プロリン

プロリンの評価 A

プロリン

体内にある主要なパーツ、例えば筋肉、皮膚、髪、臓器などはたんぱく質でできています。そのたんぱく質を構成しているのは20種類のアミノ酸です。

プロリンは体を作っている20種類アミノ酸の一つで、非必須アミノ酸に分類されます。

20種類のアミノ酸

必須アミノ酸(9種類)
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)
アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、システイン、プロリン、セリン、チロシン

※トレオニンとスレオニンは英語表記による呼び方の違い

必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸で食べ物などから必ず取らなければいけません。
非必須アミノ酸は体内で合成できるアミノ酸です。

非必須アミノ酸は体内で作られるといっても微量であったりして、その量が不十分なこともあります。また体内ですごく重要な役割を果たしており、消費が激しく不足しやすいこともあります。
非必須は体内で作られるから取らなくていいというよりは、むしろ積極的に摂取していく必要があります。プロリンもこの考えにあてはまります。

スポンサードリンク

プロリンはコラーゲンというたんぱく質の成分のひとつで、ヒドロキシプロリン(プロリンが水酸化されたもの)と合わせると約20%近くを占めています。※円グラフの数値はアバウトです。だいたいこんな感じと考えてください。

コラーゲンのアミノ酸構成比

コラーゲンのアミノ酸構成比

また、天然保湿因子(別名NMF 肌の角質層の潤いを保つのに最も重要な物質)の構成成分の一つです。天然保湿因子とは、人間がもともと持っている保湿成分で、角質層や角質細胞の中に存在し、水分を保持する物質のことです。

天然保湿因子に含まれるアミノ酸の種類の中で、保水力がもっとも強いのは、プロリンです。

プロリンの摂取目的

プロリンの摂取目的は肌のみ。「美肌」を目指すためだけです。コラーゲンの構成成分であるだけにコラーゲン摂取と目的は似てきます。なので一応「関節」も入れておきました。
コラーゲンとの違いは消化酵素「リパーゼ」を活性化させることで脂肪燃焼効果があるという点ではないでしょうか。

 摂取目的
肌  「美肌」
その他「関節」

プロリンの効果・効能


美肌の効果があります。肌を作るときに必要とされるコラーゲンは、歳を重ねるごとに体内で作られる量は減っていきます。
プロリンには、体内に吸収されたたんぱく質(アミノ酸)からコラーゲンの合成を促進させる働きがあります。さらに、一度破壊されたコラーゲンを直す役割もしています。

天然保湿因子にはアミノ酸が40%含まれています。そのアミノ酸の種類の中で、保水力がもっとも強いのは、プロリンです。
肌に存在するプロリンが多いほど、肌の弾力やハリを保つことができるといわれています。「若々しい」に役立つといわれているのが、コラーゲンと天然保湿因子です。

関節
軟骨は、関節におけるクッションの役割しています。
軟骨はすり減っていくものですが、若いうちは再生能力があるので、特に痛みを感じません。関節痛の原因は年を取ると軟骨の再生能力が落ちるためです。
軟骨の約50%はコラーゲンで構成です。コラーゲンを取ることで、軟骨の再生能力をサポートします。そのコラーゲンの構成要素であるプロリンもその役割をしているといえます。

脂肪
プロリンは消化酵素「リパーゼ」の働きを強めることに役立ちます。消化酵素であるリパーゼは、脂質を分解し脂肪酸として体内に吸収する働きをします。リパーゼの働きを強めることは脂質をエネルギー源として消費しやすくすることにつながります。このことは余剰なエネルギーを脂肪に変えさせない働きともとれ、脂肪の燃焼につながります。

プロリンのサプリメントでよくあるキャッチフレーズ集

  • うるおい成分たっぷりで、ぷるるん肌へ
  • プルップルのうるおい肌に
  • 1歩先のキレイを追求する 
  • コラーゲンを超える?超美容
  • 余分な脂肪のメラメラの手助けをする
    スポンサードリンク

プロリンの摂取量、不足、過剰

プロリンの摂取量
非必須アミノ酸であるために特に目安とされる摂取量は決まっていません。バランスの取れた食生活をおくっていれば、少なくとも足りないということはないです。たんぱく質をあまりとらない食生活をおくっている方は、サプリメントから取るのもありです。
 
