オレイン酸(オリーブオイル)

オレイン酸(オリーブオイル)の評価 A+ 

オレイン酸(オリーブオイル)

オレイン酸は脂肪酸です。一価不飽和脂肪酸を代表する脂肪酸です。
n-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)に分類されます。体内で合成できる非必須脂肪酸です。

一価不飽和脂肪酸といえば、オレイン酸といっても過言ではありません。

スポンサードリンク

オレイン酸を多く含むものは、以下があげられます。

オレイン酸
オリーブオイル、菜種油、ひまわり油、サフラワー油、米ぬか油、アーモンド、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アボカドなど果実類など

オレイン酸(オリーブオイル)の摂取目的

オレイン酸(オリーブオイル)の摂取目的は「美肌」と「ダイエット」と「普段」です。

 摂取目的
肌  「美肌」
体型 「ダイエット」
体力 「普段」

オレイン酸(オリーブオイル)の効果・効能

美肌
肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で、一番多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸です。オレイン酸の代表であるオリーブオイルは保湿力が高く外用として使用した場合、他の美容成分の肌への浸透をサポートする役割もあります。

ダイエット
オレイン酸は、脳の視床下部にある満腹中枢に働きかける作用があります。食事の1時間前にオリーブオイルをとることで、満腹感が起こりやすく無理せず食事の量を減らすことができるそうです。オリーブオイルを摂取することで、満腹感を早く感じるようになります。

コレストロール
オレイン酸はコレストロールを下げる働きをします。その大きな特徴は善玉コレステロールを減少させることなく、悪玉コレステロールを減少させる効果があるという点です。このことにより、動脈硬化を防ぐことになります。

善玉(HDL)コレステロール
余ったコレステロールを、肝臓へ戻す働きをします。体に悪影響を与えかねない量のコレステロールを運び出し、血管をきれいにします。
悪玉(LDL)コレステロール
肝臓で作られたコレステロールを血流に乗って全身へ運ぶ役割があります。余剰になるとと血管壁にこびりつきます。余剰になるとが動脈硬化の原因となるため「悪玉」と呼ばれています。ただ悪玉といっても体にとって必要なものです。余剰になると害を及ぼすのです。

胃酸の分泌
胃での滞在時間が飽和脂肪酸に比べると短いです、その分、余計な胃酸を分泌しなくてもよくなります。胃酸の分泌を調整して、胃の健康を守るといわれています。

便秘
オレイン酸には、蠕動運動の働きを活発にさせる働きがあります。また乳化作用も持ち合わせています。

  • 蠕動運動を活発化→腸に刺激を与えて排便を促す
  • 乳化作用→便を柔らかくして便の移動をスムーズにさせる

この2つの働きにより便秘を解消する効果があります。

オレイン酸(オリーブオイル)によくあるキャッチフレーズ集

  • 健康や美容で注目のオリーブオイル
  • 若々しい美しさを保ちたい人
  • コレステロール値が気になる方におすすめ、生活習慣病予防に
  • 腸の働きを活性化させ、便秘予防に
  • ストレスなくダイエットしたい人に 
スポンサードリンク

オレイン酸(オリーブオイル)の摂取量、不足、過剰

オレイン酸(オリーブオイル)の摂取量

1日のうちに必要とされるカロリーのうち、脂質は20%~30%といわれています。※必要とされるカロリーは性別、年齢によって違います。男性で30代だったら2500calです。
1日の摂取カロリーのうち脂質から20~30%取ることをすすめられていますが、その脂質の摂取比率は 飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3がベストといわれています。オレイン酸は、一価不飽和脂肪酸に含まれているで脂質の2/5は一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)から取りなさいということになります。

 
オレイン酸(オリーブオイル)の不足
脂質はエネルギー源ですので、足りないと疲労がたまります。またオレイン酸にはコレストロールをコントロールする働きがあります(善玉コレストロールをへらし、悪玉をへらさない)ので、不足しているということはこの効果が期待できなくなります。動脈硬化のリスクが高まります。また肌がかさつく可能性が出てきます。肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で、一番多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸だからです。
 
オレイン酸(オリーブオイル)の過剰
過剰摂取はずばり肥満の原因になります。脂質は炭水化物やたんぱく質よりも大きなエネルギーを持っています。脂質は少量でも大きなエネルギーを生み出します。体内で脂質が過剰になり、エネルギーが消費されないと脂肪となって蓄積されてしまいます。肥満による生活習慣病のリスクが高まります。
 

オレイン酸(オリーブオイル)の豆知識

酸化されにくい
酸化された食品は老化を早めるといわれています。酸化しやすいもので一番にあげられるのが油です。
そもそも不飽和脂肪酸は酸化されやすく、飽和脂肪酸は酸化されにくいという特徴があります。
そのなかで一価不飽和脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸より酸化されにくい性質を持ちます。酸化しにくく長期間の保存にもむいています。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は酸化しにくいといえます。
 
皮脂の41%がオレイン酸
人の肌の潤いを与える成分である皮脂の41%がオレイン酸、25%がワックスエステル、16%が皮脂酸、12%がスクワレン、その他5%となっています。
皮脂膜のケアには、41%を占めるオレイン酸を使用すれば良いことになります。椿油にはこのオレイン酸が81%~93%も含まれています。
 
