HGH(ヒト成長ホルモン)

HGH(ヒト成長ホルモン)の評価 SS

HGH(ヒト成長ホルモン)

成長ホルモンは、ホルモンの一種で脳の指令を受けて脳下垂体で作られ分泌されます。
主にたんぱく質でできていて、生涯にわたり分泌されるホルモンです。

 

脳下垂体には前葉と後葉があります。成長ホルモンは前葉で作られます

 

 

 

 

もう少し詳しく言うと、成長ホルモンは視床下部にある成長ホルモンの分泌を促す成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)の作用で分泌され、同じく視床下部にあるソマトスタチンと呼ばれる成長ホルモン抑制ホルモンにより分泌を抑制されます。

詳しく言うのならGHRH(成長ホルモン放出ホルモン)が分泌され成長ホルモンの分泌がされるというべきですがこのブログではGHRHの記載をせず、単に「成長ホルモン」の分泌でまとめていきます。

スポンサードリンク

 成長ホルモンは組織の細胞分裂を促すことで、体を成長させたり、代謝を促進するといった作用があります。
具体的には次のようなものがあげられます。

  1. 思春期の子どもの身長を伸ばす
  2. 細胞分裂を促し、新しい細胞をつくる、細胞を再生する
  3. 骨形成を促進
  4. たんぱく質の合成
  5. 糖質、脂質のエネルギー代謝促進
  6. 血糖値をあげる
  7. 脂肪分解

これらに関しては後ほど簡単にまとめています。

今あげた成長ホルモンの作用は、
成長ホルモンそのものが、器官や組織に働きかける場合
成長ホルモンが分泌されることで肝臓でIGF-1という成長因子を物質を生成し、そのIGF-1が分泌されて器官や組織に働きかける場合の2パターンあります。

簡単にいうと成長ホルモンの作用は成長ホルモン直接の場合IGF-1を仲介する場合があるということです。
※成長ホルモンの作用のほとんどは、IGF-1を仲介して行われています。

成長ホルモンの分泌は、思春期の10代がピークで、その後は加齢とともに減少し、60代では50%、80代では5%までに減少してしまいます。分泌量が減ることで、代謝機能が落ち筋力低下、脂肪増加、疲労などが発生しやすくなります。髪や肌という見た目の部分でも老化が見られるようになります。

HGH(ヒト成長ホルモン)成長ホルモンを分泌を促進させるアミノ酸を集めたものです。成長ホルモンのもとになるたんぱく質の合成に働きかけ、成長ホルモンの分泌量アップにつなげるものといえます。
※私が飲んでいるタイプ(アイキャッチ画像参照)はちょっと違うかもしれません。詳細はこのページ最後に記載しているHGH雑感を見て下さい。

HGH(ヒト成長ホルモン)の摂取目的

HGHの摂取目的はその他「成長ホルモン」の分泌量を増やすことです。それに付随して薄毛、白髪を予防すること、肌を綺麗にすること、筋肉を増やすこと、普段の体力や精力をつけれることを目的としています。

 摂取目的
髪  「薄毛」「白髪」
肌  「美肌」
体型 「筋肉」
体力 「普段」「夜のほう」
その他「成長ホルモン」

成長ホルモンの7つの作用

①思春期の子どもの身長を伸ばす

思春期の子どもは骨端線にある軟骨組織の細胞が細胞分裂することで背が伸びます。軟骨組織には骨を形成する骨芽細胞と、骨を吸収する破骨細胞がはたらいています。思春期には骨芽細胞の動きのほうが活発になり、骨を吸収するスピードより、骨を形成するスピードが速くなるため骨端軟骨(骨の端にある軟骨)がどんどん伸びていき身長が伸びます。
成長ホルモンはこれらの細胞の細胞分裂を促進します。
※骨端線は思春期を過ぎたころに閉鎖されます。そのために背が伸びなくなります。

骨端線
骨の両端にある骨端軟骨の付近にある軟骨が集まっている部分のこと
骨芽細胞
 骨形成を担当する細胞、古くなって壊された骨に代わって新しい骨を作る細胞
破骨細胞
骨吸収を担当する細胞、古くなった骨を壊す働きをする細胞

