クマリン

クマリンの評価 A

クマリン

クマリンはセリ科、ミカン科、マメ科、キク科の植物に含まれるポリフェノールの一種です。
セリ科の明日葉、パセリなどに多く含まれています。特に明日葉においては、有効成分の一つとして良く知られています。

スポンサードリンク

桜餅

クマリンは桜餅にも含まれています。というよりは桜餅についている桜の葉のほうに含まれています。

桜餅は桜の葉を塩漬けにして作られます。この工程でクマリンが含まれることになります。

桜餅を食べたりするとわずかにバニラに似た独特の香りがしますが、この香りはクマリンの匂いです。
クマリンは、塩漬けする前の生きている桜の葉の状態の時は、糖と結合しているクマリン酸配糖体という形で存在しているので香りを感じることはありません。葉を塩漬けにしたりすることで細胞が壊れると、グリコシダ-ゼという酵素の働きにより配糖体が切断され、その結果クマリンが生じて桜餅の独特の香りがするようになります。

クマリンの摂取目的

摂取目的をあえてあげるとしたら体型「ダイエット」とその他「血液」です。

 摂取目的
体型 「ダイエット」
その他「血液」

クマリンの効果・効能

抗酸化
活性酸素は「酸化させる力」が非常に強い酸素のことで、その強い力で体内に侵入したウイルスや細菌を除去する役割があります。活性酸素は適量ならば細胞を守りますが、体内に多量に発生し、その除去がしっかりと行わないと、正常な細胞まで傷つけてしまいます。
活性酸素は紫外線、タバコ、過度な運動などから発生します。またストレスや体内に取り入れた一部の酸素からも発生します。なので生きている限り避けることはできないものです。
この活性酸素の攻撃から細胞を守るために抗酸化作用をもった物質をとる必要があります。
クマリンは抗酸化作用を持つ物質の一つです。

抗菌
クマリンには抗菌作用もあります。ウィルス、細菌の増殖や侵入を防いだり、死滅させたりする効果があります。

血流
クマリンには血液を固まりづらくして血流を改善する働きがあります。それにより血栓を防ぐ、むくみを予防する効果が期待できます。

血栓
血管内で血液が固まって塊になった状態を血栓といいます。血の塊は血小板が集まってできます。
血栓は主に血管壁が傷つくことで起こります。何らかの原因で血管壁に傷ができると止血しようと血栓ができます。
血管内にできた血栓のサイズが大きかったり、血栓が溶解されなかったりするとその先に血液がスムーズに流れなくなって、その部分の組織が傷ついてしまいます。
心臓に栄養と酸素をおくる血管(冠動脈)に血栓が起きると心筋梗塞、脳に栄養と酸素をおくる血管に血栓がおきると脳梗塞といった重大な病気につながります。
クマリンには血液を固まりづらくする働きがあるため血栓を防ぐ効果があるといえます。

むくみ
心臓を拠点に、新しい血液とともに栄養や酸素を細胞に運ぶ血管が動脈で、古い血液とともに細胞からでた老廃物や二酸化炭素を心臓に回収するための血管が静脈です。毛細血管は動脈と静脈の間に網目状に広がっています。この毛細血管を介して動脈と静脈が繋がっています。
体の隅々の細胞に必要な栄養素や酸素などを運搬するのが毛細血管でその中を流れている血液です。

毛細血管は細胞一つ一つとつながっているわけではありません。毛細血管には小さな穴が開いており、適度に漏れることで周りの細胞に栄養や酸素を届けています
動脈側の毛細血管から血漿という栄養や酸素を含んだ血液の成分の一部が染み出ることで周りにある細胞に栄養や酸素を届けています。染み出した血漿のことを組織間液といいます。
組織間液は栄養や酸素を運ぶと同時に細胞の代謝によって生まれた老廃物や二酸化炭素を含んだ水分を静脈側の毛細血管やリンパ管に戻す役割をしています。血漿と組織間液のことを細胞外液といいます。

むくみはとくに細胞外液の増加によっておこりやすいです。また静脈の流れに大きく影響されます。
組織間液が毛細血管(静脈側)、静脈、リンパ管を通って流れでる際に、その流れが滞ると血管外の皮下組織に過剰に水分が溜まってしまいむくみが生じます。
クマリンには血液、リンパ液の流れを良くする働きがあるためむくみ予防にも最適な成分といえます。

