リジン 

リジンの評価 S

リジン

たんぱく質の働きは大きく構造的役割と機能的役割の2つにわけられます。
「構造的」は筋肉・皮膚・髪・結合組織などを構成するたんぱく質の役割です。

  • 皮膚・髪 ケラチン
  • 結合組織 コラーゲン

「機能的」は酵素・ホルモンなどを構成するたんぱく質の役割で、生体内の化学反応を触媒する・生理機能を調整する働きをします。

  • 酵素 リパーゼ
  • ホルモン 成長ホルモン

体内には約10万種類のたんぱく質が存在しているといわれています。それらたんぱく質はわずか20種類のアミノ酸が数十~数百個以上結合し複雑に組み合わさることで作られます。

20種類のアミノ酸は9種類の必須アミノ酸(体内で合成できないもの)と11種類の非必須アミノ酸(体内で合成できるもの)に分けられています。

体をつくる20種類のアミノ酸
20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

.
リジンは必須アミノ酸に分類されます。
リジンは体を構成するたんぱく質ほとんどすべてに含まれています。
リジンには成長促進免疫力向上エネルギー代謝促進疲労回復脂肪燃焼発毛促進美肌作りなどの働きがあります。

 

リジンの効果・効能

薄毛予防

◆AGA治療薬との相性
リジンはAGA治療薬と相性が良い成分として有名です。特にミノキシジルとの相性がよく、ミノキシジルの効果(血管拡張&細胞増殖・たんぱく質合成促進効果)を高めるとされています。
なのでAGA対策としてリキッドタイプ(外用)・経口タイプ(内服)のミノキシジルとリジンの併用がよく用いられています。

リジンがミノキシジルの効果を高める理由としてリジンの「たんぱく質の合成を促進する」と「血流をよくする」働きが関係すると考えられます。

◆広範囲な発毛効果
リジンには広範囲な発毛効果があるとされています。
実際、バイオサイエンティフィック社(英)が【リジンは男女問わず、さまざまな原因でおこる薄毛・脱毛に対して発毛効果を発揮する】ことを実験で証明し【薄毛・脱毛治療にリジン摂取が有効】とする米国特許を取得しています。

 

成長ホルモンの分泌促進 

「成長」と「代謝」をコントロールしているホルモンが成長ホルモンです。
子供の成長期において骨の軟骨細胞に作用し身長を伸ばす働きや各組織の細胞に作用し成長を促す働きをします。

成長期を過ぎても各組織の細胞の分裂や修復に欠かせないホルモンとして重要な役割を果たしています。

成長ホルモンの主な作用を簡単にまとめると次になります。

成長ホルモンの主な作用 



引用元

若さの秘訣・成長ホルモン 
健康専科 日油(株)食品事業部

  • 細胞分裂を促進 
    → 新陳代謝促進(骨形成・発毛・美肌など)
  • 細胞の修復 
    → ケガの回復・肌のターンオーバー正常化 
  • たんぱく質の合成を促進 
    → 筋肉量の増加
  • 糖質、脂質の代謝促進 
    → エネルギー産生・脂肪の蓄積を防ぐ・脂肪の分解を促す
  • 血糖値が低い時に血糖値をあげる 
    → 低血糖を防ぐ

成長ホルモンの作用はその標的組織に直接働きかける場合と、IGF-1と呼ばれる成長因子を介して働きかける場合があります。

.
リジンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
また他のアミノ酸の成長ホルモンの分泌促進効果を高める働きもあります。

リジンはアルギニンとの相性がよく、アルギニンとリジンを一緒に取るとアルギニンの成長ホルモン分泌促進効果が大幅にUPすると言われています。

アルギニンにも成長ホルモン分泌を誘発させる作用があるのだけど、リジンと一緒にとることで、成長ホルモン分泌促進効果は約10倍も膨れあがるの!