②細胞分裂を促し、新しい細胞をつくる、細胞を再生する

細胞分裂の例が解りやすい肌の話をします。肌のターンオーバー(表皮の細胞分裂)と繊維芽細胞を例に話します。

肌のターンオーバー
表皮は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4つの層に分けられます。表皮の細胞は角化細胞(ケラチノサイト)とそれが変化した細胞がほとんどを占めています。9割ぐらいは角化細胞とそれが変化した細胞で占められています。
それが変化した細胞とは各層にある細胞のことです(例 有棘層にある細胞→有棘細胞

まず表皮の一番下にある基底層で角化細胞は生まれます。基底層の角化細胞が細胞分裂をして、新しい細胞が作られます。分裂した角化細胞のうちの一つは基底層に残って次の分裂に備えます。細胞分裂で生まれたもう一つ角化細胞形を変えながら表面に押し上げられていきます。

 

 

この角化細胞が有棘層、顆粒層、角質層という順番で上に上にとあがっていきます。最終的にはアカとなってはがれていきます。
基底層で生まれた角化細胞が最終的にアカとなってはがれていく日数のことを肌のターンオーバーといいます。つまり肌のターンオーバーとは「肌の細胞の生まれかわり」=「新陳代謝」のことです。

成長ホルモンは表皮の細胞の細胞分裂を促進する働きがあります。成長ホルモンがしっかり分泌されると肌のターンオーバーが正常化され、肌トラブルの少ない、きれいな肌を保つことができるといえます。

繊維芽細胞
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった美肌成分を生み出す繊維芽細胞の増殖を促すのも成長ホルモンです。繊維芽細胞は加齢とともにその数がへります。そのためこの3つの美容成分の生産能力が落ち、肌のハリ、弾力、潤いが失われ行きます。成長ホルモンが分泌されることで繊維芽細胞を活性化させることができ、美肌、アンチエイジングにつながります。

③骨形成を促進
約3年で骨はまったく新しい骨に生まれ変わります。このことを骨の代謝といいます。骨の生まれ変わりは、骨の形成と吸収を繰り返すことにより起こります。
骨をつくる骨芽細胞と、骨を壊す破骨細胞この2つの細胞が常に活動しながら、骨の形成と吸収を繰り返すことで、すこしずつ骨が生まれ変わっています。この二つの細胞の細胞分裂を促進しているが成長ホルモンです。

④たんぱく質の合成
筋たんぱく質の合成=筋肉を増やすことに成長ホルモンは関係します。筋肉を増大させるということは筋肉に高い負荷を与えることで、筋繊維にダメージを与え、休養、栄養をとることでダメージを受けた筋繊維を修復させるプロセスです。
特に休養時(睡眠時)が一番増大する時です。理由は、睡眠中に成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。成長ホルモンには筋繊維を修復させ、筋肉を再生させる働きがあります。

⑤糖質、脂質のエネルギー代謝促進
筋肉、脂肪、肝臓などの臓器で行われる3大栄養素の代謝を促進し、エネルギー産生に貢献しています。

⑥血糖値をあげる
成長ホルモンは低血糖時に、血糖値をあげる働きがあります。血糖値が70mg/dl未満(低血糖)になると、血糖値をあげるホルモンが順次分泌されますが、そのなかで成長ホルモンは3番目に分泌されるホルモンです。
最初にグルカゴンとアドレナリン、3番目に成長ホルモン、最後にコルチゾールという順番で放出されます。
成長ホルモンが分泌されると肝臓に貯蔵していたグリコーゲンが分解され血糖値維持の働きをします。

⑦脂肪分解
体内にある脂肪は、空腹時のときに分解されエネルギーになりますが、分解されるときに、ホルモン感受性リパーゼという酵素が働いています。成長ホルモンはこの酵素を活性化させる働きがあります。