水分
人間の体のおよそ60%は体液と呼ばれる水分でできています。
人間の構成比
体液は細胞膜を介して細胞内液と細胞外液に分けれらます。体液の2/3は細胞内にある細胞内液で、1/3は細胞外にある細胞外液です。
60%の体液は、細胞内液に40%、細胞外液に20%(組織間液に15%、血漿に5%)分布しています。
細胞内液
細胞内液は細胞膜の内側にあり、エネルギー産生やたんぱく質合成など細胞が機能するための環境を作り出しています。細胞外液が減少した時、細胞内液が細胞外に移動して補うという役割も果たしています。
細胞外液
細胞外液は毛細血管を介して血漿(血液に含まれる水分)と組織間液(細胞と細胞の間を埋めている水分)にわけられます。

血漿
血液の55%を占める液体成分です。血漿の90%は水分で、残りは8%はたんぱく質、2%はその他(イオン、ホルモンなど)となっています。
血漿たんぱく質の60%がアルブミンで、血管内と外の水分のバランスを保ったり、体内のさまざまな物質や栄養素を運搬する役割をしています。

組織間液
細胞外液の水分のうち細胞と細胞の間を埋めるように存在しています。血液と細胞との間の必要なもの(栄養、酸素)、不要なもの(老廃物)の受け渡しは直接行われるのではなく、組織間液を介して行われています。組織間液は組織液、細胞間液とも呼ばれます。

クマリンのサプリメントにありそうなキャッチフレーズ集

  • むくみの予防に
  • 1日中スッキリしたい人
  • 夕方のブーツがきつくなる女性
  • ほっそりキレイにみせたい
  • 血液サラサラ
スポンサードリンク

クマリンの摂取量、不足、過剰

クマリンの摂取量
ドイツの公的機関ではクマリンの1日あたりの許容摂取量は0.1mg/kgとしています。例えば体重60kgの場合は0.6mgです。
勘違いしないで欲しいのですが、この数値は推奨摂取量でありません。許容摂取量です。
摂取する場合は1日あたり0.1mg/kg未満になるように心がけてください。
 
クマリンの不足
クマリンはファイトケミカルのポリフェノールの一種です。ポリフェノールは健康促進、病気予防、美容効果アップなどの機能をあげるための「機能性成分」という位置づけのため特に不足のことを考える必要はありません。
 
クマリンの過剰
クマリンの過剰摂取は要注意です。クマリンには肝臓に対する毒性があり、クマリンの許容摂取量(1日あたり0.1mg/kg)を超えて長期にわたり服用し続けると肝障害を起こす可能性があります。
サプリメントや香辛料の中にはクマリンが含まれているものがありクマリンを摂取するつもりがなくとも知らないうちにクマリンを体内にとりれている場合があります。
有名なところで言うと、サプリメントの場合はメリロート、香辛料の場合はシナモンです。
日本ではメリロートの過剰摂取による副作用の症例(肝機能障害)があり、それはメリロートに含まれているクマリンの過剰が原因とされています。
ドイツの公的機関では、シナモンの過剰摂取は健康リスクを否定することはできないとして注意喚起していますが、それはシナモンに含まれているクマリンが肝障害を誘発する恐れがあるからとされています。なのでドイツではクマリンの1日あたりの許容摂取量は0.1mg/kgとしています。

クマリンの豆知識

メリロート
メリロートとは、マメ科のハーブとしてヨーロッパからアジアにかけて広く分布している植物です。

サプリメントのメリロートはむくみの解消に効果がある成分と有名です。クマリンはそのメリロートの有効成分として知られています。ちなみにメリロートは医薬品にも配合されることもあり、医薬品では、痔の治療薬としても取り扱われています。
メリロートエキスのクマリン含有率はサプリメント会社によりばらつきがありだいたい0.5~6%のクマリンが含まれています。

医薬品としてメリロートの許容摂取量は300mg/1日です。
サプリメント会社は目安摂取量をこの数値に以下に設定しているところがほとんどです。ただしメリロートに関しては許容摂取量未満となっていても、クマリンは許容摂取量以上含まれていることがあります。

