ビタミンA

ビタミンAの評価 A+

ビタミンA    

ビタミンAは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。「ビタミンA」とはレチノールと、体内でビタミンAに変わるプロビタミンA(βカロテンなど)の総称です。
ビタミンAの量は、レチノール量とプロビタミンAがレチノールに変換された量の合計であるレチノール活性当量(μgRE)として表されます。

μgRE(マイクログラムRE)
ビタミンの量を表す単位は、ほとんどがmgやμg(マイクログラム)です。ビタミンAの場合は、μgREといった単位が使われています。
プロビタミンA
食品の状態ではビタミンAではありませんが、体内に入ることでビタミンAに変換される物質が存在します。
それがカロテンというもので、カロテンは体内に入ると、ビタミンAと同じ働きをする物質に変換されます。
このようなビタミンAの前駆体をプロビタミンAといいます。
前駆体
前駆体とはある特定の物質よりも反応段階的に前に位置する物質のこと。 

カロテン
カロテンにはβカロテン、αカロテン、クリプトキサンチンなど約50種類ほどのプロビタミンAが知られています。カロテンの中でも有名なのがβカロテン。野菜に含まれるカロテンのほとんどがβカロテンです。βカロテンは体内でビタミンAが不足した時だけ、ビタミンAに変換する優れモノです。

レチノールとβカロテンは、両方ビタミンAで一緒といえば一緒なのですが、なんかちょっと違う感覚です。

スポンサードリンク

ビタミンAの摂取目的

肌「美白」「美肌」、体力「普段」、その他「視力」「抗酸化」です。

 摂取目的
肌  「美白」「美肌」
体力 「普段」
その他「視力」「抗酸化」

ビタミンAの効果・効能


ビタミンAは、夜間の視力の維持、明暗を感じるのに関わりのある栄養成分です。人間が夜間、薄暗い場所でもしばらくして目が慣れて見えるようになるのは、目の網膜 に光の明暗を感じる「ロドプシン」という物質があるからです。ビタミンAはロドプシンの成分となります。ロドプシンは暗いところにいてもわずかな光に反応し分解され、その刺激が脳に伝わることでものが見えます。この時、分解されたロドプシンは次の分解に備え、自動的に再合成されるようになっています。ロドプシンの主成分はビタミンAであるため、再合成にはビタミンAが必須となるということになります。
このように、ビタミンAは目の働きに大きく関わっています。

抗酸化
ビタミンAは活性酸素を除去する抗酸化物質としても有名です。ビタミンC、EとあわせてビタミンACE(エース)と呼ばれているほど、強い抗酸化作用を発揮します。この3つは互いに協力しながら抗酸化作用を発揮してくれるので、一緒に摂取したほうが効果的です。

皮膚
身体の粘膜や皮膚の健康に関わる働きがあります。
粘膜や皮膚の上皮細胞の代謝を促して、病原菌などが侵入するのを防ぐ役割をします。
上皮細胞とは皮膚や口、鼻の喉、消化器官などの粘膜の表面にある細胞のことで、身体の外と直接触れている部分のことです。ビタミンA(レチノール)には、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の促進、コラーゲン生成を促進という効果もあります。レチノールは化粧品の成分としても使われています。

がんの抑制
ビタミンAにはがんの抑制効果があることも知られています。体内で必要以上に活性酸素が発生すると、細胞を傷つけ、老化させてガンなどの病気を引き起こします。
最近のガン研究では、ビタミンAを多く摂っている人ほどガンの発生率が低いということが報告されています。特に、β₋カロテンは、大量に摂取しても過剰症がほとんどないので、がんの抑制によく利用されています。β-カロテンの多い食事をしている人には、肺ガン、胃ガンなどの発生率が低いとされています。

ビタミンAのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 目の健康に
  • 視力維持や皮膚粘膜を丈夫にする働きが期待できます
  • 目や皮膚、呼吸器系、消化管などに存在するビタミン
  •  緑黄色野菜が不足しがちな方にも
  • 若々しくいたいひとに
スポンサードリンク

ビタミンAの摂取量、不足、過剰

ビタミンAの摂取量
 ビタミンAの推奨摂取量は成人男性だと1日約800~900μgRE、女性だと約650~700μgRE(授乳婦の場合+450μgRE)となっています。ともに上限は2700μgREです。この単位がわかりにくいです。食べ物で例をあげると「卵黄」は100gあたりにビタミンA470μgが含まれています。
 
ビタミンAの不足(夜盲症)
ビタミンAが不足すると、暗いところで目が見えにくくなる「夜盲症」と呼ばれる欠乏症がおこります。夜盲症は、鳥目と呼ばれることもあります(由来は夜に鳥の視力が低下するといわれることから)。上の効果、効能のところで説明したようにロドプシンの再合成には、「ビタミンA」が関わっていますが、ビタミンAが不足しているとロドプシンが合成されなくなり夜盲症がおこります。症状が悪化すると、視力が落ち失明する場合があります。
 
ビタミンAの過剰
ビタミンAの上限量は、2700μgREです。ビタミンAは脂溶性のため、過剰摂取した場合、体内特に肝臓に蓄積され、頭痛、吐き気、疲労感、脱毛など、数多くの体の不調を引き起こします。特に妊婦はビタミンAの摂りすぎに注意する必要があります。妊婦の場合、ビタミンAを取りすぎると胎児の奇形発生のリスクが高まる可能性があります。
同じビタミンAに分類されるβカロテンは必要な量だけビタミンAに変わるので過剰の心配はいりません

