シトルリン

シトルリンの評価 S 

シトルリン

シトルリンはアミノ酸で、「遊離アミノ酸」の一種です。遊離アミノ酸とは、体を作っているたんぱく質を構成している20種類のアミノ酸に含まれないもので、細胞や血液の中などに潜み、体の中を循環し、それ「単体」で活躍するアミノ酸のことをいいます。
体内でつくることのできるアミノ酸ですが、その量は微量です。また加齢とともに生産できる量は減ってしまいます。

スポンサードリンク

すいかから見つかった栄養成分でスーパーアミノ酸とも呼ばれています。なぜスーパーアミノ酸と呼ばれているかというと一酸化窒素の生成することができるからです。シトルリンには、体内で一酸化窒素の生成を高める効果があります。

効果・効能のところに入れるべきか迷いましたが、シトルリンの特徴といえば、これなのでここに記載しました。

一酸化窒素の役割
体内の一酸化窒素の役割とは、血管の筋肉を広げ、血流をスムーズにしたり、血管内のコレステロール体積や血栓ができるのを抑えることです。
まあ一言でいうと血管を拡張させることです。
血管を拡げ血液の流れをスムーズにすることで、健康に対する様々な効果が期待されます。

シトルリンの摂取目的

体力「夜のほう」、その他「成長ホルモン」、肌「美肌」、体型「筋肉」

 摂取目的
体力 「夜のほう」
その他「成長ホルモン」
肌 「美肌」
体型「筋肉」

シトルリンの効果・効能

私が気になる効果・効能順になっています。全般的に一酸化窒素によるところが大きいです。

精力増強
一酸化窒素の血流改善は男のソリ具合をアップさせます。シトルリンは一酸化窒素の生成を促します。

筋肉
シトルリンには、筋肉増強に働きかける成長ホルモンの分泌を促す効果があります。
成長ホルモンは筋肉を増強する上で欠かせない物質です。
シトルリンは、成長ホルモンの分泌促進し筋たんぱく質の合成を高めます。
シトルリンの血流を改善する作用は、筋トレ中に筋肉への血流を良くしてパンプアップを促進する働きがあります。この点においても筋肉増大に貢献しています。

パンプアップ
筋トレで負荷を与え続けることによってその部分の筋肉が大きく膨らんでいる状態のこと。パンプアップは筋肥大につながるといわれています。

天然保湿因子(NMF)
天然保湿因子とは、人間がもともと持っている保湿成分で、角質層の角質細胞の中に存在し、水分を保持する物質のことです。天然保湿因子の約40%をアミノ酸が占めています。シトルリンはその天然保湿因子を構成するアミノ酸の9%を占めており、タンパク質を構成しない遊離アミノ酸としては一番多く含まれています。肌のうるおいは、天然保湿因子の量に関係するため、シトルリンは肌の潤いを保つためには有効な成分であるといえます。

冷え性
血流を改善させることは冷え性改善につながります。冷え性は血行不良が原因でなるからです。

むくみ
血流を改善させることは、冷え性同様にむくみ予防にもつながります

記憶力、集中力
脳が必要とするエネルギー源を運ぶのは血液の役割です。血液の流れを改善する効果は、脳への血流量を活発化することにつながるため記憶力、集中力などが向上します。

動脈硬化
一酸化窒素は、血管を強くしなやかにします。そのことによって動脈を拡張させ、血流を改善することができます。動脈硬化予防につながります。

シトルリンのサプリメントでよくあるキャッチフレーズ集

  • 一酸化窒素の生成にかかわる注目成分、体のめぐりをスムーズにする
  • 酸素や栄養素を運ぶ役割がある
  • 男性を元気にするあの部分を増大させる
  • 毎日のエネルギー不足を感じている人におすすめ 
  • 化粧品などに配合されている成分、美容が気になる方にもおすすめ 
    スポンサードリンク

シトルリンの摂取量、不足、過剰

シトルリンの摂取量
シトルリンの1日の推奨摂取量は800mg。この量で血中の一酸化窒素濃度に効果がでるといわれます。なので血行をよくすることを目的とするなら800mgを目指すのが良いとされます。男性のシンボル増大や筋肉増強を目的とする場合、それ以上の量を摂取することを勧めている商品もあります。推奨摂取量を食事から取るのはなかなか厳しいです。シトルリンを多く含んでいるのはすいか(180mg/100gあたり)やメロン(50mg/100gあたり)ですが、季節の食べ物のため1年を通じて取るのが難しいです。サプリメントからの摂取がおすすめです。
 
シトルリンの不足
シトルリンが不足するということは一酸化窒素を生成する力も減少してしまうということ。一酸化窒素が少ない状態は、血管能力が低下してしまいます。血管の老化につながり血液の流れが悪くなるので、動脈硬化の発症リスクが高まります。ただ、体内でつくることの成分のためバランスの良い食生活をしていれば、今あげた問題は生じないと思われます。
 
