MCTオイル

MCTオイルの評価 A

MCTオイル

MCTオイルは脂質です。脂質のなかの脂肪酸にあてはまります。

MCTオイルの説明に入る前に脂質と中性脂肪について軽く話します。

脂質
脂質は脂肪酸、中性脂肪、コレストロール、リン脂質の総称です。
脂質の主な働きはエネルギー源になることです。エネルギー源になるだけでなく、細胞膜やホルモンなどの構成成分となっています。
エネルギー源となるのが主に中性脂肪、脂肪酸
構成材料となっているのがコレストロール、リン脂質です(一部脂肪酸も含む)。
 
中性脂肪

脂質は脂肪酸、中性脂肪、コレストロール、リン脂質この4つの総称といいましたが、
食事からとる脂質のほとんどは中性脂肪です。食事からとる油脂(肉の脂身、魚の油、食用オイルなど)はほぼ中性脂肪です。
その中性脂肪はトリグリセリドと呼ばれグリセリン脂肪酸が3つついたものです。

3つの脂肪酸の組み合わせによって油脂の性質が変わってきます。脂肪酸の組み合わせによりその油脂がオリーブオイル、サラダ油、ひまわり油、コーン油etcであったりします。

油脂は油と脂の総称です。油は常温で液体なもの脂は常温で個体のものです。油脂は、脂肪ともいいます。脂肪は中性脂肪のことです。
このレビューでは油脂、脂肪、中性脂肪などいろんな呼び方をしますが、一緒であると考えてください。
トリグリセリドはトリアシルグリセロールとも呼ばれます。
グリセリンはグリセロールとも呼ばれます。

脂質(脂肪酸)の主な働きはエネルギー源になることです。脂質(脂肪酸)がエネルギーとして使用されるときは、主要なエネルギー源となっているのが糖質(ブドウ糖)が体内で不足している時です。

体内では食事からとった糖質がエネルギーとして一番最初に使用されます。
次に貯めておいた糖質(エネルギーとして消費されず余ったブドウ糖はグリコーゲンという物質として肝臓、筋肉に貯蔵されている)が使われます。

脂質がエネルギーとして使用されるときは、糖質が不足している空腹時や運動時に体内にある中性脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解されエネルギーとなります
※分解された脂肪酸がエネルギーとして使用されなかった場合、ふたたび中性脂肪となって脂肪組織にいき体内に蓄積されていきます。

ちなみ中性脂肪は脂質からだけでなく、他の3大栄養素 糖質、たんぱく質からもできるものです。簡単にいうと取り入れた栄養素がエネルギーとして使われず、余剰となった場合、中性脂肪として体内に蓄積されていきます
皮下脂肪や内臓脂肪などの脂肪組織に蓄えられた中性脂肪を体脂肪といいます。

この栄養成分レビューでは脂肪酸の種類であったり、3つの脂肪酸の組み合わせでできた油脂(特定の脂肪酸が多く含まれていることで有名なもの)を紹介しています。

今まで紹介した 脂肪酸の種類 DHA EPA
今まで紹介した 油脂の種類  オリーブオイル、アマニ油、ココナッツオイル

スポンサードリンク

脂肪酸にはさまざま種類があります。

脂肪酸の種類

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれています。

不飽和脂肪酸はさらに一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分類されます

一価不飽和脂肪酸には、n-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)があり、多価不飽和脂肪酸にはn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)、n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)といったものがあります。ちなみ魚の油として有名なDHAやEPAはn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)に分類されます。
このように多くの種類があり、それぞれ長所や短所があります(ここでは触れません)。

大雑把にいうと不飽和脂肪酸は体に良い油、飽和脂肪酸は体にあまりよくない油です。健康のために飽和脂肪酸を減らして、不飽和脂肪酸を多く取りましょうというのが現代の主流です。

脂肪酸の分類について、もうちょっと突っ込んだ話をしていくと、脂肪酸は、炭素が鎖状につながった構造をしていています。
その炭素の二重結合の数で分類されています。これが「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」の分け方で二重結合があるのか、ないのかでわけられます。炭素の二重結合があるものが「不飽和脂肪酸」、二重結合がないものは「飽和脂肪酸」です

脂肪酸は炭素が鎖状につながった構造をしているといいましたが、その「鎖の長さ」によっても分類されます。鎖の長さで「短鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」に分けられます。飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられますが、不飽和脂肪酸はすべて長鎖脂肪酸です。

