BG(ベンジルグルコシノレート)

BG(ベンジルグルコシノレート)の評価 A+

BG(ベンジルグルコシノレート)

ベンジルグルコシノレートは、グルコシノレートと呼ばれる成分の一種です。グルコシノレートはアブラナ科の植物に含有されていて100種類以上あるといわれています。ベンジルグルコシノレートはアブラナ科の「マカ」に含まれているマカ特有のグルコシノレートです。

グルコシノレート
ダイコン、ブロッコリーなどアブラナ科の植物細胞内には配糖体が存在します。それがグルコシノレートです。グルコシノレートは辛子油配糖体とも呼ばれています。
植物細胞内の別の場所(または別々の細胞)にある酵素ミロシナーゼと反応すると加水分解されイソチオシアネート類を作り出します。イソチオシアネート類に変換されることで体内で機能性を発揮します。
ベンジルグルコシノーレートも体内に取り入れるとベンジルイソチオシアネートに変わり効果・効能を発揮します。

マカ
マカはアブラナ科の多年生植物です。アンデス山脈の標高4000m以上の高地地帯に自生する植物です。

アンデス地方では古代インカ帝国の時代から、マカを滋養強壮の作用がある食べ物として利用していました。この時代では特権階級だけが食することを許された貴重なものであったといわれています。

標高4000m以上の高地では酸素が少なく、紫外線、風も強くなります。またこの地域は昼夜の寒暖の差が非常に激しく、昼は最高気温が20℃以上になり、夜は0℃以下まで下がります。
このような厳しい環境・気象条件の中で生き抜くためにマカは大地に含まれている栄養素をたっぷりと吸収して育ちます。その栄養素というのがグルコシノートや必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルです。
マカはこれら栄養素を土壌からあますことなく吸収して育つため「一度マカを栽培した土地は数年間は不毛になる」と言われています。

スポンサードリンク

ファイトケミカル
ファイトケミカルとは野菜、果物、豆類などの植物性食品の色素、香り、アク、辛味などからの成分から発見された化学物質の総称のことをいいます。植物は自力で移動できないため、植物自身が紫外線、菌、害虫などから身を守る自己防衛能力を身につけています。それが色素、香り、アク、辛味などの成分です。
ファイトケミカルは大きくポリフェノール、カロテノイド、含硫化合物、糖関連物質、アミノ酸関連物質、香気成分に分類することができます。グルコシノレートはファイトケミカルの含硫化合物に分類されています。

含硫化合物
含硫化合物は硫黄化合物とも呼ばれています。含硫化合物の特徴は強い刺激臭です。この臭い成分が強力な抗酸化作用、抗菌、殺菌作用を有しています。
含硫化合物は大きくイソチオシアネート類、システインスルホキシド類、ポリスルフィド類の3つに分類されます。
グルコシノレートはイソチオシアネート類にあてはまります。

BG(ベンジルグルコシノレート)の摂取目的

ベンジルグルコシノレートの一番の摂取目的は「体型(ダイエット)」です。

 摂取目的 
髪 「薄毛」★☆☆
髪 「白髪」★☆☆
肌 「美肌」★★☆
肌 「美白」★☆☆
体型「筋肉」★★☆
体型「ダイエット」★★★

体力「普段」★★☆
体力「夜のほう」★★★
その他「成長ホルモン」★★★
摂取目的の見方

★★★ このカテゴリーを摂取目的とすることを特にお勧めする 一番の摂取目的としている   

★★★ このカテゴリーを摂取目的とすることをお勧めする 摂取目的としている

★★☆ このカテゴリーを摂取目的とするのは十分アリ 摂取目的の一つとしている場合もある

★☆☆ 何らかの効果があるのでこのカテゴリーを摂取目的としてもいい 個人的に摂取目的としていない  

☆☆☆ このカテゴリーに対する効果は期待しないほうがよい 摂取目的とする必要はないと思っている

BG(ベンジルグルコシノレート)の効果・効能

ホルモンバランス
ベンジルグルコシノレートにはホルモンバランスを整える働きがあります。この働きは女性特有の悩みを解決します。月のリズムを整える効果、更年期症状を緩和させる効果、妊娠しやすい体質に導く効果などが見込まれます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンでエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンのことをいいます。

