ジンクバランス


ジンク(亜鉛) バランス 100粒サプリメント/サプリ/亜鉛/ダイエット・健康/サプリメント/健康サプリ/ミネラル類/亜鉛配合/

  • Supports Immune 
  • and Antioxidant Protection

商品説明

SUPLINKでの商品説明
ミネラルは適切なバランスを保たなければいけない組み合わせがあり、亜鉛と銅はその代表的な組み合わせです。 せっかく亜鉛を摂るなら、適切なバランスで銅も摂りたいもの。 ジンクバランスは亜鉛と銅が相乗的にはたらきやすい「亜鉛15:銅1」で配合されています。

ジンクバランス(亜鉛15mg) 100粒
サプリンクス 楽天市場店

 
Natural Harmonyでの商品説明
ジャロー社のジンク(亜鉛)バランスは、メチオニン酸亜鉛とグルコン酸銅を配合。 理想の配合率である亜鉛:銅=15:1を実現し、どちらもキーレイトされたミネラルを採用したことで、よりバランスのとれた高吸収亜鉛サプリメントが完成しました。

ジンク(亜鉛) バランス 100粒
ナチュラルハーモーニー 楽天市場

 

iHerbでの商品説明
亜鉛バランスは、亜鉛と銅の比率が15:1の亜鉛Lメチオニンとグルコン酸銅の相乗効果のある組み合わせです。亜鉛Lメチオニンは繊維およびフィチン酸による吸収への妨害に免疫します。 ミネラル亜鉛は骨格と免疫の健康を支援します。体内の抗酸化物質ネットワークで重要な役割を果たすスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の作用を支援するには、亜鉛と銅の両方が必要です。

Jarrow Formulas, ジンクバランス、100粒
iHerb.com

 
 


亜鉛と銅の理想の配合比率は15:1 

これはその比率で配合されています
さらにいうとどちらもキレート化されています
亜鉛と銅を同時に取る場合にベストな形態のサプリです!

 

と勝手に解釈しました

 

 

スポンサードリンク

 

価格

~約1300円 100日分 


亜鉛と銅が1日13円でとれる・・・
どちらも高吸収タイプ・・・

栄養成分内容  

1回分=1粒

  • 亜鉛 15mg
    原料 L-モノメチオニンとして L-オプティジンクより
  • 銅  1mg 
    原料 グルコン酸として 

 

1回分で1日の摂取量の%

  • 亜鉛  140%
  • 銅   110%

使用目安

1日1回


亜鉛は吸収率の悪いミネラルで有名ですよね~

L-オプティジンクって特許取得の亜鉛成分のことで、吸収率が普通の亜鉛よりぜんぜん良いと言われています


【10個セット】Lオプティジンク(高吸収タイプ亜鉛) 100粒[海外直送品]

私が勝手に考える商品コンセプト

両方の共通点
亜鉛と銅は免疫に関わるミネラルです
亜鉛と銅は抗酸化酵素「SOD」の補酵素です

個別の特徴
亜鉛は皮膚や粘膜の健康・味覚機能維持・生殖機能維持などに必要です
銅は鉄の運搬に関与し、鉄欠乏症貧血の予防に貢献します

亜鉛と銅は拮抗作用があります

【同時に摂取する場合】亜鉛:銅=15:1の比率を守ることが大切です

 


ミネラルの拮抗作用とは
とあるミネラルが過剰に摂取されると

それと拮抗するもう一方のミネラルの吸収率が低下して、そのミネラルの働きが阻害されてしまうことをいいます

亜鉛と銅の拮抗作用は有名です

亜鉛と銅を同時にとるときは亜鉛10以上:銅1の割合で取ることが勧められています
勧められているというか「デフォ」となっています

 

 

深読みVer 

この2つは髪の健康維持に活躍します

亜鉛は髪本体であるたんぱく質(ケラチン)の合成に必須です
銅は黒髪のもととなるメラニンの合成に必要です

つまり亜鉛の摂取は抜け毛予防に、銅の摂取は白髪予防になります

 

 


亜鉛には5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあります

5αリダクターゼは男性ホルモンをDHT(AGAの原因物質)に変換させちゃう悪いやつです


銅はコラーゲンの合成に関与しています

コラーゲンは皮膚の70%を占めるたんぱく質です
当然ですが これ 頭皮にもあてはまります


こちらの観点でも

この2つのミネラルが髪にいかに良いかがお分かりいただけると思います


ぜんぶ毛包のせい。 薄毛・AGA ニキビ ヒゲ・体毛 ニオイ 汗

おすすめPOINT

特許取得の亜鉛成分
亜鉛の原料が高吸収タイプのL-モノメチオニン(L-オプティジンク由来)です。

L-オプティジンクに関してはサプリンクスさんが非常にわかりやすく解説されているのでよろしければこちらをご覧ください。

【送料込みのポッキリ価格】Lオプティジンク(高吸収タイプ亜鉛)30mg 100粒

 


Lオプティジンク(高吸収タイプ亜鉛)30mg サプリンクス本店

要約すると「その他の亜鉛サプリと吸収率が倍以上違う(by 特許もと会社調べ)」です。
その他の亜鉛サプリの範疇がどのくらいかは知りません。

 
銅 1㎎ GET
銅は必須ミネラルです。なので食事などから必ず摂取する必要があります。

とはいえ銅は(多くの食品に含まれているので)通常の食生活を送っている限りは 不足することは まずありません
事実、1日の銅の平均摂取量は、成人男女ともに推奨量以上です(by 平成27年国民健康・栄養調査)。

