ルテイン

ルテインの評価 A+

ルテイン

ルテインはカロテノイドの一種でキサントフィル類に分類されます。ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜などに多く含まている黄色の天然色素です。

カロテノイド
カロテノイドとは 野菜、果物などの植物や動物に含まれる黄色、赤色などの色素成分の総称でその種類は600種類以上あるといわれています。カロテノイドは大きくカロテン類とキサントフィル類に分類することができます。アルコールに溶けるか溶けないかで分けることができ、アルコールに溶けないほうがカロテン類、アルコールに溶けるほうがキサントフィル類となります。
スポンサードリンク

ルテインは人間の体内に存在している成分で、目の中にある水晶体や黄斑部、皮膚、乳房、大腸などに存在しています。特に水晶体黄斑部に多く存在しており、目に対する健康効果が非常に高い成分です。

黄斑部

目をカメラに例えると、レンズの働きをする部分が水晶体でフィルムの働きをする部分が網膜です。

黄斑部とは、網膜の中心部で視細胞が密集している場所のことをいいます。網膜の中心部の直径1.5~2mmほどの範囲を黄斑部と呼んでいます。黄斑部は眼球で最も光が集まる部分で、物を見たり、文字を読んだり、書いたりするときに機能する「視力」にとって、とても大切な部位です。 黄斑部のさらに中心は中心窩(ちゅうしんか)とよばれる場所で、ここが「視力」にとって、もっとも重要な場所となっています。

ルテインは体内に存在している成分ですが、生成することができませんまた加齢や活性酸素により消費され減少していきます。食事などで外から取り入れることが必要となります。

ルテインの摂取目的

ルテインの摂取目的「目(視力)」「抗酸化」「肌(美白、美肌)」「体力(普段)」です。

 摂取目的
肌  「美白」「美肌」
体力 「普段」

その他「目(視力)」「抗酸化」

ルテインの効果・効能

抗酸化作用 
ルテインには強力な抗酸化作用があります。この抗酸化作用は体内のいたるところで働きますが特に目に発生する活性酸素の除去に大きく貢献します。

人間の体のなかで唯一、体外に露出している臓器は目です。目は瞼を開けている間、絶え間なく光にさらされています。そして有害な光を浴びることにより目に活性酸素が発生してしまいます。 
有害な光というのは日光の紫外線やブルーライトを含むHEV(高エネルギー可視光線)などの光のことです。この光により一重項酸素という活性酸素の生成が促進されてしまいます。
ルテインには一重項酸素を除去する抗酸化作用があります。

目は活性酸素が発生しやすい環境であるため、その除去に働くルテインは目の健康のための重要な成分といえます。

一重項酸素
紫外線やHEVなどによって生成が促進される非常に強い酸化作用を持つ活性酸素です。皮膚や目が特に発生しやすい場所です。
この活性酸素が肌に大量に発生すると細胞膜を酸化させ、過酸化脂質に変えてしまいます。その結果シワやたるみといった老化現象を引き起こします。
また皮膚の組織に入りこむとメラノサイトが刺激され大量のメラニンが生成し、シミを増やすことになります。シミやしわの一番の原因となる活性酸素がこの一重項酸素です
一重項酸素は体内に備わっている抗酸化酵素で無毒化できない活性酸素のため、ルテインなどのカロテノイド類を取り入れる必要があります。
HEV
High-energy visible light(高エネルギー可視光線)の略語です。可視光線(眼に見える光)の中で380nm~530nmの波長域にある青や紫色の光をHEVといいます。紫外線(UVA)の波長域(300nm~400nm)に近いため、長時間浴びると白内障や加齢黄斑変性の原因となるものです。ブルーライトはHEVの波長の領域に含まれているため、HEVをブルーライトと言うこともあります。
※nm=ナノメーター
ブルーライト
携帯電話、パソコン、テレビなどから発生するもので、可視光線のなかで最も光の波長が短く、特に力の強い光であるといわれています。ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いものです。ブルーライトの波長域は380nm~495nmです。

※このページでの波長域の数値に関しては諸説あり

目の病気
目にダメージを与える活性酸素「一重項酸素」を除去する抗酸化作用をもっているルテインには黄斑変性症白内障といった目の病気を予防改善する効果があります。また抗炎症作用もあるためぶどう膜炎の予防にも効果があります。

