リジン 

リジンの評価 S

リジン

リジンは体をつくる20種類のアミノ酸の1つで、9種類の必須アミノ酸のうちの1つです。

必須アミノ酸とは、体内で合成できないため食事、サプリメントなどから摂取しなければならないものです。不足してしまうと体の機能を正常に保つことが難しくなります。

体をつくる20種類のアミノ酸

人間の主要なパーツ、例えば筋肉、肝臓、心臓、皮膚、髪、血液などは主にたんぱく質でできていて、そのたんぱく質は主に20種類のアミノ酸によって構成されています
同じたんぱく質であっても20種類アミノ酸の組み合わせや構成比により性質や形がちがってきます
例えば筋肉、髪、肝臓はたんぱく質であってもその形や性質がまったく違います。
これらを合成しているアミノ酸の構成内容がそれぞれ違うからです。

20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

リジンはホルモン、酵素、抗体のもとを作る働きをします。

組織の細胞の修復成長促進にも関係しています。

スポンサードリンク

リジンの摂取目的 

摂取する目的は「薄毛」、「美肌」、「筋肉」、「ダイエット」、「夜のほう」、「成長ホルモン」です。

 摂取目的  
髪 「薄毛」
肌 「美肌」
体型 「筋肉」「ダイエット」
体力 「夜のほう」
その他「成長ホルモン」

リジンの効果・効能

薄毛 
リジンは、薄毛改善に効果があるといわれています。特に、AGA(男性型脱毛症)の予防、改善に効果があります。AGA治療薬「フェナステリド」「ミノキシジル」と併用することにより、それらの発毛、育毛効果を高める効果とされています。
イギリスの会社がリジンに発毛効果(フェナステリド、ミノキシジルという成分の効果を高める)があるのを発見し、アメリカでこの発毛効果についての特許を取得しています。
AGAは成人男性の生え際や頭頂部が薄くなってしまうことで、成人男性の薄毛の原因の9割を占めています。

成長ホルモン
成長ホルモンは細胞の細胞分裂を促進する、代謝をコントロールするといった働きがあります。成長ホルモンが分泌することで子供だったら思春期に身長を伸ばし、大人だったら代謝を促し組織の細胞の修復、再生するといった効果をもたらします。
アミノ酸の中で成長ホルモンの分泌を一番促進するといわれているのがアルギニンです。リジンをアルギニンと一緒にに摂取することで、アルギニンの成長ホルモン分泌の効果を高めます。アルギニンの成長ホルモン分泌の効果を大幅にあげるとも言われています。このことからリジンは成長ホルモンの分泌促進に関わっているといえます。

美肌
美肌成分といえば、コラーゲンが思い浮かぶ人が多いと思います。コラーゲンは肌のハリ弾力を生み出すたんぱく質で、肌だけでなく骨や血管、関節などにも含まれています。

皮膚は表皮、真皮皮下組織にわかれていて肌の形や弾力を保つ働きをするのが真皮です。
真皮の約70%を占めているのがコラーゲンです。
コラーゲンが肌に大きな影響を与えているのは真皮層に多く含まれているからです。

 

 

リジンは体内でコラーゲンを生成する成分の一つです。食事などで取り入れられたコラーゲンは体内で一度アミノ酸に分解されます。コラーゲンとして再び合成されるにはリジン、プロリンといったアミノ酸やビタミンCが必要となります。肌のハリ、弾力、潤いに関わるコラーゲンを生成するリジンは美肌に関係している成分といえます。

脂肪代謝
リジンには、脂肪の代謝を促進し、肝機能を高める働きがあります。
リジンを摂取することで脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化されます。リパーゼの働きより分解された脂肪は脂肪酸(遊離脂肪酸)とグリセリン(グリセロール)に分解され、エネルギーとして消費されます。体内にある脂肪を分解することで肝臓への負担が減るので、肝機能を高めることに繋がります。※エネルギーとして消費されず余った場合は再び中性脂肪になります。