エストロゲン女性らしさに関わっているホルモンで、女性特有の丸みの帯びた体をつくることや妊娠に備えて子宮内膜を厚くする役割をしてきます。
また女性の美にも関係しています。肌の水分量を調節したり、コラーゲンの生成を助ける働きをしハリ、潤いのある肌を作りキープする働きをします。
髪の成長を促したり、ヘアサイクルの成長期を持続させ髪を生み出し抜け毛を減らす働きもしています。

一方、プロゲステロン妊娠の手助けをするホルモンで、基礎体温を上昇させる、食欲を増進させる、子宮内膜を整え受精卵の着床を促す妊娠後に妊娠状態を維持させるといった働きがあります。生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きです。

この2つのホルモンは互いにバランスを取り合いながら働いています。女性の体はこのバランスが大きく影響しているといえ、加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどによりバランスが崩れると肌荒れ、生理不順、不妊症、更年期障害などを引き起こすとされています。
ベンジルグルコシノレートが含有されているマカを摂取することは女性の健康や美容の悩みを解決することにつながります。

成長ホルモン
成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されます。

各組織の細胞分裂を促し、体を成長させる、代謝を促進させる働きがあり以下の作用があります。

成長ホルモンの作用

  1. 思春期の子どもの身長を伸ばす
  2. 細胞分裂を促し、新しい細胞をつくる、細胞を再生する
  3. 骨形成を促進
  4. たんぱく質の合成
  5. 糖質、脂質のエネルギー代謝促進
  6. 血糖値をあげる
  7. 脂肪分解

成長ホルモンは生涯にわたり分泌されますが加齢とともに分泌する量が減っていきます。そのため分泌を促進する栄養成分を積極的に摂取する必要があります。
ベンジルグルコシノートはその一つです。マカにはベンジルグルコシノートだけでなくアミノ酸も豊富に含まれているため、成長ホルモン分泌を促進の効果が非常に高いハーブといえます。

ダイエット
体内でエネルギー源となるのは主に糖質と脂質です。
エネルギーとして使われる順番があり、糖質(糖)→脂質(脂肪)の順となっています。体内に蓄えられている糖(グリコーゲン)、血液中にある糖がエネルギーとして使用された後、ようやく体内に溜まっている脂肪がエネルギーとして使用されるようになります。
糖をメインにエネルギーを使うことから脂肪メインにシフトすることが体脂肪を減らす、体脂肪を溜めないことにつながります。
ベンジルグルコシノレートには脂質の代謝を促進する作用=脂肪をエネルギーとして優先的に燃焼させる働きがあります。

また実験により肥満を抑制する作用も有していることも確認されています。ベンジルグルコシノレートは脂肪燃焼+肥満予防とダブルでダイエットに適した成分といえます。

エネルギー
代謝が落ちるとエネルギーが十分に作られず疲労につながります。
脂質の代謝を促進することは脂肪(脂肪酸)からエネルギーを生み出すことです。なので脂質の代謝を促進するベンジルグルコシレートは疲労回復にも優れた栄養成分といえます。
マカは滋養強壮や疲労回復の効果があるとして有名なハーブです。それには含有されているベンジルグルコシレートの働きが大いに貢献しているといえます。

抗酸化
ベンジルグルコシノレートは、グルコシノレートの成分の一種です。グルコシノレートはファイトケミカルの含硫化合物に分類されています。ファイトケミカルは野菜、果物、豆類などの植物性食品の色素、香り、アク、辛味などからの成分から発見された化学物質の総称です。その特徴として強い抗酸化作用があることがあげられます。

BG(ベンジルグルコシノレート)のサプリによくあるキャッチフレーズ集

  • 若々しくありたい女性に
  • 美容にかかわるバランスが気になる方
  • 妊娠を望んでいるかた
  • 女性のリズム調整に
  • 更年期に負けない体を

 

スポンサードリンク

 

BG(ベンジルグルコシノレート)の摂取量、不足、過剰

ベンジルグルコシノレートの摂取量
ベンジルグルコシノレートを体内に取り入れるとなると主にマカからになると思います。マカは厚生労働省が策定している「食品摂取基準」などで1日の摂取量が特に定められていません。なのでマカのサプリメントを摂取する際はそのメーカーの規定量を必ず守るようにしてください。メーカーにより異なりますが、マカのサプリメントの1日の推奨摂取量は1500mg~4000mgとなっています。
 