HGH(ヒト成長ホルモン)の効果・効能

上で話をした成長ホルモンの7つの作用のうち、①思春期の子どもの身長を伸ばす以外の効果が見込まれます(成人の場合)。

思春期を過ぎると骨端線が閉鎖するので、いくらHGHを摂取しても背は伸びないと思います(20歳以上でも骨端線が残っている人なら可能)。
思春期に摂取することで、身長を伸ばす効果はあるかもしれませんが、私が購入しているものは成人を対象にしている商品なので絶対に摂取禁止です。
※日本製の場合は、子どもに飲ませても問題ないものがあるようです。摂取する際は商品の対象年齢を確認してください。

その他に見込まれる効果としては

精力向上、血液サラサラ効果、髪のハリコシがアップ、睡眠の質改善、記憶力向上、免疫力アップなどです。

HGH(ヒト成長ホルモン)のサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 見栄えを気にする人に、若々しさキープ
  • 筋肉量が増え、ダイエット効果がアップ
  • 老化現象の改善に、若返りホルモン
  • 若返り&ダイエット
  • 細胞レベルからの生まれ変わり
スポンサードリンク

HGH(ヒト成長ホルモン)の摂取量、不足、過剰

HGHの摂取量
成長ホルモンを分泌させることは重要ですが、HGHを取ることは必須ではありません。当然ですが、推奨摂取量はありません。購入したHGHのサプリントの使用量、使用方法を守ってください。
 
HGHの不足
HGHの不足というより、成長ホルモンの分泌が不足というていで話をすすめます。成長ホルモンの分泌が少なくなると老化現象が起こります。体のいたるところの細胞の細胞分裂が衰え、代謝機能がおちます。それにより抜け毛、肌の老化(しみ、たるみ、くすみ)、筋力低下による肥満など見た目の劣化が顕著にあらわれます。肥満になることで動脈硬化にもかかりやすくなります。年をとることで、若いころと比べ容姿、体力、病気にたいする免疫力が衰えるのは、加齢とともに成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことも原因の一つです。
 
HGHの過剰
HGHをサプリメントで取る場合は、その使用量を必ず守ってください。HGHは成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸の複合サプリメントのようなものです。そのアミノ酸のなかには過剰摂取することにより過剰症をもたらすものがありますので注意してください。
なかでもアルギニンという非必須アミノ酸は若干注意が必要です。子どもが、身長を伸ばしたいからといってアルギニンをあまりにも過剰にとりすぎると巨人症(体、顔が大きくなりすぎる)になる可能性があります。

成人の場合で、成長ホルモンが過剰に分泌してしまうと、先端巨大症という症状が発生します。顔つきが変わる、手や足が大きくなるといった独特の変化が現れる症状です。糖尿病などの合併症を引き起こします。

HGH(ヒト成長ホルモン)の豆知識

スプレータイプが主流
錠剤タイプのサプリメントが多い中、HGHのサプリメントは舌下投与型のスプレータイプが主流です。諸説ありますが、HGHを舌下の粘膜から吸収させることを目的としているようです。

HGH(ヒト成長ホルモン)のイメージ

アミノ酸が多く含まれる魚介類や肉類、特にアルギニンが多い食べもの 

筋力アップをはじめとする若返りに貢献

HGH(ヒト成長ホルモン)と相性の良い栄養成分

 

HGH(ヒト成長ホルモン)の勝手にランキング

 

HGH(ヒト成長ホルモン)のレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

HGH(ヒト成長ホルモン) 総合評価 SS 18

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛、白髪) 評価6
髪はケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンの材料となるアミノ酸をもとに、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を生み出し、成長させていきます。
髪が生まれ成長していくメカニズムにおいて毛母細胞にケラチンのもととなる18種類のアミノ酸の取り込みを促進することと毛母細胞の細胞分裂を活性化させることが重要となります。
「ケラチンの合成を促進させる」、「毛母細胞の細胞分裂を活性化させる」のが成長ホルモンの働きです。成長ホルモンの材料であるHGHはこの部門では満点です。