MCTオイルについて

前置きが長くなってすいません。MCTオイルは、飽和脂肪酸の「中鎖脂肪酸」に分類されます

さきほど飽和脂肪酸は体にあまりよくない油といいましたが、飽和脂肪酸の中で「中鎖脂肪酸」は体にいい脂肪酸です。体に有益なさまざまな効果・効能があります。

以前レビューでココナッツオイルを中鎖脂肪酸として紹介しました。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸の含有率は約60%です。今回紹介するMCTオイルは中鎖脂肪酸100%となっています。

MCTとはMedium Chain Triglycerideの略です日本語だと中鎖脂肪酸トリグリセリドです。MCTオイルとは文字通り中鎖脂肪酸のオイルです。

※以前ココナッツオイルを中鎖脂肪酸として紹介したので、重複する部分がでてくると思いますが、ご了承ください。

MCTオイルの摂取目的

摂取目的は「ダイエット」と効率よくエネルギーをつくり「普段」の生活の体力アップにつなげることです。

 摂取目的
体型 「ダイエット」
体力 「普段」

MCTオイルの効果・効能

エネルギー
中鎖脂肪酸は他の脂肪酸と代謝経路(直接、肝臓へ運ばれる)が異なるため、消化吸収がよく効率よくエネルギーに代謝ができます。エネルギーになるまでの時間は、一般的な油(長鎖脂肪酸)の4〜5倍早くなっています。
摂取後に早く分解されてエネルギーとして使うことができるので、他の脂肪酸に比べ脂肪になりにくいという利点もあります。ダイエットなどを考え、糖質からでなく脂質からエネルギーを得ることを考えた場合に、MCTオイルはエネルギーになるスビードがはやく体脂肪になりにくいといった非常に優れたオイルといえます。

ダイエット
ダイエットの方法はいろいろあります。例えば
①主要なエネルギー源であるがエネルギーが余剰になりやすい糖質の摂取量を減らす。
②運動などで脂肪を燃焼することで、体内の中性脂肪を減らす(中性脂肪からエネルギーを生み出す)
といったようなことがあげられます。MCTオイルはこの2つのダイエットにプラスに働きます。

人間の体はまずは糖質をエネルギーとして使用します。(体内に糖質が不足している場合)次に体内に蓄えてある中性脂肪を分解してエネルギーとして使用する仕組みなっています。

要は脂肪からエネルギーを生み出すことすれば、体脂肪が減っていくわけです。

MCTオイルはこの切り替えを促進します。中鎖脂肪酸は一般的な油の4~5倍速くエネルギーとして使用されるといいました。これはエネルギーを取り出す仕組みを、糖質から中性脂肪に切り替えることにもつながります。
なのでMCTオイルとして摂取している分の中性脂肪だけでなく、体内にある中性脂肪もエネルギーとして使用されるといわれています。

体内にある中性脂肪がエネルギーとして使用されることはすなわち体脂肪が減ることです。MCTオイルは脂肪燃焼効果があるオイルといえます。

ケトン体
上の話に通じるところがあります。人は糖質を一番のエネルギーとしていますが、糖質が不足すると体にある中性脂肪を分解してエネルギーを生み出します。
分解してできた脂肪酸がエネルギー源となるわけですが、脂肪酸の一部は、肝臓でケトン体という物質に変わります。ケトン体はあらゆる細胞のエネルギーとして使用されます。

ケトン体のすごいところは脳のエネルギー源にもなるのです。よく「脳の唯一のエネルギー源は糖質(ブドウ糖)です」という表現をしてきましたが厳密にいうと違い、ケトン体は、糖質に代わって脳のエネルギー源になれるのです。
そうなると体内で極端な糖質不足の状態に陥っても問題はないということになります。
※糖質が本当に脳の唯一のエネルギー源だとしたら糖質制限ダイエットなどをすることは脳に問題を引き起こし日常生活に様々な支障をもたらします。

ケトン体ダイエット

ブドウ糖が体内に十分にあると、通常ケトン体が発生しないので、ブドウ糖の摂取を極端にへらし、脂肪からケトン体をつくり、エネルギーとして利用しようというのがケトン体ダイエットです。
体脂肪をどんどんケトン体にできれば、それだけ体脂肪がエネルギーとして使われて減って行くという仕組みです。

ケトン体ダイエットは、糖質制限ダイエットをよりきつくしたダイエットといえます。

ケトン体ダイエットと糖質制限ダイエットの違いはブドウ糖の摂取を一時的に「極端に」へらすという点です。
繰り返しになりますが私たちの主なエネルギー源は糖質(ブドウ糖)です。1日に必要とされるエネルギー量の60%近くは糖質から得ています。

