~

 

このように葉酸はたくさんの栄養成分に わっしょいわっしょい されて

もとい支えられて、ようやく補酵素型になるのです。

 

イ:
な・な・

なんだとーーーー

 

スポンサードリンク

 

 

 

私:
ハイハイ! そんなに驚かない!

 

それではこちらの黒板に注目してください。

 

いままでは写真を使って葉酸をイメージしてもらいましたが

こっからは、ちょっと専門用語使って説明します。

葉酸にはモノグルタミン酸型葉酸(食品の葉酸)とポリグルタミン酸型葉酸(サプリの葉酸)の2種類があります。

モノグルタミン酸型はポリグルタミン酸型に変換されてから、
ポリグルタミン酸型はそのままの形で小腸に吸収されます。

その後、細胞内で

→ジヒドロ葉酸
テトラヒドロ葉酸→5,10-メチレン₋テトラヒドロ葉酸→5-メチルテトラヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸


 

といった形に代謝されていきます。

ちなみに赤のテトラヒドラ葉酸が葉酸の補酵素型です。

で黒板に書いたやつは一方通行になっていますが、これ サイクルになってクルクル回っているものとイメージしてくだい。

ようは最初と最後のテトラヒドロ葉酸をつながってクルクル回転しているといったイメージです。実際はつながっていないのですが、わかりやすくイメージしてもらうためにテトラヒドロ葉酸を出発点と終着点としてクルクル回転しているものと考えてください。

※このわかりにくい説明をわかりやすくしたのはこのサイトにあるフローチャートです。よろしければご覧ください。

引用元 エレビット バイエルン薬品(株)HP

 

「葉酸として働くために他の栄養成分の力を借りる必要がある」とは

こういったことです。

 

  • テトラヒドロ葉酸→5,10-メチレン₋テトラヒドロ葉酸の代謝⇒ビタミンCビタミンB6が必要
  • 5,10-メチレン₋テトラヒドロ葉酸→5-メチルテトラヒドロ葉酸の代謝⇒ビタミンB2が必要
  • 5-メチルテトラヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸の代謝⇒ビタミンB12が必要



 

このようにビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンB12の力を借りることで葉酸サイクルはくるくるスムーズに回転して

「葉酸」として働くことができます。

 

イ:
そんなに必要なの?

 

私:
そうです。 

葉酸が葉酸として働くためには

葉酸以外に少なくともこれだけの栄養成分が必要となるのです。

で、このうち葉酸にとってもっとも大事な栄養成分があります。

 

それは

ビタミンB12!!

 

スポンサードリンク

 

 

イ:
ビタミンB12 !?

 

私:
5-メチルテトラヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸の反応を触媒する酵素をMTR(またの名をメチオニンシンターゼ)といいますが、

その補酵素として働くのがビタミンB12なのです。

 

では なぜもっとも重要かというと

この葉酸サイクルの中の核となる部分

→ジヒドロ葉酸
テトラヒドロ葉酸→5,10-メチレン₋テトラヒドロ葉酸→5-メチルテトラヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸


 

黄色ラインの代謝にMTR&ビタミンB12が必要だからなのです。

 

この代謝過程って葉酸サイクルの中でもっとも大事です。

えー「もっとも」と断言していいかわかりませんが・・・

とにかくこの5-メチルテトラヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸の代謝が上手くいかなれば、テトラヒドラ葉酸の再生成がおこなわれず

体内のテトラヒドロ葉酸が減少しちゃうんです。

 

イ:
な・な・

なにーーーー

 

 

私:
それだけではありません。

ちょっと複雑で上手く説明できないかもしれないのですが

5-メチルテトラヒドロ葉酸からテトラヒドロ葉酸が再合成される反応が行われている一方でホモシステインにメチル基を与えてメチオニンを生成するという反応起こっているんです。

もうちょい詳しく言うと

こんな感じです。

 

  • 5-メチルテトラヒドロ葉酸のメチル基がビタミンB12に移されメチルコバラミンが生成される
    5−メチルテトラヒドロ葉酸はリサイクルされテトラヒドロ葉酸になる
  • そのメチルコバラミンのメチル基をホモシステインに移しメチオニンを生成する

 

でこの後者の「メチルコバラミンのメチル基をホモシステインに移しメチオニンを生成する」って

俗にいうホモシステインの代謝です。

ビタミンB12が不足するとこの代謝も上手くいかなくなります。

 

このホモシステインの代謝が上手くいかなると どうなるかというと・・・

動脈硬化のリスクを高めることになります。

 

イ:
うひゃー

動脈硬化ももれなくついてきちゃうの!?