引用元
40過ぎて痩せたければ、眠る何時間前にストレッチをすれば良いか?
MAG2 NEWS (株)まぐまぐ

 

コラーゲンの合成 

リジンは、コラーゲンの構造上において重要な役割を果たしています。
理由は次の2点です

 
①螺旋構造の安定化

コラーゲン分子は3本のα鎖が螺旋状に絡まった構造をしています。

引用元 
体のなかのコラーゲンの役割 コラーゲンの構造
コラーゲンマニアのつぶやき
(株)ニッピ

α鎖のプロリンやリジンが水酸化されることにより、α鎖間で水素結合が形成されます。その結果、3重螺旋構造(トリプルヘリックス構造)が安定化します。


α鎖にプロリンとして組み込まれた後に酵素プロリンヒドロキシラーゼにより水酸化されたのがヒドロキシプロリンです。
α鎖にリジンとして組み込まれた後に酵素リシルヒドロキシラーゼにより水酸化されたのがヒドロキシリジンです。

 
②コラーゲン架橋の形成

生体内ではコラーゲン分子が集まって、酵素の働きによりコラーゲン分子が橋を架けあうように結合します。


※『コラーゲン完全バイブル』(真野博著、幻冬舎メディアコンサルティング)より

引用元
コラーゲンとは何? カラダの中のコラーゲン
コラーゲンナビ
(株)ニッタバイオラボ

コラーゲン分子間に架橋(コラーゲン架橋)が入ることでコラーゲン繊維が形成されます。この架橋は、アルドール縮合またはシッフ塩基型結合によって形成されます。これにリジンが深く関与しています。
コラーゲン分子中の特定のリジンまたはヒドロキシリジンの側鎖基(ε位アミノ基 )が酵素リジルオキシダーゼよってアルデヒドに変わります。

  • このアルデヒドが別の分子のアルデヒドと反応する【→アルドール縮合】
  • このアルデヒドが別の分子のリジンまたはヒドロキシリジンのε位アミノ基と反応する【→シッフ塩基型結合】
とコラーゲン分子間の架橋が形成されます。


リジン(とヒドロキシリジン)はコラーゲン組織特有の強い線維構造を作ることに大きく貢献しています


 

脂肪燃焼 

脂肪燃焼は次の3つのステップを経て行われます。

脂肪燃焼メカニズム

  1. 分解 体内に蓄積された中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する
  2. 運搬 分解されてできた脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運搬する
  3. 燃焼 ミトコンドリアで脂肪酸がエネルギー貯蔵物質ATPに変わる

ATPがエネルギーとして消費される→脂肪燃焼

リジンはこのメカニズムの①脂肪の分解②脂肪酸の運搬に深く関与します。

①脂肪の分解
より詳しくいうと、脂肪燃焼メカニズム①の文章の冒頭に脂肪分解酵素が活性されを付け加える必要があります。

【脂肪分解酵素が活性され】体内に蓄積された中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する

リジンには脂肪分解酵素を活性させる働きがあります。リジンを摂取すると脂肪の分解が活発になり脂肪燃焼が促されることになります。

②脂肪酸の運搬
脂肪酸をATPに変える場所は細胞内のミトコンドリアです。脂肪酸はミトコンドリアで、酸素を用いて完全燃焼され二酸化炭素と水にまで分解されます。

脂肪酸はミトコンドリアのマトリックスで酸化されます。ただ、そのままの状態ではそこに入ることができず一時的にカルニチンと結合しなければなりません

ミトコンドリア



ミトコンドリアは外膜と内膜の二重の生体膜で構成されています。外膜はおおもとを囲っている線、内膜はくねくねした部分の線です。内膜はクリステと呼ばれるひだ状構造を持ちます。内膜に囲まれた内側をマトリックスといいます。
 

一時的にカルニチンと結合し脂肪酸アシルカルニチンになることで、ミトコントリア内膜を通過することができます。
脂肪酸(脂肪酸アシルCoA)から脂肪酸アシルカルニチンへ変換する反応を触媒する酵素はミトコンドリア外膜にあるCPT-1です。

この酵素の活性が高まると脂肪酸のミトコンドリアへの輸送が促進されます。

リジンが②脂肪酸の運搬の過程に深く関わっている理由は次です。

◆カルニチンの材料
リジンはカルニチンの材料です。カルニチンは肝臓および腎臓でリジンとメチオニンをもとに生成されます。健康であれば1日に必要なカルニチンの量は体内で合成できる量だけでまかなうことができます。


◆CPT-1 の活性

リジンにはCPT-1を活性させる働きがあります。CPT-1は脂肪酸アシルCoAを脂肪酸アシルカルニチンへ変換する反応を触媒する酵素です。

【脂肪燃焼メカニズムの①脂肪の分解②脂肪酸の運搬に深く関与する】リジンを摂取することで脂肪酸のミトコンドリアへの輸送が増加し、脂肪燃焼が進むことになります。
リジンは脂肪燃焼効果が非常に高いアミノ酸として有名です。