また脂肪酸の代謝(エネルギー代謝)はミトコンドリアのマトリックスで行われます。なので脂肪酸を細胞内のミトコンドリアの中に取り入れる必要があります。脂肪酸をミトコンドリア内に取り入れる役割をしているのがLカルニチンという物質です。
Lカルニチンが不足していると脂肪酸のエネルギー代謝が上手くいかないということになります。
リジンはLカルニチンの原料となっています。

リジンの「リパーゼを活性化する」、「カルニチンの原料である」という点は、脂肪の代謝に大きく貢献しているといえます。脂肪の代謝は体の中にある脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出すことなのので、体脂肪を減らすことにも貢献しているといえます。

リパーゼ
リパリーゼとは消化酵素の一つです。脂肪分解酵素と呼ばれています。リパーゼの働きにより体内で取り入れた中性脂肪は脂肪酸とグリセリン(グリセロール)に分解されます。

普段の生活
リジンは、代謝を促進する効果があります。主なエネルギー源である糖質の代謝を促進します。糖質からしっかりとエネルギーが作られることは、疲れが早くとれ、疲労や倦怠を防ぐことにつながります。また糖質のエネルギー代謝を手助けすることは、脳のエネルギーを作ることに関わっているともいえます。糖質は脳の唯一のエネルギー源だからです。そのためリジンには集中力を高める効果もあるといえそうです。
リジンには体の組織の細胞の修復や再生を助ける働きもあるので、健康的な生活を送るために、不足することなく摂取したい成分です。

血管
リジンには、血管を強くする作用があります。​血管を作る作業を助けたり、血管にできた傷を修復します。
アルギニンに血流を改善する効果がありますが、リジンはこのアルギニンの効果を高める働きもあります。
血管を修復したり血流改善をサポートするリジンを摂取することは、動脈硬化の予防効果があるといえそうです。

リジンのサプリメントでよくあるキャッチフレーズ

  • ヘアケア成分として注目、育毛効果がある
  • 美容、健康に興味ある人におすすめ!美容からダイエットまで、幅広く活躍する
  • リジンの摂取がミノキシジルの効果を増加させる 
  •  カルシウムとの相性抜群、コラーゲンを形成するの役立つ成分
  • スキンケアやヘアケアのサポートに役立つ万能アミノ酸 
スポンサードリンク

リジンの摂取量、不足、過剰

リジンの摂取量
リジンは必須アミノ酸ため食事などから摂取する必要があります。1日の目安摂取量は体重1kgにつき30mgといわれています(例60kgだと1800mg)。サプリメントを購入された場合は、あくまでもその商品の目安摂取量を飲んでください。
 
リジンの不足
リジンが不足すると、疲れがとれなかったりします。リジンは糖の代謝を促しエネルギー産生をサポートする効果があるので、足りてないとエネルギー不足になりやすく疲労につながってしまいます。エネルギー不足は貧血、めまい、集中力が続かないなどにもつながります。
また肝機能が低下する恐れもあるので注意です。肝臓は脂質の代謝に関わっているので、肝臓の機能が低下すると中性脂肪やコレストロールが増加します。
 
リジンの過剰
通常の食生活をしている場合は、過剰のほうは心配いりません。ただ私のようにサプリメントなどでリジン単体を飲む場合は注意が必要です。胃痛や下痢などの副作用があります、過剰の度合いがひどい時は、腎機能障害を引き起こす可能性もあります。通常の食事にサプリメントとしてリジンを摂取する場合、サプリメントの目安摂取量を守ってください。妊娠中、授乳中の女性はサプリメントでの摂取を控えるよう言われています。
 

リジンの豆知識

ヘルペス
リジンはヘルペスに効果があるといわれています。リジンには細菌やウィルスに対する抗体を作る作用があるからです。
 
骨を丈夫に?
リジンには骨を丈夫にする働きもあるといわれています。リジンそのものに骨を丈夫にさせる作用があるのではなく、カルシウムの吸収を高める効果があるのでそういわれています。骨に間接的にかかわっているといえます。

リジンのイメージ

食べ物でいったら鰹節

リジンは他の成分の効果を高める

リジンと相性の良い栄養成分

・アルギニン
・オルニチン
・ビタミンC

リジンの勝手にランキング

髪(薄毛)部門 第11位
体型(筋肉)部門 第6位
体力(夜のほう)部門 第12位

リジンの評価 レーダーチャート 解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

リジン総合評価 S 16

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

 

