体型(ダイエット)部門 評価指標物質とりまとめ15 その13~その15

体型(ダイエット)部門 評価指標物質 とりまとめ15 その13~その15

 

 

その13 SIRT1(サーチュイン遺伝子)

SIRT1(サーチュイン遺伝子)【酵素】

人の細胞には老化や寿命をつかさどる長寿遺伝子サーチュイン(Sirtuin=SIRT1)が存在しています。通常はこの長寿遺伝子SIRT1は眠っている状態で働く事はありません。言うなれば普段はスイッチがオフの状態になっています。このオフになっているスイッチをオン(活性化)させることで様々な老化の要因を抑えることができるといわれています。

中性脂肪改善 重要度合 C
特に貢献している箇所 脂肪燃焼メカニズム プロセス③
血中に放出された遊離脂肪酸は必要な器官・組織に届けられ細胞内に入り燃焼される

SIRT1活性→PGC₋1αの脱アセチル化が促進→ミトコンドリア活性→エネルギー消費促進!!
 
評価項目
 
【今ある】中性脂肪を減らす

ミトコンドリアを活性

 

評価内容
ミトコンドリアを活性

SIRT1を活性させることはアンチエイジングのみならずダイエットにもつながります。SIRT1が活性化されるとPGC₋1αの脱アセチル化が促進(=活性化)されるからです。

PGC₋1α はミトコンドリア生合成と機能のマスター制御因子として機能しており、活性化されるとミトコンドリアの生合成が増強されたり・UCP-1の発現が増加します。

つまりSIRT-1活性させれば【PGC-1αが活性され】エネルギー消費量の増加(ミトコンドリア増強)、白色細胞の褐色化(UCP-1)が促されることになります。これらは肥満予防・改善につながります。

SIRT-1を活性させる方法は日々の摂取カロリーを25%制限する or SIRT‐1を活性させる成分を取るです。

 

今話題のサーチュイン遺伝子
「長寿」でクローズアップされることが多いですが、

ダイエット効果も期待できます

 

β3アドレナリン受容体を活性させる方法
 
①カロリー制限をする(日々の摂取カロリーを約25%減らす)
②AMPキナーゼを活性させる
③SIRT1を活性させる成分をとる
 

 

スポンサードリンク

 

その14 グルカゴン

グルカゴン【ホルモン】 

膵臓ランゲルハンス島のα細胞で生成されて分泌される血糖値をあげるホルモンです。血糖値を下げるホルモン「インスリン」と反対の働きをします。
グルカゴンは空腹時に血糖値が下がると分泌されます。グルカゴン受容体に結合すると肝臓から糖を放出し血糖値をあげる働きをします。
 
 
中性脂肪改善 重要度合 C 
特に貢献している箇所 脂肪燃焼メカニズム プロセス①
脳がエネルギーを確保するため脂肪分解するよう命じる

脂肪の「分解」を促進する

 
評価項目
 
【いまある】中性脂肪を減らす

脂肪分解を促進する

 

評価内容
脂肪分解を促進する

空腹時に血糖値が下がるとグルカゴンが分泌され、肝臓の受容体に結合するとグリコーゲン分解&糖新生により糖を放出して血糖をあげます。

グルカゴンの受容体は肝臓以外にも様々な組織に存在して、脂肪組織にも存在します。このことが中性脂肪の改善につながります。
脂肪組織の受容体に結合するとHSLを活性させ脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解し血中に放出します(その遊離脂肪酸は末梢神経にエネルギー源として運ばれていきます)。

グルカゴンは脂肪動員作用をもつホルモンの1つとして脂肪燃焼の第一歩「分解」に関わっています。

 

 

 

おススメかもサプリ

糖尿病の最新治療(32(Vol.8 No.4 2) 糖尿病治療の“今”を伝える専門誌 特集:低血糖を回避する糖尿病治療

感想(0件)

 

ダイエットつぶやき

血糖値が下がったときに血糖値を上げるホルモンのなかで最初に分泌されるやつの1つ

 

グルカゴンの分泌を増やす方法
①空腹状態にする

 

 

スポンサードリンク

 

その15 成長ホルモン

成長ホルモン【ホルモン】 

成長ホルモンは脳の指令を受けて脳下垂体で作られ分泌されます。文字通り成長に関わるホルモンで、子供の成長期に骨の細胞に作用し身長を伸ばす働きをします。それ以外にも肝臓、筋肉、脂肪などの代謝を促進する働きをするなどがあります。肝臓では、成長ホルモンを仲介するIGF-Iという物質が作られています。成長ホルモンの作用は直接器官や組織に働きかける場合とIGF-1介して器官や組織に働きかける場合の2パターンがあります。
 
 
中性脂肪改善 重要度合 C 
特に貢献している箇所 脂肪燃焼メカニズム プロセス①
脳がエネルギーを確保するため脂肪分解するよう命じる

脂肪の「分解」を促進する
 
評価項目
 
【いまある】中性脂肪を減らす

脂肪分解を促進する

 

評価内容
脂肪分解を促進する

脂肪動員とはエネルギーが不足した時に、体脂肪を分解することで脂肪酸とグリセロールを血液中に放出することをいいます(放出された脂肪酸は燃焼されエネルギーとして利用されます)。

この作用をもつホルモンは脂肪動員ホルモンと呼ばれています。

成長ホルモンはそのうちの一つです。成長ホルモンが分泌されると脂肪分解酵素リパーゼが活性化され体脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解されますつまり成長ホルモン分泌→HSL(ホルモン感受性リパーゼ)活性→脂肪分解といった流れを作ります。

 
脂肪燃焼の最初のステップは分解です。分解されるには脂肪がエネルギーとして動員されなければなりません。脂肪動員作用をもつ成長ホルモンは脂肪を減らすことにも大きく貢献しています。

 

成長ホルモンは血糖値が下がったときにも血糖値をあげるホルモンとしても分泌されます。グルカゴン・アドレナリンの次に分泌されます。

おススメかもサプリ

一生太らない体のつくり方 成長ホルモンが脂肪を燃やす! [ 石井直方 ]

感想(65件)


ダイエットつぶやき

成長ホルモンは中性脂肪改善の観点のみでいうと

ちょっと評価は低めです

ただ総合的なアンチエイジングの観点からすると たぶんTOPになります

 

成長ホルモンの分泌を増やす方法
①運動をする
②睡眠を十分にとる
③成長ホルモンを活性化させる成分をとる
 

 

 

体型(ダイエット)部門 評価指標物質とりまとめ15 

スポンサードリンク