Now Foods グルタチオン 500mg

 

基本情報

サプリメント情報
サプリメントの種類
グルタチオン
サプリメントタイプ
単体サプリ
メーカー
Now Foods 海外
主成分
グルタチオン(還元型)
配合量
500mg/1日分(1粒)
内容量
60日分
価格
2800

 

※価格は、商品紹介リンクのiHerb.comでの値段です。記事作成時のもので、変動する可能性があります。
iHerbを利用する際、iHerb紹介コード=ALH5806をご利用いただけたら幸いです。 上記リンクからiHerbへ飛んでいただくと、自動的にコード適応になります。

レビュー解説

コスト
【価格を評価する項目】

3

46円/粒

他のグルタチオンサプリと比べてやや安い。

 

1粒あたりの価格の安さを評価します。価格は記事作成時のもので、変動する可能性があります。

パフォーマンス
【量および質を評価する項目】

5


500
mg/粒

他のグルタチオンサプリと比べて多い。

質 
還元型

Setria™

還元型であるのは当たり前。ウリにはならない。
Setriaは日本の会社 協和発酵バイオの登録商標。

参照
Setria
特許情報プラットフォーム

オオサカ堂のサイトを参照すると、NowのグルタチオンはSetria™である可能性が高い。

ナウフーズのグルタチオンは、協和発酵バイオ株式会社の還元型グルタチオン、Setria™を使用しています。

引用元
グルタチオン(Now)
オオサカ堂

で、あるならば、質に関して問題ない。
注意

この商品レビューは、iHerb.comを参考にして作成しています。iHerb.comでは、商品説明および商品パッケージ画像にはSetria™の記載がありませんでした
ただ、上記したオオサカ堂の情報以外にも、画像検索をしたところ、Now Foods グルタチオン 500mgの商品パッケージ画像にSetria™の記載が確認できました
なので、ここではSetria™である」で話を進めます。

Now社のグルタチオンは久しく購入していません。ここ最近で、表示もしくは仕様が変わった可能性があります

Setria™じゃない可能性もありますので、あしからず。なお、自身の購入品に関しては、空箱を写真撮影後、確認せずに、廃棄しています。

 

1粒あたりに含まれる主成分の量および質を評価する項目です。
「登録商標」「吸収率を向上させた加工」「タイムリリース処方」など主成分の効力を高めたものはプラス評価します。

シナジー
【相乗効果を評価する項目】

4

1日分(1粒)に下記成分が含まれている。

オオアザミエキスマリアザミ(果物/種子)(80mgのシリマリンフラボノイドに標準化 – 80%相当) 100mg
α-リポ酸 50mg

 

グルタチオンは肝臓で多く作られる。オオアザミの抽出成分であるシリマリンは肝臓でのグルタチオン濃度を増加させる成分として有名である。
グルタチオンは通常、生体内で還元型(GSH)として存在している。還元型から酸化型(GSSG)へと変換されることで体内の活性酸素を除去する。α-リポ酸は酸化型のGSSGを還元型のGSHに戻す能力を有する。
ということで、高いシナジー効果が見込める成分が配合されている。
ついでにいうと、™マーク付きの商品。品質面も安心できる。

 

主成分と相乗効果がある成分が含まれているかを評価する項目です。含まれていなくても、品質を高めたタイプであれば評価材料とします。

バリュー
【サプリの価値を評価する項目】

5

査定内容 その1

  • グルタチオンはグルタミン酸・システイン・グリシンからなるトリペプチド
  • グルタチオンは体内で合成できる
  • が、加齢とともに合成能が衰える
  • グルタチオンはブロッコリー・アスパラガス・レバーなどに含まれる
  • が、食事だけで、必要量を満たすのは難しい
  • なので、食事以外の「外」からの補給が望ましい
グルタチオンの必要量を食事だけで満たすのは厳しい。体内で合成できるが加齢とともにその能力は衰える。食事以外の「外」からの補給が望ましい。
査定内容 その2

  • 食事以外の選択肢として、点滴か経口摂取
  • グルタチオンは日本では医薬品扱い
  • 点滴・経口摂取 いずれにせよ医療機関を利用しなければならない
  • 海外のサプリであれば個人輸入サイトから購入可能
グルタチオンの効力を最大限得るには点滴が最適。が、実行&継続するには費用面で厳しい。
経口摂取となるとサプリになる。購入方法は、(医療機関以外では)個人輸入=海外サプリのみとなる。
以上より、他の成分と比べてグルタチオンの「サプリ」は価値がある。
査定内容 その3