髪(薄毛) 評価5.5 
リジンは薄毛に効果があるといわれています。薄毛の中でもAGA(男性型脱毛症)に効くとされています。とあるイギリスの会社がリジンがAGAに効くことを研究で証明し、リジンの発毛、育毛効果に関する特許をとりました。このリジンの発毛、効果はAGA治療薬(フェナステリド、ミノキシジル)の効果を高めるといった内容です。AGA治療薬を服用していたら評価は6だったかもしれませんが、自身は服用していないため評価を5.5にしました。

肌(美肌) 評価5.5
リジンは必須アミノ酸で、コラーゲンの構成成分になります。コラーゲンは肌のハリ、潤いには必須です。
食事やサプリメントなどでコラーゲンを体内にいれると、そのコラーゲンは一度アミノ酸に分解されます。そして再び皮膚などのコラーゲンとして再合成されるわけです。この合成する作業に、リジンは欠かすことができないといわれています。コラーゲンを合成するにはリジンだけではなく、プロリンとビタミンCも必要です。肌のハリ弾力を生み出すコラーゲンの生成に欠くことが出来ないリジンはこのカテゴリーでは、かなり高評価です。

体型(筋肉、ダイエット) 評価5
成長ホルモンの分泌は筋肉増やすことにつながります。成長ホルモンはたんぱく質の代謝のなかで「たんぱく質の合成」にかかわってきます。筋肉を発達、増大させるには筋肉を構成しているたんぱく質の合成が必要です。成長ホルモンは筋肉の細胞に必要なアミノ酸の取り込みを促進しその合成作業の手助けをします。ようは成長ホルモンの分泌は筋肉の増やすことにつながります。
またリジンは必須アミノ酸に分類されます。リジンの不足は筋肉の形成に大きな影響を与えるといわれています。筋肉のためにも取り入れておきたい栄養成分の一つです。

リジンの「脂肪の代謝促進」、「肝機能を改善する」、「Lカルニチンの材料となる」という点はダイエットや肥満予防に役立ちます。

・脂肪の代謝促進・・・・・脂肪の分解をすすめる
・肝機能を改善する・・・・基礎代謝をあげる
・Lカルニチンの材料・・・・脂肪酸のミトコンドリアへの運搬に貢献している

体力(普段、夜のほう) 評価4.5
リジンは糖質、脂質の代謝に関わっています。糖質、脂質の代謝はエネルギーを生み出すことがメインの働きです。リジンは、代謝を促しエネルギー作りをサポートするので疲労回復の効果があるといわれています。
リジンは精力剤によく使われている成分です。リジンにはアルギニンの働きを高める効果があるためです。アルギニンには勃起力をアップさせる働きがあるので、リジンはその効果をさらに上げるといえます。リジンにある疲労回復効果は、夜のほうの持続力を高めることにもなります。

その他(成長ホルモン) 評価4.5
成長ホルモン分泌のため飲んでいます。ただリジン単体ではその効果はそうでもないと感じます。リジンは成長ホルモンの分泌を促すアルギニンやオルニチンと一緒にとることで、成長ホルモンの分泌量をアップさせる補助的な役割ではないかと感じています。アルギニンやオルニチンと比べると分泌能力は劣るのではと考え4.5という結果になりました。

 

リジン雑感

リジンは、他の栄養素の効果や吸収を高める成分というイメージがあります。

たとえばアルギニンというアミノ酸は成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。リジンはこのアルギニンとの相性がよく、一緒に飲むことでアルギニンの成長ホルモンの分泌効果をアップさせます。
アルギニンだけでなく、オルニチンの成長ホルモン分泌効果も向上させます。
これらアミノ酸だけでなく、カルシウムの吸収を高めて骨を丈夫にする働きもします。