肌(美肌、美白) 評価6
繊維芽細胞では美肌成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)の生成がされています。表皮細胞では肌のターンオーバーが行われています。成長ホルモンが分泌されることで繊維芽細胞、表皮細胞の分裂を活性化させます。成長ホルモン分泌を促す成分HGHは美肌、美白に大きく貢献しているといえます。

体型(筋肉)評価6
筋肉をつける作業は、筋肉に高い負荷を与えることで、筋繊維にダメージを与え、休養、栄養をとることでダメージを受けた筋繊維を修復させるということを繰り返し行うことです
筋肉が一番ふえる時は、睡眠中で、成長ホルモンがたくさん分泌されるときです。成長ホルモンには筋繊維を修復させ、筋肉を再生させる働きがあり、筋肉を肥大化させるには重要な物質です。その成長ホルモンを分泌を促進するHGHは筋肉をつける点においては満点です。

体力(普段、夜のほう)評価6
成長ホルモンは糖質、脂質の代謝に関わっています。エネルギーを生み出すために欠かせないもので、代謝がうまくいかなければ、疲労が生じ日々の生活に支障がでます。なので成長ホルモンをしっかり分泌させることは大事です。
成長ホルモンの分泌量が増えることは精力増強にもつながります。

その他(成長ホルモン)評価6
HGHはそのまんま成長ホルモン(成長ホルモンの分泌を促すもの)のことなので特に記載なし。

HGH(ヒト成長ホルモン)雑感

総合評価が最高評価になってしまいました。

というか全部のカテゴリーで満点になってしまいました。

当然です。

サプリメントの中のドーピングのようなものですから・・・

というのは言い過ぎかもしれませんが、とにかくHGHは成長ホルモン分泌を促すアミノ酸の集合体のようなものなので、当然評価も高くなってしまうということです。
このレビューは成分単体を評価しているものがほとんどなので、それが合わさったともいえるHGHを他の栄養成分と比較すると「ちょっと・・・」という感じです。

というかこれって成長ホルモンそのものを評価している感じになりますので、必然的にすべてのカテゴリーが満点にます。

ところで私が摂取しているHGHサプリメントはこのページで述べてきたHGHの内容とはちょっと趣向が違うものです。

アメリカから個人輸入代行で購入しているのがリデル社の「バイタルAGE ディファイアンス」というものです。

 

 

 

この原材料は次のように記載されています。

ヒューマングロースホルモン (遺伝子組み換え型:一番安全性が確認されている型です) :原材料は人の生体です。生体から取り出した HGHをもとに遺伝子組み換えにて人工合成しています。 へパー 、ピチュタラム(Pituitarum) :豚由来の原材料を使用しています。 

サプリンクス本店HP HGH 紹介ページより 引用

日本で販売されているHGHは成長ホルモンを分泌を促進させるアミノ酸をバランスよく配合したもので、成長ホルモンのもとになるたんぱく質の合成に働きかけ、成長ホルモンの分泌量を促すものです。

つまりレビューしてきた成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸(アルギニン、オルニチン、シトルリン、リジン、トリプトファン、グルタミン、オルニチンフェニルアラニンなどを配合した複合サプリメントのようなものです。

同じHGH(ヒト成長ホルモン)というカテゴリーの商品なのにその原材料の記載に大きな違いがあります。
私の購入している方は「えっ大丈夫かいな」って思っちゃいませんか?

遺伝子組み換え型?

原材料は人の生体?

これで躊躇しちゃう人もいそうですが・・・あまり気にせずとっています。
なんかリデル社のHGHサプリは専門医師が開発した信頼できるもので、世界でも人気が高く注目されているものとの記載がありましたし・・・・・
後はこれはうる覚えなのであっているかどうかわかりませんが世界で一番売れているHGHの商品とかいわれていたような・・・・・

「まあ大丈夫しょ」と考え、「成長ホルモン」のためならエーンヤーコーラー精神で有無をいわず取り続けています。

「バイタルAGE ディファイアンス」は昔は「バイタルHGH グロースホルモン」という商品名で販売されていて、その時は確か日本のと同じように成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸が複数含まれているタイプのサプリだった記憶があるのですが・・・(この話は、同じリデル社のHGHを摂取している人しかわからない話でした。すいません)。

