グルタミン

グルタミンの評価 A+

グルタミン

グルタミンは非必須アミノ酸です。体をつくるたんぱく質の中で最も多く含まれるアミノ酸です。
骨格筋に存在するアミノ酸の60%はグルタミンです。

骨格筋
骨格の可動部分に付いて、姿勢を維持するときやや運動するときに働く筋肉のこと

非必須アミノ酸なので、体内で合成可能ですが、グルタミンは不足しやすいです。
グルタミンには非常に消耗が激しいという特徴もあります。

 グルタミンが消耗する場面
  • 筋トレなどハードな運動をしたとき
  • ストレスを感じたとき
  • 風邪をひいたとき けがしたとき

ストレスを感じて、なぜグルタミンが消耗するかというと
人間は、ストレスを感じるとそれに対抗するためのエネルギーを必要とします。
このとき、筋肉が分解されてアミノ酸を取り出し、エネルギーの材料とされてしまいます。
その結果、筋肉に多く存在するグルタミンが多く供給される(消耗される)ということになります。

運動した時や、ストレスを感じただけで消耗するグルタミンは、体内で合成するだけでは間に合いません。なので補給する必要があります。

このことからグルタミンは条件下必須アミノ酸と呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

グルタミンの摂取目的

その目的は体型「筋肉」、体力「普段」、その他「成長ホルモン」、「免疫力」になります。

 摂取目的
体型 「筋肉」
体力 「普段」
その他「成長ホルモン」「免疫力」

グルタミンの効果・効能

私が気になる効果・効能順になっています。免疫力は腸の働きより上にしたかったのですが、腸管の説明上、逆になってしまいました。

筋肉
グルタミンは筋肉が失われるのを防ぎます。グルタミン摂取は筋肉の分解を抑制するため、筋肉の維持に効果があります。

成長ホルモン
グルタミンを摂取することで成長ホルモンの分泌が高まるといわれています。

メンタル面
ストレスを感じたたときに、それに対抗するエネルギーが必要となります。グルタミンを摂取することで失われるエネルギーの補給をすることが出来ます。

腸の働き
腸管とは食物を消化、吸収する器官です。グルタミンは腸管の重要なエネルギー源の一つです。腸管には栄養の吸収を行うじゅう毛という突起があり、食事などから摂取した栄養素はじゅう毛に吸収され、肝臓を通して全身へと送り込まれます。

免疫力
腸管内の絨毛じゅう毛には細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きもあります。腸管の重要なエネルギー源の一つであるグルタミンにはこのじゅう毛を修復する作用があります。

傷の修復
傷の修復には免疫にかかわる細胞の働きが必要です。グルタミンは免疫にかかわる細胞のエネルギーとなります。傷の修復効果が期待できます。

アルコール代謝
グルタミンにはアルコール代謝を促し、二日酔いを改善する効果があるといわれています。

グルタミンのサプリメントでよくあるキャッチフレーズ集

  • 筋トレの味方、筋肉を構成するアミノ酸であり、スポーツ界でも注目
  • 本格的なトレーニングを行っている方おすすめ
  • 激しいスポーツに取り組む方々の健康と体作りに
  • 強力な免疫力を確保、守り強化のアミノ酸
  • 病気などに対する抵抗力を向上させる 
    スポンサードリンク

グルタミンの摂取量、不足、過剰

グルタミンの摂取量
1日の推奨摂取量は10~15gです。朝、昼、晩とわけて取ることをお勧めします。筋トレ時に最大効果をだすため、トレーニング後にグルタミンを最低でも1度に5gは飲むことが推奨されています。体重の重い方は10gを推奨されています。
安全性の高いアミノ酸なので、1日最大40gまでは問題ないとの報告があります。ただし、必要以上に摂取することは無駄になるだけではなく、体へ負担をかけることになります。なのでいくらマッチョな体を作りたいからといってもほどほどにしましょう。
 
摂取するタイミング
筋トレ後にグルタミンを摂取することがおすすめです。特に筋トレの後にはグルタミンの消費が激しくなっています。筋トレによる筋肉の分解を防ぐという点では後に摂るのが良いです。1日に3回グルタミンを取ると考えた場合、朝、トレーニング後、寝る前がベストだと考えられます。
 