ベンジルグルコシノレートの不足
ベンジルグルコシノレートはファイトケミカルの一種で含硫化合物に分類されます。
5大栄養素と違い生命維持、身体活動のために必須なものではないので、不足のことを考える必要はありません。
 
ベンジルグルコシノレートの過剰
ベンジルグルコシノレートにはホルモンバランスを調整する働きがありますが、過剰に取り入れると逆効果つまりバランスの乱れを招く可能性があるといわれています。なので過剰摂取に注意が必要です。
ベンジルグルコシノレートを摂取するとなるとほとんどマカのサプリメントからになると思います。
マカにはベンジルグルコシノレートの他にもさまざまな栄養成分が含まれています。例えばアルギニン、亜鉛で、これら成分が過剰になると副作用が生じます。マカ以外からこれら成分を意識して摂取している場合は、その成分が過剰にならないように注意してください。

BG(ベンジルグルコシノレート)の豆知識

パパイヤ
ベンジルグルコシレートはマカ特有成分として有名ですが、パパイヤにも含まれています。パパイヤの葉や茎、種子にも含まれており、パパイヤのなかでも特に青パパイヤに多く含まれています。
青パパイヤとは完熟する前のパパイヤのことです。
 
日本産マカ
マカといえば本場であるペルー産が有名ですが、日本でも栽培されています(マカの栄養成分レビュー参照)。マカ特有成分であるベンジルグルコシノレートに関していえば日本産のほうがペルー産より多く含まれており。その差は4~10倍近くあるといわれています。
 
イソチオシアネート
ダイコンの辛味成分はイソチオシアネートです。このページの冒頭で説明しましたが、イソチオシアネートのもととなっているのがグルコシノレートです。ダイコンにはミロシナーゼという酵素も含まれていて、この酵素がグルコシノレートをイソチオシアネートに変化させます。
ミロキシナーゼがどのように発生するかというとダイコンをすりおろしたり噛んだり刻んだりすることで発生します。グルコシノレートとミロシナーゼは植物細胞の別々の場所に存在するため、植物細胞を壊すことにより互いが接触するようになります。
ダイコンをすりおろすと辛味を感じるのは、すりおろすことで植物細胞を壊れ、ミロシナーゼが発生し、それがグルコシノレートと反応してイソチオシアネートを作り出したからです。
 
スルフォラファン
すでにレビューしたスルフォラファンはブロッコリーやブロッコリースプラウトに含まれている成分です。こちらもダイコンのイソチオシアネートと同様で、スルフォラファンのもとがグルコシノレート(スルフォラファングルコシノレート)で、噛んだり刻んだりすることで植物細胞が壊れ、その植物に含まれているミロシナーゼと反応することでスルフォラファンに変化する仕組みとなっています。
なのでブロッコリーやブロッコリースプラウトからスルフォラファンを意識して摂取することを考えた場合、よく噛んで食べることが重要となります。よく噛まなければ、スルフォラファンにあまり変化させることなく体内に取り入れられることになります。

また加熱するとミロシナーゼの働きがなくなってしまいます。ブロッコリーは厳しいかもしれませんが、ブロッコリースプラウトは生のまま食べるのがおススメです。

BG(ベンジルグルコシノレート)のイメージ

マカといきたいところですが、画像がないためパパイヤ

女性の美と健康

BG(ベンジルグルコシノレート)と相性の良い成分

・葉酸   妊娠力アップ

BG(ベンジルグルコシノレート)の勝手にランキング

BG(ベンジルグルコシノレート)のレーダチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

 

BG(ベンジルグルコシノレート) 総合評価 A+ 15.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

 

スポンサードリンク

 

髪(薄毛)評価3.5
女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛の成長を促す、ヘアサイクルの成長期を延ばす働きがあり健康的な髪を維持するためには重要な存在です。エストロゲンの減少は抜け毛につながります。

男性にも女性ホルモンが分泌されています。女性にも男性ホルモンが分泌されています。男性ホルモン、女性ホルモン両方がバランスよく分泌されていることで髪を作り維持することができます。
なんらかの理由でこのホルモンバランスが崩れるとエストロゲンが減少し、男性ホルモンテストステロンが増えてしまいます。増えたテストステロンはより強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまいます。

