HGH(ヒト成長ホルモン)について勝手に語る

資料(HGHの栄養成分レビュー)をもとに、独り言形式でHGHについて好き勝手に語っていきます

HGH(ヒト成長ホルモン)について

 満点評価 

総合評価が最高評価になってしまいました。

全部のカテゴリーで満点になってしまいました。

まあ当然といえば当然です。


HGH(のサプリ)は成長ホルモン分泌を促すアミノ酸の集合体のようなものなので・・・

この栄養成分レビューは基本 成分単体を評価するものなので・・・

その集合体ともいえるHGHを他と比較すること自体がちょっと「アレ」なんですけど・・・

まあ~


今回は特別編~ みたいな感じで捉えてください。

ちなみに成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸はアルギニン、オルニチン、シトルリン、リジン、グリシン、グルタミンなどです。
この中でもアルギニンが群を抜いていると思います。

 

他にも成長ホルモンの分泌を促す成分としてα-GPCも有名です

 

自分は単体のほうでもけっこう成長ホルモン分泌促進目的で摂取してます。

HGHサプリは当然、成長ホルモン分泌促進が摂取目的です。

単体のほうは必ずしも成長ホルモン分泌促進が一番の目的というわけでありませんが、成長ホルモン分泌を促す効果もあるから取っているのがほとんどです。

 

 

 成長ホルモン分泌に力を入れている理由 

さて、なぜゆえにここまで成長ホルモン分泌に力をいれているのかいうと、


ズバリこれです。 

・成長ホルモンの主な作用

  1. 細胞分裂を促進 
    → 新陳代謝促進(骨形成・発毛・美肌など)
  2. 細胞の修復 
    → ケガの回復・肌のターンオーバー正常化 
  3. たんぱく質の合成を促進 
    → 筋肉量の増加
  4. 糖質、脂質の代謝促進 
    → エネルギー産生・脂肪の蓄積を防ぐ・脂肪の分解を促す
  5. 血糖値が低い時に血糖値をあげる 
    → 低血糖を防ぐ

 

これら成長ホルモンの作用を得たいからです。

 

これらってすごくないですか~

アンチエイジングマニアにとっては「ヨダレもの」です。

ということでここ20年くらい 成長ホルモン分泌にとにかく力をいれています。

 

補足

ここでの「成長ホルモン分泌に力をいれている」は「成長ホルモンの分泌を促進する栄養成分を取りまくっている」ことと捉えてください。

 

 きっかけはコンプレックス 

一番最初にHGHサプリを取り始めたきっかけは

身長・・そう 身長を伸ばすこと でした。

さっき箇条書きしたやつにはあえて入れなかったのですが 

成長ホルモンには

軟骨細胞の増殖や骨の細胞を活性化させて【成長期の子どもの】身長を伸ばすといった作用

.
があります。

 

自分 身長、平均以下なんで・・・

身長にコンプレックスがありまして・・・

HGHサプリは「身長を伸ばす」ことを目的にとり始めました。

 

おっと


野暮なツッコミはなし~

すでに成長期は過ぎていたのですが、「一縷の望み」をかけてです。

 

 

で、「骨端線が閉鎖していたのでしょせん無理なこと」だとわかり
しばらくしてから摂取目的を変更しました。

さっきの1と2の作用である細胞の分裂や細胞の修復のために成長ホルモンの分泌を促す成分をとるようになりました。


ようは細胞の新陳代謝【=薄毛予防や美肌作り・美白ケア】目的です。

 

スポンサードリンク

 

 成長ホルモンが減る だから 私はエクス・・ 

ご存知かもしれませんが


成長ホルモンって20歳をピークにその分泌量は減っていきます。
一方で(?)人はだいたい20歳ぐらいから少しづつ老化が始まっているといえます。

ということで

成長ホルモンが減る人の老化の始まりは見事スタート地点が一緒です。

というか、話の都合上そういうこととさせてください。

 

 

成長ホルモンが減ると具体的にいうこういった現象が起きます。

  • 成長ホルモンが減って毛母細胞の細胞分裂が衰えれば、健やかな髪は生まれなくなる&ヘアサイクルの成長期が短くなって抜け毛が増える。
  • 成長ホルモンが減って肌の真皮にある繊維芽細胞の細胞分裂が衰えれば、繊維芽細胞が減りその結果コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減りしわ・たるみ・かさつきが生じる。
  • 成長ホルモンが減って肌の表皮にある表皮細胞の細胞分裂が衰えれば、肌のターンオーバーが乱れその結果メラニンの排出がスムーズにいかなくなりシミ・くすみが増える。

 

アレ?

