イノシトール

イノシトールの評価 A+

イノシトール

イノシトールは水溶性のビタミン様物質として分類されています。体内ではブドウ糖から合成されます。ホスファチジルイノシトールというリン脂質の構成成分で、あらゆる細胞膜に存在しています。特に神経細胞の細胞膜に多く存在しています。

脂肪の代謝ををよくして肝臓に脂肪がたまらないような働きをするため「抗脂肪肝ビタミン」の別名ももっています。

ビタミン様物質
ビタミン様物質は、体内においてビタミンに似た作用をもたらすものです。ビタミンと違い体内で合成することができるという点が特徴です。厳密にいうとビタミンの定義と当てはまらないので、区別するためにビタミン様物質と呼ばれています。
スポンサードリンク

イノシトールには9種類の異性体が存在しますが、生物活性を有しているのはそのうちの1種類でミオイノシトールのみです。なので通常ミオイノシトールのことをイノシトールと呼んでいます。
※ミオとは筋肉を意味する医学英語です。

異性体
同じ分子式でありながら、物理的、化学的性質が異なる化合物のこと

イノシトールは植物中ではイノシトールまたはフィチン酸の形で存在し、動物の体内ではイノシトールまたはイノシトールリン酸の形で存在しています。

イノシトールの摂取目的

イノシトールの摂取目的は「細胞」(膜)、髪「薄毛」、体型「ダイエット」、体力「普段」

 摂取目的
髪  「薄毛」
体型 「ダイエット」
体力 「普段」

その他「細胞」

イノシトールの効果・効能

細胞膜
細胞は細胞膜につつまれています。細胞膜は細胞の内側と外側を仕切り細胞内の環境を一定に保ったり、細胞に必要な栄養素や酸素を吸収したり、老廃物の排出をしたり、情報を伝達したりする役割をしてます。
体が正常に機能し、生命を維持するためには必要不可欠な存在です。この細胞膜に含まれているのがリン脂質で、リン脂質の構成成分がイノシトールです。イノシトールは細胞膜にとって重要な存在といえます。


情報伝達に重要な働きをするのは細胞膜です(細胞外からのシグナルを細胞内に伝える)。リン脂質は細胞膜に含まれている成分で、特に神経細胞の細胞膜に多く含まれています
細胞膜の主成分であるリン脂質は、脳細胞への栄養素の取り込みや細胞内外への情報伝達のやり取りなどに関わり脳の健康を正常に保つ働きを担っています。
リン脂質の構成成分であるイノシトールはこの働きに貢献しています。


神経細胞は、発毛や育毛を指令する神経系の伝達に深く関わっています。神経細胞が活性化されていれば、この伝達がスムーズにいき、頭皮の環境を整えて髪が生えやすい状態にするといえます。 
神経細胞に栄養素を供給する役割をしているが細胞膜の主成分であるリン脂質であります。リン脂質の構成成分であるイノシトールを摂取することは神経細胞の活性化につながり、髪を生みだす土台となる頭皮の環境や健康を保つ働きがあるといえます。

脂質の代謝    
脂肪肝とは肝臓の病気の一つで肝臓に脂肪が蓄積されることをいいます。自覚症状があまりない病気で、日本人の3人に1人が抱えているといわれています。脂肪肝が進行すると肝硬変になり、さらにそれが肝臓ガンにつながるリスクが高まります。
イノシトールは脂質の代謝を促進して、肝臓への脂質蓄積すなわち脂肪肝を未然の防ぐ効果があります。脂肪を多くとったりアルコールをたくさん飲む人は、脂肪肝になりやすいので、イノシトールを意識して摂取する必要があります。
またイノシトールの脂質の代謝を促進する働きは血管にコレストロールが溜まるのも防ぐため、イノシトールを摂取することは動脈硬化をはじめとするさまざまな生活習慣病予防につながります。

心の病気
イノシトールはパニック症候群や強迫性障害などの治療にも有効性が示されています。これはイノシトールの大量摂取(1日10,000㎎以上)により示されました。脳の健康を保つ働きをするイノシトールは、パニック症候群や強迫性障害といった心の病気の改善にも効果があるといわれています。

 

イノシトールのサプリメントによくあるキャッチフレーズ集

  • 脂肪やコレストロールの代謝に大事な役割をする
  • コーヒー、たばこをよく飲む人に
  • こってりな食事を好んで食べる方に
  • 脳や神経の機能に欠かせない成分
  • 細胞膜を構成している成分の一つ
スポンサードリンク

イノシトールの摂取量、不足、過剰

イノシトールの摂取量
イノシトールの目安摂取量は厚生労働省で特に定められていません。
一般的には1日に500mg~2000mgを摂取するといいといわれています(脂肪肝や動脈硬化の予防効果を期待するなら)。イノシトールはブドウ糖を材料に体内で合成できますが、合成できる量に限りがあります。なので脂肪肝や動脈硬化の予防に必要な量をとるには食事やサプリメントから摂取する必要があります。
 
イノシトールの不足
体内で合成できる成分のため通常の食生活を送っている限り不足による欠乏症を心配する必要がありません。ただしコーヒーをよく飲む方は注意です。カフェインはイノシトールを大量に消費させます。その場合は、脂肪肝や動脈硬化の発生リスクを高めることになります。
 