プロリンの不足
体内でのコラーゲン生成に影響がでます。コラーゲンが減少し、肌にハリ、潤いがなくなります。シミ、くすみ、たるみといった症状もでてきます。コラーゲンの構成成分のため、コラーゲン不足と同様の症状が現れます。
 
プロリンの過剰
プロリンは過剰摂取による副作用があまり報告されていません、多少摂りすぎても大丈夫と思われます。サプリメントとして購入する場合は、1日の摂取目安量を守ればいいと思ます。

 

プロリン 豆知識 

ヒドロキシプロリン
コラーゲンには人間の体を作るタンパク質を構成する20種類のアミノ酸には含まれないヒドロキシプロリンヒドロキシリジンといったアミノ酸を含んでいます。これらのアミノ酸はコラーゲンなど、限られたたんぱく質にしか含まれない特殊なアミノ酸です。特にヒドロキシプロリンはコラーゲンを構成するアミノ酸の約10%を占めています。
ヒドロキシプロリンは、コラーゲンの構造を安定化させることが知られています。
ヒドロキシプロリンを摂ることによって、肌のコラーゲン合成が高めます。
プロリンが水酸化されたものがヒドロキシプロリンです。
 

プロリンのイメージ

豚ゼラチン この写真は角煮

イメージ写真はこれ プッルプッルの肌

プロリンと相性の良い栄養成分

・ビタミンC
・リジン
・コラーゲン

ビタミンC
コラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠です。ビタミンCはコラーゲンを合成するアミノ酸プロリン、リジンを水酸化する「酵素」を助ける働きがあります。なので、ビタミンCと一緒にとることがおすすめです。
 

プロリンの勝手にランキング

肌(美肌)部門 第1位

プロリンのレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

プロリン総合評価 A 13

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3 
コラーゲンは髪にいいと話しました。コラーゲンの効果は髪を増やすというより今ある髪を健康にするという感じです。いわゆる髪が太くなるということです。プロリンはコラーゲンの構成成分であるので髪のカテゴリーに関連してきます。ただ薄毛改善のためにプロリンを飲んでいないので評価3

肌(美肌) 評価6
ズバリ満点です。個人的にはこの美肌という点に関しては、コラーゲンより上なのではないかと感じています。コラーゲンの構成成分で、プロリン特にヒドロキシプロリン(プロリンが水酸化されたもの)がコラーゲンの合成を高めているので体内でプロリンがしっかりなければ、体内でコラーゲンもしっかり作られないと感覚です。

体型(ダイエット)  評価3
コラーゲンとは違う点はここです。プロリンには脂肪燃焼効果があります(効果・効能参照)ただし、プロリンをダイエット目的として飲んでいないため評価3

体力  評価2
広い目でみるとまあなんらかで関わっていると思いますが、あんまり思いつきません。よって評価は2

その他(関節) 評価4
コラーゲン同様にこのカテゴリーには関節を入れました。繰り返しになりますが。プロリンはコラーゲンの構成成分なので。関自身、間接の痛みなど感じることはありません。評価は4となります。

プロリン雑感

肌に関しては、満点です。個人的にはコラーゲンを上回ると思います。

コラーゲンとコラーゲンを構成する成分を両方とっていて、体内でその違いが分かるのかよバカ!こんなお怒りの言葉をいただけそうです。
確かにそうですそうなんですけど。まあプロリンのサプリメントの歌い文句にもよくあるんですよコラーゲンを超える美肌力みたいな文言が。数あるキャッチフレーズ集がコラーゲンより琴線に触れたというか。なんというか。肌に関してはプロリンおすすめです。というか別に1位2位をつけなさいというわけではないので、どっちも肌、美肌にはいいよということにしてください。

プロリンは

カプセルでとったり

 

 

 

 

パウダー(粉末)でとったり

 

 

 

 

しています。

美肌を目指すという観点で、プロリンを取るときはビタミンCを一緒にとることがおすすめです。
プロリンの水酸化をサポートするビタミンCを取ることで美肌効果が高まるからです。プロリンが水酸化されてできるヒドロキシプロリンは、コラーゲンの構造を安定させるといわれていますので。

スポンサードリンク