こう見ると

成長ホルモンの減少=老化

はあながち話の都合上でもなく 「まさに」って思いませんか?

 

ということで


「成長ホルモンが減る だから人は老化する」です。

 


これは某携帯CMの「だから私は X〇〇〇」より説得力があると思います。

アハハ 

アハハ

 

 愛用品をちょろっと紹介 

さて先ほどHGH(のサプリ)は成長ホルモン分泌を促すアミノ酸の集合体のようなものと説明しましたが、

私が愛用品しているHGHサプリの1つ

これはちょっと趣向が違うものです。

 

 

 

 

 

 

アイハーブでの成分内容では以下のような記載があります。

有効成分:
ヒト成長ホルモン30X(2部)、pituitaria glandula suis 30X(2部)、hepar suis 6X(1部)。

目的:
(不眠症のための一時的な救済、低エネルギー)

 

不活性成分:有機アルコール30%v / v、精製水。

 

ちょっとわかりにくいですね。

サプリンクス本店に詳しく書かれていたのでそちらを拝借します。

よくある質問

【Q】 原材料は何由来ですか?
【A】 ヒューマングロースホルモン (遺伝子組み換え型:一番安全性が確認されている型です) :原材料は人の生体です。生体から取り出した HGHをもとに遺伝子組み換えにて人工合成しています。 へパー 、ピチュタラム(Pituitarum) :豚由来の原材料を使用しています。

【Q】保管温度を教えて下さい。推奨の保管温度を超えてしまった場合、劣化しますか?
【A】明確な保管温度の指定はありません。気温により著しく成分が変化することはありませんので、室温で保管していただくことをおすすめします。

【Q】おすすめの飲み方はありますか。
【A】6ヵ月間使用した後、最低1か月休んでいただくことをおすすめします。

 

引用元
☆≪販売終了≫バイタルAGE ディファイアンス(旧名:バイタルHGH グロースホルモン)
サプリンクス本店 HP

 

「原材料は人の生体です」

・・・

・・・

って、ちょっぴり不安になる内容なんですけど・・・

 

え~とにかくこのリデルのHGH愛用歴は長く、けっこう昔から(旧バージョンから)飲み続けています。

他にもHGHサプリはいろいろ飲んでいるので 

 

 

 

いつか商品のレビュー記事を書きたいと思います。

 

 まとめ 

最後にHGHサプリを飲み続けての感想を述べたいと思います。

効果はすばり


「ある」といえます。

 

HGHサプリを20代から手を出すという人はそんなにいないと思います。
特に自分の時代ではそんなにいなかったと思います。


少なくとも私の周りで手を出している人はいませんでした。

というかそもそも友達が少なかったのですが・・・

 

まあ~ 今はそうでもないかもしれません。
以前と比べものにならないくらい販売ルートが充実しているので、

20代でもいるかもしれません。
筋トレに力を入れているかたとかはHGHサプリを愛用しているかもしれません。

 

え~ なにが言いたいのかって
とにかく自分は20代から手を出して、

今も摂取続けています。

その結果 40代に途中した今も、

同年代と比較して

毛量・肌質・体型は「減少していない」「いいほう」「維持できている」といえます。

 

 

※ここでいったん読者目線に切り替えます。

  

ユー お逝きなさい

 

 

いや~ 

読者さまの厳しい視線&お言葉をチャクラで感じちゃいました。

 

もちろん HGHのみならずいろいろなサプリメントを飲んでいるので一概にこれ(HGH)だけのおかげではありませんし・・・

そもそも 自分で言っちゃっていること自体 アイタタターーーですし・・・

ましてや 姿をさらしていないなか、そんなこと言ってもまったく説得力がないですし・・・

 

でも、

でもです。

仮にそう(「減少していない」「いいほう」「維持できている」)だとしたら 

HGHサプリの貢献度はかなり高いといえます。

 

えーちょっと尻切れトンボ気味ですが、HGHに関してはここでは語りつくせないので、また別で記事にする予定です。

 

 

さて最後に一言もの申します。

20年近く HGHサプリを飲み続けてきました。

成長ホルモンを分泌させることにものすごく力を注いできましたが、


身長はまったく伸びてません

 

HGHを身長を伸ばす目的で取る方もいると思いますが、

骨端線が閉じた人は、

たぶん無理ッス!!

 

スポンサードリンク