皮膚を柔らかくする効果
気になる角質のゴワツキ、小じわなどを抑制・改善することができるため、年齢を重ねた肌を若返らせる効果があります。肌馴染みがとても良いので、様々なスキンケアアイテムに活用されています。
 

オレイン酸(オリーブオイル)のイメージ

オレイン酸といえばオリーブオイル

オレイン酸といえば、皮脂の41%の占めている成分

オレイン酸(オリーブオイル)と相性の良い栄養成分

・ビタミンE
・DHA・EPA
・ビタミンC

オレイン酸(オリーブオイル)の勝手にランキング

 

 

オレイン酸(オリーブオイル)のレーダーチャート解説

評価基準

  • 6 
    このカテゴリーに効果があることで有名。即効性があったり、継続して摂取することで効果を感じる
  • 5 
    このカテゴリーに効果があることで有名。継続して摂取することでなんとなく効果を感じる

  • このカテゴリーに効果があるといわれている。効果が得られることを期待して飲んでいる
  • 3.5 
    このカテゴリーに効果があるといわれているが、個人的に摂取目的としていない

  • このカテゴリーになんらかの効果があるもの

  • このカテゴリーとはあまり関係ないと思われる

  • このカテゴリーとは関係ないと思われる

※4以上が摂取目的となっているカテゴリー 

 

スポンサードリンク

 

オレイン酸(オリーブオイル)総合評価 A+ 15

 総合評価について
5つのカテゴリーのうち、評価が高い上位3つのカテゴリーを足したものです。「B~SS」でつけています。
SS  18点
S  16点以上
A+ 14点以上
A  12点以上
B+ 10点以上
B  9点以下

髪(薄毛) 評価3
血液中の悪玉コレストロール値を下げる効果があります。血液の流れをよくする効果があると思われます。ただ薄毛改善にオレイン酸を摂取していないため。

肌(美肌) 評価5.5
人の肌の潤いを与える成分である皮脂の41%がオレイン酸で締めています。半数近い数値です。皮脂の主要成分であることを考えるとオレイン酸を摂取することは美肌につながるといえます。オイリー肌のかたは注意してください。もっと脂っぽくなる可能性があります。

体型(ダイエット) 評価4.5
食事の1時間前にオリーブオイルをとることで、無理せず食事の量を減らすことができそうです。オリーブオイルを摂取することで、満腹感を早く感じるようになるからです。オレイン酸には満腹中枢に働きかける作用があります。無理なく続けられるダイエット方法としてお勧めです。ただし過剰になると太るのでその点がマイナスです。

体力(普段) 評価5
脂質は3大栄養素で、エネルギー源です。エネルギー不足は疲労につながります。オレイン酸はエネルギー源になる脂肪酸の一つです。

その他(血液) 評価4.5
オレイン酸は悪玉(LDL)コレステロール(動脈硬化の原因となる)を減らしつつ、善玉(HDL)コレステロール(動脈硬化の防止になる)は下げさないでそのまま維持させる働きがあります。
なので心臓病、高血圧などの循環器系疾患のリスクを減らすといわれています。血流改善に効果があると思われるので。

オレイン酸(オリーブオイル)雑感

脂肪酸の理想摂取比率(SMP比)として飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3というのがあげられています。

SMP比
1日に必要な総カロリーのうち、20~30%を脂質からとりなさい。そしてこの20~30%のうち内訳としては、この比率でとるのがべストというのがSMP比です。

結論からいうと脂肪酸のなかで一価不飽和脂肪酸を一番多く摂取しなさいということなのです。一価不飽和脂肪酸つまりn-9系脂肪酸(オメガ9脂肪酸)ってほぼオレイン酸のことをいっているので、オレイン酸を多く取れといわれているようなものです。
以前に記事をだしましたが、日本人特に若者は飽和脂肪酸を取りすぎちゃっている傾向があるのです。なので意識してオレイン酸をとる必要があると思っています。

私はオレイン酸をオリーブオイルから摂取しています。ちなみに、オリーブオイルを構成している脂肪酸のうちオレイン酸は75%を占めています。

まずダイエットについてです。ちなみに私はダイエット=痩せるというより太らないことに注視しています。でオリーブオイルには食事を抑える効果はかなりあると思います。
前に少し話しましたが、1日のうちまともに食事をするのが夕食だけです。ですのでドカ食いにならないよう夕食前にオリーブオイルを小さじ1杯分取り入れています。
満腹感を得られるかといわれればなんとも言い難いのですが、そんなドにカ食いになっていないので効果はあると思います。
オリーブオイルを食事前に飲むだけ、これをダイエットと考えるならすごい楽じゃないですか?
結構おすすめです。

また肌にもいいものです。人の肌の潤いを与える成分である 皮脂の41%がオレイン酸です。
あらゆる脂肪酸 の中でもっとも酸化しにくいオレイン酸は肌には摂取しても、塗ってもいいと思います。

スポンサードリンク