黄斑変性症
黄斑という組織に異常が起きる病気です。加齢や活性酸素によるダメージが原因とされ、視力の低下を引き起こします。
白内障
白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が白く濁り視力が低下する病気です。白内障は水晶体の主成分であるたんぱく質が酸化してしまうことで起こります。
ぶどう膜炎
ぶどう膜とは目の中の虹彩、毛様体、脈絡膜の総称のことです。ぶどう膜におこる炎症のことをぶどう膜炎といいます。ぶどう膜に隣接する組織におきる炎症もぶどう膜炎に含まれています。

コントラスト感度
コントラスト感度とは、視覚評価の一つで色の濃淡、光の明暗を判別する能力のことでです。コントラスト感度が低いと物の輪郭の境界における色の濃淡や光の明暗が識別できずにかすみやぼやけといった症状があらわれます。
ルテインには黄斑部の色素濃度を上昇させる働き、ブルーライトなどの有害な光を吸収する働きがあります。これらはコントラスト感度を改善する効果があります。
目のぼやけ、かすみの症状が取り除かれるため目の調子を整えるには最適な栄養成分といえます。


紫外線から生じる一重項酸素は、シミやしわの一番の原因となる活性酸素といわれています。ルテインは皮膚にも存在している成分のため、肌が一重項酸素から受けるダメージを軽減する働きがあるといえます。目の老化予防だけでなく肌の老化予防にも大いに活躍してくれる成分です。

ルテインのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 光のダメージから守る
  • 視覚機能の維持
  • 加齢とともに体内から減ってしまう成分
  • スマホ、パソコンを長時間使用する人に
  • 読書などで細かい文字を見ることが多いかたに
スポンサードリンク

ルテインの摂取量、不足、過剰

ルテインの摂取量
ルテインの推奨摂取量は厚生労働省などで特に設定されていません。研究などにより1日あたり6mg~10mgを摂取することが目の健康維持に良いとされています。6mgを飲み続けることで黄斑変性症や白内障の発症リスクが減ることがわかっています(ゼアキサンチンをはじめ他の栄養素も併用して)。
ルテインは脂溶性のため吸収率が低いのでこの範囲ではマックスの10mgを摂取することがベストであるという意見もあります。
ちなみ上限摂取量はJECFAで1kgあたり2mgと定められています(体重が60kgの場合は120mgが上限です)。

JECFA
JECFA(Joint Expert Committee on Food Additives)はFAO/WHO 合同食品添加物専門家会議のことです。FAO(国連食糧農業機関)とWTO(世界保険機構)の下部組織です。
 
ルテインの不足
ルテインはファイトケミカルのカロテノイドの一種です。カロテノイドは健康促進、病気予防、美容効果アップなどの機能をあげるための機能性成分です。
ルテインは機能性成分ですが、もともとは体に存在して目に特に多く含まれています。
ただし体内では生成できず、加齢とともに減っていきます。このことが黄斑変性症や白内障の発症リスクを高める原因となっています。
ルテインの不足は目の健康を脅かすことにつながるので食事などで摂取することが必要となります。
 
ルテインの過剰
摂取欄で書きましたが、上限は体重1kgあたり2mgです。この量を超えないようにしてください。過剰に摂取することで重大な副作用が生じるといった報告はいまのところありませんが、サプリメントで過剰摂取を続けた場合プロオキシダント作用が高まる可能性があると指摘されています。
プロキシダント作用とは抗酸化物質がもっている副作用で抗酸化物質の一部が逆に酸化をすすめてしまう物質になることです。

ルテインの豆知識

ゼアキサンチン
ルテインと同じカロテノイドのキサントフィル類にゼアキサンチンという物質があります。ゼアキサンチンはもともとはルテインと同じもので、体内の代謝によってルテインが変換されたものがゼアキサンチンです。ルテインは代謝により必要量ゼアキサンチンに作り替えられます。ルテインとゼキサンチンは構造異性体という関係です。
※厳密にいうとルテインはメソゼアキサンチンというものに変換されます。詳細はゼアキサンチンのレビューで説明します。

構造異性体
分子式は同じでも構造が異なる化合物のことをいいます。ルテインの構造異性体がゼアキサンチンということになります。
 
サプリメントがおすすめ
ルテインの推奨されている量を食事からとるのはけっこう厳しいです。10mgを食事からとるとなるとルテインの含有量が多いほうれん草でもサラダボールで4、5杯ぐらい取る必要があります。サプリメントからの摂取がおすすめです。
 