ビタミンAの豆知識

カロテンはOK
体内でビタミンAのレチノールに変換されるカロテン。レチノールは脂溶性ビタミンなので、とりすぎによる過剰症の心配がありますが、カロテンは体内で必要量だけビタミンAであるレチノールへと変換されるので過剰症の心配はありません。カロテンは、多量に摂っても一時的に肌が黄色っぽくなる程度です。
ビタミンAに変換されず残ったカロテンは、体内で抗酸化物質として働きます。カロテンは別途まとめます。
 
他の栄養素を助ける
ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどの成分は、ビタミンAが十分に存在しないとその働きや効果が発揮されないといわれています。
ビタミンAは、ほかの栄養成分の働きを促進する役割も担っているため、その他のビタミンなどとともに、バランス良く摂取することが大切です。

ビタミンAのイメージ

食べ物だったらレバー 写真はレバニラ炒め

写真だったらこれ 視力 特に夜間

ビタミンAと相性の良い栄養成分

・ビタミンC
・ビタミンE
・βカロテン

ビタミンAの勝手にランキング

肌(美白)部門 第13位

ビタミンAのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

ビタミンA総合評価 A+ 15.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3 
これけっこう盲点になっています。ビタミンAは粘膜や皮膚の上皮細胞の健康にすごく関わっていて、特に上皮組織の代謝の促進に貢献しています。大きな括りでいうと髪の毛は、皮膚の上皮細胞の一部です。上皮細胞の代謝を正常にすることは髪の健康にもかかわってきます。ただし過剰となった場合は脱毛を促すことになるので注意です。 

肌(美白、美肌) 評価5.5
ビタミンAは粘膜、皮膚の上皮細胞の代謝に関わっています。上皮細胞とは皮膚や粘膜の表面にある細胞のことで、身体の外と直接触れている部分のことです。不足すると皮膚の乾燥や角質化などの症状がでることもあります。ビタミンAは肌のターンオーバーを正常化することに関わっているため不足することなく適量はとり続けたい栄養成分です。

またビタミンA(レチノール)は外用の化粧品としてエイジングケアに効果を発揮しています。

体型 評価2.5
ビタミンAは特に体型に関わる効果はあまり見られないと思います。

体力(普段)評価4.5
風邪を予防するには粘膜を強化し、ウイルスの進入を防ぐことが重要となります。粘膜の健康維持に関わっているビタミンAには風邪予防の効果があるといえます。
また視力低下は仕事、私生活に大きな影響をあたえます。快適な生活を送るうえで、目の健康を維持することは大事なことです。

その他 総合評価5.5

視力 評価5.5
ビタミンAは、夜間の視力の維持、明暗を感じるのに関わりのある栄養成分です。人間が夜間、薄暗い場所でもしばらくして目が慣れて見えるようになるのは、目の網膜 に光の明暗を感じる「ロドプシン」という物質があるからです。ロドプシンの主成分はビタミンAです。ビタミンAは目の働きに大きく関わっているといえます。

抗酸化 評価5.5
ビタミンAは活性酸素を除去する抗酸化物質としても有名です。ビタミンC、EとあわせてビタミンACE(エース)と呼ばれているほど、強い抗酸化作用を発揮します。 

ビタミンA雑感

ビタミンAといえば、ずばり目でしょう。むかしからビタミンAが不足すると夜、目が見えなくなると親から脅されてきました。

今改めて考えると「うーん」っていう感じです。

ビタミンAって脂溶性ビタミンで、体内で蓄積されるので、不足するってそんなにないのではというのが感想です。
ビタミンAというかレチノールは特定の食事で十分な量がとれます。
うなぎとかレバーとか一人前たべれば、1日の摂取量は軽くクリアでき、へたしたら上限摂取量を超えちゃう場合があります。
妊婦の方は特にビタミンAが過剰摂取にならないよう注意してください。

ビタミンAを単体サプリとしてはあまり飲んでいません。あまり飲んでいないというのは、一応買ってはいますが手を付けていないということです(賞味期限前には飲みます)。

普段の生活でビタミンAを摂取するのは

マルチビタミンで配合されている量と

βカロテンからとれる量と普段の食事で十分です。
※βカロテンは体内でビタミンAが不足した時だけ、ビタミンAに変換する優れモノです。

ただし明らかに食生活が不規則なひとはサプリメントでもとってもいいと思います。

栄養成分は、不足も過剰もヤバイです。まあ現代人はだいたい不足気味です。
個人的には過剰を気にすることなく、たくさん取るべしという考えを持っています。
過剰といっても、だいたいは度をすぎること(目安摂取量の10倍~100倍以上)をいっているので・・・

しかし栄養成分の中には、目安摂取量と上限ラインの幅がそんなに開いていない、すなわち過剰症になりやすいものがあります。

まあ簡単にいうとちょっとでも多く取ってしまうと過剰になるものです。過剰症の症状は栄養成分によりけりですが、比較的共通しているのが吐き気、嘔吐、下痢、頻尿、肌に何らかの影響、抜け毛が増えるといったことです。

でビタミンAはこれにドンピシャに当てはまっています。
なのでビタミンAは適量を毎日継続することを心がけています。

 

スポンサードリンク