  • グルタチオンサプリは還元型であるのが普通
  • その上で大きく、リポソームタイプと通常タイプと舌下タイプの3つに分かれる
  • このサプリは通常タイプ
  • このサプリは1粒あたり500mg含有
  • このサプリの原料はSetria™グルタチオン
  • このサプリにはシリマリンとα-リポ酸が含まれている。
グルタチオンサプリの中で、より効力を得たいのならばリポソームタイプ。ただ、通常タイプだからといって決してマイナス材料にはならない。
1粒あたり500mgは、グルタチオンサプリの中で多い含有量。そのうえで、原料が日本製で品質の保証がされている。
相性の良いシリマリンとα-リポ酸が含まれている。量も少なすぎず多すぎず。

 

サプリとして販売されていることに価値があるかを評価する項目です。

コンビニエンス
【求めやすさ評価する項目】

2

  • アマゾン 
  • 楽天   
  • Yahoo! 

グルタチオンは医薬品扱い。個人輸入サイト(iHerbやLucky Vitaminなど)での購入となる。

 

大手ECサイトで買えるかを評価する項目です。

 

スポンサードリンク

主成分について

グルタチオンの働き ベスト3
  1. 抗酸化作用
  2. 解毒作用
  3. チロシナーゼ活性阻害作用
グルタチオンの摂取目的ベスト3
  1. 美白効果
  2. 肝機能維持
  3. デトックス効果

 

総評

GOOD POINT
【商品のいいところ】
1粒あたり500mg。グルタチオンサプリの中で含有量の多いほう。グルタチオンサプリの含有量タイプ(のだいたい)は多いもので500mg、その次は半分量の250mgである。
主成分であるグルタチオンの他に、シリマリンとα-リポ酸が含まれている。どちらも体内のグルタチオンを増やす or 減らさないために重要な成分である。
原料は、協和発酵バイオのSetria™グルタチオン。(日本では医薬品扱いの)グルタチオンサプリを取ることにちょっぴり不安を感じる人にとっては、日本製であることは心強い。
NOT GOOD POINT
【商品のいまいちなところ】
グルタチオンは日本では医薬品扱い。この事実に関して、不安を感じる人には(このサプリに限らず)手を出しにくい。
グルタチオンは水溶性のトリペプチドである。それゆえに、経口摂取は取ってもあまり意味ない説がある。 ※下記 引用元参照

グルタチオン欠乏にグルタチオンを補うことは、経口投与によりグルタチオンが直接吸収されないため難しいとされてきた。グルタチオンは水溶性のペプチドである。このグルタチオンの性質が経口投接種後のグルタチオンの吸収を妨げていると考えられている。

引用元
特許公報(B2)_還元型グルタチオン経口投与のためのリポソーム処方物
国立研究開発法人科学技術振興機構

リポソームタイプであれば、その心配はいらない(少なくなる)が、これはがっつり通常タイプ。この辺をどう捉えるか。

 

サプリおススメ度

★★★★☆


グルタチオンは水溶性のトリペプチドなので、取ったところで分解されて・・・といった意見もあります。
が、最近では、グルタチオンは(取ったもの全部ではありませんが、)グルタチオンのまま吸収されて、その効果を発揮することがわかってきています。

ということで、体内のグルタチオンを増やすには、グルタチオンそのもの=グルタチオンサプリを取ることが一番だと思います。

体内のグルタチオンを増やす別の方法として、体内のグルタチオンの合成を高める成分を取るといった手もあります。
増やすとは違うのですが、減らさないという観点で、体内のグルタチオンをリサイクルする成分を取るといった手もあります。

このサプリは当然ながら、グルタチオンそのものが入っています。量も多い500mg/粒タイプです。
さらにグルタチオンの合成を高める【シリマリン】と酸化型グルタチオンを還元型に戻す【α-リポ酸】も含まれています。付属成分として十分な量が含まれています。
トータル「体内のグルタチオンを増やす」効果が非常に高いグルタチオンサプリです。

iHerb.comのグルタチオン商品ランキングで1位(記事作成時)なのも納得できます。

 

※レビューの内容について
→個人の見解です。
※レビューした商品について
→メーカーの都合等により、仕様(量、原料など)が変更される場合がございます。

 

スポンサードリンク