フリー体とエステル体
ルテインにはフリー体とエステル体があります。
フリー体ルテインは、人の体内に存在するものと同じ形に精製されたルテインのことです。体内に存在するルテインと同じため、摂取後、そのまま体内へ吸収されます。
エステル体は、フリー体に脂肪酸が結合されたものです。 未精製のため、原料が安いのが特徴ですが、人の体内に入ってもそのまま吸収されないというマイナス面があります。体の中の消化酵素の力を借りて、脱エステル化(脂肪酸を取り除く)してフリー体ルテインに変化してから体内へ吸収されていきます。
フリー体とエステル体には吸収率に大きく違いがあります。サプリメントの場合はフリー体ルテインを選択することをお勧めします。
 
マリーゴールド
フリー体ルテインのサプリメントの多くは、マリーゴールドという花から抽出されています。マリーゴールドはキク科の1年草で日本では観賞用としてよく栽培されています。

 
油と一緒に
ルテインは脂溶性の物質のため吸収されてにくいという特徴があります。ほうれん草を食べるとき油でいためることでルテインの吸収率がアップすると考えてください。

ルテインのイメージ

ほうれん草

有害な光から目を守る

ルテインと相性の良い栄養成分

・ゼアキサンチン
・アントシアニン
・アスタキサンチン

ルテインの勝手にランキング

目(視力)部門 第1位
抗酸化部門  第5位

ルテインのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

ルテイン 総合評価 A+ 15

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3.5
紫外線から発生する活性酸素は、皮膚に大きなダメージを与えます。とりわけ頭のてっぺんにある頭皮はこのダメージを受けやすい場所といえます。紫外線から発生する活性酸素は一重項酸素といういうものですが、これを除去することができるのが主にカロテノイドです。カロテノイドに分類されているルテインもこの除去に大きく貢献し、頭皮の酸化を防ぐ働きをします。
また眼精疲労は薄毛に遠からず関係してきます。頭皮に近い目の血流が悪くなることは、髪に必要な栄養素システインやビタミンB群などの消費につながり、それらの髪への供給が不十分となるからです。ルテインは眼精疲労を軽減する働きがあります。
と書いてきましたが、ルテインをあえて薄毛対策で摂取する必要はないと思います。

肌(美白、美肌)評価5
紫外線やHEVから生じる一重項酸素は、酸化させる力が強くシミやしわの一番の原因となるものです。この活性酸素を防ぐ、あるいは除去することが肌の老化予防につながるといえます。ルテインには一重項酸素を除去する強い抗酸化力があります。

また海外で乾燥肌に悩んでいる女性を対象とした臨床試験(ルテインの摂取と肌への塗布)が行われましたが、その結果として赤血球中の活性酸素の低下肌の水分量増加皮膚の過酸化脂質量の低下などの良い報告がされています。ルテインといえば「目」のイメージが強いですが、美肌目的で飲むは十分ありです。

体型 評価2
この部門では特に関連性をみつけられませんでした。あえて挙げるとしたら、ルテインの抗酸化作用が筋肉の細胞の酸化を防ぐのに関係してくるぐらいです。

体力(普段)評価4.5
眼精疲労は、体調不良につながります。視力低下は仕事に大きな影響をあたえます。眼精疲労や視力の低下の原因には目に発生する活性酸素が関係してきます。この活性酸素の除去に働くルテインは眼精疲労を取り除くことで目を健康的にするだけでなく、快適な生活を送るためのサポートをし健康につなげるといえるかもしれません。

その他 総合評価5.5

目(視力)評価6
ルテインは目の水晶体や黄斑部に多く存在している成分です。黄斑部の色素濃度を上昇させコントラスト感度を改善する働きがあります。また目に発生する活性酸素を除去する働きやブルーライトなどの有害な光を吸収する働きがあるため加齢になるとかかりやすい黄斑変性症や白内障の予防になります。
普段の「目の調子」を整えることから、起こりうる「目の病気」の予防までとにかく目に良い成分といえます。文句なしで満点です。

抗酸化 評価5.5
カロテノイドは活性酸素の一重項酸素の除去に働きます。この一重項酸素というものは紫外線やHEVにより発生して、細胞膜を過酸化脂質に変えコラーゲンなどのたんぱく質を破壊したり、皮膚の組織に入りこみシミの原因となるメラニンを大量に発生させる原因となるものです。シミやしわの一番の原因となるものといわれています。この除去に働く抗酸化酵素は体内に備わっていません。また抗酸化物質で有名なビタミンCやビタミンEはこの一重項酸素を除去する力が非常に弱いです。
カロテノイドに分類されるルテインにはこの一重項酸素を除去する抗酸化力があります。ただこの抗酸化力は同じカロテノイド類のアスタキサンチンやリコピンと比べて劣ります。なので評価は5.5