リジンのサプリメントでよくあるキャッチフレーズ

  • ヘアケア成分として注目、育毛効果がある
  • 美容、健康に興味ある人におすすめ!美容からダイエットまで、幅広く活躍する
  • リジンの摂取がミノキシジルの効果を増加させる 
  • カルシウムとの相性抜群、コラーゲンを形成するの役立つ成分
  • スキンケアやヘアケアのサポートに役立つ万能アミノ酸 

 

スポンサードリンク

 

リジンの摂取量、不足、過剰

リジンの摂取量
リジンは必須アミノ酸です。食事などから必ず摂取しなければなりません。
1日の目安摂取量は体重1kgにつき30mgです(例60kgだと1800mg)。

2007年 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告
参照 必須アミノ酸 ウィキペディア

 
リジンの不足
リジンはたんぱく質の合成に不可欠です。不足は筋力を低下させたり、骨や血管をもろくさせます。
リジンは糖の代謝を促しエネルギー産生をサポートする効果があります。不足は疲労につながります。
リジンには肝臓の機能を高める働きがあります。不足は肝機能が低下する恐れがあります。
 
リジンの過剰
通常の食生活をしている限り、過剰は心配いりません。なぜならリジンは必須アミノ酸の中で最も不足しやすいとされているからです。

ただ、リジン単体のサプリを飲む場合は少し注意が必要です。リジンのみを極端に摂取すると腎機能障害を引き起こす恐れがあります。

 

 

リジンの豆知識

制限アミノ酸
リジンはほとんどすべてのたんぱく質に含まれています。
ただし、穀物などの植物性たんぱく質にはあまり含まれていません。
そのため、リジンは食品中のたんぱく質において最も制限アミノ酸になりやすいとされています。

小麦粉 卵
引用元
リシン(リジン)
アミノ酸大百科
味の素(株)

制限アミノ酸

食品中のたんぱく質のうち必要量に対して充足率の低い必須アミノ酸ことをいいます。
この指標となるのが「アミノ酸スコア」と呼ばれるものです。

アミノ酸スコア

アミノ酸スコアとは食品中のたんぱく質の質を表すもので、その数値(スコア)は9種類の必須アミノ酸のうち1番含有量が少ない必須アミノ酸レベルに合わせられます。

例えばアミノ酸スコア90というのは、必須アミノ酸うちどれか1つのアミノ酸が基準値の90%にしか達していないことを表します。これは体たんぱく質の合成において他のアミノ酸もその基準値の90%のみしか利用できないことになります。
この時、基準値が100より低いアミノ酸を制限アミノ酸、一番低いアミノ酸を第一制限アミノ酸といいます。

 
ヘルペス
ヘルペスとは「ヘルペスウイルス」が皮膚や粘膜に感染して、小さな水ぶくれの集まりができる病気のことです。たとえば口唇ヘルペスはくちびるの周りに、性器ヘルペスは性器の周りに小さな水ぶくれの集まりができます。
リジンはヘルペスに効果があるといわれています。リジンは免疫抗体の材料になります。
 
骨を丈夫に
リジンには腸管でのカルシウムの吸収を促進する働きがあります。カルシウムと一緒にとることで骨粗鬆症予防になります。

 

リジンと相性の良い栄養成分

成長ホルモン関連
・アルギニン

・オルニチン

Now Foods

NOW社の「トリアミノ」は、名前の通り「L-アルギニン」「L-オルニチン」「L-リジン」の3種類のアミノ酸をバランスよく配合したサプリメントです。 この3つのアミノ酸はナイトタイムフォーミュラとも言われ、睡眠中にたくさん出ると言われているダイエットホルモンに関わっているため、寝ている間もムダにしたくないダイエッターにオススメです。 トレーニングや美容のためにも重要な働きを持つ3つのアミノ酸で毎日体をしっかりケアしましょう。

引用元
トリアミノ (L-アルギニン L-オルニチン L-リジン) 120粒 NOW Foods(ナウフーズ)
米国サプリ直販のNatural Harmony 楽天市場店

 

コラーゲン関連
・プロリン
・ビタミンC

Source Naturals

L-プロリンとL-リジンは、共にコラーゲンの働きに欠かせないアミノ酸で、これに加えて ビタミンCとプロアントシアニジンも豊富なホーソーンベリーやブドウ種子エキスをプラス配合。 美容のベースになる重要なコンビネーションです★