シトルリンの過剰
シトルリンを多めにとっても余分なものは尿として排出されるので特に問題はないと思われます。とは言っても限度がありますので、サプリメントで取る場合は、1日の目安摂取量をしっかり守りましょう。
 

シトルリンのイメージ

 

食べ物だったらスイカ

写真だったらこれです。シトルリンって男性の私にとってはどうしでもこっち関係を想像しちゃいます。

シトルリンと相性の良い栄養成分

・アルギニン
・オルニチン
・リジン

シトルリンの勝手にランキング

体型(筋肉)部門 第3位
体力(夜のほう)部門 第2位

シトルリン レーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

シトルリン総合評価 S 17

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3.5
成長ホルモン分泌は髪のの成長を促したり新陳代謝(ヘアサイクル)にもプラスに働きます。成長ホルモン分泌に関わっているシトルリンを飲むことは、髪にも効果があると思いますが、薄毛改善を目的としていないので3です。

肌(美肌) 評価4.5
シトルリンはその天然保湿因子を構成するアミノ酸の9%を占めており、タンパク質を構成しない遊離アミノ酸としては一番多く含まれています。シトルリンは化粧品にも配合されている成分としてもしられています。美肌目的としてはシトルリンをとるのはありです4.5。

体型(筋肉) 評価5.5
体内にシトルリンが取り込まれるとアルギニンに変換されます。その結果一酸化酸素の濃度があがり、成長ホルモンの分泌が促進されます。
一酸化窒素は筋肉への血流をよくし、筋肥大に効果的といわれる「パンプアップ」を促進する働きがあります。
成長ホルモンは筋肉の細胞に必要なアミノ酸の取り込みを増やしたり、筋トレで傷ついた筋繊維の修復をする働きをします。筋トレ前にシトルリンを飲むのは筋肉アップにつながるといえます。

体力(夜のほう) 評価6
「夜のほう」とわけのわかない表現をしていますが、ようするに男女が主に夜にする行為に必要ことです。1人ですることも当てはまります。持続力であったり、ソリ具合であったりです。一酸化窒素による血流改善って、こっち関係の不調を直すのに効果的だと感じちゃっています。つまり加齢と血行不良による男性のソリ具合の改善に効くのではということです。シトルリンは一酸化窒素を生成を促すスーパーアミノ酸として有名で、男性のシンボル増強、増大のサプリメントとして販売されています。実際すごく効果を感じますので満点です。

その他(成長ホルモン) 評価5.5
シトルリンの成長ホルモン分泌を促す力はなかなかだと感じています。一部ではシトルリンが成長ホルモンの分泌に一番役立つといわれていることもあります。個人的にはこの能力に関して、アルギニン、オルニチンには劣るかなと思います。

シトルリン雑感

スーパーアミノ酸というだけあってかなり評価が高いです。シトルリンは成長ホルモン、一酸化窒素生成による血流改善、美容成分と皆が欲するカテゴリーに効果がある優れものです。

わたしは一酸化窒素に生成による血流改善目的でとっています。それにより男性の機能全般がアップしていることを感じ取れます。摂取しているのといないのとでは違いはかなりあります。年を取ってくるとガチで機能とスタミナが衰えてきます。これを飲み続けることで改善されているのが実感できます。

なぜか一酸化窒素による血流改善を下ネタでおしていますが、当然ですが冷え性、むくみ予防になります。

男のくせに冷え性気味なので、シトルリンは手放せません。テレビでも冷え性の方がシトルリンが豊富なスイカをいろんな形でとることにより、血流がよくなり冷え性が改善さえたという内容を放送していました。女性の方で冷え性に困っている方がいるとの飲んでみる価値はあります。

冷え性だけでなく、美肌にもいいです。シトルリンは天然保湿因子(NMF)を構成するアミノ酸の中に含まれているからです。この点からも女性におすすめかもしれません

ただシトルリンの推奨摂取量をふつうの食事や食品からとることは、かなり難しいので、サプリメントから取る必要があります。

実はこの評価はアルギニンが含まれていること前提です。前回のアルギニンの評価もシトルリンが入っていることが前提です。私が摂取しているシトルリンのサプリにはだいたいアルギニンが配合されています。まあシトルリンの大体のサプリメントにはアルギニンが含まれています。

シトルリン≒アルギニン

一酸化窒素の生成過程で、アルギニンとシトルリンは相互に変換されています

ちょっとややっこしいのですが、シトルリンとアルギニンは相互に変換されて、一酸化窒素を作り出します。
アルギニンがシトルリンに変わるときに生成される、シトルリンからアルギニンに変わるときには生成されないなどの意見もあります。
その逆の意見、シトルリンがアルギニンに変わるときに生成され、アルギニンからシトルリンに変わるときは生成されないなどもあります。

とにかく諸説ありですが、この一酸化窒素の生成過程を一酸化窒素サイクルといいます。

アルギニンとシトルリンがお互い変換される、どちらがどうということを深く考えずに

シトルリンとアルギニンを一緒にとることで相乗効果が期待できる。
こう考えたほうが良いと思います。

スポンサードリンク