銅の摂取量

◆推奨量
0.9~1㎎/日(成人男性) 
0.7~0.8㎎/日(成人女性)
※年代により異なります。

◆耐用上限量
10㎎/日(成人)
by 日本人の食事摂取基準(2015年版) 厚生労働省

なにが言いたいのかというと「銅ってサプリで取る必要がないかもしれません」です。
ただ(速攻で矛盾したことを言いますが)、白髪が気になる方鉄の働きを高めたい方サプリでも取っておきたい成分でもあります。

実際 銅は単体サプリでも売っています。

3個セット セバシン酸銅 22mg 60粒[海外直送品]

 

私自身も白髪予防のためにひたすらこのサプリを取り続けてきました。

これ1粒で3㎎入っている優れもので・・・
それを求めて取ってきたというのもあるのですが・・・

亜鉛サプリと間隔をあけてとるように注意したり、他成分に銅がどのくらい含まれているか気になったり(銅の過剰摂取は活性酸素を発生させます)、

なんかいろいろ面倒でした・・・

で、最終的には3㎎もいらないかな~みたいになって、


Solaray – 銅 2 mg。100カプセル

2㎎のこれがベターじゃね~の みたいになって、
さらにサプリからの銅は1㎎ぐらいでええか・・・
みたいになっていき・・・

ということで1㎎がすでに含まれているこの「ジンクバランス」を取れば銅のサプリに関しての悩みはどうでもよくなります(どうだけに)。 

※ここでのサプリからの銅というのは銅がメインまたはサブぐらいの位置づけ(今回紹介したジンクバランスみたいなやつ)のことを指します。
たくさんの成分が含まれているサプリの1つとして銅、例えばマルチミネラルサプリに含まれている銅はカウントしていません。



DHC マルチミネラル 徳用90日分

これは目安量(3粒)で銅0.6㎎が配合されています。

 

スポンサードリンク

 

・・・POINT

亜鉛のサプリとして
亜鉛と銅の拮抗作用って同時に取った場合だけに生じるものです(たぶん)。

もちろん体内でどっちかがあまりにも過剰になっている場合にはもう一方の働きに支障はきたすと思います。

冒頭で同時に取った場合だけに生じるものです(たぶん)
こう述べたのは普通に考えればそうなります。

だって亜鉛だけのサプリが売っていますし、そのサプリの注意書きに「亜鉛10以上:銅1になるように別途 銅も必ず取りましょう」みたいな文言はないからです。

とすると、これ海外の亜鉛のサプリとしては亜鉛の量が少ないと思います。
海外では1粒25~30㎎が定番(※個人感)で、


【2個セット】Lオプティジンク(高吸収タイプ亜鉛) 100粒[海外直送品]

場合によっては50㎎のもあります。


[海外直送品] ナウフーズ 亜鉛(高吸収タイプ)50mg×120粒サプリメント (1本) [並行輸入品]

なお日本の亜鉛サプリはだいたい1粒15㎎ぐらいですので、量的には日本のものと変わらないことになります。


【セット品】DHC 亜鉛 60日分 60粒 2個セット

これらと比べて値段が割高なので
銅なんてどうでもいい(どうだけに) とにかく亜鉛」という方にはおススメはできません。

※単に亜鉛の量と値段のみ比較です。原料(吸収率)などに違いはあります。

 

上で亜鉛のサプリの注意書きに「亜鉛10以上:銅1になるように別途 銅も必ず取りましょう」みたいな文言はないと述べました。
銅のサプリはメーカにより「他の成分を取りましょう」的な文言がついているケースがあります。

例えばさっき紹介したこの商品には


Solaray – 銅 2 mg。100カプセル

「この商品を長期間摂取する場合は、他のミネラル(特に亜鉛や鉄)も必ず取るようにしてください」的なことが記載されています。

まとめ

★★★★

 

亜鉛と銅、各々の能力がいかんなく発揮できる「比率【15:1】」で配合されているサプリです。
さらにどっちらもキレート化された高吸収タイプです。
この2つの成分を「意識して取る」となった場合、ジンクバランスはとてもおすすめできます。

 

 

スポンサードリンク

 

各成分の説明

亜鉛

 亜鉛 

亜鉛は300種類以上の酵素の活性化に関わっています。生体内の亜鉛の主な働きは大きく構造機能【たんぱく質の構造維持】・触媒機能【数多くの酵素の補酵素として】・調節機能【シグナル伝達分子として】の3つです。

 亜鉛 レーダーチャート 

詳しくは 亜鉛 たんぱく質の合成

 

 銅 

銅の働きとしてエネルギー産生(by シトクロムcオキシターゼ)、メラニン産生(by チロシナーゼ)、抗酸化作用(by SOD)、コラーゲン・エラスチンの生成(by リジルオキシダーゼ)などが挙げられます。

 銅 レーダーチャート 

詳しくは 銅 鉄の運搬

 

※このページに記載されている価格は2020年1月時点です。紹介サイト側から予告なく変更される場合があります。

スポンサードリンク