引用元
プロリン&リジン 120粒
米国サプリ直販のNatural Harmony 楽天市場店

 

 

リジンの評価 レーダーチャート 解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー

 

 

リジン総合評価 S 16.5

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

 

 髪(薄毛) 評価5.5
効果・効能欄に記載した通り、リジンには薄毛予防効果が期待できます。

「AGA治療薬との相性」・「広範囲な発毛効果」以外にも「ケラチンを作る」働きも薄毛予防効果にプラスとなります。

髪もいきいき

リジンは髪や肌を構成するタンパク質のケラチンを作る働きがあり、ケラチンの材料となるシスチン(高野豆腐、麩、かつお節、湯葉などに多い)と一緒に摂ると育毛効果が期待できるといわれています。

集中力アップも期待できるアミノ酸、リジンとは
POWER PRODUCTION
江崎グリコ(株)

 

 

肌(美白) 評価5
糖化とは体内に余った糖質がたんぱく質とくっつき、たんぱく質を劣化させる現象のことをいいます。

糖化によって作られるのがAGEs(終末糖化産物)です。AGEsが肌の内側に蓄積すると肌に透明感がなくなり黄色くくすみます。
リジンには、糖質とたんぱく質がくっつく前に糖質と結合し、排出される作用があります。

タンパク質を老化させ、肌をくすませたり弾力を失わせたりする糖化。「リジン」と「アルギニン」に、この糖化を抑制する働きがあることが研究により解明されました。
「リジン」と「アルギニン」はタンパク質の身代わりとなり、自らが糖化されて体外に排出されます。この働きにより、くすみのない、ハリと弾力に満ちた肌をキープすることができます。

「アミノシューティカル マスク」リニューアル!
商品特徴
ニュースリリース 味の素(株)

AGEsの蓄積を防ぎ、肌の透明感を保ちます。

 

 

 体型(ダイエット) 評価6 
リジンは脂肪燃焼効果が非常に高いアミノ酸です。
効果・効能欄に記載した

脂肪分解酵素を活性化させる(脂肪燃焼の分解過程に関与)
カルニチンの材料・CPT-1を活性させる(脂肪燃焼の運搬過程に関与)
以外にも脂肪燃焼に関わるリジンの作用があります。

それはAMPKの活性化です。

AMPキナーゼ(以下AMPK)とはAMP活性化プロテインキナーゼ(AMP-activated protein kinase)の略で、エネルギー源となる糖や脂肪の代謝を調節している酵素のことを言います。AMPKには細胞内のエネルギーの減少を感知しATPのレベルを回復させる作用があります。


AMPKが活性されると【ATP産生の促進とATP消費の抑制】が誘導され、細胞内のATPレベルが回復するメカニズムとなっています。
AMPKはエネルギーが枯渇している時【ハードな運動 or 栄養飢餓 or 低酸素 の状態】に活性されます。
リジンはAMPKを活性させる働きをします。

なのでリジンの摂取は激しい運動せずともまた空腹状態にさせなくとも脂肪減少効果をもたらす可能性があります。

 体力(夜のほう) 評価4.5 
女性不妊の原因の一つに卵子の老化があげられます。卵子には多くのミトコンドリアが存在しており、このミトコンドリアの機能低下が卵子の老化につながるとされています。なので卵子のミトコンドリアを活性化させることができれば、卵子の老化を遅らせ その質を保つことになります。

カルニチンはミトコンドリアを活性させる働きをし、妊娠しやすい体質づくりをサポートします。
「ミトコンドリアを活性させる」働きは当然ですが卵子のみならず精子にもあてはまります。実際カルニチンの摂取は精子の運動率を向上させることが報告されています。

カルニチンは不妊に悩んでる女性・男性両方の手助けとなる成分です。その原料となっているのがリジンです。

 その他(成長ホルモン) 評価4 
リジンは成長ホルモンの分泌を促進させます。
リジンにはリジン自身が成長ホルモンの分泌促進させるだけでなく他のアミノ酸の成長ホルモンの分泌促進効果を高める働きもあります。
そのアミノ酸がアルギニンです。リジンはアルギニンとの相性がよく、アルギニンとリジンを一緒に取るとアルギニンの成長ホルモン分泌促進効果が大幅にUPすると言われています。

 

リジンについて勝手に語る

 

スポンサードリンク