例えばメリロートエキス(クマリン5%)200mg/1日を目安摂取量としているサプリメントの場合はメリロートエキスは許容摂取量未満ですが、クマリンは許容摂取量をオーバーしている人がほとんどだと思います。
200mgの5%は10mgです。クマリンの1日あたり許容摂取量は0.1mg/kgなので、例えば50kgの場合は5mgとなります。許容摂取量の2倍を摂取することになります。

このあたりの問題をどうするかは自己責任となってきます。

 
シナモン
シナモンはスリランカやインドなど熱帯地方が原産のクスノキ科の常緑樹で、この幹や枝の樹皮をナイフではぎとり、乾燥させたものが香辛料として利用されます。

シナモンにもいろいろ種類があり、簡単にいうとシナモンの原料が、スリランカで作られているものを「セイロンシナモン」、中国、ベトナム、タイなどの国で作られているものを「カシア」といいます。このうちカシアのほうにクマリンが多く含まれているので注意です。
シナモンに含まれるクマリンの1日の許容摂取量(0.1mg/kg)をベースにシナモンの1日の許容摂取量を算出するとセイロンシナモンで約364.6g、カシアで1.5gです
市場に出回っているシナモンパウダーはカシアがほとんどなのでカシアで取る場合は1.5gで抑えることが重要となります。
物にもよりますが、市販のシナモンパウダーは一振り0.1gといわれています。

 
フェノール酸系
ポリフェノールは植物が光合成を行う際に作られる物質の総称のことをいいます。作られる物質とは光合成によってできる色素、苦味、渋みの成分のことです。この色素、苦味、渋みといった成分は植物の花や植物の葉や植物の樹皮などに含まれているもので、光合成の際に生まれた糖分の一部が変化したものです。
ポリフェノールはフラボノイド系と非フラボノイド系(フェノール酸系)に分かれており、クマリンは非フラボノイド系(フェノール酸系)に分類されます。

クマリンのイメージ

明日葉

むくみ解消

クマリンと相性の良い栄養成分

・メリロートエキス
・シナモン
・桜餅

クマリンとの相性というよりクマリンが含まれている有名な食べものなど

クマリンの勝手にランキング

 

クマリンのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

 

クマリン 総合評価 A 13

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛)評価3
クマリンには抗酸化作用があります。なので発毛に関わる毛母細胞や毛乳房細胞が活性酸素によって酸化されるのを防ぐといえます。
また毛母細胞に必要な栄養素や酸素を届けるのは血管(毛細血管)でその中を流れている血液です。クマリンには血流改善効果があるのでこの点においても薄毛にプラスに働きます。
ただしクマリンは過剰摂取による副作用の心配があるので、薄毛予防・改善目的としてあえて摂取する必要はないと思います。

肌(美肌)評価3
こちらも髪の部門とまったく同じ考えです。クマリンの抗酸化作用は、紫外線などから発生する活性酸素の除去に働きます。肌の真皮層にある繊維芽細胞や表皮にある角化細胞が老化するのを防ぐ成分といえます。
またこれら肌の細胞に栄養素や酸素を供給するのも、老廃物や水分を回収するのも毛細血管で、クマリンの血流を良くする効果は美肌につながるといえます。ただし、美肌のためにクマリンを意識して取る必要はないとおもいます。

体型(ダイエット)評価5
ここではダイエットを体型を良く見せることと考え、「むくみ」=「太ってみえること」とみなします。
そう考えてむくみの予防・解消に強く働くクマリンを高く評価したいと思います。

むくみ解消効果があるとして非常に有名な成分メリロートがありますが、このメリロートの有効成分となっているのがクマリンです。クマリンの血液やリンパ液の流れを改善する働きが、メリロートのもっている「むくみ解消効果」に大きく貢献しています。
なのでむくみを解消して体型をよくみせるためメリロートおよびそれに含まれているクマリンを適量摂取することはお勧めです。
※「むくみ」部門があればよかったのですが・・「ダイエット」として評価しているのは非常にグレーなラインです。

体力 評価2
クマリンの血流を良くする働きは冷え性の予防・改善につながります。冷えは万病のもととも言われて、冷えることは体のさまざまな不調につながります。この「冷えを防ぐ」ということを考えると健康に過ごすためにクマリンはプラスになる成分です。
また血流を改善して血栓を防ぐ効果があります。これは心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病気の予防となります。
ただしクマリンの過剰摂取は肝障害を引き起こします
実際、日本でもクマリン(メリロートに含有)による過剰摂取の健康被害の報告がされています。
またヨーロッパでは健康へ影響があるとしクマリンの許容摂取量が厳しく定められています。
過剰摂取による副作用のリスクがあり、それもかなり身近な量のため厳しめの評価をします。