イノシトールの過剰
イノシトールは水溶性の成分です。過剰となった場合は尿などと一緒に排出されるので特に心配はいりません。とは言えサプリメントなどで一度に大量に摂取したりすると、吐き気、めまい、胃痛などを引き起こします。規定されている摂取量をきちんと守って下さい。

イノシトールの豆知識

ビタミンB群
もともとはビタミンB群の一種として考えられていましたが、体内で合成できることがわかり現在ではビタミン様物質としてあつかわれています。
 
コーヒー
カフェインはイノシトールを多く消費させます。コーヒーをよく飲む人は意識してイノシトールを摂取すべきです。
 
栄養剤
イノシトールは食品添加物や栄養剤としての使用が認められている成分です。リポビタンD、チオビタドリンク、エスカップCなど有名な栄養ドリンクにイノシトールは配合されています。
 
粉ミルク
イノシトールは、人間の初乳に多く含まれ、乳児の成長に欠かすことのできない栄養成分です。だいたいの粉ミルクにはイノシトールが入っています。
 
レシチン
イノシトールはコリンと結合してレシチンというリン脂質になります。ちなみにコリンは水溶性のビタミン様物質で、アミノ酸を材料に体内で合成できます。

イノシトールのイメージ

オレンジ

神経細胞の健康を保つ

イノシトールと相性の良い栄養成分

・コリン
・ビタミンB群

イノシトールの勝手にランキング

体型(ダイエット)部門 第15
体力(普段)部門 第12位

イノシトールのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

イノシトール 総合評価 A+ 14.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価4.5  
神経細胞に栄養素を供給する役割をしているが細胞膜の主成分であるリン脂質であります。リン脂質で形成された膜から、栄養素などが取り込まれたり、不要なものが排出されたりします。リン脂質の構成成分であるイノシトールは髪の発毛や育毛に関係している成分といえます。

肌(美肌) 評価3.5  
イノシトールは美肌作りに関係していると思われます。肌の真皮において美肌成分コラーゲンやエラスチンを生み出しているのが繊維芽細胞です。その繊維芽細胞を生み出しているが真皮幹細胞です。真皮幹細胞は、細胞分裂する際に、同じ真皮幹細胞を生み出すとともに、線維芽細胞も作ります。

真皮幹細胞は血管のまわりでのみ安定して存在でき、安定して存在するにはPDGF-BBという成長因子が必要であるといわれています。真皮幹細胞とPDGF-BBは加齢とともに減少するといわれています。イノシトールは加齢ともに減ってしまう成長因子PDGF-BBの産生の促進を高める効果があるといわれています。
とまあこう書きましたが、これは某有名化粧品会社のイノシトールを配合した商品のPR内容です。つまり外用の効果であるといえます。内から摂取することで同様の効果があるかは定かではありません。

体型(ダイエット)評価5
脂質の代謝を促進する働きをするイノシトールの別名は「抗脂肪肝ビタミン」です。脂肪の流れをよくして、体内に脂肪が蓄積するのを防ぎます。特に肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎます。なので日本人の3人に1人が抱えている脂肪肝の予防に大変有効といえます。隠れ肥満を防ぐのに有効な成分といえます。

体力(普段)評価5
イノシトールの脂質の代謝を促す働きは、脂質からのエネルギー産生を促進しているともいえます。脂質は3大栄養素の中で一番の高エネルギー源です。日々活発に生活するために貢献する栄養成分といえます。また脂肪肝や動脈硬化を予防するので、生活習慣病の予防にもなります。

その他(細胞)評価5
イノシトールは細胞の表面を覆っている細胞膜に深く関わっている成分です。細胞膜の構成成分がリン脂質で、そのリン脂質の構成成分がイノシトールです。つまり細胞膜を構成している成分の一つといえます

細胞膜は単に細胞を覆っているだけでなく、細胞に必要な物質を供給したり、老廃物の排出をしたり、情報を伝達したりする働きをします。細胞が正常に機能するためには細胞膜の存在が非常に重要となります。なのでイノシトールを細胞の部門で評価しました。

イノシトール雑感

男の薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)です。AGAは成人男性の抜け毛の原因の9割を占めています。

AGAは主に男性ホルモンテストステロンが関係してきます。この男性ホルモンテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)というさらに強力な男性ホルモンにかわることでAGAを引き起こします。
DHTが髪の発毛や成長に関わる毛母細胞の機能を弱めることにより、髪のヘアサイクルの成長期が短くなり抜け毛が促進されるのです。

唐突にAGAの話をしてしまいましたが、これはイノシトールを摂取している理由でもあります。
直接的な理由ではありませんが・・・・

そもそも私がサプリメントを多くのみはじめたのが、薄毛に悩んだのが理由です。高2の夏に薄毛に悩みはじめました。最初は育毛剤からはじまり、次にAGAの治療薬をとるようになって、いろいろあって今現在、髪に良い栄養成分や薄毛予防、改善に効く栄養成分を主にサプリメントからやたらめったら摂取するようになりました。