DHTは紛れもなく薄毛の原因(DHTが毛母細胞を攻撃することでAGA(男性型脱毛症)を引き起こす)となるものです。
なのでホルモンバランスを乱さないことが重要となります。
ベンジルグルコシノレートにはホルモンバランスを整える働きがあります。摂取することはホルモンバランスの乱れにより生じる薄毛の予防につながります。

肌(美肌) 評価4.5
女性の美と健康は2つの女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)がバランスよく働くことで保たれています。加齢、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどによりバランスがくずれてしまうことが、美と健康を脅かすことになります。
肌に関していえばニキビなどの肌荒れがあてはまります。ベンジルグルコシノレートはホルモンバランスを整えて肌荒れの原因である女性ホルモンバランスの乱れを防ぐ働きをするため美肌づくりに貢献する成分といえます。

体型(ダイエット)評価4.5
ベンジルグルコシノレートは脂肪燃焼を促進する効果があるためダイエットに適した成分といえます。体内では糖→脂肪という順番でエネルギーとして使用されています。
体脂肪を燃焼させるには、食事(糖質)を制限し運動などを行い血中に糖質が不足している状態にもっていく必要がありますベンジルグルコシノレートには脂質の代謝を優先してエネルギーに変換させる働きがあります。つまり糖質が不足していなくとも脂肪をエネルギーとして優先的に燃焼させることができるといえます。

体力(夜のほう)評価6
マカは妊活の強い味方になるハーブです。その主たる理由はマカに含まれているベンジルグルコシノレートです。
ベンジルグルコシノレートにはホルモンバランスを整える働きがあり、それにより不妊改善、妊娠促進の効果が期待できます。
実際、ラット実験により、卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンの分泌を増やす(=妊娠しやすくなる)ことが確認されています。これはマカの摂取によるものなのでベンジルグルコシノレートのみの実験結果ではありませんが、ベンジルグルコシノレートの働きが大きく貢献しているといわれています。ベンジルグルコシノレートが女性ホルモンバランスを調整するために女性を妊娠しやすい体に導くとされています。
不妊治療をする前に最後に試してほしいサプリとしてマカが有名です。不妊に悩んでいる、妊娠を望んでいるカップルにはベンジルグルコシノレートを含んでいるマカの摂取が大変おススメできます。

※個人的に不妊改善の効果を感じたことはありませんが、女性の不妊改善、妊娠促進の効果でとても有名な成分のため満点の評価をしています。

その他(成長ホルモン)評価5
ベンジルグルコシノレートには成長ホルモンの分泌を促進する効果も期待できます。成長ホルモンはたんぱく質の合成細胞分裂の活性化脂肪の燃焼など関わるホルモンで、アンチエイジングに欠かせない重要な存在です。成長ホルモン分泌量が減ることは「老化」に直結するといっても言い過ぎではありません。
成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減ります。そのため分泌を促進する成分を積極的に取ることが大切となります。ベンジルグルコシノレートがそれに当てはまります

実際ラットによる実験で、マカエキスを与えたラットグループに成長ホルモン分泌の増加がみられたことが確認されています。これはマカエキスに含まれているベンジルグルコシノレートの働きが大きいといわれています。

BG(ベンジルグルコシノレート)雑感

①ベンジルグルコシノレート≒マカ

ベンジルグルコシノレートといえばマカです。

マカといえばベンジルグルコシノレートです。

なので

ベンジルグルコシノレート≒マカ

こういった関係であるといっても別に問題はないと思います。

ところでマカのレビューは前回作りました。

マカ≒ベンジルグルコシノート

それだったらベンジルグルコシノレートのレビューは作る必要はないと思われます。

それではなぜ今回レビューを作ったのか?

 

記事数を稼ぐため?

答えはNOです。

・・・・・

・・・・・・

いやYESでもありNOです。

確かに記事数を稼ぎたいというのも頭の片隅にありました・・・

が、私は次のように考えています。

マカはマカ、ベンジルグルコシノレートはベンジルグルコシノレート!!

②マカはマカ、ベンジルグルコシノレートはベンジルグルコシノレート

マカにはベンジルグルコシノレートを含んでいるハーブです。それだけでなくアミノ酸、ミネラル、ビタミンetc・・・豊富な栄養成分が含まれているハーブです。

ハーブつまり食品です

マカ(食品)をレビューすることは

「栄養成分」をレビューするという概念から反することをしてしまったわけです。

オーマイガー!!