その他(血液)評価5
クマリンには血液の凝固をふせぎ血流をよくする効果があります。特に血栓を予防するのに効果があり、心筋梗塞、脳梗塞の予防・改善につながります。

 

クマリン雑感

栄養成分いっぱい取っている人あるある言いたい~

栄養成分いっぱい取っている人あるある言いたい~

栄養成分いっぱい取っている人あるあるを言います!!

 

トイレが近くなりがち

・・・・・

ということでまあトイレが近くなるのははもしかしたら自分だけかも知れませんが、もう一つよくある「あるある」が思い浮かびます。

それは知らないうちに知らない栄養成分を取っているということです。

つまりまったく意図してなくても自然と体内に取り入れていたということです。

まさしくクマリンがそれにぴったり当てはまります。

もしそれが普通に美容・健康によければ結果オーライで無問題ですが、
もしそれが過剰摂取の危険性が結構あり、許容の上限ラインが簡単に超えてしまう量で、知らず知らずのうちに上限ラインを越えて摂取し続けていていたら、まさしくオーマイーゴット状態なのですが・・・・

まさしくクマリンがそれにぴったり当てはまります。

オーマイゴットですよ。

クマリンを意図せず摂取してきたといいましたが、

ざっくりいうとシナモンを摂取することによりそれに含まれているクマリンも摂取してきたということです。

シナモンのレビューをご覧いただい方はご承知だと思いますが、とにかくシナモン大好き(栄養成分として)で、シナモン愛が強すぎるがゆえに毎日多めにシナモンを取り入れちゃっています。
※ここでシナモンについてあれこれと語るのもどうかと思いますので、シナモンについてとかシナモンを取り入れている理由とか詳しくはシナモンのほうに書いてあるので、そちらをご覧いただきたいと思います。

で、です。

シナモンパウダーでシナモンを摂取しているのですが、「シナモン」にも種類があって、大きく2つにわかれています。それが「セイロンシナモン」と「カシア」というものです。
シナモンの生産地によって分かれていて、簡単にいうとスリランカ産がセイロンシナモン、それ以外がカシアという感じです。

ちまたにあふれているのシナモンパウダーはだいたい「カシア」というタイプのシナモンなのですが、こちらに多くクマリンが含まれています。私が摂取しているのハウス食品のブランド「ハウス」も、恐らくカシアです。恐らくというか間違いないと思います。

ここでクマリンの話にもどります。シナモンに含まれているクマリンの話です。

シナモンに含有されているクマリンの許容摂取量をベースとした場合の1日あたりのシナモン許容摂取量はセイロンシナモンの場合は364.6gでカシアで1.5gです(体重50kgの成人)。
※ちなみに「シナモン」の推奨摂取量が0.6~3g、許容摂取量10gです。これってたぶんクマリンの存在を無視しているか、セイロンシナモンありきの話だと思います。

で私はカシアシナモンを毎日4~5g摂取しています。

クマリンの許容摂取量をベースした場合の許容摂取量が1.5gのところ4~5gです。

毎日クマリンを許容摂取量を3倍くらいオーバーしているやん・・・

体重は65kgなので1.5gを多少上回っていても問題ないと思いますが、それでも1.8gぐらいが私のカシアのシナモンの許容摂取量といえそうです。

ただそう考えたとしても2.5倍くらいオーバーしているやん・・・

過剰の危険がよく指摘されているクマリンを知らず知らずのうちにとっていった。それも毎日、毎日、許容摂取量の2.5~3倍くらいの量を・・・・

まさしくオーマイゴットですよ。

よしこれからはシナモンの摂取量を減ら・・・・しません。
これからも継続していくつもりです。

じゃあ、クマリンの含有量が少ないセイロンシナモンのほうに変更・・・しません。
クマリンの過剰摂取が心配ならシナモンをカシアじゃなくセイロンシナモンにかえればいいことなのですが、それもしません。

理由はいくつかあります。

それでは私がカシアシナモンで取り続ける理由を発表したいと思います。

理由1
シナモンの消費が激しいので、なるべく安価のものでいきたいというのがあります。同じ量でもセイロンシナモンは3.4倍高いです。なのでこのまま安いカシアシナモンで突っ走りたいと思います。

理由2
クマリンも摂取したい。

なんかクマリンがまるで悪者みたいな感じで話を進めてきましたが、あくまでも過剰になった場合です。適量ならば全然無問題なのです。

クマリンの効果・効能欄をごらんください。

どうですが?