糖質制限ダイエットは例えば糖質の量を半分の30%ぐらいに減らし、長期間、時間をかけてゆっくり行うものです。
ケトン体ダイエットは糖質の摂取を5%ぐらいと極端に減らし、2週間ぐらいの短期で行うものです。2週間後から糖質を徐々に増やしていくというダイエット方法です(増やすといっても糖質の摂取は20%以内です)。
ちなみに両方のダイエットともに食べる総量を減らすのではなく、糖質を減らした分はたんぱく質、脂質で補う(特にたんぱく質)といった感じです。

 

ケトン体ダイエットは確かに効果はありそうですが、相当きついダイエットです。糖質の摂取量を5%にするというのはかなりの覚悟と忍耐が必要となります。
こうでもしなければケトン体をつくりだせないのかと落胆してしまいそうですが、方法があります。中鎖脂肪酸をとることです。中鎖脂肪酸は体内の糖質を枯渇させなくともケトン体をつくり出す性質があります。一般的な油の長鎖脂肪酸に比較し、約10倍ケトン体をつくりだせます。

中鎖脂肪酸が多く含まれているのはココナッツオイルやMCTオイルです。

ココナッツオイルの含有量が60%に対してMCTオイルは100%です。MCTオイルは無理せずはケトン体をつくりだすことができるのでダイエットに適したオイルといえます。

空腹感
いままでの話とつながっている部分ですが、MCTオイルは空腹感を減らすことができるといわれています。MCTオイルを摂取することで、体内のエネルギー使用を糖質から脂質へと切り替えることを促進します。

いうなれば糖質が体内で不足していないのに、脂肪からエネルギーを生み出している状態です、体内にあるブドウ糖は温存された状態なので、血糖値は正常に維持されるます。
なのでダイエット時にある空腹感をあまり感じることがなくなります。

食事の量を減らす→空腹感を感じる→いざ食事するときに食べ過ぎて血糖値が急激にあがる→インスリンが大量に分泌される→血糖値が急激に下がる→空腹感を感じる→ついつい食べてしまう

といった典型的なダイエットの失敗パターンを防ぐといえます。

 脳
ブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源です(一応この文言から入ります)。
体内でブドウ糖が不足しているとき、ブドウ糖のかわりに脳のエネルギーとなるものがあります。それが肝臓で脂肪酸から作られるケトン体と物質です。絶食時などブドウ糖が枯渇しているときには、脳のエネルギーの60%はケトン体で占められているといわれています。

アルツハイマー病の患者の脳は、ブドウ糖を脳のエネルギーとしてうまく取り入れることができていないといわれています。アルツハイマー病の患者が中鎖脂肪酸を摂取することでケトン体の量が増え、記憶力の低下が抑制さえたという研究結果があります。

抗酸化
ケトン体には、アセト酢酸、βヒドロキシ酪酸、アセトンの3つがあります。この3つを総称してケトン体と呼んでいます。この中のβヒドロキシ酪酸には活性酸素を除去し体の酸化を防ぐ抗酸化作用があるといわれいます。つまりケトン体をつくることは痩せるだけでなく、老化を遅らせることにもつながるといえそうです。
中鎖脂肪酸は体内に糖質を枯渇させなくともケトン体をつくり出す性質があります。一般的な油の長鎖脂肪酸に比較し、約10倍ケトン体をつくりだせます。MCTオイルの中鎖脂肪酸含有率は100%です。

MCTオイルのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 元気なダイエット生活をサポート
  • ケトン体ダイエットを目指している方の強い味方
  • 糖質制限の一歩先をいくダイエットの必須アイテム
  • エネルギー消費をサポートする脂肪酸
  • 空腹感を気にしない毎日を
スポンサードリンク

MCTオイルの摂取量、不足、過剰

MCTオイルの摂取量
MCTオイルの効果・効能を期待するのであれば、1日の推奨目安摂取量は30g(約270cal)です。大さじ2杯ほどです。これはサプリメントではなくオイルでとる場合です。この量をいっぺんにとるのではなく、朝昼晩にわけてとったほうが体には良いです。サプリメントで取る場合はその摂取量に従ってください。
 
