Now Foods TMG (トリメチルグリシン)1000mg

 

葉酸&ビタミンB12とともに戦う

★★★★☆

ホモシステインはメチオニン代謝における中間代謝物です。

出典元
統合失調症の新しい治療薬候補の発見―天然代謝産物ベタインの可能性―
国立研究開発法人日本医療研究開発機構

ホモシステインは、
再メチル化経路(図 ←)にてメチオニンに再生されます。
あるいは、硫黄転移経路(図 ↓)にてセリンと結合しシスタチオンとなり、さらにシステインへと変換されていきます。

ご存知かと思いますが、ホモシステインが蓄積されるとヤバイことになります。
ホモシステインは活性酸素を発生させるからです。それにより、動脈硬化の原因物質とされています。
それだけではありません。
ホモシステインが蓄積する=メチオニン代謝 & システイン代謝が上手くいかないことは

〇生体内メチル基含有化合物(DNA、RNA、クレアチニン、カルニチンなど)の生合成

〇システインおよびシステインから生じる物質(タウリン、グルタチオンシステイン)の生合成

が、スムーズにいかなくなくなります。
健康や美容に大きな影響を与えることになります。

ところで、ホモシステインの再メチル化は、MS(メチオニン合成酵素)により行われます。MSが「(葉酸代謝より生じる)5-メチルテトラヒドロ葉酸のメチル基をホモシステインに転移する」の働きをし、メチオニンを合成します。
なお、MSの補酵素としてビタミンB12が必要となります。
ホモシステインの代謝に葉酸とビタミンB12が必須な理由はここにあります。

実は?再メチル化はもう一つの酵素によっても行われています。先の図のホモシステインから上の↑のやつでBHMT(ベタイン-ホモシステインメチル基転移酵素)によって行われています。
BHMTは、ベタインをメチル基供与体として ホモシステインをメチオニンに変換させます。

ということで、ベタインの摂取も葉酸&ビタミンB12どうように、ホモシステイン→メチオニンへの代謝を促進する=ホモシステインの減少に役立ちます。

あっ、言うの忘れていました。

ベタインはアミノ酸のアミノ基に3個のメチル基が付加した化合物の総称で、狭義にはトリメチルグリシン(TMG)のことです。

.

※レビューの内容について
→個人の見解です。

スポンサードリンク