・・・・まあ特に「ビビビ」とくるものがありませんが、「抗酸化」、「抗菌」、「血液サラサラ」と摂取しても損しないものばかりです。
なので栄養成分オタクの私にとってはとりあえず体内にはいれておきたい成分です。

過剰にならなければいいのです!!

・・・

・・・

・・・でも過剰になっています。

それでもカシアシナモンの量を減らさず取り続ける理由は・・

理由3
過剰に対して、いろんな視点でとらえた結果、勝手に問題ないと考えてしまってるからです。

これが一番の理由です。

まずカシアシナモンの許容摂取量(クマリン含有量をベース)は成人50kg1日あたり1.5gとされていますが、これってカシア産地の平均をとっています。
ベトナム産、中国産、マレーシア産、ジャマイカ産の平均値です。

カシアについて産地別にクマリン含有量を比較すると, ベトナム産は平均5,400 µg/gで最も高く,次いでインドネシ ア産が1,900 µg/g,マレーシア産が1,300 µg/g,中国産が最も 低く平均で580 µg/gであった。

引用元 シナモン含有食品のクマリン分析法及び実態調査 東京都健康安全研究センター研究年報 第59号 別刷 2008

なので自分が摂取しているシナモンパウダー(ハウス)がベトナム産以外だったら、ちょっと上限ラインに余裕が生まれると考えました。ちなみにハウスの原産地は不明なのでベトナム産オンリーだったら 逆に「あわわ、あわわ」という結果になってしまいますが・・・・

ただ過剰に対して余裕をブッコいているもう一つの理由はメリロートの存在です。

メリロートのサプリメントってむくみ解消効果があるとして女性にけっこう人気があるのですが、その目安となっているのがメリロートエキス(クマリン5%)200mg/1日となっているものが多いのです。


DHC メリロート 20日分 40粒【イチオシ】

これってクマリンの量を計算すると10mg(200mg×5です。メリロートを摂取する人は女性が多いのでだいたい50kgとかへたしたら40kgの人とかいるとおもいます。50kgの場合はクマリンの許容摂取量は5mg、40kgの場合は4mgです。2倍から2.5倍の量です。

ちなみにメリロートエキス(クマリン5%)200mg/1日って某サプリメント会社の目安摂取量です。この会社が販売したメリロートサプリで健康被害報告もされています。

クマリンの許容摂取量を超えている、そして過去に健康被害報告もされている、それでもその某健康食品会社は変わらずメリロートエキス(クマリン5%)を200mg/1日で販売しているのです。

まあ理由は日本では食品に含有できるクマリンの量に基準がないとかで・・

ちなみにその某健康会社の頭文字(イニシャル)はDです。

というわけで私がよく愛用しているD社がそもそもクマリンを過剰(ヨーロッパ基準と比較して)で提供しているのでまあいっかみたいな感じでカシアシナモンも多めにとっています。

クマリンの過剰は肝機能障害を引き起こすけど、肝機能をアップさせる栄養成分たくさん取っているからそれで相殺になるだろうというアホの考えも頭の片隅にあります。

ともかく自分はクマリンの過剰を特に心配することなくこれからもカシアシナモンを取り続けるということです。

なので皆様も自己責任でご判断ください。

ただし、メリロートをとってかつカシアシナモンをがっつり摂取しているかたは要注意です。

私はカシアシナモンからしかクマリンを摂取していません(認識しているところで、他にも自然と摂取している場合があります)。メリロートのサプリを生まれてから一度も摂取したことありませんし、今後摂取する予定は1回だけです(いつの日かこの栄養成分レビューにのせる時のためだけ)。

メリロートをマックスで摂取し、かつカシアシナモンを多めにとるというのはクマリンの副作用の発症リスクをかなり高めることになると思います。
なのでメリロートを半分にするとか、シナモンをセイロンシナモンにするとかいろいろ工夫して摂取する必要があると思います。

スポンサードリンク