いろんな栄養成分を摂取している私にとっては、効果や吸収を高めるリジンは「バイプレイヤー」として大活躍してくれています。

そしてこれは栄養成分にとどまりません。リジンは、AGA治療薬の効果を高めるともいわれています。
これは薄毛界では有名な話で、
リジンをAGA治療薬「フェナステリド」、「ミノキシジル」と併用することで、それらの発毛、育毛効果を高めるといわれています。
実際、イギリスの会社がリジンに発毛効果フェナステリド、ミノキシジルという成分の効果を高める)があるのを発見し、アメリカでこの発毛効果についての特許を取得しています。

なのですでにAGA治療薬を摂取していて、その効果にあまり満足していないかたはリジンもプラスアルファして飲んでみるのもいいかもしれません。AGA対策としてリアップ(ミノキシジルの育毛剤)を使っている人は、体の中にリジンを取り入れることで相乗効果が見込まれるかもしれません。
ちなみにAGA治療薬のなかでも内服用のミノキシジルタブレット)との併用が効果が高いとネットで噂になっています。

イギリスの会社のリジンの発毛効果の特許の話などを聞くと、「リジンって髪にすごいいいじゃん」と思うのですが、残念ながらその内容がAGA治療薬のフェナステリド、ミノキシジルという成分の効果を高めるというものなんです。リジンそれ自体がAGAに効果があるってわけではないのです。これが「なんだかなぁ~」という感じです。

自分は、AGA治療薬を飲んでいないのです。

補足
薄毛予防に力をいれているといいながらAGA治療薬に手を出していない理由はいろいろあります(いつか別記事で書きます)。ざっくりいうとAGAの要因となる体質(男性ホルモンが多く体毛が濃い、脂性など)にあんまりあてはまっていないと思っているからです。まあお金もかかるというのもありますが・・・

リジンの成分それ自体がAGAの予防、改善に効くものだったらまだしも、実際のんでいない治療薬の効果を高めるものなので、薄毛改善の効果として、リジンをそんなに高く評価していません。
ただ巷(ネット)では、リジンは薄毛に効果があるとすごく言われています。
レビューの髪(薄毛)のカテゴリーの評価は何となく中途半端になってしまいました。

私がリジンを評価している点は、冒頭にいったアルギニンなど他の栄養成分の効果を高めるといったことともう一つコラーゲンの合成に必要な点です。

食事やサプリメントなどでコラーゲンを体内にいれても、そのコラーゲンは一度アミノ酸に分解されます。そして再び皮膚を構成するたんぱく質「コラーゲン」として再合成されるわけです。この合成する作業に、リジンは欠かすことができないといわれています(コラーゲンを合成するにはリジンだけではなく、プロリンとビタミンCも必要です)。

コラーゲンを構成しているアミノ酸の中にはヒドロキシプロリンヒドロキシリジンというコラーゲンにしか存在しないアミノ酸があります。これはプロリンとリジンが酵素反応により水溶化されることでできあがる物質ですビタミンCはこの酵素反応の時に補酵素として働きます。あっているかわかりませんが、このことが「コラーゲンを合成するときに、プロリンとリジンとビタミンCが必要」といわれている理由だと思っています。

ながながと書きましたが、コラーゲンは肌のハリや潤いに欠かせない美肌成分です。どんな理由であれその生成に欠かせないとされるリジンは、実は美肌にすごい大事であると思っています。

個人的にリジンをサプリメントで取ったほうがいい人は、次のような感じです。

①あまり食生活を気にしていない人
リジンは必須アミノ酸かつ20種類のアミノ酸の中で最も不足しやすいといわれていますので、意識して取る必要があります。

②AGA治療に力を入れている人
すでにAGA治療薬を服用している方にお勧めです。リジンはその効果を高めるといわれています。

③美肌を目指して、コラーゲン摂取している人
さきほど言いましたが、リジンは体内でコラーゲンが合成される際に必要となります。この場合プロリン、ビタミンCも一緒に飲むのがベターです。

④アルギニンの力に魅了されている人
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果があります。リジンはこの効果をさらにあげます。

リジン単体をサプリメントで取ろうと思っても、日本で売っている会社はありません(たぶん)。なので海外の商品がおすすめです。海外からの個人輸入代行だと簡単に入ります。楽天、アマゾン経由でもいけます。

スポンサードリンク