とにもかくにもリデル社のHGH愛飲歴は長く、20代後半ぐらいから飲み続けています。

当時から成長ホルモン分泌に躍起になっていたのと、もう少し身長が伸びてほしいというわずかながらの願いと、
この商品があたかも不老不死の薬(そんなことは絶対にうたっていませんが、私の感覚的に)が如く紹介されていたのが
購入し始めたきっかけだったような記憶があります。

現在飲んでいるバイタルAGE ディファイアンスの成分が成長ホルモンそのもの(?)なのか、日本の製品と同じように成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸の集合体のようなものなのかハッキリわかっていません。
とにもかくにもこれをのむことで成長ホルモンの分泌量が増えると信じて舌に入れ続けています。

前から言っていますが、私は成長ホルモンの分泌にものすごく力を入れています。分泌を促すといわれるありとあらゆるアミノ酸を単品サプリとして摂取しています。
また20種類のアミノ酸を含んだサプリメント、プロテインなど、成長ホルモン分泌に関わるものを多く摂取しています。

アミノコンプリート(20種類のアミノ酸)

 

 

 

 

 

プロテイン

 

 

 

 

これらにプラスして成長ホルモンそのもの(かどうかわかりませんが)のバイタルAGE ディファイアンスを摂取しているというわけです。

成長ホルモンの宝石箱だらけやー

ちょっと取りすぎですね。

現在これに関しては摂取量を若干抑えています。1日3回、舌にスプレーすることを指定されていますが、朝、夜寝る前の2回だったり、時に夜寝る前の1回だったりにしています。
※私が飲んでいるバイタルAGE ディファイアンスは飲み方の指定があります。例えばこんな感じです。

1日3回を目安に、舌の下に2回スプレーする。6ヵ月間使用した後、最低1か月休む。

で10年以上継続して感じる効果はすばり「良い」です。

まずこのサプリメントを20代から手を出すという人はあんまりいないと思いますが、自分は20代から手を出して、続けています。その結果、感じることは、肌の衰えが、筋肉の低下が少ないということです。
まあいろいろなサプリメントを飲んでいるので一概にこれだけのおかげではありませんが、HGHをはじめとする成長ホルモン分泌促進の効果があるサプリメントたちのおかげだと思い込んじゃっています。そうなるとドンピシャで成長ホルモンに分泌関わる成分HGHの貢献度はかなり高いと思います。

ただです。

人に勧められるかどうかといわれれば、イエスという自信がありません。さきほど書きましたが原材料のことがよくわからないからです。
もしこのレビューに惹かれ、購入を考えている場合はしっかりと調べて検討されることをお勧めします。以前メラトニンのレビューで書きましたが、私が購入しているリデル社のHGHは簡単には買えないものです(楽天、アマゾン経由では買えない。個人輸入販売会社の直サイトのみ)

・・・・すいません

そもそもこのレビューはリデル社のHGHを紹介するのではなく、HGHというサプリを紹介することでした。成長ホルモン分泌を促すアミノ酸が複数配合されているもののほうのことです。でいろいろ探したらこういうのがでてきました


【送料無料】新HGHサプリ スーパーHDプレミアム (20包入り)成長ホルモン アミノ酸・植物発酵・大豆・イソブラボン・ビタミンCL−シトルリン・弾力・疲れ・寝付き・エイジング・免疫・代謝・分泌・吸収

おそらく日本で販売されているHGHはほとんどこのようなタイプ(アミノ酸複合)なので、原材料で悩むことはないと思います。
成長ホルモンに関わるアミノ酸を一度に取れるので、成長ホルモンの分泌効果はあると思います。

後ですね。

夢をつぶすようなことをいいます。

10年以上前からこれを飲んでいて、成長ホルモンを分泌させることにものすごく力を注いでいますが、
身長はまったく伸びません
HGHを身長を伸ばす目的で取る方もいると思いますが、骨端線が閉じた人は、たぶん無理です。

 

スポンサードリンク