マカのレビューであったら特有成分であるベンジルグルコシノレートのみで十分なのです。

 

スポンサードリンク

 

ただ前回マカのレビューでもいいましたが、マカはもうマカという一つの成分と考えてしまっています。

ベンジルグルコシノレート+アミノ酸、ミネラル、ビタミンetc・・・があわさってマカという成分を作り上げたという感覚をもっています。

ということでベンジルグルコシノートはマカ特有の成分ではあるが

ベンジルグルコシノレート=マカではないためマカとは切り離して考えています。

・・・・・

・・・・・

ついてきてくれてます?

こういう風な感覚をもっているのにはさらなる理由があります。

③マカは男性、ベンジルグルコシノレートは女性

マカは男性、女性両方におすすめで、滋養強壮、疲労回復、性欲増強、不妊改善などの効果が期待できます。

その含有成分であるベンジルグルコシノレートはホルモンバランスの調整、脂質の代謝促進、成長ホルモン分泌促進などの作用を有しています。もちろんこちらも男女ともに有効です。

ただです。

マカの効果は男性向きで、その成分であるベンジルグルコシノレートの効果は女性向きと考えています。

こんな風に考えています

ベンジルグルコシノレートをはじめいろんな成分が含まれているマカは男性の性機能をアップさせるもの

マカの成分のひとつベンジルグルコシノレートは女性の美と健康の悩みを解決させるもの

と自分のなかで区分けしちゃっているのです。

マカ≒ベンジルグルコシノート

なんですけど、こういった考え、感覚をもっているため別々に栄養成分レビューを作りました。

ついてきてくれてます?

④マカのサプリ

そうなるとマカのサプリを取るときに性別により注意することがあります。

注意というか・・・女性が着目してほしい点があります。

ベンジルグルコシノートの量です。

男性の場合は「マカ」のサプリを取るだけで特になにも考える必要はないとおもいます。ようはマカの量だけを気にすればいいと思っています。

女性の場合はマカのサプリの中でもベンジルグルコシノレートの含有量が多いものを選択することをお勧めします。マカ粉末orエキスがベンジルグルコシノートとしてどのくらいの量なのかを確認したほうが良いと思います。

例えば次にあげる3つのサプリメント会社ではベンジルグルコシノレートの量の違いがあります。

マカサプリメントの1日の推奨摂取量におけるベンジルグルコシノレートの量

・DHCのマカの成分内容はこのように記載されています。
マカ濃縮エキス末405mg(ベンジルグルコシノレートとして9.72mg)

【最大P45倍以上&600pt開催】男女の元気に「マカ」の力を!【DHC直販サプリメント】男性・女性それぞれのお悩みにアプローチし、活力あふれる毎日をサポート!マカ 30日分 well

価格:1,749円
(2018/6/30 12:53時点)
感想(159件)

山本漢方のマカはベンジルグルコシノレートの量は8.0mgとなっています。

山本漢方 無添加 マカ粒 100%(120粒)【山本漢方】

価格:678円
(2018/6/30 12:55時点)
感想(4件)

ファンケルのマカの成分内容はこのように記載されています。
マカエキス:375mg(ベンジルグルコシノレート:1.5mg)

ファンケル マカ 90粒

価格:2,160円
(2018/6/30 12:55時点)
感想(0件)

ベンジルグルコシノートの数値だけでいうと女性にとっておすすめはDHC、山本漢方ということになります。
※もしかしたら算定基準が違う可能性もあります。

まあこの3社は良心的な会社できっちりベンジルグルコシノレートのことに言及していますが、ほとんどの会社はマカエキスの量だけの記載となっています。こういった場合はその会社に問い合わせしてもいいかもしれません。女性にとって「そのマカサプリにどれくらいのベンジルグルコシノレートが含まれているか」はそれだけ重要なことだと思いますので。

⑤まとめ

私は男性なので、単にマカのサプリメントをとっていますが、

女性だったら同じマカをとるにしてもベンジルグルコシノレートの含有量を気にして取るべきだとおもいます。

それぐらい女性の強い味方になる成分だとおもいます。

スポンサードリンク