ルテイン雑感

栄養成分レビューにおいて総合評価が高いSの成分が私のサプリメントの主力(1軍)で、評価が低い成分が2軍や3軍であるかというと必ずしもそうではありません。

マイサプリメントの1軍~3軍
1軍は、毎日必ず推奨摂取量(場合によってはそれ以上)を取るもの
2軍は、毎日取るが推奨摂取量より少ない量を取るもの
3軍というのは2日~3日に一回ぐらいしか取らないもの
といった位置づけです。

というのも優先順位が低い体力や体型も公平な目でレビューしているため、このカテゴリーが高いのがS評価になるという場合もあります。
繰り返しいってますが私の優先順位は髪>肌>>>>体型>体力でこの優先順位が高いカテゴリーに関連する栄養成分を「種類」も「量」も多く取るようになっています。

なので体型、体力の評価が高いことでS評価となっているものが必ず1軍になっているかといえばそうではなく、
逆に髪の評価が満点であったら(他の評価が低くとも)私にとってばりばりの主力となるというわけです。

この1軍~3軍の入れ替えは絶えず行われています。1軍から2軍になったり、2軍から3軍になったり、その逆もあったりとです。
この入れ替えは「新たな効果がメディアに取り上げられたり」、「季節によったり」、「気分によったり」で行われています。

なぜこんな話をしているのかというとルテインは、現在3軍扱いなのです。ルテイン単品サプリとしては2~3日に1回してとっていません(単品とつけているわけはのちほど)。
ようは、あまり重要視してこなかった成分です。

しかしルテインはこれから主力になるであろう栄養成分といえそうです。

以前アントシアニンのレビューで話しましたが、病気予防として唯一チカラを注いでいるのが目の病気に関するものです。年をとって視力低下することだけは意地でも避けたいですし、いずれ発症するであろう白内障もかかるとしてもなるべく遅くにかかりたいという気持ちがあります。

というわけで目の健康に関わる栄養成分を結構とってきました。

例えばブルーベリーもビルベリー。これらは目の健康に良いアントシアニンという成分を取り入れるためとってきました。

ブルーベリーエキス

ビルベリーコンプレックス

βカロテンやアスタキサンチンも抗酸化などがメインですが、目のことも意識して摂取してきました。

マルチカロチンとしてβカロテン

アスタキサンチン

これだけ目に関係している栄養成分を、毎日たくさん取り入れてきたのですが、なぜだかルテインの存在を軽視していました。
すごい不思議なのです。

ぶっちゃけていうと目の健康に関する成分として、トップクラスというか、
一番といってもいい成分なのにです。

目に発生する活性酸素の除去に非常に有効ですし、ブルーライトなどの有害な光も吸収するし、コントラスト感度をあげる働きもします。とにかく目に関する働きがすごいのです。

しかもルテインって加齢とともに減ってしまうやつです。これって栄養成分によくあるパターンのですが、今までのパターンは体内で生成できていたけどその生成能力が衰えることで減ってしまうというパターンだったのですが、ルテインは体内にもともとあるけど、体内で生成されないというパターンなのです。

つまり外から取り入れなけば、右肩下がりに減っていく一方なのです。

で、ルテインが体内で減っていくことが白内障とか黄斑変性症といった目の病気のリスクを高めるといわれています。
これって大変な病気です。視力低下につながりますし、下手したら失明なんてこともなくはありません。

こんな大事な成分であるルテインをなぜ3軍扱いしていたのか・・・

とくに1日中パソコンに張り付いている私にとってブルーライトによるダメージがばかにならないため、それを吸収するルテインって絶対必要と感じるようになりました。

というわけでルテインは近い将来1軍になる成分といって間違いありません。

???

そんなんだったら今すぐ主力にしろよという話ですよね?

主力にしたいのですが、なんせ多くの種類のサプリメントを取りすぎているためしばらく3軍で様子見をするということにしています。

というもの今まであーだこーだ言ってきましたが、なんだかんだ言って毎日ルテインの推奨摂取量は必ず摂取してきていたのです。実はマルチカロチンとサプリメントにルテインも含まており、しかもちゃっかり10mgも配合されていたのです。ルテインが入っていることは気づいていましたが、ここまでの量が入っていることを確認せずとってきました。
※ちなみにブルーべりエキスのサプリメントにもルテインが含まれています。

クソみたいな話のオチですいません・・・

まあ近い将来、単品でも毎日摂取する日が必ずきます。

とにもかくにも目にとってはとっても大事な成分なので、眼精疲労、視力低下などで悩んでいる人にはすごくお勧めの成分です。

スポンサードリンク