薄毛を「内側から改善する」ことの第一歩となったのはプロペシアといったAGAの治療薬でした。ちなみに当時はAGAという言葉は世間に浸透されていなかったので、単に薄毛に効果がある海外の薬という認識しかありませんでした。

これを海外から個人輸入代行で購入していたわけですが、途中でやめました。だいぶ早い段階で摂取するのはやめました。

理由は自身の薄毛、抜け毛の原因はAGAではないと考えたのです。

AGAってなんだかんだいって一番関係してくるのが男性ホルモンで、より強力な男性ホルモンDHTに変化することが原因となってくるものです(DHTが毛母細胞を攻撃することでAGAがおこります)。
DHTは男性ホルモンテストステロンが過剰に分泌されたり、5αリダクターゼという酵素が多く分泌されることで体内に生成されてしまうのですが、テストステロンが過剰に分泌されたり、5αリダクターゼを多く分泌している人って、身体的な特徴があるのです。

ヒゲや体毛が濃かったり脂性だったりという感じです。

で自分はまったくあてはまらないのです。
まったく真逆といっていいほどです。脂性ではないですし、ヒゲや体毛は極めて薄いです。

なので自分の薄毛の原因は男性ホルモンではなく他のところにあると考えました。

もういろいろ考えました。これらが私が考えたことです

  • 髪の毛の材料となる栄養成分がたりていないのではないか
  • 血液の流れが悪くて髪に栄養素や酸素をスムーズに運べていないのではないか
  • 髪に栄養素や酸素を届ける毛細血管が傷ついたり減ってしまっているのではないか
  • 毛母細胞が活発に細胞分裂をおこなっていないから、抜け毛が増えてしまっているのではないか

あらゆる視点から薄毛の原因を探りました。そして薄毛の予防改善をするために今挙げたことに関係してくる栄養成分を探しだし意識して摂取するようになりました。

こんな名言があります。

髪は複合的なメカニズムになっているので
健康な髪を生やし、維持するために多角的な取り組みをしなければいけないのです。
たった一つのことをやればいいというわけではないのです。

by 40無職 

・・・・・えーと 

ここまでまったくイノシトールと関係ない話をしてしまいましたが、なにがいいたいのかというと薄毛対策の多角的な取り組みの一環としてイノシトールを摂取しはじめました。

薄毛改善にイノシトールがなぜ効果があるかのかというと イノシトールが神経細胞に関係しているのが理由です。

神経細胞?

一見するとまったく関係なさそうですが・・・・実は頭皮に発毛や育毛を指令する神経系の伝達に神経細胞が関係していて、神経細胞が活性化されていないと頭皮の環境が悪くなるのです。髪の毛の土台となっている頭皮が健康でなくなると抜け毛につながってしまうのです。
※こんな風に書いている私も、あまり神経細胞と髪の関係性をよく呑み込めていないのですが、まあ素直に受け止めることにしています。

じゃあその神経細胞にイノシトールがどうかかわっているのかという話になりますが、

ここで細胞膜がでてきます。

細胞膜って細胞の内側と外側を仕切り細胞内の環境を一定に保ったり細胞に必要な栄養素や酸素を吸収したり老廃物の排出をしたり情報を伝達したりする働きをします。その細胞膜の主成分が脂質で、脂質のうちリン脂質というものなのです。つまりリン脂質で形成された細胞膜から、栄養素などが取り込まれたり、不要なものが排出されるということなのです。

細胞膜はすべての細胞にあり当然そこにはリン脂質が含まれているのですが、神経細胞の細胞膜はリン脂質が特に多く含まれているといわれています。多く含まれていれば、それだけ神経細胞を活性化するのにすごく貢献していることになります。

で、このリン脂質の成分となっているのがイノシトールなのです。

・・・・・

もっと短くまとめることができただろうというお怒りの言葉をいただけそうですが、

いいたいことは

神経細胞も薄毛に関係して、神経細胞を活性化するのにイノシトールも一役買っているということです。

私の薄毛の原因が神経細胞とは限らないのですが(というか極めてその可能性は低いのですが)、
薄毛対策の多角化的な取組みの一環としてイノシトールを摂取するようになりました。

えーと・・・

まあ薄毛対策ならずともイノシトールが細胞膜の主成分であるリン脂質の構成成分であるということだけでも全然摂取する理由となっています。細胞にとって細胞膜はすごく重要なので。
あと解説の肌の欄にも書きましたが、イノシトールは未知なる可能性を秘めている成分といえますので、私は継続して取っていこうと思います。

すいません。薄毛対策目線のみでイノシトールを説明してしまいました。

本来注目すべき点はそこではありません。イノシトールって脂肪肝に非常に有効な成分です。
なので隠れ肥満で悩んでいる人や肝機能をアップさせたい人にはすごくお勧めの成分です。年末年始のお酒をよく飲む時や、脂肪分の多い食事をする時には、イノシトールをあらかじめ摂取するというのも「脂肪肝の予防」としては大いにありです。

体内で合成はできますが、その量に限りがあるのでサプリメントでとるというのも一つの手だと思います。

スポンサードリンク