MCTオイルの不足
MCTオイルが不足することにより体に影響を及ぼすことはありません。MCTオイル(中鎖脂肪酸)が体に必須というわけではないからです。「脂質」という観点でほかの油脂を摂取していれば、問題ありません。仮に脂質が不足していると、エネルギー不足になり疲労、倦怠を感じやすくなります。また細胞膜やステロイドホルモンの構成材料となっているので、細胞の衰えを早めてしまったり、体の生理機能がうまく働かないといったことがおきます。
 
MCTオイルの過剰
いっぺんに服用すると胃のむかつき、下痢や嘔吐の症状が現れます。いくらダイエットに効果的だからといって一度に多量に飲むをいうのは避けるべきです。特に胃腸が弱い方は注意です。
血糖値が高めの人は摂取する時に注意です。中鎖脂肪酸を過剰に摂取するとケトアシドーシスという状態になる可能性があります。血中にケトン体が急増することで、ケトアシドーシス(血液が酸性になる)になり、体に異変をもたらします。例えば嘔吐、腹痛、脱水症状などを引き起こします。進行すると意識障害などを引き起こす場合もあります。

MCTオイルの豆知識

加熱料理はNG
MCTオイルを一般の油の代わりに炒め物や揚げ物に使うのはNGです。MCTオイルは低音で煙が発生する油なので、加熱料理はNGです。オイルで摂取する場合には、サラダなどにあえて摂取するというのが良いです。
 
コーヒーと一緒に
結構おすすめされているのがコーヒーにMCTオイルを混ぜることです。朝これを飲むことで、空腹感を抑えられるといわれています。食事の量を減らせるだけなく血糖値を安定させ集中力を高めるという効果も期待できます。アメリカではさらにグラスフェットバター(牧草のみを食べて育った牛の乳からつくられたもの)を混ぜたものが、「ダイエット」にも、「仕事のパフォーマンスをあげる」のにも効果があるとして話題になりました。
 
臭い
MCTオイルの話ではなく、関連している「ケトン体」の話です。糖質を極限まで減らしてケトン体を作るというケトン体ダイエットを実行した場合、口臭や体臭が臭くなるという現象がおきます。ダイエットなどをしている女性によくある「果物がくさった甘酸っぱい匂い」です。俗にいうダイエット臭です。これはケトン体のアセトンが原因でおこる臭いです。

糖質を極度に制限し、ケトン体を多く作りだすダイエット法より、糖質をある程度とり、MCTオイル(中鎖脂肪酸)摂取でケトン体をつくりだす適度なダイエット法が「ケトン体による臭い」をあまり発生させないダイエット法といえそうです。

MCTオイルのイメージ

MCTオイルは100%中鎖脂肪酸のオイル(この写真のオイルはたぶんオリーブオイル)

ダイエットにお勧めのオイル

MCTオイルと相性の良い栄養成分

今までとちょっと主旨がちがいます。MCT合う食品

・コーヒー
・豆乳
・サラダ

MCTオイルの勝手にランキング

体型(ダイエット)部門 第2
体力(普段)部門 第9位

MCTオイルのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

MCTオイル 総合評価 A+ 14.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪 評価 2.5
MCTオイル(中鎖脂肪酸)が髪に深くかかわりがあるか調べてみましたが、特にこれっといったものが見当たりませんでした。こじつけに近いかもしれませんが関係しているとしたらコレストロールです。中鎖脂肪酸には善玉コレストロールを増やし、悪玉コレストロールを減らす効果があるといわれています。血液の流れをよくすることが地肌の血行をよくすることにつながり、髪が生えてくる土壌を整えるということに関係してくるかもしれません。

肌 評価2.5
「中鎖脂肪酸」と限定し、これを摂取することにより、美肌につながるということはあまりないと思います。ただ中鎖脂肪酸は脂質の一種であると考えた場合には、肌との関連性が生まれてきます。脂質は肌の水分バランスを守る働きがあります。脂質が不足すると肌がカサカサになったりします。

体型(ダイエット) 評価6
満点でいいと思います。糖質を減らし、中性脂肪からエネルギーを作り出すことで、体内の脂肪がへります。中性脂肪からエネルギーを作り出す「脂肪の燃焼」は、体内で糖が不足している時におこります。要は、空腹時や運動時です。