 

私:
まとめると

葉酸はビタミンB12の力を借りてテトラヒドロ葉酸に変換され(テトラヒドロ葉酸に再合成され)
その変換とあわせてホモシステインを減らすという技も繰り出しているんです。

葉酸はテトラヒドロ葉酸になることで「葉酸」としての働き つまり核酸を合成する働きができるのでしたね

 

つまりビタミンB12がいなければ

葉酸のウリである「核酸の合成(=赤血球の合成・新陳代謝促進)」の働きが機能しなくなるのです。

ぷらすして「ホモシステインの代謝」がスムーズに行われず動脈硬化の発症リスクが高まってしまうのです。

 

 

あなたは前回 細胞分裂に関わる葉酸が髪や肌のカテゴリーにおいて評価が低いと指摘しました。

「核酸の合成(=新陳代謝促進)」の働きが葉酸単体によりもたらされるものだったら髪や肌のカテゴリーにおいて、間違いなくもっと高く評価しました。

ただこの働きはビタミンB12に助けてもらっている、単に助けてももらっているのではなく、

だいぶ助けてもらっていると判断したため 評価を少し低めにしたわけです。

 

スポンサードリンク

 

さて 今回のフィナーレです。

「ビタミンB12と葉酸は体内で協力して働いている」これをイメージしてもらうため

次の動画をご覧ください。

動画に流れている歌は明治安田生命のCMソング(by 愛になる 作詞・作曲小田和正)です。

きっと 笑顔のステキな その人は

あなたと一緒に 生きる人


愛はやさしく 愛は悲しく


想いを受け止めて どこまでも ずっと連れていく

 

イ:
うっ うっ

。゚(゚´Д`゚)゚。

このCMみるといつも泣けてくる~

 

私:
いや~

その様子だと

葉酸とビタミンB12の関係性を・・・

ビタミンB12がいなければ葉酸が輝かないことを・・・

ゆえに葉酸が「その働き」の割に若干点数が低めであることをご納得していただけたようですね・・・

 

イ:
。・゚・(ノД`)・゚・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

から~の

 

バーカー!!

 

私:
えっ!!

 

イ:
もうボクちん チンプンカンプンだよ。

お前の言っていることが!!

 

そのうえ今回はヘンテコな写真を連発して・・

「上手く例えてみました」みたいな気分になっているけどよ~

 

それもお前の独りよがりってやつだよ!

 

私:
な・な・

なんだと?

 

イ:
あなたはほんとに

「5-メチルテトラヒドロ葉酸のメチル基がビタミンB12に移されメチルコバラミンが生成される」

とか

「ホモシステインにメチル基を与えてメチオニンを生成する」

とか

その他もろもろ

理解できているのですか?

 

私:
・・・・・


・・・・・

 

イ:
お前 背伸びしてねかー?

自分自分が理解できていねーのに難しい専門用語連発して・・・

 

お前はな~

童貞のくせに 「今」は彼女いません って

「今」をひたすら強調するような ヤツなんだよ!!

 

 

私:
・・・・・

・・・・・

 

イ:
背伸びして難しい専門用語使って説明しないで、

「葉酸とビタミンB12は協力して働きます。だからセットで取りましょう!」

 

お前のもっている薄っぺらい知識だったら これだけでいいじゃんか!

 

ネットからパクリにパクった知識を

それをハショリにハショって披露しちゃってさ~

 

おまえアレだろ?

ネットに上がっている素人の女の写真とか勝手にダウンロードしたり

ゲーセンで貼られている女子高生のプリクラを引っこ抜いてきて

「これオレの彼女」っていうタイプだろ?

アハハ アハハ

遠い昔 俺が大学生だったころ そういうやついたぜ!

かわいい彼女の写真を見せびらかすくせに なぜか2ショット写真が一枚もないやつ。

 

私:
な・なんだと・・

こっちが一所懸命説明しているのに・・

 

 

 

イ:
スッ

さあーて

今までさんざん俺をコケにしてくれたお返しをしなきゃな。

 

私:
って

いきなり何とりだしているのーーーー

 

 

イ:

ここ何回かおれが惨めな思いをしたところで面談が終わっていたから

今回はそのお返しをするんだ!!

 

私:
もう なに~

(この クソみたいな展開は !?)

 

イ:
カチャ!

 

 

私:
プギャーーーーー

 

葉酸&ビタミンB12 !!

 

イ:
おらーー

もう一発くらえ!!

 

 

私:
プギャー―――

ビタミンB12&葉酸 !!

 

 

ナ:
着地点をどこにもっていけばわかなくなった作者(登場人物じゃないほうの私)は

こうして めちゃくちゃな展開にもっていき無理くり話しを終わらせてしまいました。

・・・・・

・・・・・

 

スポンサードリンク