グルタミンの不足
筋力の低下がみられます。またトレーニングをしていてもグルタミンが不足していると思うように筋肉をつけることができないです。ストレスに関わっている成分なので不足していると
うつなどの精神面への影響などが起こりやすくなります。
 
グルタミンの過剰
安全性の高いアミノ酸のため、また不足しがちの成分のため、過剰による心配はほとんどありません。度をこえた量を摂取すると胃に負担がかかります。

グルタミンの豆知識

グルタミンとグルタミン酸
非必須アミノ酸は11種類ありその中にグルタミンとグルタミン酸があります。グルタミンは、体内でグルタミン酸とアンモニアに酵素が働くことによって合成されます。グルタミンは全身のエネルギー材料となるアミノ酸ですが、グルタミン酸は、神経伝達物質としての役割をするアミノ酸です。
 

グルタミンのイメージ

食べ物だったら生卵

写真だったらこれ、筋肉、全身のエネルギーというイメージ

グルタミンと相性の良い栄養成分

・BCAA

グルタミンの勝手にランキング

体型(筋肉)部門 第1位

グルタミン レーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

グルタミン総合評価 A+ 15

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3
成長ホルモン分泌は髪の成長を促したり新陳代謝(ヘアサイクル)にもプラスに働きます。成長ホルモン分泌に関わっているグルタミンを飲むことは、髪にも効果があると思いますが、薄毛改善を目的としていないので3です。

肌(美肌) 評価3
成長ホルモンの分泌に関わっているので、遠からず関係しています。ただ美肌目的でないので。

体型(筋肉) 評価6
グルタミンといえば、これですかね。ザ筋肉の成分といえます。グルタミンはアミノ酸不足の筋肉の分解を防ぎ、筋肉増強の手助けをするといわれてます。体に一番多く存在するアミノ酸でもあります。そして体内の全遊離アミノ酸中60%を占めているものです。ボディビルダー、アスリートに不可欠な栄養成分です。

体力(普段) 評価5
免疫力、ストレスに関わっているという点は、普段の生活に欠かせないといえます。ストレスによりエネルギーはどんどん消費されていくので、エネルギー源の一番の材料であるグルタミンをとる必要があります。激しい運動している人だけでなく、仕事でストレスが溜まっている人にも摂取をおすすめしたい成分 評価は5

その他(成長ホルモン、 免疫力) 評価4
グルタミンには成長ホルモンを分泌する働きがあります。でもグルタミンって成長ホルモンに関してはそんなにクローズアップされていない気がします。賛否あると思いますが評価は4 なぜか免疫力もいれてしまいました。免疫力をつける効果もあります。

グルタミン雑感

これを書いている時点で、グルタミンを単体サプリメントでとっていません。グルタミンの紹介内容や自分の評価を見てみるととってもおかしくないのですが。

 

 

 

 

 

まあとっていない理由としては、グルタミンが多く含まれているプロテインを毎日とっている。すべてのアミノ酸が配合されている複合サプリメントを取っている。筋トレを本格的にしていない。という3点です。仮にマッチョを目指しているならば、間違いなく単体でもとっています。グルタミンは過剰を心配する必要がさほどないので。

セクシーな体を作りたいひとや仕事ですごいストレス感じちゃっている人は、体内のグルタミンの消耗が激しいので、絶えず補給したほうがよさげです。運動した時、ストレスを感じたとき、大量につかわれるアミノ酸はグルタミンだからです。
また免疫力アップにも効果があります。免疫力が弱いなあと感じるかたはその改善にグルタミンを取るのも手です。

調べていくうちに、単体でとってもいいかな~と思えてきました。今度、アメリカから注文するとき買ってみようかな~。これ以上サプリメント増やすのもなあ~。悩み中。


と書きましたが、その後購入し、7月の頭ぐらいからグルタミン単体を飲み始めました。

 

 

 

 


Lグルタミン 500mg 120粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/アミノ酸/now/ナウ/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/カプセル] ¬

スポンサードリンク