MCTオイル(100%中鎖脂肪酸)は、体内に糖がある程度あっても、エネルギー産生を脂肪のほうに切り替えることを促進しますので、ダイエットには最適です。
ケトン体ダイエットという「糖を極限まで減らし、脂肪酸からケトン体を作り出しそれをエネルギーに変える」ダイエット法は、体内にある脂肪をどんどん減らすことになりますので、短期間で結果を出すダイエットに向いていますが、かなりきついダイエットといえます。
厳しい糖質制限をしなくとも、MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)はケトン体を作り出すことができるオイル(普通の油の10倍)のため、無理をせずにケトン体質にもっていくことができダイエットに効果的といえます。

体力(普段) 評価5.5
脂質は糖質のつぎにエネルギーとなります。脂質のなかで中鎖脂肪酸は、一般的な油(長鎖脂肪酸)の約4倍早くエネルギーになります。他の油をとった場合にいろんな代謝経路を通り、大半は中性脂肪に蓄えられて、エネルギーが不足した時に、その蓄えられてた中性脂肪が分解されることではじめてエネルギーとなります。そのため脂肪として蓄積されやすいといえます。

中鎖脂肪酸は直接肝臓へいき、そこですぐに代謝されエネルギーとして使用されるため、脂肪になりにくい特徴があります。
またエネルギーを取り出す仕組みを、糖質から中性脂肪に切り替えるということもします(体内にある中性脂肪もへらす)。中鎖脂肪酸を取り入れることは、エネルギーになるスピードも速い、脂肪もためないプラスアルファ体内の脂肪を減らすといった効果があります。

その他(抗酸化)評価3
ケトン体には、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つがあります。この3つを総称してケトン体と呼んでいます。この中のβ-ヒドロキシ酪酸には活性酸素を除去し体の酸化を防ぐ抗酸化作用があるといわれいます。
中鎖脂肪酸は体内に糖質を枯渇させなくともケトン体をつくり出す性質があります。一般的な油の長鎖脂肪酸に比較し、約10倍ケトン体をつくりだせます。MCTオイルの中鎖脂肪酸含有率は100%です。

ただ抗酸化を目的にMCTオイルを摂取していません。

MCTオイル雑感

私のアンチエイジング法で重視しているのは、「髪」、「肌」です。それと比較すると「体型」や「体力」の重要度は低いです。そうはいっても体型という見た目に関することはけっこう気になります。

痩せるということを目指してはいませんが、太らないということは絶対大切であると考えています。

特に40代となった今は尚更です。この年になると太っていることは見ため的にはかなりのマイナス要素です。かっといって痩せている(痩せすぎている)というのも老けて見えることにつながります。ともかく現状維持、普通の体型を保つことが重要と考えています。

年をとると代謝が落ちるのは必然で、若い頃と同じ食生活をしていれば、太っていく一方です。

なので普通の体型をキープするためになんらかの対策をしなければいけません。まあ運動というのがベストなんでしょうが、ジムに行く、ウォーキングをガッツリ行うなどをする気力はまったくありません。

なので栄養成分でなんとかならならないかと考えたときにMCTオイルに出会いました。運動といった運動をせず普通の体型を保つという点においてMCTオイルはかなりいいです。
MCTオイルというか中鎖脂肪酸の効果・効能です(MCTオイルは中鎖脂肪酸100%)。
中鎖脂肪酸は体内で糖質を不足させずともエネルギーの産生を脂肪酸に切り替えるというような働きをします。
脂肪からエネルギーを生み出すというのは要は脂肪の燃焼です。
体脂肪をエネルギーに変えるという行為です。
これって中年で運動もしない私にはとってはすごくありがたいことです。

年とともに皮下脂肪がつきやすくなりおなか周りも若い時に比べてどっぷりしてきました。
腹筋を毎日する気力もないのでこのMCTオイルの脂肪燃焼効果に期待しているわけですが
・・・・効果がある(と思います)。
皮下脂肪のどっぷり感は減ってはいないが増えてもいないと思います。

また中鎖脂肪酸の空腹感を減らすという効果もバッチリ感じます。皮下脂肪については思い込みもありそうですが、こっちの効果はかなりあると思っています。

私は1日ほぼ2食の食生活をしています。朝食をとった後にMCTオイルを摂取しますが、夜まで空腹感をあまり感じず普通にもちます。夜もガッツリ食べずとも、満足感を味わえます。

このように特にダイエットに力を入れていない私でも結構いいと感じる部分がたくさんありますので、本格的なダイエットをされている方にとってMCTオイルは効果をあげる強い味方になると思います。

ちなみに中鎖脂肪酸の摂取は、朝MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 夕飯前ココナッツオイル(中鎖脂肪酸60%)という感じです。

 

スポンサードリンク